遠州の田舎町と五十路⇒六十路男

遠州の田舎町と五十路⇒六十路男

田舎町に住む六十路の仲間入り親父の道楽日記です。

バイクいじりの為の機械加工が、機械製作

に及び、ついにはCNC製作を決意するので

あります。
六十路の声を聞き考えるものがあります。仕事、生活、趣味??
3Dプリンタ自作が直近のテーマかな?




newcamera




寄せ集めで製作し、何とか中完成した「おもちゃ CNC」


少しずつ切削しています。


今はlimitSWの取り付けと制御基板の改良をしています。(済み)


今後はスピンドルの変更と3D切削の挑戦が宿題で~す!


テーマ:

最近、坐骨神経痛を発症して、このままだと「テニスもバイクもやれなくなったら生きてる意味がない」と酷く恐怖感に襲われたが、近くの怪しい整体師(笑)に相談したら腰ではなく尻の筋肉が原因と言われストレッチに励んだ。すると宝くじ並みの確立だと思うが見事に回復の結果となった。普段ケツの筋肉を意識したことは無いけど意外と大事なのね。ありがとう怪しい整体師さん(笑)。ってなわけで色々動けるようになったのでテニスもそうだけど車検の近いボロ車の改造に本腰をあげた。ボロ車は前にも書いたがワゴンベースのバンなので後部荷物室が無駄に分厚い。まずこいつを撤去するんだが結構大変。

50mmもあるマットやリヤ周りに温風を送るダクト類とかさ上げの金具類が・・・

 

溶接されているので削り落とすしか手がない。そりゃも~大変だった。拾ったコードレスのサンダーもバッテリーを交換しつつ何とか削り落とす。当初はセカンドシートを残そうと思ったがごついシートレールはどうしても邪魔なのでこいつも外す。ってこれも結構大変だったのよ。

 

溶接されている折り曲げ材はスポットではなくしっかり溶接されているので削るのが大変。局所的に削れないので大きく削るしかない。

 

やっとの思いで削り落とせた。も~バッテリーはとっかえひっかえだった。AC100のサンダーも有ったからそっちでやれば良かったかも。ま~折角作ったコードレスを使ってみたかったのよね。

 

で、大体の金具が外れほぼ何も無くなった車内。

 

次は、切れ切れのマットを型紙?にして12mmの構造材に罫書きを入れる。

 

ピチピチじゃ絶対入らないからチョッと注意しよう。

で、木材用が見つからないので細目の鉄材用で無理やり切る。

 

構造材は3枚買ってきたけど配置を変えたのでもう一枚必要になった。あと、エアラインレールを埋めるけど配置をどうするか迷っている。エアラインレールって見た目アルミ風で強度が心配?だけど、名前の通り飛行機に使ったりするレールで強度は十分だ。硬質のジュラルミンだと思う。幸い職場のゴミ箱に端材が転がっているので許可をもらって貰ってきてある。実はとても高価なのよね。自腹では絶対付けられなかったと思う。

 

 

 


テーマ:

随分古いギャグだが、そんな事を思い出した。友人に頼まれ大陸製のカブエンジンの右クランクケースカバーを2tのアルミ板に蜘蛛男の線画を0.2mm深さで彫ってあげた。そのデータはネットで拾って来たんだが個人使用と言う事で問題なかろうと勝手に判断。

 

実際彫り上げて少し色を差したのがこれ。

 

このデータ(蜘蛛男の部分だけネ)はDXFでフリーとしてOPENされていた。DXFもベクトルなので拡大縮小は問題ないのだが、かなり多くのデータがCDRとして公開されていた。CDRとは初耳なので調べてみたら、CorelDRAWプログラムで作成されたグラフィック情報保存のための形式らしい。ラスター画像およびベクタ画像を含んでいて、コーレルのベクターエディタ限定で使用されるらしい。当然おいらはそのCDRとやらを直接読めるツールを持ち合わせていない。が、ネットとは良くしたもんで、変換ツール(ツールと言ってもサイトでクラウド型)が有ってAIなんかに変換してくれる。大体欲しそうなデータはフリーで公開されていて、これは心強い。元はと言えばPinterestの中から見つけたんだけどPinterestは別の意味でも面白いネタが転がっている。その中でもこいつは笑った。元々OPENされているネタなので公開しても問題なかろうと、これも勝手に判断。おいらの明日を言われていると思ったよ。もし問題あったら言ってね。(誰が見てるの?っちゅー話ですが)速攻で対処します。

 

こんなアングラネタもありました。(上記同)


テーマ:

別段バイアグラの話じゃなくて、新しく見つけた砂場での虎車。今までの所から下流に1Km程だけど、この砂場まで来るのに難所が続いて、そこをクリアすると現れる。増水した時に天竜川が運ぶ砂が堆積しやすいカーブ状の内側にあたる。川砂だから塩分もなく錆びの心配も少ない。そして何より深い。スタンドを立ててもズブズブと潜るので真っ直ぐ立ててみたらそのまま自立するのが面白い。アクセルを開けすぎるとその場で空転するだけで前に進まない。結構面白い。

 

少し引いて撮ってみた。写真左手に川が流れている。流れに近づくにつれガレ石が多くなる。新しい遊び場が増えた。

 

 


テーマ:

いよいよ黄金週間に突入したが、何処かに遊びに行くなんてことはしない。人の後ろ姿しか見えないのがオチだろうし。遠州の自動車関連企業は大体9連休が多いけどバイトのおいらは前後+1日です。9:00~13:00までのテニスを5日間予定されてて一寸お疲れモードかも。

 注文しておいた大陸バッテリーと時計が着いたので交換するんだが、その前に簡単にチェックを入れてみる。まず、旧バッテリーの電圧と内部抵抗。電圧は軽く充電後の測定で内部抵抗テスターは激安品だ。ま~参考程度。

「電圧」

「内部抵抗」

 

精度は当てにならんが17mΩ以上表示される。それに対し新しいバッテリー。同じ条件で測りたいが端子が安っぽいメッキ品なので抵抗計が触り辛い。前にも書いたがテスターの内部抵抗測定は直流をカットし既知交流電流を流して電圧測定した換算値だ。ケルビン接続が基本なので4端子がしっかり接触しないといけないが、うまく触れん。加えてカメラも構えるのでなおさらだ。ま~これも参考程度。それでも内部抵抗は半分だから、良しとしよう。

内部抵抗

 

ついでに980円のハンドルに付ける時計の台座に穴を開けて装着する。穴を開けておかないと時計本体を外しにくい。

ま~送料込みの980円だからそれほど気を使う必要もないけど。

 

これらの写真を撮っている新規購入のコンデジはなかなかの性能だと思う。安い一眼レフでも結構難しい満月を手持ちで撮ってみたが、そこそこ写る。コンデジの性能も上がった。

 

あしたもまだ天気はよさげなのでTXの調子見で少し走ってこよう。


テーマ:

前のエンジン始動後のバッテリー端子外しだが、誤解があったり、真似したりしてはいけないので敢えて「注意書き」として書いておこう。たまたま今の職場が車両関係だったので電装関係の設計注意点が電源周りにある。主にコールドクランクとロードダンプというやつ。今時の電装品(ECUなど)は必ずと言っていい電源関係の注意点がある。コールドクランクはセルモータでエンジンを回した時の電圧降下の対処をどうするか?だが、こいつは比較的対処しやすい。つまりセルモータを回した時、12V車の場合に電源電圧が5Vを割り込むこともあるが、ECUはちゃんと対応しなきゃならん。でも今の電源設計では昇降圧は比較的簡単に作れる。電源範囲は2.5v~48vなどとすげーワイドだ。ただ、カーナビが始動時にリセットが掛かっても特段問題はないので全ての機器がワイドである必要はない。エンジン制御ECUなんかはそうはいかず、きちんと制御されないといけないので電源はワイドの必要がある。多分。

 に、対してロードダンプは意外と厄介だ。ロードダンプってのはエンジンが回っていてオルタネイトが発電している時、バッテリー端子が外れるとロードダンプサージってやつが発生する。バッテリーへの充電電流の遮断だったりオルタネイトのレギュレータの反応遅れだったりで、思わぬサージ電圧が発生する。XS1のような電子機器とは無縁の車なら気にしなくていいけど、今の車のような電子機器満載のやつだと、そのサージ電圧で昇天するやつも出る。

と言う訳で、真似する人は居ないと思うけど一応責任逃れのコメントを記しておこう。決して今の車で始動後にバッテリー端子を外すのはしない事、「ご法度」と思った方が間違いない。前の点検方法は40歳以上の高齢車だけ使えますと「注意書き」しておこう。


テーマ:

前に書いたTX650の充電系を簡単に調べた。まず、レギュレータの動作から。バッテリーの+端子を外して外部からCVCCで入力すると、14,5V位でフィールドの電圧が下がるので、まずはレギュレータはOKっと。しかし、フィールドコイル端子電圧がバッテリー電圧より1.6V位低い。電圧降下はあってもいいけど少し大きすぎじゃない?ってな訳でフィールドコイルを調べた。XS1のマニュアルによるとコイル抵抗は11Ω位とある。大体、低抵抗は計り辛いものだが、ここはオームの法則で行こう。まず印加電圧。10V。

 

で、配線の片方を外して流れ込む電流を測る。

 

おや~~~?ブラシの接触もあるけど、コイル抵抗は概ね6.75Ωじゃねーか。最近(と言っても7~8年前)巻き替えたばかりなのに、またレイヤーショートかよ!と思いつつスペシャルのマニュアルを見ると5.3Ω位が普通よ!と書いてある。何だかどれが正しいのかよく分からんと頭を抱えていた時、ふと、XS1のマニュアルにエンジン始動後、バッテリーを外した時・・・・と書いてある。バッテリー点火式なのにバッテリーを外して自己励磁出来るんか?

 昔、S親方に「バッテリーを外しても止まらん」と言われたが「止まるはず」と言い返した事があった。。。。。。誠に申し訳ありませんでした。アイドリング回転での電力の収支が+なら自己励磁でエンジンは止まらず動き続けます。

 

 

条件は運転負荷のみでヘッドライトなどを点けたら停止します。が!確かに自己励磁出来るんだ!その時の回路電圧が12.**VならOKとXS1のマニュアルに書いてあり、確かにその通りです。恐れいりました!目から鱗です。

 

エンジンの点火以外無負荷にして始動したらバッテリーの+端子を外して回路側の電圧を測る。これは「なんだかんだ」言わずに簡単なチェック方法じゃね~か!重ねて「恐れ入りました!」です。

 と言う事で5月のTXOC春ミーは晴れていたらTXにしましょうね。

 


テーマ:

昨日位から気温が上がり、日差しも強くなってきた。冬場はオフ車&トラ車ばかりだったし、TXOCの春ミーも近づいてきたし・・・で最近はすっかりその重さが堪えるようになってきた650×2台を何とか小屋から引きずり出した。2台共、半年位は火が入っていない。バッテリーの電圧と空気圧だけ確認してキックしてみた。どちらも簡単に目覚めることができて取りあえずは良かった。

 

TXOCの春ミーは佐久市の方だけど何となく晴れ仕様っぽいTX650(強雨中だとパスパスと調子が悪い)にするか、老婆(XS1)にするか半日ずつ走り回ってきた。ま~~どちらでもいいちゅや~いいけどTXはどうも充電電圧が低そう。充電系統なのかバッテリー自体なのか不明だが、取りあえず¥3800の怪しい大陸性をネットで買っておいた。

 

XS1の方は特段変わった事もなく極普通だ。だけどTXOCなんだからやっぱりTXで行くのが行儀だよな~~

でも、雨予報だったら迷わずセロー号にしようと思う。あいつは本当に悪環境に強いから。問題はケツが持つかどうかだ!

 


テーマ:

天気はいいし、気温は22度。桜は満開。一応一回りしておかなければいけないだろう。ってことで近場の桜名所?っぽい所を走り回ってきた。最近新調したコンデジカメラは具合がいい。接写から40倍光学ズームまでこなす。以前買った一眼レフは悪くはないけど持ち運びが面倒で全くと言っていいほど出番がない。というより使わない。誰か買わない?リモコンや交換望遠レンズも付けて超安くしておくから。ま~欲しい人は居ないと思うけど。。。。。。そんな事より桜!

いいね~~!桜の「はかなさ」が何だか寂しさに変わって見える。それでも見入ってしまう。

ダムサイドの桜。六部咲きかな?

桜に紛れた小汚セロー号。

来年もまた見に来られますように!と。


テーマ:

例年ってこともないけど、桜の咲く頃に浜名湖湖岸をチャリンコ(自転車ね)のツーリング?ま~サイクリングがあって数回参加してきた。今年は小2の孫娘が走りたいってことで申し込みを済ませていた。孫娘・その親父・おいら・売れ残りの娘の4人だったが、孫娘がピアノのリハーサルとかで急に欠場となった。そんな事で「その親父」も止めにするって言うので代わりに何と!奥方のば**さんが「出る」と言い出した。止めておいた方がいいと思ったが、小2でも走れる位だから何とかなるだろうと、じじばば&売れ残り娘の3人で行ってきた。

どういう一家やねん!どう見てもまともじゃない。合わせて165歳のツーリストだ。

ま~それでも最後尾から10番前位で何とか完走した。月光仮面とサイヤ人は誰だか分からんからいいけど、素顔が写ったゴール写真の顔は割愛した(笑

ちなみに、最年少は小1の男の子で完走は勿論だが、その子に月光仮面はホイホイ抜かれていたのを伝えておこう。


テーマ:

随分間が空いてしまったが、それだけ何も変化の無い生活だってことだろう。ってな言い訳をして一挙にアップしよう。まずはトランポバンのセカンドシートの外し方研究。ボロのトランポバンのセカンドシートはバンのくせに折り畳めない。このバンはワゴン車の一部変更でバン化したらしく立派なセカンドシートは結構だが、折り畳めないのはトランポとして使いたいおいらには不都合極まりない。晩飯時の奥方に、それとなく「買い換えたいな~」と呟くと酷く不機嫌そうな顔をされた。ま~年金暮らしとしてはそれ以上言えないので、何とかセカンドシートを取り外す挑戦をしていたんだが、さっぱり構造が分からず取り外し不可だった。ネットで情報を探すもまともな奴は見つからなかった。しかし、ワゴンが元ネタってことはひょっとすると・・・・ということで中を探索した。おや?こいつは?

白矢印のレバーらしきものを引くと・・・・何ともならない。が当然左右あるはずだから・・・・左右のレバーを引いて持ち上げると・・・ありゃ~~~簡単に外れたではないか!

残念ながらこれで買い替えは暫く先になりそうだけど、ワンタッチでセカンドシートを外せるとトランポとしては少し使えるようになると思う。後は床のカーペットを剥がして板張りにしたいな~~

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。