こんばんは!
Xeno magicの岡井つばさです。

{8AC0BAC6-8AFD-42AF-B171-9DCBBC5BE10F:01}



今日も演技レッスンでした!
この1週間はよりリアルな感情を掴むため、自分自身の実体験を元にした芝居をやるというのが多くて、今日もそうでした。




今回はレッスンの始めに、母に手紙を書きました。
来年の母の誕生日という設定で。


母は私のブログを一切見ていませんし、せっかくなんでここに書いて残しておこう(笑)





*****************





=================
=================

お母さんへ


どうもー!(笑)
ごめんふざけました。
いい機会だと思ったので手紙を書くことにしました。


誕生日おめでとう。
51歳、完全におばさんだね!
おめでとう!


私も、もう23歳になってしまいました。
23歳になった途端さ、「あんた結婚はどうするの?」とか「仕事はどうするの?」とか、めっちゃ言ってくるようになったよね。
結構きついです。
そういうの止めてほしい。
私だって適当に生きてるわけじゃないんですよ。


ってごめんなさい。
本当はね、感謝してます。
色々言ってくる割には応援してくれてるじゃん?ありがとう。


お母さんとは、私が小さい頃からよく殴り合いの喧嘩をしてたよね。
お母さんに殴られて鼻血を出したこととか、逆に私がコンクリートで出来たセロハンテープの台を投げたらたまたまお母さんの頭に当たって、すごい怪我を負わせちゃったこととか、よく覚えています。


あの時はほんとごめん。
あれ、ほんと、わざとじゃないから。


でもね、お母さんにしか話せないこと沢山あるんだよ。普段のことから恋愛のことまで、お母さんには全部話しちゃうんだよね。


お母さんはめちゃくちゃ心配性で、連絡しないと未だに私のことを怒るから、
「子離れしろ!なんでそんな心配されなきゃいけないんだよ!」って言い放ったことがあったけど、私も私で親離れできてないんだなと最近思ったわ。


なんかほんと、謝らなきゃいけないことばっかりだね。
感謝の気持ちを伝えたかったんだけどなぁ(笑)


切りがないのでこの辺で。
お母さん、ありがとう。



つばさより



=================
=================




…実際に母に手紙を書くことなんて
きっとないと思います!ww
ええ、一生ないでしょう。


本人の前で読むわけではないと分かっていながら、私素直じゃないんですね。

まるで思春期の女の子が書いたような手紙が出来上がりました(^_^;)





*****************




これから『kappa-ko~パコ、町に行く~』でお世話になった、
作曲家の稗田さんにお会いしてきます!



作曲に関するお話を聞いてこよう( ^ω^ )




Skype☆tsubasaokai