iPhoneのホームボタンがビニールの上から反応しないとき | 売れる!伝わる!ネットショップの作り方 ハンドメイド作家さんのお悩み解決!スマホポシェット専門店Tree Tree 林景子

売れる!伝わる!ネットショップの作り方 ハンドメイド作家さんのお悩み解決!スマホポシェット専門店Tree Tree 林景子

SNSを活用して時間を自由に使い、自分らしく活動したいハンドメイド作家さんをサポートしています。


テーマ:

便利でおしゃれなママの必須アイテム!

 『入れたまま操作できるスマホポシェット専門店 TreeTree(ツリーツリー)』林景子です。


(お役立ち記事の再アップです)

 
スマホポーチ、スマホポシェット、防水ポーチの操作で最近、困ったことはありませんか?
 
私もiPhone6からiPhone7Plusに機種変更した際に
めっちゃ焦りました~。
 
 
前まではビニールの上から操作できてたのに、
操作できなくなってる~!!
 
スマホポシェットの使い心地が悪くなるやーん(><)
ていうか「入れたまま」操作できへんやん!
 
商売あがったりかも?と思って調べましたよ~。
 
 
そして見つけたんです。
その原因と、解決方法を。
 
 
【原因】
iPhone7、iPhone7plusになって
ホームボタンの仕様が
物理的ボタンから感圧式ボタンへ変わったため。
 
 
今まで物理的に押せば反応していたホームボタンが、
感圧式に変わったために、
ビニールの上からだとは反応しにくくなったんです。
 
 
【解決方法】
Assistive Touch
という機能を使えば回避できますよ~^o^
 
 
assistiveってなんやねん?と思って調べました。
assistive  → 補助的な
なるほど~ですね^^
 
AssistiveTouch を有効にする方法はいくつかあります。
 
  • 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」の順にタップし、「AssistiveTouch」をオンにします。
  • Siri に「AssistiveTouch を有効にして」とお願いします。 
  • 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」の順にタップし、「AssistiveTouch」をオンにします。
 
2番目は簡単すぎて、一瞬で終わりますし(笑)
3番目だけでは細かい設定ができないので、「設定→一般」から操作する1番目ご紹介します。
 
 
設定からAssistiveTouchをオンにする方法(画像つき)
<操作の流れ>
「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」の順にタップし、「AssistiveTouch」をオンにします。
 
一つずつ見ていきますね。
①ホーム画面で「設定」を選ぶ。
{C00330F9-1FCD-4E2C-84CB-9A0114F9ADA4}
 
②「一般」を選ぶ。
{E449FD5F-8207-40F0-908A-F7F51C2BDE05}
 
③「アクセシビリティ」を選ぶ。
{C0A09C12-6771-44D0-9CAA-0C80572ACC8E}

④スクロールして「操作」にある「AssistiveTouch」を選ぶ。
{D19649E7-6F80-43AE-8CC8-49D8398E3BDA}
 
( 画面下へスクロールします )
 
{59E7A467-4F7B-42A1-B9C1-A06523F1AD31}
 
⑤オンにする。
​​​​​
{F6ECB15A-6EF4-492A-A6A5-BBD1E9FD9B19}
これでAssistiveTouchがオンになりました。
 
私の場合、シンプルにホームボタンとしてだけ使いたいので
下記の手順でカスタマイズしました。
 

AssistiveTouchの機能を「ホーム」の1つだけにする方法。

<操作の流れ>
「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」>「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」>6個のアイコンを1個に減らす>「カスタム」を「ホーム」に変更する。
 
⑥「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」を選ぶ。
{5633A52B-2A49-48E8-B956-BF273245CE5B}

⑦6個のアイコンを「-」をクリックして1個まで減らす。
{ABBD0571-2444-415A-AD7A-0E641DEF989B}

⑧「カスタム」のアイコンをタップする。
{ABEA2DAF-A9F5-459F-BB66-96E767E3B294}
 
⑨「ホーム」を選ぶ。
{C2D5BBA2-AD50-4D7E-BED2-7C3B23F82C55}
 
⑩ホームボタンだけになりました。
{400746B0-5673-4FF0-AF36-1818DA941846}
 


これでAssistiveTouchの機能が「ホーム」の1つだけになりました。


数は1~8個設定できるので、お好みで設定してみてくださいね。

 

 

以上で完全に解決したかな?と思ったら・・・

もう一つ知ってて欲しい機能があるんです。

 

 

 

私がiPhone7plusに機種変更して戸惑った機能。

「手前に傾けてスリープ解除」という機能です。

 

そもそも、今まではホームボタンをクリックしてスリープ状態を解除していたのに、

ホームボタンはビニールの上から反応しなくなったし(笑)

 

画面が表示(スリープ解除)されたら、Assistive Touch の白いボタンが表示されるけど、

画面が表示されたり表示されなかったり(涙)

 

 

それはなぜかというと・・・

(ぐぐって見つけました!そんな機能ができたんですね~。)

 

 

「手前に傾けてスリープ解除」という機能が

iOS10から追加されたそうです。

 

 

私は機種変更したときに勝手になってたけど、みなさんはどうでしょう?

なんか変だな~と思ったら「手前に傾けてスリープ解除」のせいかもしれませんよ。

 

傾けただけでスリープ解除になって、

Assitive Touch の白いボタンが表示されるので便利です。

設定されてない方は、下記の方法でしてくださいね。

 

設定から「手前に傾けてスリープ解除」をオンにする方法

「設定」>「画面表示と明るさ」>「手前に傾けてスリープ解除」

をオンにします。

 

①「設定」>「画面表示と明るさ」をタップする。

{E2891CB5-8CCB-4C3C-A366-85E6CF1FD000}
 
②オンにする。
{128E2F1E-1147-45D9-9FF5-FD679057849A}

 

 

 

以上、長くなりましたが、

スマホポシェットを「入れたまま操作できる」ために必要な設定ですので、

ぜひ参考に設定してくださいね~!!

 

 

入れたまま操作できるスマホポシェット TreeTree ネットショップはこちら

 

ハンドメイド作家さんのお悩み解決!林景子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント