長男のお祭り

テーマ:
長男の話題が続きます。
(これで一区切りの予定)

7月末、わが町内会のお祭りがありました。 
上の子たちが小学生の頃まであった子供会も
子供の減少で今はなく
ジジババ様たちと、一部の中年男性(夫含む)で運営する、小さな小さなお祭りです。

そこに、子供向けに射的屋を出すというので、町内会のジジ様から、子供目線でオモチャを選んで欲しいから長男を借りたいというお願いがきました。
(確かめてないけど、義母が何か言ったのかもしれない…)
もちろん我が家としてはありがたいお話。
学校は行かなくても、人との関わりはして欲しい。
長男はイヤがる風でもなくジジ様の車で浅草まで景品のオモチャの買い出し、そしてお祭り当日のお店の手伝い、終わってからの集計まで手伝ってきました。

長男、カッコ良かった!

射的屋で押し寄せる子供たち。
図々しい子は上手くあしらい、
おとなしい子や女の子にはオマケし、
大人とも怖気付かずに話をして、
生き生きしてた。
初対面のよそのお母さんに
「あんなイケメンで明るくていい子、ウチにも欲しいわ!」とまで言われた笑笑

あぁやっぱりこの子、大丈夫だ。

家に帰ってからも、オモチャ買い過ぎであまり儲けが出なかったと真顔で反省してたし、
なにより楽しそうだった。
イベント系のバイトとか、機会があったらやれば?って言ってみたらその気になっていました。
…って、結局夏休み中には探せなかったんだけどね。

やっぱり人ってすごいなぁ〜
めんどくさいことの多い田舎の町内会で、
長男が小学生の頃の子供会は苦痛でしかなかったけど、
その時に町内の人たちに長男のキャラクターを知ってもらってたから、お昼前に登校してる長男も受け入れてもらって、今があるんだと思う。
そう思うと、あのめんどくささも無駄じゃなかったんだな〜


…そして長男、二学期が始まってまだ3日ですが、遅刻せずに高校行ってます。
学校の雰囲気は楽しいけど、行く意味が今はないので(留年決まってるから)早く来年になって欲しいんだって笑。
活動的になっているからかな、家でもよくしゃべるようになりました。