気仙沼大島椿オイル代理店 椿の森

気仙沼大島椿オイル代理店 椿の森

椿の森(気仙沼大島椿を育てる会事務局)では、
気仙沼大島の椿屋食品が生産する椿オイルを販売し、
復興の支援をしています。

気仙沼大島椿オイルは、
無農薬で育てたヤブツバキの種を絞った
100%天然の椿オイルです。

販促用チラシ・POP・イメージイラスト・写真ダウンロード (←リンク)

気仙沼大島椿オイル

税別

◎70ml 1600円

◎30ml 900円

◎10ml 500円

◎250ml 3800円

◎500ml 7600円

◎送料700円


※業務やチャリティ等でお使いになる方はご相談ください。


←クリック


ご注文、お問い合わせは、メールでも結構です。

nameraka.amana @ gmail.com

または


rika-asano-amana @ jcom.zaq.ne.jp

@を小文字に変更し前後のスペースを削除してください)


製造 宮城県気仙沼大島 椿屋食品

販売 椿の森(気仙沼大島椿を育てる会)


気仙沼大島椿オイルについて


津波が貫通していった気仙沼大島にありながら、しなやかに凛と咲き続ける雪国の椿。その種を絞った100%椿オイルです。椿畑は海をのぞむ気仙沼大島の高台の斜面。椿たちは太陽の光をたくさん浴びて育てられています。もちろん農薬は使用していません。


オイルは加熱処理をしていないため、椿の恵みがそのまま生きています。アレルギー物質は含みません(成分分析にも出しています)。精製を繰り返せば、無色透明のオイルになりますが、独特の「とろみ感」とこの「金色」、そして何よりも大切な「栄養分」を残すよう精製しています。それが椿屋食品・小野寺栄喜さんの「こだわり」でもあります。


肌にのせるととろりとしているのに、のばすとすぐに浸透していき、べとつきが残らない…。皮脂に一番多く含まれるオレイン酸を80%以上含むため、肌へのなじみがよいのですね。不思議なオイルです。気仙沼大島椿オイルを知った、多くのアロマセラピストたちも、サロンの特別メニューにするなど、愛用しています。


テーマ:

料金の変更について

 

10ml、30ml、70mlボトルの価格変更はお知らせしましたが、250ml、500mlボトルについてお知らせしていませんでした。

 

250ml、500mlボトルについては料金の変更はありません。

 

今般の変更はガラスボトルの値上がりによるため、ポリボトルを使っている250mlと500mボトルは料金据え置きということになりました。

 

なお、利用しているゆうパックの料金変更に伴い送料のほうは変更させていただきました。

 

ご理解をいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

●気仙沼大島椿オイルの価格と送料(2018年4月より変更)...
70ml  1400円 → 1600円
30ml  800円 → 900円
10ml  400円 → 500円
500ml 7600円 → 変更なし
250ml 3800円 → 変更なし
送料  600円 → 700円

 


テーマ:

気仙沼大島椿オイル

2017年12月より価格が変わります。

 

製造元の椿屋食品で価格が改訂されました。日ごろ等オイルをご愛用いただいているみなさまには大変に恐縮ですが、なにとぞご理解をたまわりたく、よろしくお願い申し上げます。

 

気仙沼大島椿オイル販売代理店 浅野里香

税別
◎70ml 1400円→1600円
◎30ml 800円→900円
◎10ml 400円→500円

◎250ml 3800円→追ってお知らせします。
◎500ml 7600円→追ってお知らせします。

◎送料600円

←クリック

 

ご注文、お問い合わせは、メールでも結構です。

rika-asano-amana @ jcom.zaq.ne.jp

(@を小文字に変更し前後のスペースを削除してください)

 

製造 宮城県気仙沼大島 椿屋本舗合同会社

※社名が椿屋食品から上記に変更となりました。

販売 椿の森(気仙沼大島椿を育てる会)

 

気仙沼大島椿オイルについて

津波が貫通していった気仙沼大島にありながら、しなやかに凛と咲き続ける雪国の椿。その種を絞った100%椿オイルです。

 

椿畑は海をのぞむ気仙沼大島の高台の斜面。椿たちは太陽の光をたくさん浴びて育てられています。もちろん農薬は使用していません。

 

オイルは加熱処理をしていないため、椿の恵みがそのまま生きています。

アレルギー物質は含みません(成分分析にも出しています)。

 

 精製を繰り返せば、無色透明のオイルになりますが、独特の「とろみ感」とこの「金色」、そして何よりも大切な「栄養分」を残すよう精製しています。それが椿屋食品・小野寺栄喜さんの「こだわり」でもあります。

 

肌にのせるととろりとしているのに、のばすとすぐに浸透していき、べとつきが残らない…。皮脂に一番多く含まれるオレイン酸を80%以上含むため、肌へのなじみがよいのですね。不思議なオイルです。

 

気仙沼大島椿オイルを知った、多くのアロマセラピストたちも、サロンの特別メニューにするなど、愛用しています。

3月19日、20日、

鎌倉「たからの庭」で椿祭が行われます。

 

椿の苗とともに、気仙沼大島椿オイルも販売していただくことになりました。お願い

 

 

ホームページの画面をキャプチャさせていただきました。

詳しくはこちらで。

http://takaranoniwa.com/program/tsubakisai.html

 

 

どうぞお出かけください。照れ照れ照れ

 

 

昨年行われた「おいしい東北パッケージデザイン展2016」で、

多摩美術大学の方がデザインした

当、気仙沼大島椿オイルのボトルが、

優秀賞(日刊工業新聞社東北・北海道総局長賞)を受賞しました。

 

 

http://www.jagda.or.jp/information/jagda/2901

(上記ページから写真を転載させていただきました)

 

 

数日前に製造元の小野寺さんと電話で話したところ、

いま、受賞したデザインをもとにプレゼント用などにしてもらうためのボトルとして

商品化しているところだそうです。

 

元のボトルも素朴でいいけど(ラベルの絵は小野寺さんの娘さんの絵なんですよ)、

新しいボトルはキラキラしていますね。

 

今から楽しみです!

 

 

気仙沼大島で毎年春に行われる椿マラソン

 

http://e-raceinfo.com/kesennuma/

 

にあわせて、気仙沼大島を訪問することにしました。何度も訪問していますが、イベントに合わせての訪問は初めてです。

 

 

今回は、アーティストのエンジェルクミちゃんに来ていただき、大島賞に隣接する児童館でプチコンサートを行います。

https://www.youtube.com/watch?v=rIpUq4F66MA

 

 

訪問の様子はまたこの場でご報告させていただきます。

 

2017年4月に行われる椿マラソンのときにパフォーマンス楽団☆結のメンバーに来ていただき、ともに気仙沼大島を訪問することになりました。

気仙沼大島の方々に元気をお届けしたいと思います!

当日はボランティアの人たちも多数参加するとのことで、それも楽しみです。

旅館明海荘の女将、村上かよさんと相談して明海荘でプチコンサートをすることにしました。

いまから楽しみです。






連絡先メールアドレスが変更になりました。


j-comドメインでしたが、新たに椿の森のドメインtsubakinomori.com)を取得しました。


どうぞよろしくお願い申し上げます。

((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)


新しい連絡先は、下記になります。


rika-asano@tsubakinomori.com

(@を小文字に直してください)


椿の森






椿の花 写真館

今年も美しく咲き競い、艶やかな姿を見せてくれました。

日本の花の花姿。散るときは一気に。気高いとすら感じる潔さではありませんか。

椿オイルを採るヤブツバキは写真の赤い花と同じです。

江戸時代の園芸ブームで一気に園芸品種が増えました。

海外にも輸出され「東洋のバラ」
と言われて一世を風靡したそうです。



























一緒に行きませんか?

国産ヒノキの精油 ANIMI(アニミ) が生まれた三重県の美しい森と
熊野古道を訪問します!

6月10日~11日

★現地で1泊します。10日の日帰りも可能・・・だと思います。

★交通手段は検討中です。新幹線名古屋駅に集合して現地解散にしようと考えています。交通のご案内は追ってご連絡します。

★10日に精油が誕生した速水林業の森(大多賀山林)を訪ね、11日に熊野古道に足を伸ばす予定です。


【ご案内】

国産檜(ヒノキ)の青葉から作られた、この上なく清々しい香りをたたえるANIMI (アニミ)という精油があります。美しいエメラルドクリーンのしずくです。

精油は、自然林ではなく自然に近い形で育まれ愛されてきた、三重県の熊野古道に近い美しい森で生まれました。

この森を訪ね、森の中を案内していただきながら散策し、精油開発に至った思いなどについてお話をうかがいます。



精油を開発したのは速水林業とその関連会社のグリーンマム。

速水林業は代々林業を営んでおり、ANIMI (アニミ)はそうした森林、林業に関わる業種から誕生した日本のアロマです。


そうしたことから、日本の森林を取り巻く状況や、速水林業の取り組み、そして森林への深い思いについてもあわせてお話をうかがう予定です。



速水林業の森林は熊野古道に近く、一部が世界遺産に指定された場所でもあります。


雑誌の編集者時代、白神山地をはじめ様々な森を仕事で訪ねました。観光地化されている所ならば個人旅行などで行かれるかもしれません。けれども今回訪ねる森は、個人の所有地なので一般客がふらりと行くことは難しい場所です。


今回このような機会を設けるのは、節目の年に私自身がもう一度あの夢のような森を訪ねてみたかったからなんです。でも一人で行くのはもったいない!


森がいちばん輝いている季節に、神々が宿る熊野の山、精霊が棲む美しい森を、ご縁をいただいたアロマセラピスト、ハーバリストの方や、興味をもった方と一緒に行きたいと思いました。


もうね、体の隅々が目覚める感じになりますよ~ん。ぜひ一緒に行きませんか?


現在、アロマボランティアで知り合ったアロマセラピストの方、数名が参加する予定です。


また、三重県の現地からも速水林業の知り合いのアロマ関係者が参加する予定です。


連絡先

rika.asano @ jcom.home.ne.jp

浅野里香

(@を半角にして前後のスペースを削除してください)


参考


下の写真は、訪問先となる速水林業の大多賀山林の風景です。11月の銀杏の紅葉も見事!



 




(精油の写真:グリーンマム様ホームページより拝借)


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス