FC.TOKYO魂!

テーマ:

2011年シーズンから始まったFC東京を応援する番組「FC.TOKYO魂!」が今週の放送を持って終了しました。

7シーズンにも渡って愛するFC東京を応援する番組に携わる事が出来て本当に幸せでした。

 

来シーズンから普通のサポーターに戻ります(笑)

 

タレントである以前にFC東京サポーターがMCをする

応援番組をTOKYO MXで成立させたい。そんなわがままを信じてくれて、形にしてくれたMXの魂チームスタッフのみんな、本当にありがとうございました。

 

そしてFC東京チーム関係者の皆さん、無駄に”知ってしまっている”サポーター達の自由な発言(苦笑)を温かい目で見守ってくれて本当にありがとうございます。

番組へのサポートも本当にありがたかったです。

 

そして選手の皆さんもこんなバラエティーな番組なのに必要以上に乗っかってくれて本当に感謝。最後まで敬語が抜けなくてすみません(苦笑)

 

番組を支えてくださったスポンサーの方々、頭が上がりません。7年間も本当にありがとうございました。

 

そしてメンバーの誰よりもアウエーの試合に足を運んでスタジアムの雰囲気や選手の表情を伝えてくれたジョナサン、最高でした。実は番組の構成上、自分が目立つ必要がないと判断した場合、ちゃんと引いて他のメンバーを立てる姿、かなり大人でカッコ良い。

 

番組に秩序と道徳の象徴、渡辺一平さん。番組後半になるにつれて、ちょっと崩壊していくさま(笑)おちゃめで最高です。もうFC東京サポは一平さんの虜ですから。

フリューゲルス出身、一平さん「俺には戻る場所がないんだよ」とおっしゃっていましたが、FC東京や魂!は一平さんの故郷ですからね!いつでも戻って来てくださいね。

別にDAZNでの解説、たまにFC東京寄りになっちゃっても構いませんよ!

そしてなによりもDF出身ならではの解説、最高です。サッカー観戦の楽しみ方、バリエーションがかなり増えました。

 

そして同い年、ゆってぃ。最初はゆってぃさんなんて呼んでたけど、ゆってぃがスタジオチームに来てくれて本当に良かった。ゆってぃの熱い発言こそが、魂らしさですわ。

「この番組は礼央くんの番組なんだから、礼央くんが思った通りにやるべきだよ!」と言われた事があったけど

それ以来、それまで以上に責任感を持って挑んだよ。ゆってぃ、本当にありがとう。

 

誰よりもチームに厳しいネネちゃん、

いつも全力で盛り上げてくれたアジラッピィ、

顔が僕の顔の半分の大きさくらいしかない、めっちゃ可愛い横田真悠ちゃん。

青赤な歌を歌ってくれたCUBERS。
もうチームからは離れちゃったけど、たかひで先生やアリーア、羽生先輩や塩田選手や権田選手、そして今年で引退をされた石川直さん。

あげればキリがないけど、本当に素敵な仲間に出会えた7シーズンでした。

 

この仲間たちと一緒に優勝したかったなぁ(笑)

 

まぁでも仕方がない。いつの日か必ず達成するはずのリーグ優勝の瞬間の喜びの為の

壮大な前フリ番組だったんだと(笑)

 

僕はJリーグを知って、FC東京のサポーターになって、人生がより楽しくなりました。友人との挨拶が天気の話だけじゃなく週末の結果の話が増えました。Jリーグを好きになると日常生活の喜怒哀楽が倍増ですよ。

一度の人生なのに。

 

こんな魅力的な出来事、人に勧めなくてどうするんだ!

独り占めじゃもったいない!

 

Jリーグサポーターって、毎年優勝の喜びが味わえるわけではないけれど

勝っても負けても日常にJリーグがある生活、FC東京がある生活、楽しい!を提案する応援番組は出来ると思って番組を作っていました。

 

番組が終わる発表をしてから、皆さんの反応を見ていると、寂しいと言ってくれる人も多くて

一定の役割は担えたのかなと思えて、とても嬉しいです。

やってきて良かった。番組を見てくださった皆さん、本当にありがとうございます。

 

一人でも多くの人をFC東京サポーターにしたい。

この想いは番組が終わっても変わりませんよ。

だって満員のスタジアムの大歓声で選手を後押ししたい。

今まで見た事のない伝説になる様な試合をスタジアムで見たいもん。僕ら一人一人がチームの広報活動員。

 

僕らJリーグサポーターって、そういう気質をみんなが持っている気がする。きっとそれはJリーグが、僕らが、チームが、まだまだ文化として成熟していない創世記だからなんだと思う。コレオやチャントは勿論、まだ誰も体験した事のない試合を盛り上げる演出、チームを鼓舞する行動。

もしかしたら僕らサポーターが文化を作り出す事が出来るかも知れない。そんな喜びも味わえるかも知れない。そんなワクワクがまだまだあるんだと思う。

 

「アメトークとかで、Jリーグ芸人とかやったら盛り上がりますよね!」とか話をよくするけど、誰かが番組スタッフにプレゼンしたら、「Jリーグかぁ、ちょっと地味だよね」と言われたとか。

 

きっと僕らJリーグサポーターが思っている以上により多くの人にJリーグに興味を持ってもらって、かつスタジアムに足を運んでもらうまでには相当の思い切った事が必要だと思う。

 

ずっと FC東京Jリーグを見ていれば、自ずとルール、マナーが出来てくる。いつしかそんなルールがありすぎて、新しい人が入って来づらくなっているのかも知れない。

「にわかが何ほざいてんじゃボケェ」そんな気持ちも芽生える事もあるかも知れない。でもそれではJリーグ文化はここで止まってしまう。

僕らも最初はにわかだった。自分たちがJリーグにFC東京に取り憑かれた時の事を思い出そう。

ちょっとでも興味を持ってくれる人ウエルカム!そんな気持ちを僕らが持つ事も広報活動の一つ。

 

来シーズンから始まるMXのFC東京の応援番組は、そんなコンセプトの番組になると聞いています。

ぜひ新しい応援番組のサポートもよろしくお願いします!

 

では皆さま、味スタでお会いしましょう!

 

7シーズン、本当にありがとうございました!

 

FC .TOKYO魂! MC 土屋礼央