{C67FE93E-A7E6-4402-B92C-D6AFA4747251}

今日は朝起きたらマイナス7度の寒さ!
夜間にはマイナス11度まで下がったよう。
それでも今週は暖かいというから驚く。
確かに来週の天気予報によると、最高気温がマイナス8度、最低がマイナス18度となっている!
スキー休暇が今週で本当によかった。   

娘をインストラクターに託した後、私と夫も今日からスキーを開始する。

{928C3551-4019-4C0D-A7CB-B8E897E3777E}

{2201AB96-92E4-4DCB-9B54-5148EBDEEB98}

15年のブランクの割には普通に滑れている!
完璧なパラレルではないが近いレベルとのこと。
嬉しい。
pista baby ( 子供用ゲレンデ ) を2回ほど滑り、ゴンドラにのる。

ちなみにイタリアのゲレンデは難易度により色別に分けられる。
baby の次は、

Colore verde 緑
➡️傾斜5度以下で初級者コース

Colore blu 青
➡️傾斜が6度から25度
こちらも初級者コースではあるが、緑よりかなり長いコースとなる

Colore rosso 赤
➡️傾斜が26度から40度
中級者コース

Colore nero 黒
➡️傾斜が40度以上
上級者コース

babyのあとにいきなり赤のコースに夫を連れていってしまったから大変!
初級者の夫は固まってしまい、暫し動けす。
彼の場合、怖さを克服するのが先決と午後から個人レッスンを受ける。
金曜までには私を超すと強気であるが、どうなることやら。笑

そしてゲレンデ麓にある唯一のロッジでいつものようにランチ。
先ずはビールから。
土地柄かワインを飲んでる人は皆無。笑
ゲレンデでもあるからかな?

{DF7BE1A3-E10F-4C7C-BFF3-0C4BA9990AA6}

こちらアルト・アディジェ地方の名物が生ハムの一種でもあるSpeck ( スペック)
➡️骨を抜いた豚モモ肉を塩や香辛料などに漬け込み、軽く燻製にかけたのち熟成させたもの。
普通の生ハムより締まった食感が魅力

そして郷土料理で有名なのが、Canederli ( カネーデルリ) と呼ばれるいわゆるお団子。
名前はドイツ語に由来するらしい。
パンと卵をベースにチーズやほうれん草、スペックなどいろいろな味を楽しむよう。 

{476EA66D-99F5-49D6-9D41-EE8C701D6A82}
Canederli allo speck in blodo
スペックのカネーデルリ  スープ添え

{C3FB2071-9CED-448D-AECF-2BA61C1D6221}
Tris tirolese ( canederli al formaggio, agli spinaci e ravioli tirolesi )
3種のカネーデルリ ( チーズのカネーデルリ、 ほうれん草のカネーデルリ、 チロル風ラビオリ )

やはり寒い地方の料理なだけあり、バターやチーズがふんだんに使用されている。
国境ということもあり、オーストリアやスイスまたフランスの影響も多少感じる。
個人的にはカネーデルリは可もなく不可もなく、、、という感じ。←相変わらず辛口の私

{E9923CE1-903F-45B9-8397-87AEAD369E27}
Spaghetti al ragu'
ラグーソースのスパゲッティー

先日も記載したが、日本の喫茶店で出てくるような感じ。そしてここにもバターが!
でもこのジャンキーな感じが悪くない。笑

{FF2F44F3-9D71-460F-B4E4-97EFD20C534A}
Ossobuco alla minanese con risotto allo zafferano e gremolata
ミラノ風オッソブーコ グラモラータソースとサフランリゾット添え

こちらはミラノのあるロンバルディアの郷土料理。
ちなみにグラモラータソースとは、ニンニク、パセリ、レモンの皮やハーブをオリーブオイルと共に混ぜたもの。オッソブーコのように煮込み料理に加えたり、薬味としてお肉に添えても美味しい。いわゆる万能ソースである。

ちなみにロンバルディアの料理はこちら
➡️地方色豊かなイタリア料理① 
https://ameblo.jp/tsugumi-hiraga/entry-12329982152.html

デザートにはやはりストゥルーデル。
熱々で出てくる。
バニラクリーム付きにしたら、小皿にクリームが。
それにしてもすごい大きさ!

{F798BA8C-0A58-402E-8770-9B89E4E937EE}

ストゥルーデル
➡️寒くなったら食べたくなるオーストリア発祥のお菓子 
https://ameblo.jp/tsugumi-hiraga/entry-12330626560.html


一方で娘はといえば、、、

{C0033606-26C6-4BC9-91A6-C5005622916E}
Bistecca ai ferri con patatine fritte
牛ステーキとフレンチフライ

お腹が空いたからステーキ!というところがイタリア人の血だなぁとつくづく感じてしまう。
野菜は食べていないが、夜はミネストローネでたっぷりと野菜補給予定。笑

私は食卓に野菜がないと不安に感じるタイプ。
基本的には温野菜が欲しいのだが、メニューにはサラダしかない。
ということで夜はパスティーナ(小さなパスタ )を入れたミネストローネに決定。

帰りには既に足の筋肉が痛いとのたまう夫。
本当に繊細くんである。笑
とはいえ明日にも筋肉痛がでてきたら、もう夫のことは笑えない。
無事に明日を迎えられますように、、、

ランキングに参加しています。
皆様からのいいね!や下記へのクリックが毎回の更新の大きな励みとなります。
応援をどうぞ宜しくお願い致します🙇‍♀️


イタリア(海外生活・情報)ランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
AD