東洋はり灸院 国分寺院(東洋医学専門の鍼灸院)

東洋はり灸院 国分寺院(東洋医学専門の鍼灸院)

国分寺駅徒步2分 中国4000年の歴史を誇る東洋医学専門、ハリ灸一筋の鍼灸院

■東洋はり灸院からのお知らせ

2019年9月2日(月)開院。


営業時間は下記となります。

月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00)
火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 19:00)


定休日:日曜日、GW・お盆・年末年始
※祝日に関しては、お問い合わせください。


TEL:042-407-6168

お気軽にご相談ください。

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、脊柱菅狭窄症についてお話させていただきます。

 

 

脊柱管狭窄症の症状

当院にも病院で脊柱管狭窄症と診断された方や、10分も歩くと休まずにはいられないほどの症状で、自分なりに脊柱管狭窄症だと判断されて来院される方がいらっしゃいます。


脊柱管狭窄症は腰や足が非常に辛くなります。

 

しかし、その辛くなっている患部だけを見るのではなく、根本の原因を探るのが東洋医学です。

 

内臓を強くすると痛みは取れる

東洋医学ではどのような症状も、内臓の働きや疲れが表面に表側にサインとして表れたものだと考えます。

 

そのため、腰の周囲の緊張をほぐす鍼灸だけでなく、自身の治癒力を上げる施術も行います。

 

治癒力を上げるというのは内臓の働きを高めるということです。


人を植物に例えると、根っこの部分が内臓に当たります。

 

根っこの栄養が足りなければ、当然葉や茎、枝、花びらにも栄養は届きません。

 

つまり、根が内臓だとすると、腰や足といった症状が出ている部分が枯れかけた葉や花びらということです。

 

いくら花びらに水をかけても根っこに栄養が足りないのではいつまでも治りませんよね。

 

 

薬はその場しのぎ


病院で脊柱管狭窄症と診断され、薬を使いながらなんとか日々頑張っている方もたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、薬ではいつまでも根っこに栄養は届きません。

 

手術しかないと言われているような方を含めて、東洋医学では全く違ったアプローチを行うことで改善を目指します。

 

実際に当院に来られる患者さんでも、腫れ感が減り、歩く距離が伸びたとおっしゃられることは多いです。

 

脊柱管狭窄症の患者様は是非、東洋医学専門の鍼灸を一度お試しください。

 

本日は、脊柱管狭窄症についてお話させていただきました。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院◆

⇒ 公式HPはこちら

 

 

【動画解説】

 

 

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、唾液過多症についてお話させていただきます。

 

 

唾液過多症は病院では原因不明?

「大量に出る唾液を捨てるため、ペットボトルなどを常に持ち歩かなければならない」

 

と、唾液過多症で、苦しまれている方がいらっしゃいます。


しかし、西洋医学ではなかなか原因がはっきりしないため、精神的なものではないかと言われることも多いです。

 

治療法も何かしらの薬を試すように飲むことしかできません。

 

しかし、薬には副作用もありますので、飲むことで体に悪循環を起こしてしまいます。

 

こうした悪循環を断ち切るためにも、東洋医学による改善法をご紹介します。

 

唾液は消化器からのサイン

昔から、唾液が大量に出るという症状でお悩みの方はいらっしゃいました。

 

東洋医学では症状や体質をグループ分けしているのですが、消化器を司る、脾というグループに、よだれという項目があります。

 

つまり、よだれは脾という臓器に疲れが出ていますよというサインなのです。


そのため、鍼灸施術を行う場合、脾、消化器の働きを高めることが一番の目標になります。

 

また、唾液が出る方は他にも色々な症状があると思います。

  • 胃の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 胸焼けがする
  • なかなか食べ物が入っていかない
  • 疲れやすい
  • むくみがある
  • しゃっくりが出る
  • おいしく物が食べられない


これらは全て消化器の疲れからくる症状です。


唾液過多症に限らず1つの体で起こっている症状というのはたどっていくと必ず内臓にたどり着くはずです。

 

東洋医学は内臓を重視します。

 

あらゆる症状の原因は内臓にあるといっても過言ではありません。

 

しっかり内臓の働きを高めてあげれば少しずつでも症状がやわらいで、体が変わり、その内によだれで悩むことも減ってくると思います。
 

西洋医学で治療法が見つからず、どうしていいかわからないという方は、ぜひ一度東洋医学専門の鍼灸院を訪ねてみてください。

 

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院◆

⇒ 公式HPはこちら

 

 

【動画解説】

 

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、緑内障についてお話させていただきます。

 

 

緑内障の症状

当店にも緑内障や眼圧の上昇を指摘されている方は多くいらっしゃいます。

 

緑内障を東洋医学で施術するときは、目の循環を変えることが1つの大きな目標になります。

 

目の循環を変えるには体質を改善し、自然治癒力を上げることが必要になってきます。

 

なぜ眼圧が上がるのか

緑内障の方は目の通路がふさがっていたり、水の代謝が悪くなっていたりして眼圧が高くなっている場合があります。
 

そうなる原因も人それぞれです。

 

体質も違いますから、見極めてその人にあった鍼灸と言うのが可能です。

 

また、目に関係したツボや目の周りのツボ、それらが最終的につながっている内臓の働きを上げることもよい結果につながります。
 

内臓の働きを上げ、水分を排出できる体になると自然に眼圧が下がる体になります。

西洋医学では手術や目薬での対処しかないと思いますが、手術には抵抗がある方も多いですね。

 

東洋医学の鍼灸施術でメスを入れずに緑内障の改善を目指す方法も、選択肢の1つに入れていただけるとよろしいかと思います。

 

 

 

東洋はり灸院 国分寺院

⇒ 公式HPはこちら

 

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、円形脱毛症についてお話させていただきます。

 

 

円形脱毛症について

当店にも円形脱毛症の患者様からもよくお電話をいただきます。

 

ストレスが原因だといわれていますが、東洋医学は体の症状だけでなく、精神的な症状にも効果を発揮します。

 

円形脱毛症にも鍼灸は有効?

円形脱毛症は病院ではステロイドを使うか自然治癒を願うことが多いようです。

 

東洋医学では気血の滞りを晴らし、巡りをよくすることで自然治癒力をサポートし、円形脱毛症に対してもいい結果を出すことができます。
 

円形脱毛症の原因はストレスが多いといっても、体質によって違います。

  • 季節の変化
  • ストレス
  • 天気
  • ホルモン周期

これらも円形脱毛症を引き起こす要因になりますので、体質との関係を見極めることも大切です。

 

また、円形脱毛症は繰り返しやすく、薬では1度生えてきてもまた繰り返すことがあります。

 

しかし、東洋医学なら体質改善が可能ですから、繰り返さなくなります。

 

東洋医学に関係する内臓

また、東洋医学では原因を探る上で一番重要なのが内臓の働きです。

 

円形脱毛症は皮毛、つまり皮膚の症状ですが、東洋医学では皮膚の症状は呼吸器と関係しているとされます。

  • 咳をしやすい
  • 痰が絡む
  • 鼻炎
  • のどが痛くなる
  • 便秘がち
  • お腹を下しやすい


大腸の症状も呼吸器系の特徴の一つです。

 

円形脱毛症以外の症状も聞いて、五臓のどこが弱っているのかを探りながら鍼灸施術を行います。

 

内臓の働きを強化しつつ円形脱毛症に対してアプローチして行くのが東洋医学です。

 

円形脱毛症でお悩みの方はぜひ、東洋医学専門の鍼灸院をおたずねください。

 

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院◆

⇒ 公式HPはこちら

 

 

【動画解説】

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、動悸についてお話させていただきます。

 

 

動悸を薬でコントロール

病院で原因が見つからないと「様子を見ましょう」と終わってしまうことが多いと思います。

 

もしも不安が強い場合は精神的な薬でコントロールすることもあります。

 

ですが、やはり副作用も怖いですし、日常的に辛さが軽減できなければより精神的に弱っていくようなことになりかねません。
 

東洋医学は検査で異常が見つからない疾患に対して、高い効果を発揮します。

 

鍼灸施術のときにはまずしっかり体を見て話を聞くところからはじまります。

  • 季節の変化
  • ストレス
  • 天気の変化
  • ホルモン周期

などですね。

心臓の力を取り戻す

また、男性でも更年期といわれるような症状とともに動悸が起きることがあります。

 

こうした原因を探り、体質とあわせてどこの内臓が弱っているかを突き止めます。
 

東洋医学は内臓を重視しますが、脈や心の疲れを疑います。

 

西洋医学は、強心剤で心臓を強めるようにすることがあります。

 

ですが、疲れているところに強心剤を入れていくと心臓は休みたいのに無理やり働かされているような状態になります。

 

疲れは溜まる一方ですね。
 

反対に東洋医学は内臓の働きを強めてあげるように体の中から変えて、体の働きを助けてあげるアプローチをします。

 

副作用もなく安心、安全な施術です。
 

動悸に限らず器質的に異常がない疾患も気血の滞りが晴れてめぐりがよくなってくると治ることが多いです。

 

病院で治らない原因不明の動悸で辛いという方は一度東洋医学の鍼灸院に行くことをお勧めします。

 

 

 

東洋はり灸院 国分寺院

⇒ 公式HPはこちら

 

 

【動画解説】

 

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪