18年前に電磁波対策の会社を作った時、多くの反対を受けて、たくさん批判も受けて、たくさん馬鹿にされましたけど、自分にしかできない仕事は、これだって!確信して、一心不乱に走り回ってきたので、気がつかなかったのですが、いつのまにか、電磁波測定士という仲間は1500人を超えて、多くの難題を解決できるスキルを持って、全国で活躍してくれています。
今まで受けてきた誹謗中傷から一転して、世論も少しずつ理解が増えて、この活動を高く評価してくれていることに本当に感謝しています!
そうした中で、今回世界的なパンデミックを引き起こしているコロナショック。
私は、出張が多くて、その分、感染リスクも高いので、かなり避けられてます!😅
非常事態宣言により、子供から大人まで、活動を制限され、一日中パソコンによる作業を強いられる環境を生み出しています。
最近特に多い相談が、Zoom やスカイプによるオンライン授業や会議により、体調が良くないという声です!
カラダは正直です!
ココロとカラダは繋がっていますから、どちらが起点になっても、原因不明のカラダの不具合が起こることは、理に叶っています!
原因は、いくつか考えられますが、パソコンからは、極低周波の電場という要素のという電磁波が発生しており、この電磁波の特徴は、発生源に触れ続けることで、皮膚表面に誘導電流を誘起し、その電流とカラダの生体電気がぶつかり、変化を起こす現象が関係していると思います!
この現象をなくすためには、アースを取るだけなんです!
パソコンという便利な道具は、そうした副作用的な側面も持っていることを理解していただきたいんです!
200Vが中心の欧米諸国では、アースが義務化されていることもありますから、こうした問題は起こらないんです!
確かに目は疲れます!電場の影響の一つに角膜が溶けるというエビデンスも報告されていますし、その事で、カラダだけではなく、ココロにも、ストレスがかかり、悪循環になります。
出来るだけ早く、ストレスがカラダに表面化する前に、アースについて考えていただきたいと願っております!




春はいろんなものを運んでくれる。
暖かい空気、花の香り、そして、笑顔!
仲間と一緒にいられる事に感謝!
いまの子供達に起こっている問題は、
大人が自分の都合で、引き起こしていることを理解してほしい。
子供達にとって、大切なことはなにかを知っているのに、自分にとって重要なことを優先しているから。
間違いだと気づいたときは、もう手遅れの状態。
だから、少しでも早く気付いて欲しいと思う。



何のために仕事をするのか、
自分の考えに素直に従って動いているのか、
甘えていないか、
誰かの幸せを願っているか、
誤魔化していないか、
心を保てているか、
ひたすらに取り組んでいるのか、
自分に何も残らなくても、
大切な仲間がいる。
だから、生きていける。
みんな、ありがとう!

あまり、世論には反応しない方だけど、今回のNIKEの判断には、大きな共感を覚えた!
この記事を読んで、メーカーとしてのあるべき姿を、見直しての大きな判断が窺える。
どうしても、モノをたくさん売る事で、スケールメリットを出したいのは、誰もが同じこと。
しかし、ランニングシューズも、クオリティとオリジナリティを評価されて、ユーザーの囲い込みを図るためには、反比例してしまうジレンマがあっただろう。
シューズフィッターという大きな差別化を店舗が持ち、その人との関係性の構築のほうが、優先される時代になった。
電磁波測定士も、そうありたいと思う!
電磁波測定