またもや一波乱。

テーマ:


つい先日、この頃は、学会から離れて

そりゃあもう平穏な毎日です、と

良いご報告をしていたばかりというのに・・・



地区婦人部長がやってきました。



「今度、教授補の講習があるの。

3回中、2回出れば、資格がいただけるなんて

簡単でしょう~~~?」


へえ・・・

いや・・・いいです。


「名前だけでも登録しとかない?」



いや、いいっす。



「来週まで、ちょっと考えてみて~」



・・・・・・・。




まず「教授補」ってのが、何のことやら分からない。

(教学関係だな、というのは分かったけど・・・)


とうとう試験ナシで、

講習だけで、資格がもらえるようになったか・・・。

(といっても一般社会では、何の意味もなさない資格)



というより、なまじっか教学を勉強されると

創価的にマズイからかも。

(会則に伴い、教学も破綻してしまったので)


それで、○○万人が教学の資格を取れました~!って

やるつもりなのかな。





夫に受けなくてもいい?と一応訊いたら



「講習(同中みたいなやつ)受けるだけだし

やってみたら?」



わたしにとって、

月に1日でも、

1日の、数時間でも

創価の事に時間を割くことすら無駄なんですが。





AD