北京中医薬大学日本校友会一周年記念講演会、「日々の健康に役立つ中医学の応用」、7月8日、東京の日中友好会館にて行われました。100名以上の大変多くの方々にご参加いただきました。

小髙修司先生 「再発させないがん治療」

邱海燕先生 アトピー性皮膚炎の中西医治療

瀬尾港二先生 日本における中医学導入の変遷

李向軍先生 重複がんの肺転移に漢方薬

賀偉先生 穴と刺し方についての臨床応用

張輝先生 行気推拿療法

梁蓓先生 中医薬膳は日本での普及と発展への一考察
日々の健康に役立つ内容であり、とても勉強になる講演となりました。

講演後、懇親会も開きました。初めての講演会、成功と言える講演会になって、うれしかったです。