日本でのコロナ禍の影響が、ほぼ1年にもなっている訳ですが、まさか1年前に1年後まで続くとは思っていなかったなぁ…

さすがにアベノマスクはいらないと思っていたけれど。

 

で、そんな中で、観光産業が壊滅的な状況を受けているのは、周知の事実でしょうが、恐らく、それ以上に壊滅的だったのが、エンタメ業界だと思う。

 

特に、演劇・コンサート業界。

 

未だに満席フルキャパでの公演は望めない中ですが、それでも、少しずつ、アーティストによる公演や商業演劇が再開している形。

このゴールデンウィークには、東北でARABAKI ROCK Festが開催予定ですが、

今年は全キャンプ型に切り替えるとともに、関係者だけでなく、来場者全員が抗原検査を受けての開催と言うスタイルになりそうだとか。

 

ARABAKIは、1年の中でも最初の大型ロックフェスと言うタイミング。

それだけに失敗は絶対に許されない。

そうした思いが、様々な“今、できる工夫”に繋がっていると思う。

 

もちろん、今やるべきではないと言う声もある。

それもそうだと思う。

今、行えるだけの工夫は行なうのだろうが、あくまでも安全が担保される訳じゃない。

フェスは、ホールコンサートと異なって、その地域からだけでなく、幅広い場所から人が集まるモノだから、どれだけ工夫を凝らしても、安全と言えるモノじゃないし。

 

今年もやらないと言う選択肢はあったのだと思う。

それが一番安全。

それも事実。

 

個人的には、何とか成功して欲しいと願うけれど、それは今年、仮に開催されなかったら、もうこの業界から人が働いている人が離れてしまうと言う部分が大きい。

裏方の方々は、そこまで経営に余力のある会社は多くないですし、フリーで働いている方も多いですしね。

 

でも、それを思っても、今回のARABAKIの開催が、正しい選択だったのかは、今の時点では分からないけれど、仮にARABAKIでは何も起きなかったとしても、その後に続くフェスで何も起きないか…と言われると、それも分からないし。

 

主催者側の覚悟が参加者にまで届いていなければ、意味がないし、そもそも主催者側に覚悟があっても、何かが起きてしまうと、そんな覚悟は無意味だし。

 

音楽が無くても、人は死なない。

でも音楽は、確実に人を癒すし、勇気をくれる。

それもまた事実。

 

何とか開いて無事に終わって欲しい。

 

だけれども…

 

それが素直な今の感想なんだけれども、そもそもフェスである意味はあるのだろうか…と言うのも、率直な感想だったり。

 

確かに、いろいろなアーティストに出会える。

だけれども、規模が大きくなればなるだけリスクは格段に大きくなる。

そのリスクが会場内だけで済む話じゃない訳で。

 

ボクの中でもやって欲しいし、無事に終わって欲しい…と思う気持ちが確かに強くある。

だけれども、同じぐらいに、それが正しいのか?と問う声もある。

正直、街での生活は、マスクをしているぐらいで、そこまで自粛をしている人も少なくなっている気がする。

今日も、駅ビルに仕事帰りに立ち寄ったのですが、ボクが入るタイミングでビル内に入った人で、入口にある検温と消毒を利用した人は、ボクともう1人オジサンしかいなかったし。

そんな状況の中で、エンタメや観光だけをいつまで自粛しているんだろう?とも思うし(だからと言って、無自覚に旅行に行け!コンサートで声を出せ!って言っている訳じゃないですよ)。

 

正直、分からんのよね。

久しぶりにミッシェルガンエレファントの動画、見てたらどうでも良くなったけれどさ。

 

また大きな声で、肩をぶつけ合いながら、“ライブ”を感じられる日なんて、ホントに来るんだろうか…

 

コロナの影響。

マンボウが、埼玉などにも拡大されるみたいだけれども、ホント、長引いてますね…

そう言えば、コロナが深まってから、都内に遊びに行ったのは、2回だけ(仕事で行く日はあるけれど)。

1年間に2回だけ。

過去、最低記録かも。

 

で、コロナ禍で支給された持続化給付金や家賃支援給付金の対象から、性風俗事業者を除外したのが、法の下の平等に反しているとして、関西でデリヘルを営む会社が、給付金の支給を求めた訴訟の第1回口頭弁論が開かれた模様。

 

で、被告になるのは、国。

基本的には争う姿勢を見せており、

「性風俗業は本質的に不健全。支給の対象外としたことは合理的な区別だ」

としている。

 

口頭弁論の内容をつぶさに見たわけじゃないのだけれど、“本質的に不健全”とは、一体、何なのだろう。

 

世間的には、確かに良いイメージで見られることがナイ性風俗事業。

だけれども、デリヘルだろうがキャバだろうが、男性ならば、1度ぐらいは利用したコトのある人がほとんどではないか。

自分たちは利用するだけしておきながら、不健全って、何なんだろう。

そもそも職業に貴賤があるべきじゃない。

それが大前提であるべき。

そして、利用する人がいるから、仕事になる訳だし。

で、それが法に違反していない仕事であるならば、何が“本質的に不健全”なのだろう。

不健全と言うのであれば、そもそも法の下で職業として成り立たせるのが、おかしな話で。

 

確かに、性風俗業者は、しっかりと納税をしていないと言うケースも多いようだが、それと今回の件とは、本質的に別件。

脱税は脱税で取り締まるべきで、性風俗業を不健全として支給対象外にしたのは、合理的な区別ではなく、差別なのではないか…と。

 

ってか、そもそも業種で区別するべき話なのか…と。

しっかりと納税をしている事業者や個人事業主であるのであれば、他の業種と同様に、支給の対象にしなければ…と。

 

税金を納めているのであれば、支給。

そうでなければ、取り締まり。

 

そうあるべきだったのではないか。

 

結局のところ、波風が立った時に、誰も責任を取りたがらない国の姿勢なのではないか。

今年もちゃんと確定申告をこないだ、完了させたけれども、そんな国に納税義務を果たそうと思うのが、バカらしく思えてくるって話で。

 

4月1日。

エイプリルフール。
そして、新生活を始める人が多い1日。

 

でも、ボクの中ではそれよりも、“レスリーチャン”の命日。

 

香港のスター俳優・歌手だったレスリー。

自らの手で自ら命を絶って、どのぐらいの月日が流れたのかすら、もう思い出せないけれど、

4月1日だけは、なんだかずっと香港に想いを馳せる1日になってしまった。

 

今日は、仕事を早めに切り上げて、

レスリーチャンの出演作を見よう…なんて、思っていたのだけれど、

仕事が思ったより早く終わらなくて、断念。

 

ま、週末に見るよ、レスリー。

 

 

「流星」か「もういちど逢いたくて」か。

いや「ブエノスアイレス」も捨てがたいか。

 

こうして作品はいつまでも世の中に残っているコトだけが救い。

作品の中では、彼は、まだ生きているし、これからも生き続けるだろうから。

 

でも…

見るときっと、香港に行きたくなる。

「ブエノスアイレス」なんて見た日には、ブエノスかウシュアイアに行きたくなる。

 

もう、分かり切っている。

 

でも、見たくなるのは、彼の人を惹き付けるチカラなんだろうな。

 

また旅に出れます様に…

緊急事態宣言が首都圏でも解除

首都圏で、緊急事態宣言が解除になったとか。

“なったとか…”

めっちゃ他人事みたいに書いていますが、ボク自身、首都圏在住者であり、もっと我が身で考えなければいけない話なのですが、そもそも緊急事態宣言になろうがなるまいが、

 

・ほとんど外食しない(月に1度もしない)

・出掛ける時も基本、おひとり様

・同居人もいない

・仕事的にも今のタイミングだと関係ない

 

そんな感じ。

そもそも海外と異なり、日本の緊急事態宣言と言うのが、甘々ですしね。

それでいて、規制が弱いから、庶民的にも“宣言自体慣れ”してしまっている感は否めないですし。

“宣言疲れ”と言われてもいますが、ボク的には、そんなに疲れるコト、してます?と言う感じ。

別にお買い物にも行ける。
外食だって時間を選べばできる。

それで何が疲れるんだろう?と言う感じでしかない。

そうした状態の中でまだまだ陽性の新規感染者が出ている日本の現状。
ホント、医療関係に従事されている方には、頭が下がる思いですけれどもね。

 

そして、結局、コロナが叫ばれても日本は簡単に変わらない。

それは確かなんだな…と。

通勤ラッシュは幾分、和らいだけれども、別に在宅勤務がベースになった人が、そこまで多くなったかと言われると、疑問符でしかない。
大手企業だって、やろうと思えば、もっとできるハズなんですけれどもね。
もちろん、リモートの弱点も見えているのは、事実だけれど、高い賃料を払って都心にオフィスを構えるよりも、オフィスは極力、少なくした帆王がベターだし、交通の便の良い郊外に移転した方が、生産性も上がると思うんですけれどね。

 

どうして都心信仰から抜け出せないんだろう…と言う感じ。

今の東京圏は住むに適した場所じゃないと思うんですけれどもね。

遊ぶには適しているだろうけれど。

 

「Go To」で色々な経済振興策が取られましたが、コロナ禍で地方自治体に拠点を移す企業へ手厚い補助金を出すと言う動きがあっても良いように思うんですけれどもね。

短期的にプラスになる訳じゃないけれど、長期的には地方活性化にも繋がってプラスになると思うんだけれど。

地方創生臨時交付金は、本来、そう言った事業に使われるべきだと思うのですが、実際はそんな使われ方をしているケースは稀有のようにも。

議員1人に対してタブレットを買ったり…ね。

もう通常予算で買えよ…と言う気にしかならないけれど。

 

ま、こんな日本だから、仮に次の波が来ても、のらりくらりで抜本的には何も変わらないんだろうな。

 

で、補助金が貰える人だけが喜ぶ…みたいな。

 

もちろん、傷ついた業態に補助金が入ると言うのは、賛成ですよ。

全員が等しく万々歳になると言うコトもあり得ないでしょうし。

 

でも、やっぱりこのどさくさに紛れて、うやむやになっているコトが多い気がする。

少なくとも、個人経営の飲食店に対して1日60,000円はやり過ぎだよね。

 

また旅に出れます様に…


サウジアラビアが、2021年2月27~28日に掛けて、首都・リヤド上空で弾道ミサイルを1発、迎撃したほか、南部の服須の地域で爆発物を積んだ無人機6機を破壊したコトを、国営メディアが伝えたとのコト。

これらの出発点は、イエメン。

イエメンの武装組織であるフーシ派も攻撃を認めている模様で、サウジアラビア側は、

「フーシ派は民間人への敵対行為を強めている」

と非難したとも。

 

って…

どの口がそれを言うのやら。

イエメンを内戦状態にまで泥沼化したのは?と言う感じでしかない。

 

が…

中東情勢って、シリアもイエメンも、日本にいるとなかなか報道がなされない。

シリアについては、まだ散発的な報道があるけれども、イエメンについては、ほとんどないに等しく、こうしてサウジへの攻撃でようやくニュースになる程度。

今回の攻撃で迎撃したミサイルの破片で家屋が損壊したが、人的被害が無かったのは幸いだけれども、どうしてもサウジ側に立った報道ばかりなんだよなぁ…と。

 

で、実のところ、どうなのだろう。

そもそも解決する糸口があるのかどうかも、日本にいるとなかなか伝わってこないし。

元々、満足な経済水準のある国じゃなかった訳だけれども、今、イエメンはどうなっているのだろう…

 

イエメン。

旅人ココロをくすぐる国の1つ。

行ってみたら、ホントに圧倒される国だった。

個人的には、未だにこんな国があるんだ…と言うレベルだったけれど。

 

方やサウジアラビアも、未知なる国だったけれども、人も親切だし、さすがにイスラムの盟主たる国だと思った訳だけれども…

 

そして、トランプ政権からバイデン政権へ。

中東情勢もこうした国際的な動きに交わって、より一層の流動性を強めて行く感じでしかない。

今回の攻撃でも恐らくドローンが使われていると思うのだけれど、こうした新技術が戦いに悪用されるコトで、また旅をしていて身を守るコトが難しくもなる。

だってドローンに爆発物を積むと言う方法ならば、ホントにもうどこで被害が起きてもおかしくはない訳で。

 

旅をすると中東はホントに良い人に巡り合う率が高い。

もちろん、お金が絡んでくると急にがめつくなるパターンもあるあるだけれど。

 

この半島と対岸。

平和が訪れる日がやって来るのだろうか…

 

もうそんな日が来るコトのイメージができないけれど。

 

また旅に出れます様に…

158