皆様こんにちは!

プロスタッフの横手です。

今回は釣り納めとしてフィッシュオン王禅寺に行ってきました。

 

釣りスタート時はまだ夜が明けていなかったのと、

表層直下がよさそうな雰囲気だったのでフォレストのS-CRA30のレッドグロー

を投げたら狙い通りで一投目からヒット、その後もいい感じで釣れました。

 

 

 

夜が明けて少しレンジが下がったようなのでディスプラウトの

イーグルプレーヤーDRのサクラミソとカニピラフで狙ってみました。

 

 

 

平日でしたが早朝から大勢のアングラーが訪れていました。

 

写真⑤

 

周囲を見るとスプーンでも釣れているようなので

ロデオのドリフトスピンやゴッドハンズのミッドラビンなどでもキャッチ成功です。

 

 

 

早朝はかなり好調だったのですが、日が昇りきるとちょっと厳しい時間となりましたので、

ニョロ系などいろいろと投げてみましたが、

どうやらこの日はクランクならシルエットの小さい小型クランクの方が食いがいいようだったので

ピコチャタクラDRを投げてみたところこれが大正解!連発を含めお昼の上がりの時間まで楽しめました。

 

 

 

この日は時間がたつにつれて曇りから晴れになり、

刻々とレンジが変わっていく感じでしたので、

アタリが遠のいたらレンジを変えてまたアタリが復活する感じでした。

スプーンで釣りをする場合もレンジをこまめに調整しながら釣ると答えが返ってくる感じでした。

この日はピコチャタクラのDR-SSとDR-SSSを使い分けて

ロッドポジションで更に細かくレンジを調整して探るのが正解でした。

また場所によっては手前にも食い気のある魚がいますので、

クランクもスプーンもギリギリまできちんとトレースすると手前でヒットすることも何度かありました。

 

 

王禅寺は都心からも近く、

足場もいいので家族連れや初心者の方も楽しく釣りができます。

レンタルタックルもあり、レストハウスでは昼食もとれます。

これから年末年始で釣りに出かける方も多いと思いますが、

朝一はやはり釣れますから防寒対策はバッチリして釣りを楽しんで下さい!

 

by横手

11月23日 フィッシングステージ彩の国

 

こんにちは!

プロスタッフの横手です。

11月23日にフィッシングステージ彩の国に行ってきましたので当日の様子をレポートしたいと思います。

 

 

ここは以前フィッシングフィールド川越というところでしたが、

経営体制が変わってフィッシングステージ彩の国となり、

場長には釣りビジョンの進めエリア君でお馴染みのマグナム高田君が就任しました。

 

この日も朝からエキスパートな人たちからファミリーフィッシングの人たちまで

大勢のアングラーが訪れていました。

 

 

朝一は空いていたインレット近くに釣り座を確保し、

まずは表層からチェックしていきますが、

どうも中層下からボトム付近の方が反応があるようなので、

ドーナ2g「グリーンチャート」「いちごミルク」などで好調に釣れます。

 

 

 

続いてハイバースト1.6gでもキャッチ。

 

 

キャストしたらボトムまでフォールさせ、

ボトムから離れすぎないように巻いてくるといいバイトがありましたので、

水深的にスプーンなら1.5g~2g位が扱いやすく感じました。

スプーンもクランクも一つのストロングパターンがあるというより

こまめにルアーをチェンジしてアタリを探していくのが正解のように思えました。

 

それを踏まえてクランクも投げてみます。

クランクではイーグルプレーヤーMRやピコチャタクラDR、

ディープクラピーに好反応でした。

 

 

 

イーグルプレーヤー「カニピラフ」では連続ヒットもありました。

 

 

エリアにはニャンズもいますので、

キャストの時は気をつけてあげて下さいと、

森田Pも申しております(笑)

 

 

ニョロ系のナブクラならレンジ的にSの方が合ってました。

 

 

マグナム君から夕方にはトップ祭りがあるかも、

と教えていただいたのですが、

残念ながらこの日はトップへの反応があまりありませんでした。

ならばとボトムサタンでボトムをチェックすると、

こちらの方が今日の正解だったようです。

連発まじりで日暮れの時間を楽しめました。

 

 

彩の国は足場も良く、

スタッフの方が常にエリアを回っていますし、

初心者の方にはレクチャーもしてくれますので、

初心者や家族連れでも安心して楽しめるエリアです。

来年1月には現在工事中の2号池もオープンするそうなので、

こちらも楽しみです。

 

この日は日中防寒着がいらないくらいいい天気でしたが、

これからは寒さも厳しくなってきますので

寒さ対策も万全にしてエリアフィッシングを楽しんで下さい!

 

by横手

 

 

 

11月4日 東山湖フィッシングエリア

 

こんにちは!

プロスタッフの横手です。

各地でエリアがオープンして今シーズンのエリアトラウトが本格的に始まりましたね。

今回は先月18日に今シーズンの営業が始まった東山湖フィッシングエリアに行ってきました。

 

 

夜明け前はティアロのグローカラーをボトムから巻き上げるといい感じで釣れてくれました。

 

 

夜が明けるとちょっと難しい時間に突入です。

放流が入る前はレンジに合わせてイーグルプレーヤーや

ディープクラピーでレンジを探りながら釣っていきます。

 

 

 

 

お昼前に待望の放流タイムです。

放流直後は魚が水になれていないのかあまり反応はよくなかったのですが、

魚が落ち着いたらお待ちかねの入れ食い状態の始まりです。

この日の放流スプーンは新発売のHERO’Sさんのドーナ2.5g・ポンデ金を使ってみました。

この日は放流定番パターンの表層早引きではなく

カウントダウンして一旦落としてから巻いた方が放流魚のいるゾーンを通るようでした。

 

 

 

今度は重めのスプーンで沖を狙います。

この日使ったのは先日の店頭イベントで発売された

ヴァルケイン×なぶら屋コラボカラーのハイバースト3.6g・Z2が好調でした。

 

 

少し落ち着いてきたら東山といえばコレ!

的なノアボス3.5g・Fフロンタルで更に数を伸ばしていきます。

 

 

まだ最盛期に比べると入っている魚の量がマックス状態ではないので、

放流流タイムが終わるとまたしばらくポツポツと釣れる状態に戻りましたが、

夕方近くになると魚が浮いてきてライズを始めたのでこのタイミングで

トップを狙ってみるとこれが大ハマリで日が暮れるまでトップ祭りが続きました。

デカミッツやにゃんプップで面白いようにトラウトが反応してくれます。

これから冷え込んでくるとトップも難しくなりますが、

おそらくまだしばらくはタイミングによってはトップが効くかもしてないので、

準備はしておいて損はないと思います。

 

 

この日は朝は少し寒さを感じましたが、

日中は11月とは思えないような天候でした。

本格的な冬はもう少し先になりそうなので調整できる重ね着を用意して

快適なエリアフィッシングを楽しんで下さい!

 

by横手