トライウッドマネー研究所

トライウッドマネー研究所

トライウッドマネー研究所は、東大阪の中立なFP事務所です。
お金の問題をワンストップで解決します。




トライウッドマネー研究所
トライウッドマネー研究所


  トライウッドマネー研究所は、東大阪にある独立系FP事務所です。独立系FPはどの企業にも所属しないため、公平で中立なアドバイスをすることができます。お金に不安をお持ちの方、将来に不安を持たれてる方は是非一度相談を受けてみてはいかがでしょうか?一回目のメール相談は無料とさせていただいています。

                  

         代表 森 泰隆

 

 保有資格:ファイナンシャルプランナー(AFP)

        年金アドバイザー3級

        住宅ローンアドバイザー

        証券外務員二種


 
NPO法人 FPファーム 広報部


      一般社団法人 人生サポート支援機構   相談員

        

                        

      E-mail mori.y1851@gmail.com


MOBILE 090-6550-4018


FAX   06-6783-3179






月一回ペースで掲載中

    ↓

トライウッドマネー研究所


トライウッドマネー研究所 6月の人気投稿者に選ばれました


お客様の声  豊中市 K様一家 (30代 夫、妻、長女、長男)









 

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村



今日の日経平均は、3日ぶりの反発で65円高となりました。

米中貿易戦争に一旦の落ち着きの様相が見えましたが、まだまだ楽観はできないとの不安がマーケットにはあるのでしょう。

 

それにしても、日本株がとばっちりを受けて下げている感が否めないです。

 

その中国で最も影響を受けているのが、通信機器大手・ファーウェイ(HUAWEI)でしょう。

 

日本でもファーウェイ製のスマホやタブレットが売られていますが、売上高1000億ドル(約11兆円)で、そのうち半分以上が海外での売上げという世界的な大企業です。

 

先週、トランプ政権がファーウェイとの取引を原則禁止する措置を打ち出しました。

 

それによって、Googleが取引を停止し、ファーウェイ製でGooglePlayやGmailなどのサービスが使えなくなり、Andoidに関する技術サポートも提供されなくなる恐れがあるということで、ユーザーからも不安の声が上がっています。

 

ファーウェイも即座に、心配なしとの声明を発表しましたが、不安はぬぐえません。

 

Huawei日本法人「スマホ新端末に影響なし、安心して購入・使用を」と声明

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/24/news063.html

 

今後、半導体などの部品の取引も停止されることも予想され、サプライチェーンの見直しも検討せざるを得なくなります。

 

ファーウェイは次世代通信規格「5G」でネットワーク構築に注力していますが、かねてからスパイ疑惑や中国が5Gで覇権を握って、世界中の軍事機密などの情報流出なども懸念されていました。

 

かと言って、中国もこの米中貿易戦争で易々と譲歩することはできず、今後も米中貿易戦争にマーケットが振り回される展開が続くと予想されます。