伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方 TRADITIONAL-ORIENTAL-MEDICINE

伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方 TRADITIONAL-ORIENTAL-MEDICINE

仕事を。生活を。趣味を。今より有意義に過ごすための完全予約制プライベートサロンです。 エグゼクティブな貴方の人生に今よりも大きな価値を。


テーマ:

セルフ・マネジメント (自己管理)

「単なる自己管理ではなく、自分自身という唯一無二の貴重な資源を最大限に生かして、自身の成果と、周りに対してプラスの影響を及ぼすことのできる能力」

 

そのために絶対に必要となる心身の良好な状態に関し、以下の5つの要因に分けて説明していきたいと思います。

 

食事

排泄

運動

睡眠

心理的要因

 

心理的要因

体調の余裕

体力の余裕に似ていますが体調は日々の自己管理の結果が出やすいものでありながら実際には管理しにくいものです。

これまでに出てきた「食事」「排泄」「運動」「睡眠」を適切に行うことで初めて実現する『体がいつも快調である』という状態が大きな心の余裕を生みます。

様々な体調不良は当然のように心から余裕を無くさせます。 これは誰だって同じです。 仮に人に当たり散らすような極端なことがなかったとしても焦燥感や不快感というものは自然と態度や行動に出てしまうものです。

 

伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方


テーマ:

セルフ・マネジメント (自己管理)

「単なる自己管理ではなく、自分自身という唯一無二の貴重な資源を最大限に生かして、自身の成果と、周りに対してプラスの影響を及ぼすことのできる能力」

 

そのために絶対に必要となる心身の良好な状態に関し、以下の5つの要因に分けて説明していきたいと思います。

 

食事

排泄

運動

睡眠

心理的要因

 

心理的要因

体力の余裕

当然ですが、セルフ・マネジメントを行う目的は自分自身という資源を最大限に使うためです。

そのためには体力的な余裕が無いと心理状態を安定させることができません。 仕事で疲れている時、寝不足で体がだるい時などは誰だって気持ちに余裕がなくなるものものです。

体力不足によって心に余裕が持てず、頻繁に人に当たり散らしたり、つまらないミスばかりをするようではビジネスマン以前に人としての品格も問われます。

 

伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方


テーマ:

セルフ・マネジメント (自己管理)

「単なる自己管理ではなく、自分自身という唯一無二の貴重な資源を最大限に生かして、自身の成果と、周りに対してプラスの影響を及ぼすことのできる能力」

 

そのために絶対に必要となる心身の良好な状態に関し、以下の5つの要因に分けて説明していきたいと思います。

 

食事

排泄

運動

睡眠

心理的要因

 

心理的要因

心をコントロールする方法、テクニック、ハウトゥーは巷に様々なものがあります。

ヨガや瞑想。ミュージックや食事。スポーツなどなどなど。 それぞれに心理的な効果があり、その人に合ったものであれば効果を上げるでしょう。

しかし、そのような何を行うか?ということ以前に必ず必要になるものがあります。

それは「余裕」です。

余裕は心理状態を良くする上で絶対に必要なものです。

余裕があるからこそ自分の心をコントロールすることができ、さらなる余裕を持つことができるというスパイラルに入ることができます。

 

伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方


テーマ:

セルフ・マネジメント (自己管理)

「単なる自己管理ではなく、自分自身という唯一無二の貴重な資源を最大限に生かして、自身の成果と、周りに対してプラスの影響を及ぼすことのできる能力」

 

そのために絶対に必要となる心身の良好な状態に関し、以下の5つの要因に分けて説明していきたいと思います。

 

食事

排泄

運動

睡眠

心理的要因

 

心理的要因

セルフマネジメントにおいて心理状態を安定させることは非常に重要な意味を持ちます。

集中して仕事をこなすにも部下や同僚とコミュニケーションをとるにも安定した心理状態は信頼と安心を生み、その他の様々なシーンに置いて重要な役割を果たすことでしょう。

理想的な心理状態は穏やかで柔軟。力強くて我慢が効くといった心に余裕のあるものでしょうから、そう有るよう。そういられるように自分の心をコントロールするのです。

 

 

伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方


テーマ:

セルフ・マネジメント (自己管理)

「単なる自己管理ではなく、自分自身という唯一無二の貴重な資源を最大限に生かして、自身の成果と、周りに対してプラスの影響を及ぼすことのできる能力」

 

そのために絶対に必要となる心身の良好な状態に関し、以下の5つの要因に分けて説明していきたいと思います。

 

食事

排泄

運動

睡眠

心理的要因

 

睡眠

環境

どのような環境でも眠れる人はいます。また、赤ん坊のようにどのような環境でも寝てしまう人もいます。

しかし、多く人は慣れた一定の環境下でより良い睡眠を得ることができ、普段とは違った環境では眠りが浅くなります。 その環境を整えようというのが寝る前にTVやスマホを見ない。電気をちゃんと消す。寝る前には飲食しない。暑すぎない。寒すぎない。などであり、睡眠時の体外、体内環境をある程度一定の快適なものにしようという試みです。

実は睡眠前にこれらのタブーとされる行為を行っても眠れる人は眠れ、守ったとしても眠れない人は眠れません。 体調や体質と呼ばれるものにも影響を受ける上に、自律神経に支配される睡眠は完全なコントロールができないものなのです。 しかし、良いと言われることをしたために「安心して」眠りが深くなる可能性が高まります。

環境は体や心が安心できるように整えるものだと言えます。

伝統東洋医学による確かな実績 品川総合漢方

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス