皆様こんにちは照れ

 

韓国 TS整形外科医院でございます飛び出すハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性の方で、韓国で目の再手術をお考えの皆様に必ず読んでいただきたい

 

「男性の目再手術、二重手術後にくどくなった目つき、改善方法は?」

 

手術前後の比較です!

 

 

ご紹介致しますお願いスター

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

目は0.1ミリの小さな変化にもイメージに少なからぬ影響を与えます。 

 

 

そのためか、目の整形手術は毎年人気のある整形手術の種類の一つに数えられており、

 

イメージ変化を望む多くの方々の関心を集めています。 

 

最近では、外的な変化を通じた自己管理のために整形外科を訪れる男性患者も増え、

 

男性の目の整形に対する問い合わせも増加傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

眼成形の再手術頻度が高く現れる理由

 

 


このように性別に関係なく高い関心を集められている目の整形ですが、

 

整形外科手術の中で最も一般的に行われているため、

 

目の整形自体を軽く考え、

 

生半可に病院を選択して再手術をする場合が少なくないので注意しなければなりません。 

 

目の再手術相談のために当院を訪れる患者の中にも、

 

最初の手術失敗後に失敗した原因をまともに把握できず、

 

数回再手術を繰り返し、

 

繰り返された再手術にも満足できる結果が見られず悩んでいる患者さんが多いのです。

 

 

 

 

魂が抜ける

 

 

 

 

間違ったラインの固定位置によって二重ラインが高すぎたり、

 

逆にラインが低すぎて満足できない場合、二重まぶたが解けたり、

 

両方の対称が合わない場合、過度な脂肪除去によって目凹んだ目になったり、

 

二重皺ができた場合など、失敗ケースが複雑で様々なだけに、

 

目の再手術をする際は手術が失敗した原因を正確に把握して適切な手術方法を選択しなければなりませんし、

 

目の再手術を計画する際も皮膚の厚さ、筋肉、

 

機能的な問題など詳細な部分まで考慮しなければなりません。






 

TS目再手術の実際の事例者の前/後比較

 

 

この患者さんは他の病院ですでに3回にわたって切開二重まぶた手術を受けましたが、

 

相変わらず厚くて不自然な二重まぶたを改善するためにTSで眼再手術を行いました。

 

男性の目の整形は女性とは違ってぎこちなさやくどさなく、

 

自然に目元が改善できるようになりたがるニーズが強いため、

 

この患者さんのように二重まぶた手術後に重くてぎこちなくなった目元に対する不満から

 

再手術を考慮する場合が多くあります。

 

 

 

 

 

手術前の状態説明

 


手術前の写真を見れば分かるように、

 

元の二重ラインが厚くてさらにくどく、ぎこちない感じがする上、

 

目を開ける筋肉の力が弱い眼瞼下垂症状のため、

 

目元がさらに重く眠そうに見えます。

 

 男性の目の整形の場合、自然さが強調されなければならないので、

 

二重まぶたラインを薄く整えることも重要ですが、

 

この患者さんのように眼瞼下垂のある目に二重まぶた手術だけをする場合は目元がより重く見え、

 

二重まぶたは不自然になることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

改善方向(ラインを下げる、一重まぶた目つき矯正を進行)

 

 

 


この場合、切開二重まぶた再手術を通じて既存の厚い二重まぶたの癒着をほどいた後、

 

薄い二重ラインを新しく整え、

 

目を開ける筋肉の張力を調節する目つき矯正を並行して

 

目元をより自然ではっきり改善することができます。

 

 

 

 

 

 

TS目再手術(切開二重まぶた)+目つき矯正手術後、

 

ラインがスリムな一重まぶたに改善され、

 

目を開ける筋肉を調節して瞳の露出量が増え、

 

眠くて重く見えた目元がさらに凛々しく変化したことが確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照れ

 

 

 

 

 

 

 

成功的な目再手術のキポイントは?

 

 

 

 

 

 

 

繰り返された目再手術から抜け出し、

 

満足できる結果を導き出すためには、

 

まず失敗に対する原因分析が重要です。 

 

二重まぶたの高さだけでなく、目との比率、以前の手術の方法、

 

上眼検巨筋(目を開ける機能の確認)、

 

肌の状態や余裕分など様々な要素を考慮して、

 

最初の手術が失敗した原因を正確に診断し、

 

目の形から肌の状態、患者が望むラインなどを考慮したデザインを適用することが重要です。 

 

また、目の再手術の場合、単に美容的な不満の他に目が開けられなかったり、

 

目が閉じない症状のような機能的な問題まで含めたケースも多いため、

 

機能と美容の両方の同時改善のためのオーダーメード手術プランを立てることが

 

成功的な目の再手術のポイントといえます。

 

 

 

 

 

 

爆  笑

 

 

 

 

目の再手術、執刀経験とノウハウがとても重要!

 

 

 

目の再手術は、

 

最初の手術に比べてはるかに難易度の高い手術と言われています。 

 

単純に間違った固定位置による高い二重まぶただけでなく、

 

二重まぶたのラインが薄くなったり、二重まぶたができた場合、

 

両目のラインが非対称の場合など、様々なケースを幅広く扱わなければならない手術のためです。 

 

誤った手術結果に対する正確な原因を究明することができてこそ、

 

それに伴う改善方向を立てることができ、

 

十分な要素と変数を考慮した繊細な手術で完成度の高い結果を出すためには、

 

手術を執刀する医療スタッフの経験とノウハウが非常に重要だと言えます。 

 

したがって、目の再手術を考慮しているなら、

 

経験と以前の手術後に満足できなくなった原因を把握するために、

 

目の整形に対する手術経験とノウハウが豊富な整形外科専門医と深層的な相談を受けてみて、

 

それに伴う改善方法について診断を受けた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

---------------------------------------------------

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

読んで頂き、ありがとうございます照れ

 

本院ではインスタグラム、ツイッターもやっております!

 

 

TS整形外科で けんさく!

 

 

是非チェックしてみてくださいませウインク飛び出すハート

 

 

 

 

次のブログも皆様が知りたい内容でアップロードしますので、

 

楽しみにしてくださいねお願い