最初の収録日は7月2日の金曜となった。

その日は主にプレゼンテーションとキッチンでの料理撮影。

以前は買い物シーンも撮影していたようだが、

Covidを機にこちらは廃止となったようである。

 

『予定は4時間だけど実際には3時間くらいで終わるから』

などと言われていたが、実際には4時間半もかかり

収録後にはどっと疲れが押し寄せていたほど。

しかもその日、ローマ市内では36度をこす猛暑だった。

ローマ市内で36度ということは、我が家では32度くらい。

海風があるのでこちらは気持ち涼しいのではあるが、それでもやはり暑かった。

 

前日にPCR検査を済ませ、当日を迎えた。

15時にスタッフ3名が到着。

キッチンで用意しないといけないものは予め詳細を伝えられていた。

 

まずはプレゼンテーション。

番組内ではみんな笑顔で冗談を言い合いながら自己紹介をしているのだが、

なにせあがり症の私にはこれがなかなかできずに苦戦した。笑

 

もう少し笑って!と何度言われたことか!

庭やテラスでの撮影を終えたあとは、いよいよキッチンに移動して料理工程の撮影に。

 

これがまた大変だった。

というのもこれはあくまで『作るまね』をする作業で、イタリア語で言うところの

『cucina finta』だったからである。

あれも入れなくてもいい、これも入れなくてもいいとなんだが材料を無駄にしているみたいで、ちょっと気が引けた。

向こうはあくまで時間節約を一番に考えているようだった。

 

しかもひどい暑さの上に、照明がきつすぎて、実は生クリームが泡立たなかったほど!

それでも『おままごと料理』もなんとか無事に終わった。

 

この日はのち、テーブルクロスの色選びと対戦相手の名前を教えてもらうという大事な作業があった。

 

実はcovidになってから、テーブルはスタッフが運んできたものを使用することになっている。

このテーブルの長さが3メートル半もあるのである。

1メートル間隔をとってのテーブルセッティングを考慮しているためである。

そのため、テーブルクロスはあちらが10種の色を用意し、その中から選ぶということになっていたのである。

 

いろいろと悩んだ末、無難な色を選んだ私たち。

結果的には正解だったと思う。

 

『君たちはとってもエレガントだから、自信を持って頑張って!』

こんな疲れも吹き飛ぶような嬉しい言葉を置きセリフに、

スタッフたちが帰っていったのが19時過ぎだった。(続)

 

※当日に予期せぬアクシデントとなった和風ローストビーフ