こんばんは。

trefleのいがらしゆみです。

 

 

 

 

先週、焦りや不安、怖れなどで頭がグルグルしている…というお話をしました。

そこで私に向けられたメッセージが何か、そこまで掘り下げたことはこちらでお話ししています。

ひとりごとーワタシへのメッセージのはなしー

 

 

 

いろいろ自分でやった結果、まだグルグルまったくスッキリしない…。

こんな時は、ヘルプを出そう。

そう思い、玲子さんへメッセージを送り、ドンピシャなお返事をいただいて、自分の状況を考えると、今すぐにセッション受けにいった方がいい!という直感に従い、早速出掛けてきました。

 

 

玲子さんのブログはこちら

Rays Energy

 

 

 

逗子の海は、ヨットやサップ、さまざまなマリンスポーツを楽しむ人でいっぱい。

 

海に行くのだからと、セッションの前にアーシングとグランディング。

その様子はこちらでご紹介しています。

ひとりごとーEarthingのはなしー

 

 

 

 

 

久し振りに会った玲子さん。

バラシて良いかわかりませんが、今年65歳になるそうですが、全く見えません!!!

会う度にキレイになっていく彼女には、本当に驚かされます。

玲子さんと写真を撮っていないのが残念。

 

 

 

 

 

 

さて、本題のTrue Voiceセッション。

先日私が自分で受けたメッセージは、「私は愛されたかった…」というメッセージだったのですが、どこを掘り下げるか…と話した結果、まずは小さい頃に死にたくなった感情について掘り下げることに。

 

その時の私は昇華。

穏やか。

なんか今日の課題ではない感じ。

 

 

 

 

「愛されたかったっていうメッセージだとゆみちゃん言ってたけど、それはどんな感覚?言語にするとちょっと感覚がズレることがあるから、その感覚がわかるのはゆみちゃんだけだよ。」

 

 

 

 

 

もう過去愛されてないと感じていた私は昇華している。

過去のどの記憶を思い返しても、もう愛されていなかったとは思えない。

どこだ?

いつだ?

 

記憶を辿って、愛されてないと感じている私を探る。

 

 

 

 

「ゆみちゃんは、頑張ってきた自分、その環境を掴んできた自分をちゃんと認めてあげられていないんじゃないの?」

言われた瞬間に涙があふれてきました。

 

そこだったか…。

 

 

 

 

 

 

 

周りや環境への感謝までは気が付いていた。

けれど、その周りや環境を掴んできた私自身を認め、労り癒すことまでには至っていなかった。

あと1歩先だった。

 

「愛されたい」は、私が私に向けた「私のこともっと見て!認めて!」だった。

 

しかも、先日の気づきは、まだ対象が他者と思っていて、そのために自分を愛するという上っ面で、全然深く気づけていなかったから、モヤモヤが晴れない訳です。

晴れたーーー!

 

 

 

 

 

 

全てはワタシ。

ワタシは全ての創造主。

ワタシは神。

 

Oneness

 

 

 

 

ようやく一致しました。

パズルのピースが全部バチっとはまった感覚。

 

 

 

そのままで私は尊い。

周りはどうでもいい。

この世界の全てを生み出すのは、私。

 

 

 

 

 

 

10時からのセッション。

あっという間に13時。

2人して2時間くらいと思っていたら、3時間経ってました笑

 

 

ランチにしようと近くのBeach Muffinへ。

ここお気に入りです。

 

 

 

病み上がり、フムスのピタサンドが美味しかったー。

お店の方に「そろそろ…」と言われれるまで2人の会話が途切れません笑

 

気が付けば15時。

途中から、だんだん眠くなり記憶が薄くなりそうで、忘れてしまいたくなくて必死でした笑

それほど、玲子さんとの会話は大事な内容ばかりで、大切な時間でした。

 

 

 

20歳近く離れた友人。

美しく、強く、愛に満ち溢れた大切な存在。

 

お互いの存在に感謝して、お別れしました。

 

 

 

 

帰りの電車。

もうどこを見ているのかわかりません笑

早起きしたので、目の下にクマ。

ぼーーーーっとした顔です。

 

忘れてしまいそうだったので、この後必死な思いでノートにメモしました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

 

 

フォローしてね

 

=============================

trefleへのお問合せはコチラから

trefleサロン専用メルマガ登録はコチラ

=============================