バッテリー交換や、バッテリー(マイナス)を外す作業の度、

チューナーのメモリなどがリセットされるので面倒くさい

そこで、メモリーキーパーを導入

Amazon限定の赤いケース

単4電池6本をセットすると、左のインジケーターが点灯

 

電池の装着状態

単4電池ってめんどくさい

9V電池1本が良かったな

 

OBDⅡ端子

ほぼみんな付いてる

 

スルッと入る

 

OBDⅡに接続している表示

バッテリーが繋がってますよの表示

 

 

バッテリーを外したところ

キーはもちろん抜いてあるし、この状態でドアを開けてルームランプなどを点けてはならぬ

SA202が車両に給電している状態

 

ライフウィンクが見えてる

 

新しいバッテリーを繋いで、真ん中が点灯

 

これで交換完了

 

メモリがリセットされることも無く、無事にバッテリー交換完了!

早く買えば良かった

 

今までは、シガーライターに差すタイプしか知らなかったが、これは便利

クルマいじりする人には必須アイテムだ

 

バッテリーはPanasonic のCAOSイチ押し!

廃バッテリーの処分方法を気にすることはない

古紙交換業者が喜んで持って行ってくれる

リサイクル業者が鉛価格で引き取ってくれるので、持ち込みをすると小さいのでも買い取り500円くらいにはなるのだ

新鮮なバッテリーはネットで購入

(ホームセンターには鮮度の落ちたのもあるんだ)

処分は、定期点検時に自動車工場にお願いしても良い

 

今回のクルマは、長く乗るつもりがなく、国産ブランドの格安大容量バッテリー

でも、ライフウィンクは装着している