11月8日 フィッシングクラブ ジョイバレー

 

こんにちは!トラウトアイランドプロスタッフの横手です。

 

今回は同じくアイランドプロスタッフのみつくんとジョイバレーに行ってきました。

私は贅沢ペレットのテストとシーズンインに合わせていろいろ新しいルアーの実釣テストも兼ねた釣行です。

 

 

現地で偶然出会ったK島さんとヴァルケインの荒川君と並んでメインポンド中央付近で釣り開始。

 

魚は表層からやや下あたりのレンジにいるようで、新発売のヴァルケインの

アストラル1.6gでカウント2~4あたりを引いてくるとポツポツと釣れます。

アストラル1.6gはリーリングスピードやアクションがしやすくレンジコントロールもしやすいスプーンという印象です。

 

 

この日の贅沢ペレットはワウとつぶアンが好調でした。

 

贅沢ペレット好調です!発売までもう少しお待ち下さい

 

クランクに切り替えてワウとつぶアンの贅沢ペレットでアタリが増え、連発もありましたが、

次第に魚が大きな鱒玉になり、この鱒玉が前にくるとヒットするのですが、

遠ざかるとアタリも遠のくという感じでした。

この鱒玉が散ってくれれば面白い釣りができそうでしたが、最後まで鱒玉のままでした(汗)

 

K島さんがニョロ系のルアーで釣っていたので、

発売されたばかりのティモン・ペピーノMRを投げるとすぐにヒットこのタイミングでかけあがりに魚がつきはじめたのか、

ペピーノを手前まで丁寧に引いてくるとガツンといいアタリでヒットしてきました。

また鱒玉がなくなると魚が薄くなるので派手目の色のニョロ系の

ルアーで魚を寄せるようにゆっくり引いてくると沖の表層下でもヒットしました。

 

ペピーノMRもいい仕事ををしてくれました

魚が薄いときはあえて派手目の色でアピールして魚を寄せましょう

 

またみつくんからこちらも新発売のクーガWWを借りて投げてみましたが、

こちらもWW(ワイド・ウォーク)の名の通りアピール力の強いクランクで

魚に対してしっかりアピールしてヒットにつなげてくれる感じでした。

この日は潜らせるよりロッドをやや立ててレンジをコントロールしながら釣りましたが、

状況に合わせてクーガと使い分けると面白いと思います。

 

お昼になり放流がありましたので、

鱒玄人・チュールの放流オレ金を投げると数投目に魚が回ってきてヒット!

放流が落ち着いたらまたワウとつぶアンに戻して釣果をのばし、お昼過ぎに終了としました。

 

放流は鱒玄人チュールがハマりました

 

この日はヒット率が鱒玉に左右される感じでしたが、

鱒玉の魚が散って拡散すればもうちょと場所ムラなく釣れるかな、といった感じでした。

また水温のせいか魚がほとんど中層から下にいなかったので、ある意味レンジがしぼりやすかったです。

 

ここのところまたコロナ感染者が増えてきてしまいましたが、

安全安心に釣りを楽しむために手洗いや消毒を心がけて楽しく釣りに行きましょう!

 

 

 

どーもナリですパー

 

管釣りシーズン到来ですね!!

 

店頭にも程度の良い中古が到来です!!

 

 

ディスプラウト スーパーアンディーン SU-51UL

 

 

シマノ 17ヴァンキッシュ FWチューン

 

共に程度は抜群でオススメですゲラゲラ

 

ルアーでは人気の

 

ヴァルケインスプーンをがっつり買い取りさせて頂きました。

 

皆様のご来店お待ちしております。

こんにちはトラウトアイランドプロスタッフの横手です。

 

管釣りもいよいよシーズンインし、他県またぎも緩和され、

ようやく各地の釣り場にアングラーが戻ってきた感じがするこの頃ですが、皆さん釣りに行っていますか?

 

私は24日に一週間前にオープンした東山湖フィッシングエリアにカラーテストも兼ねて釣りに行ってきました。

 

土曜日ということと翌日にトラキンのユーカリカップもあるということで、

朝から大勢のアングラーが訪れていましたが、何とかレストラン前に場所を確保して釣り開始。

 

朝一はドーナで1投目に巨大なブラウン。

それからはドーナとミューでカウント1~3を探るとコーホーとニジマスがバタバタと釣れましたが、

日が昇るとちょっと厳しい時間帯に。

 

そこでテスト中のディープクラピー、ワウ、つぶアンの

オリカラ【贅沢ペレット】

を投げるとタフな時間帯にも関わらずコンスタントにヒットしてくれました。

特にこの日はつぶアンのレンジがかなり合っていたようで、連発も含めてかなりいい感じで釣れました。

そこから魚が上ずったらワウまたはロッドポジションでレンジを調整して

ディープクラピーを引いてくるとアタリが復活するパターンでした。

 

 

また翌日にユーカリカップに出場される方々がBスパークで釣っていたので

ヴァルキャノンやベビーバイブを投げてみるとこちらもヒット。

どうやらボトム付近にも魚がいるようですが、まだストロングパターンとまではいかないようです。

もう少し濁りが入ればボトムの釣りも楽しくなるでしょう。

 

そしてお昼前にお待ちかねの放流タイム。

放流魚の落ち着き先がいつも違うので一か八かの場所選択でしたが、

うまい具合にレストラン前に魚が留まってくれたので、

しばらくの間ワンキャストワンヒットの状態が続きました。

ヒットルアーは放流といえばドーナ!

ということでオリカラのテヘペロと派手金の両面ハンマードがハマって腕が痛くなるほど楽しめました。

 

大量放流をして下さる東山湖の放流日の醍醐味ですね。

 

ただまだ放流回数も少なく、

魚が散ってしまうとまたやや難しい時間帯に突入してしまいましたので、

再びワウ、ディープクラピー、つぶアンでレンジを合わせながら沖を広く探ることで数を伸ばせました。

 

 

この日厳しい時間帯でも活躍してくれた贅沢ペレットは以前発売した

限定発売のラッキークラフト・ウォンツクラピーDryの限定カラーでしたが、

高評価をいただきましたのでこの度ディープクラピー、ワウ、つぶアンでも発売することになったものです。

左右上下で異なるペレット系カラーを持つ配色ですが、

ベタ塗りではなく透過するように仕上げています。

今の東山のようなクリアーな場所でもステイン系の濁った水質の場所でも魚に違和感を感じさせない

ナチュラルな色合いで魚に口を使わせるカラーに仕上がっています。

発売をお楽しみに!

 

 

最後になりますがエリアフィッシングは屋外施設ですので、

感染の確率は低いと思いますが、

休息所や発券所など人が密集する場所もありますので、マスク、消毒を心がけてエリアフィッシングを楽しみましょう!