〜物語〜10.7 レポート2

テーマ:
「次はハロウィンに因んだ物を作ります。」

彼は再び客席から1人選びステージにあげた。

「さぁ、今宵はハロウィン。素敵な女の子を……」

彼はそう言い残してバルーンを取り出した。

チョコレートの様な色のバルーンを何本も

取り出しそれを組合わせた。

そして出来たのが 魔女のほうき だ。
 
彼は今宵素敵な女の子を1日だけ 素敵な魔女に 変身させたのだ。

 黒の帽子を取り出し女の子に渡した。

「素敵な魔女に大変身した女の子に大きな拍手をお願いします。」

次に彼はバルーンで作ったバイクを取り出した。

そして、黒のボックスからカボチャをとりだした

ハロウィンらしい演出だ。

彼はおもむろにカボチャのバルーンを割ると

中から ナイトメアー・ビフォア・クリスマス の

ジャックの顔がでてきた。

それを先ほどのバイクに付けてバルーンを少し変形させると

なんと、ジャックができあった。

会場のお客さんは驚きを隠せない顔をしていた。

「今宵はハロウィン。みなさんはどーでしたか?」

会場からは沢山の拍手がおこった。

彼は言いました

「みなさん、覚えてますか? 先ほどウサギをみつけてくれた女のこ子にプレゼントをあげる約束を!」

「僕はお礼が言いたいです!!そしてプレゼントも渡したいので先ほどの女の子でてきて!!」

彼はそう言うと女の子をステージに上げ

さらにこう言いました。

「よし、今日は特別の日だ!!ドレスを着よう!!」

彼はそう言った

黒のボックスからなんとバルーンドレスがでてきました。

それを女の子に着せてあげました。

「似合ってるね!!さっきはうさぎを捕まえてくれてありがとね!!」

彼はそう言うとバルーンでできた

バラの花束を彼女にプレゼントしました。

「本当にありがとね!!」

会場は暖かい拍手に包まれた。