シアトル移住日記

シアトル移住日記

元TVアナウンサー・シネマコメンテーターで、現在は結婚10年目の専業主婦♡
イギリス→ドイツ在住を経て、アメリカ永住権を取得し、2017年2月に夫と子供達と共に、西海岸シアトル郊外に移住。
7歳娘、3歳息子のバイリンガル育児に奮闘中の子育てブログ。


テーマ:

昨日夕方から出た息子の熱は、とんでもない事態への幕開けでした。


久々に38度を超える熱を出した息子。万が一の為にと、買い置きしていてまだ使用したことがなかったAdvilという市販の小児用解熱剤を飲ませて寝かせました。




夜中2時半、起きた息子の顔を見て衝撃を受けます。唇の片側だけ物凄く腫れ上がっていました。顔も目から鼻の付け根にかけて浮腫んでいて、手を見ると赤い発疹のようなものが出ていたので、手足口病かな?とネット検索。まだ熱も38.7度ありました。最初の解熱剤服用から8時間経過していたので、2度目のAdvilを飲ませました。


朝7時、息子の顔を見ると、更に浮腫みがひどくなっていて、陰部も尋常じゃなく腫れており、身体中に発疹が広がっていました。血の気が引き、怖くて涙が出てきました。絶対に手足口病じゃないと思い、娘を学校に送迎した後、そのまま救急病院へ。結局、救急病院は3つもたらい回しになり、最終的にOverlake Medical CenterのEmergencyで、検査と投薬を受けました。ウィルス系の感染は全て陰性。3つの病院に行き、6時間以上費やしたにも関わらず、結局、浮腫み、腫れの正確な原因は不明のままでした。


恐らく昨夜飲ませたAdvilに、息子はアレルギー反応を示したと思われます。色々調べてみると、息子は蕁麻疹持ちのため、アスピリン系やイブプロフェンは過敏症状で、浮腫や蕁麻疹、唇の腫れなどの症状が出ることがあるらしいのです。。。アレルギーの恐ろしさを知りました。





今夜は平熱に戻り、食欲も出てきました。顔の腫れも陰部の浮腫みも少し緩和してきた感じです。このまま全快を祈ります… 


いつもイタズラばかりしている息子を毎日毎日怒っていましたが、今日その事を反省しました。元気ならイタズラばかりしていてもいい!健康ならどんなでもいい!と心底思いました。。。息子が日々健康で、元気いっぱいわんぱくでいることに、なんら感謝していないから、神様やご先祖様が私に気づかせる為に試練を与えたのではないか…と。。。子供が健康である事が、1番の親孝行なんだと伝えているのかな…と。日々小さな事をあれこれ注意している自分へのメッセージだと感じています。


主人が不在の時に限って、私には試練がやってきます。でも、今日も友人達に助けられて、1人ではないんだと、心から感謝しました。病院で検査結果の待ち時間、「何も出来ないけど、今から行くね」と、病室に友人が訪ねてきました。事情を知っていた彼女は、私が何も食べていないだろうと、手にはカフェラテとパンを持って。。。涙)顔を見てホッとして涙が自然と溢れてきました。こんな風に支えて貰っていることに、心から感謝しています。


もう1人の友人には、息子の検査が延びて万が一娘のお迎え時間に私が行けない場合に、代わりに迎えに行って貰えるようにお願いしていました。彼女もまた、娘のお迎え前に、病院に立ち寄ってくれたのです。。。結局、娘をピックアップして貰い、夕飯まで食べさせてくれて、夜家に送り届けてくれました。


友人達から頂いた御恩を、私はどんな風に返していけばいいのか分かりません。でも、彼女達に何かあった時、私も心から寄り添える人間でありたいと思いました。今日の気持ちを忘れない為に、ブログに記します。






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス