綴子神社のブログ

綴子神社のブログ

東北最古の八幡宮 日本一大太鼓の綴子神社(つづれこじんじゃ)です

8月に入り、もうお盆に入ります。


8月の初め 綴子上町大太鼓保存会が岩手県『盛岡さんさ踊り』に出向し出演して参りました。





メディアでご存じの通り、東北地方の主要な祭りは規模や人数制限をしながらも開催してるところが多いようです。

陽性者の増加や 北東北日本海側での大雨、盆中に予想される台風など、大変な状況が続きそうですが、祭りのごとく皆で協力しながら対応して進むことが大切であろうと思います。



お盆中も里帰り参拝やご祈祷は受け付けておりますので、お気軽にお参り下さい。



当社例祭は無事終わりましたが感染拡大が止まらず、その後の兼務社例祭やお手伝いの他社の祭礼は相当気を遣いながらの開催だったと存じます。






例祭後は色々と仕事が続き、ようやく例祭神札を御礼と共に各地区にお配りしております。

が、疲れが溜まってか身体が悲鳴を上げ、調整しながら進めております。

古傷の腰痛と蓄膿系で、家族に助けながら調整しております。感謝です❗️







しかしながら今年の境内木々の繁茂具合や、蝉の数は凄まじいものがあり、蝉の大合唱や脱け殻は相当のものです。

秋の大豊作が期待されますね。

皆様も体調管理をしっかりと、猛暑を乗りきって参りましょう❗️


7月20~21日、秋田市土崎鎮座『神明社』例祭である『土崎港曳山祭り』のお手伝いに伺って参りました。





宵宮は時折雨もぱらつきましたが、例祭は好天に恵まれました。





感染症が増加傾向にあり、関係者も気を揉んだと思います。



直会は恒例の『かすべ』、個人的に好きなガンギエイの煮付け。

大変酒に合う肴です。


氏子崇敬者のパワーを感じ、秋田を代表する曳き山祭り、大変おめでとうございます❗️


7月14~15日執行の当社例祭、通称『大太鼓祭り』は沢山の氏子崇敬者の皆様のご協力により無事執り納める事ができ、心から御礼申し上げます。


令和4年例祭は3年ぶりの通常開催にて進めました。



宵宮祭は予定通り開催できましたが、感染症の影響を受け、例祭当日は急遽 子供会や小学校児童の参加が中止となりました。






大変残念でありましたが致し方ありません。





作占いの湯立は津谷市長にもご奉仕戴き『豊作』の見立て、近年稀にない湯の立ちでした。

山でのぶなの実の豊穣や、境内の銀杏や木々の繁茂も旺盛で、今後の作物の稔りが期待されます。






どうか大いなるご加護を賜り、今後とも当地方の発展や文化継承にご協力賜りますよう宜しくお願い致します。

ご協力賜りました関係者各位、氏子崇敬者の皆様 大変お疲れ様でした。

感謝申し上げます。


7月9日午前8時半より、恒例の例祭前清掃奉仕が行われました。



綴子本郷老人クラブの皆様の奉納となります。

大変有り難うございます❗️

又、同日昼 綴子胡桃舘八幡神社例祭。

10日、午前10時 綴子田中八幡神社例祭。

どちらも子供会による神輿渡御が賑々しく行われました。

それを祝うかのように北秋田市花火大会!

へろへろで見に行きましたが、子供だらけでパワーを貰いました(笑)

10日は田中八幡神社例祭の後、神道崇敬者の十日祭奉仕の後、秋田市三皇熊野神社例祭お手伝いに伺いました。





本宮・里宮とも人出が多く、世間の氏子崇敬者の皆様の気持ちがひしひしと感じられる思いです。


当社の例祭 大太鼓祭りも残り僅か、気ばかり焦りますが皆様のお参りをお待ちしております。

例祭中はご祭神のお力(ご神威)が最も高まるとされます。

例祭特別祈祷、ご朱印は随時受け付けておりますのでお尋ねください。


遅くなりましたが6月22日、北秋田市立綴子小学校3年生が ふるさと学習で来社されました。



例年の事ではありますが、元気に地域文化の学習をされました。

茅の輪もあれば更に盛り上がったと思います。


本日8日は学童保育の綴子小学校児童が『茅の輪』をくぐりに参集しました。

人形へ厄を移し 、茅の輪をくぐりお祓いをした後でお参りし、茅で輪を作りお持ち帰り戴きました。


日本の文化に触れ、元気に暑い夏を乗りきって貰いたいと思います。

茅の輪は本日で撤去致しました。

好天が例祭まで続いて欲しいところです…


ばたばたと7月に入りました…


例年の事とはいえ、精神的にも肉体的にも削られる時期です。


6月晦日 夏越しの大祓式・道饗祭。





7月1~2日 田代山神社例祭、作占、ご祈祷。








幸い雨には当たりませんでしたが、終始幻想的な霧に包まれました。

半夏生当日は稀に晴れ間も



登山中に葬儀の依頼も入り、システム障害の前で何とか執り納められました。

7月5日は例祭篤志寄付奉願活動。

6日、綴子小学校PTA、また境内木などの手入れ。


冬場の大雪による庇の折れや、屋根葺き替え、手直しも例祭に間に合いました。


今年の秋田県は大工や屋根屋が大忙しのようです。


奉納行事の大人や子供の練習も続いており、家族の疲れもピークです…


あと1週間、体調を調え気合いを入れ臨みたいと思います。


7月2日の半夏生にあわせ、白神山地に連なる『田代岳』山頂鎮座『田代山神社例祭』を執り行います。



明日7月1日に宵宮祭、作占いを行う為に山頂に一泊し、2日に例祭と ご祈祷をご奉仕致します。


お札やお守りも山頂で頒布(授与)致します。

特に当家に残る貴重な菱形のご朱印も、山頂でお分かち致します。


天気は良さそうですので、皆様お気をつけて登拝下さい。

夏越しの大祓も無事斎行致しました。

茅の輪は7月8日迄は設置しておりますので、自由におくぐりいただけます。


6月26日 夏越の大祓にむけ『茅の輪』を設置致しました。


氏子青年会の協力で、本年も7月8日まで誰でも自由にくぐり抜け、自祓いすることができます。



大祓式・道饗祭は6月30日午後6時からとなります。

どちら様もお気軽にご参加下さい。


5月27日、北秋田市立鷹巣小学校3年生児童の校外学習での参拝がありました。



生憎の強めの雨模様でしたが、物凄い子供のパワーに押されます…

児童数も多い為、例年本来は外での説明予定でしたが、結構な雨で殿内でお話ししました。



来社前は大太鼓の館で実物をみながら、大太鼓保存会会長の説明を受けてきたためか、大太鼓まつりに関する質問はなく、突発的な神社・神様に関する質問が多くありました。

子供らしくて良いですね❗️

最後は皆で『人形』でのお祓いです。

『千と千尋の神隠し』でお馴染みの神具、茅の輪もあれば盛り上がりましたが…


御神木『千年桂』は境内で一番元気に繁茂しております。