オランダ在住フルート奏者 武良静枝のDear my flute
◆レギュラー番組◆
静岡FM放送 K-mix「武良静枝のMooi!オランダ」
パーソナリティー(2016.11~)
毎週金曜 17:20~17:25
番組詳細はこちら→K-mix番組サイト
ブログ、Twitterへのメッセージもお待ちしております。

今日から4月!

新年度、生活の変化があるかたが、たくさんいることでしょう。


我が家の長男は4月生まれ。

もうすぐ4歳になります。



オランダは4歳の誕生日がくると、小学校にそれぞれ入学していくのですが、

ということは、

今、週4回午前中に通っているPeuterspeelzaal(2、3歳児の幼稚園)もあと数回で卒園です。


卒園前…というか、小学校入学にあたり、

今の息子の成長の状況を共有しましょう、というかんじの面接がありました。



今、長男は3歳。

この時期は家庭の言語→日本語の環境が多いので、今の段階では日本語メインで、

オランダ語はPeuter内や友達、それからご近所さんや私たちの友人、

あとはテレビとか…

なので、年相応のオランダ語力はありません。



それもあるし、元々の性格もあって、

お友達と取りあいっこのケンカをしたり、

自分の気持ちがうまく言えなくてイライラしたりがまぁまぁ多いんです。

まぁ、活発な男の子ってかんじなだけですが、

姉妹で育った私には、理解不能ですもやもや


先生の話や、本の読み聞かせも、日本語の本は大好きなのに

オランダ語だと意味がわからないせいか、集中力がなく、教室内をフラフラするタイプでした。


とはいえ、

ここ最近は、年齢と、私との約束や、先生達のの指導のおかげもあり、

たくさん成長し、頼もしくなっている最中〜!

のようです。



面談では、小学校入学用に幼稚園側が提出する息子の資料を見せていただきました。


「強い意志があって、思いやりがある。

好奇心が強い。運動能力が高い。

頑張り屋。

粘土やシステム的に組み立てていくものなどを、集中して落ち着いて行うことができる。」


などなど、

こんなに細かく我が子を理解して、

温かく指導してくださっている先生方に感激でした。

本当によく見てくださっているんだなーとラブ



もちろん苦手なことも見てくれてます。

「オランダ語は発展途上。

自分の意思に反して、遊びを途中で中断させられると受け入れるのが難しい」

などなど。

ほんと、おっしゃる通りでございます!


本人が納得するまで、

このおもちゃで遊びたい、

幼稚園にまだいたい、

コレをもっと食べたい…

そんなかんじで、日々振り回されてる私ですので。。



とにかくオランダ教育、

総じて、前向きに評価してくださる(笑)あたたかい!!



教室内にある本を、ひとりでじっくり読んでいることも多いらしく、

数字の興味とか、ルールの理解の仕方などを見てると、

彼は賢い賢い、って、

面談にいた先生たち三人から口を揃えて褒められて、


自分のことがオランダ語でうまく伝えられない我が息子について、

こんなにちゃんと見てくださって、

更に盛り上げてくださって、


本人はすっかり、小学校に行く気満々になってしまいました爆笑グッ


そーいうわけで、あとまだまだ数回の幼稚園通園があるのですが面談後から、

「もう、幼稚園は行かない!僕は小学校!」


が、始まってしまいました爆笑


朝、送っていくと、

「いやだ!幼稚園はもう行かない」。


お昼にお迎えに行くと、

「小学校に行きたかったのに、なんで連れてってくれないのプンプンぶつぶつ。」


これが既に数回続いてます。


あーー、早く小学校な行く日になってもらいたい。

とはいえ、慣れない環境で始まったらきっと嫌がるような気もしています。

あー難しい、我が息子笑い泣きラブラブ


ライデンも桜が満開です🌸