ツカサ管弦楽団の今日も歌日和

TSU-KA☆SA改めツカサ管弦楽団のブログ



この度、アーススト名を変更いたしました。

TSU-KA☆SA改め、ツカサ管弦楽団です!

本職リーマンの傍ら、オリジナル曲を中心に都内でライブ活動中。

昭和を感じさせるオールドスタイルの音楽

そしてエンターテイメントをお届けすべく

日々奮闘中のミドルエイジシンガーです。
ソロのギター弾き語りを中心に、

様々なサポートミュージシャンとのコラボ形式にも挑戦していきます。

応援よろしくお願いします!


--------------------------------------

NEW RELEASE!

CD「エバーグリーン」

zarya musiccompany

ZA-10055



#1 空飛ぶクルマ

#2 吉祥寺

#3 婚活の宴

#4 テイクアウトはお好きでしょ?

#5 約束~2017

#6 紅しょうがの唄(Studio Live ボーナストラック)


ライブ解除にて発売中!




NEW !
テーマ:
一応、シンガーソングライターとしてのツカサ管弦楽団の考え方らしきものを、今日はまとめてみようと思ったものの…
全然、頭の中で整理できない^^;;(アホ)

結局、確たる考えなんてないことに気付く(笑)

なんで、インタビューの「語録」的に思いつくまま書いてみるぞ😁💦



「ただ怒りに任せて感情をぶつけただけじゃ歌じゃない、どんな歌でもそこに愛がなくっちゃね。創るもの歌うのも・・・」

「100%ノンフィクションなんてありえない。実話を基にした映画やドラマも、そこに何らかの演出や脚色があるから"作品"になる。曲作りも同じ」

「自分で読み返して、恥ずかしくて照れちまうくらいの歌詞で丁度良い。じゃなきゃ伝わらない」

「曲はいざ創ろうと思っても出来るものじゃないけど、いざ創ろうと思わなければ出来ない」

「"いい曲"なんて世の中に沢山ある。自分が作りたいのは"心地よい曲"なんだ」

「メッセージなんて、ことさら曲中で押し売りするものじゃない。"感じさせる"ことが大事」

「真にオリジナルのメロディーとかない。リズムやコード(和声)に至っては100%既存のもの。本当に新しいものを生み出せたら、それは音楽史を変える歴史上の天才。だから言ってみれば、自分の曲創りなんて全部パクリ。てか、みんなそうでしょ」

「むしろ、"昔こういうのあったよな~" ”いつかどこかで聴いたことあるな~”みたいなデジャブ的なものをあえて狙っていたりする」

「最近の曲は日本語の文節と、メロディーの文節が一致しない曲が多くて、なかなか覚えられない。逆にそういう曲が自分でも作れるようになればもっと幅が広がるかな?と思ったりする」


う~ん、なんかかっちょええな~😀
偉そうだな~
まるでスター気取りだな~(笑)

でも、嘘は書いてないよ。
そう、ブログも演出・脚色がなきゃつまらないでしょ😁❗



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。