時は金なり支配なり

時は金なり支配なり

時間なんてこっちから支配してやりましょ?

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


お久です。


すっごいラブホ見つけちゃった。


テレビで。


スカイパラダイスラクエンだって。


人口海だよ。


感動したよ。


18禁産業とか関係なしに根本の概念を覆す感動ってなんかいいね。


全国に面白いレジャーホテルは沢山あるけど、ここまでエンターテイメント的に楽しませてくれるとこって単純に凄い。


まさに期待以上のサービス。


たかがエロ産業のラブホ。


でわなく圧倒的にシーンを与えてくれるビジネス。


圧倒的にキズ深く感動を与えれるビジネス。


こうゆう感動を覚えるビジネスってそそられるわ。










部屋の下には魚が泳いでるんだって



動画

「有吉のダレトク」6分08秒付近より



テーマ:
今年もあと一日。


来年の今頃も再来年も50年後も同じこといってるんで、早いなーとか当たり前な事はいいません。


年末年始というシステムは我々の過去のパイ先が勝手に決めたことなのでそれに従ってるだけです。

 
毎日が新しい日なので、毎日がハッピーニューデイなのです。


それに歳がオプションでついてるだけ。


人は死に向かって進んでるシステムなので、喜怒哀楽趣味嗜好恋愛家族ビジネスその他何でも自分が関わってる全てに理性を持って、嫌でも爪痕を残していきましょ。


それに歳がオプションでついてるだけ。


そんなこと言いながら飲み方の予定は何個もいれてます私。


年末とか関係ないし皆さんもも知ってるかもだけど、小藪千豊のこの名言は染み渡るな。


賛否両論だろし私まだ未婚で子はいないけど染み渡りますw









テーマ:
二本の足にハンデを持つ 
ある女の子が転入してきた
クラス中みんな手を差し延べた
ちやほやされた 1年後はどうだ…


残った友達はたった1人だった
なら始めから優しくすんな
吠えてる捨て犬 ある子が拾う
噛み付かれたと怒って また捨てる…



噛み付いて当然 怯えて当然
保健所に追われ 人に捨てられて
恨みは増えて 憎しみは生まれ
私のように睨み続ける




だってさ。



上松秀美って人のトラウマって曲。



小学生の道徳の教科書に載せたらいいのにね。




いや…深すぎるか…




ほな。

テーマ:
寒い冬が過去になり暖かい季節が今になってきましたね。



この今が過去になり次来る今はベトベトと灼熱の季節ですな。



こんな感じで僕ら生物や物質たち全て時間という概念に完全に支配されてますね。



あーやだ。



けどその支配がなくなったらなくなったでまた、



あーやだ



て何かしら文句を言ってるんでしょうね。



脳みそという最高に繊細で最高のクリエイティブな物質をもった僕らは他の生物に比べちとややこしいです。




あーややこし。




こんな哲学じみた思考してしまうのもまた人間。




恋や欲や悩みや贅沢や暇やビジネスや悲観やマインドや恨みや嫉妬や幸福。




ぜーんぶクリエイティブ過ぎる最高の脳回路から製造されてます。




それに時間という概念がサイドメニューとしてあるだけ。




そのサイドメニューを無視するか否かは自分次第。




ということは、クリエイティブ過ぎる脳ツールをもった僕らは時間を支配してくことも可能なわけです。




常に過去を作り続けて先に行ってるわけですから、その今を変え続けて行けば過去も変わります。




未来なんて概念は人間がつくった空想でしかないのです。




あるのは今と過去。



将来がどうのこうのでなく、その将来という空想を過去にしていくために今を作り続けないとその空想は現実化しません。




もし現実化した時点で過去になるわけですから、また常に今を作り続けて行きますよね。




あーややこし。



ややこしいから常に今を作り続けれるだけでいいのですかね?




意外と単純ですね。




今や死語になった「いつやるの?いまでしょ」




これはまさにおっしゃる通りやと思います。




今やらないと今が無駄になります。




イコール過去も無駄になります。




あー勿体ない。




今でしょ精神は死語になった今でも密に持ち続けてます。








テーマ:



この動画をご存じの方も多いと思いますが、ほんとスゲーなと感じます。



こういう数学的な話はよくわからないのですが、いわゆる「組合せ」の仕方は数字が1増えるだけで、何万倍、何億倍、何兆倍……と、爆発的に増えることをアニメで簡単に説明してる動画です。



ちょっとお姉さんのキャラがぶっ飛んだアニメになってますけどね。



お姉さんはホワイトボードにマスを描き、スタート地点からゴール地点まで、同じ場所を2度通らずに何通りの線が引けるかを数えることに挑戦しています。



1×1、2×2、3×3とマスの数を増やしていくお姉さん。



5×5からはパソコンで計算し、7×7からは処理が間に合わないとしてスーパーコンピュータが登場しました。




8×8では計算に4時間かかり、組み合わせは3266兆5984億8698万1642通りと、膨大な数字になっています。




気合いバリバリで9×9に挑むお姉さんは「次は2、3日はかかっちゃうかもね」と口にしましたが、答えが出たのはなんと6年後。組み合わせの数は4104京4208兆7026億3249万6804通りでした。



子どもたちは10×10に挑もうとするお姉さんを必死で止めようとしますが、お姉さんは「それでもね。私はみんなに『組み合わせ爆発のすごさ』を教えたいの!止めないで!」と計算を開始。




25万年後、出た答えは、1抒5687垓5803京464兆7500億1321万4100通りでした。



このお姉さんマジでカオスw



数字も凄いけど、お姉さんの気合いの方がもっと凄いw




とにかくまぁこれはレバリッチ効き過ぎでしょ。



でも儲かっているビジネスでも同じ現象が起きてますな。



客爆発?



商品爆発?



宣伝爆発?



さ、何かに爆弾を仕掛けましょ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス