• 23Apr
    • 羊と鋼の森

      昭和30年代後半、まだ楽器店として店を構える前、調律師の父が、自宅の工房でお客様から預かったピアノの修理をしていました。(う~~~ん・・・歳がばれるな・・・)石油ストーブの上で湯煎されている膠が匂う中、幼かった私は、修理途中のピアノの内部を覗き込んで、意味も解らず、その幾何学的な造形美に時を忘れて見入っていたのを思い出しまた。ピアノがその真価を発揮する為には、人(調律師)の力が必要です。音程を正しく音楽的な配列に整え、心地よく奏でられるように・・・調律をしましょう♪映画はこちら↓羊と鋼の森

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 18Apr
    • コンパクトなのにこの存在感♪

      ヤマハリニューアルピアノの入荷情報です♪M2SDW¥580,000円(税別) 納入設置料別途2017年製、ダークウォルナット半艶仕上げ●高さ110cm、間口149cm、奥行59cm、重量206kg新品は生産完了となりました。ナチュラルな空間にも素直に馴染むインテリア性の高いピアノです。「なるべく省スペースで・・・」「木目のほうがインテリアに馴染むから・・・」両方を兼ね備えたピアノです♪桜台本店で展示中です。☆☆☆ リニューアルピアノとは ☆☆☆ヤマハ直営の修理工房で、経験豊かな技術者により厳密な工程を経て一台一台入念に仕上げられ、しっかりと調律・整調・整音された音、美しく磨き上げられた外装となって生まれ変わった製品です。ステッカーと整備表・保証書がついています。

      2
      テーマ:
  • 13Apr
    • ピアノ教室発表会 第2弾♪

      毎年3・4月は発表会が続きます♪(画像は、第2部の講師演奏リハ)ピアノ教室の発表会は、会場の取得状況にもよりますが、3回に分けて開催しています。今回は、本年度第2弾は、前回と同じ光が丘のIMAホールで、3部構成で開催新しいヤマハのフルコン=CFXが、重厚な音色を奏でてくれました。今回の司会は、ピアノ講師のS先生(桜台・練馬・田無センター)です。控え室で何度も発声練習して臨んでくださいました。紹介されると舞台袖から・・・『さあ!出番だよ』(心の声)K先生が背中をポンッ・・・皆さん堂々と演奏されていました第2部の最後は、冒頭画像の本番、I先生T先生の講師演奏です。当日は、好天に恵まれ、たくさんのご家族・お友達にご来場いただきました。集合写真で・・・みんないい笑顔♪次回はいよいよ第3弾です。プログラムはお教室で配布中です。最後に今年のプログラムに掲載したご挨拶文を添付します。ご挨拶 この度は、ご来場いただきありがとうございます。また、出演者及び保護者の皆様、ご出演おめでとうございます。本会はおかげさまで第52回を迎えることができました。「苦悩を突き抜けて歓喜に至れ」「私は芸術に携わり、それを演奏して見せるに勝る喜びを知らない」           (ヤマハミュージックメディア 音楽家の名言 より)とは、楽聖と称えられる ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven 1770~1827年)の残した言葉です。当時としては先進的で、ロマン派の先駆者でもあったベートーヴェンは、数々の名曲を生み出しただけでなく、晩年に難聴などの病魔と闘いながらも音楽と向き合い続けたことで有名ですが、その一方でそれまでの音楽家が、宮廷や貴族のお抱えとして、その意向に沿った音楽制作・演奏をするものであったのに対し、その束縛から逃れ、権力に媚びず、自身の理想を追い求め、大衆に向けての音楽活動を始めた、当時としては革命的な音楽家でした。この言葉の中では、当時の世相の中で、音楽の価値を高め芸術家として気高く生きる決意、自由に音楽をつくり演奏することへの情熱、そしてそこから生み出される感動の広がりを大切にしていたことが伝わってきます。 当たり前のように、自由に音楽を聴き、唄い、楽器を演奏して楽しむことが出来る時代に生まれた私たちは、時には涙ぐみながらも、日々一生懸命練習し、本番を向かえ、演奏後に大きな拍手に包まれる・・・そんな身近な発表会の中に、先人が創造した楽曲以外の世界があることを知るべきでしょう。 さて本日は、演奏者を含め会場の皆様と共に、そのような音楽の喜びを分かち合いたいと思います。出演される生徒さんを始め、ご来場されたすべての方に「音楽の価値」と「純粋な感動」を感じていただける発表会となるよう、講師・スタッフ一同努力して参りました。行き届かない面もあるかと存じますが、最後までご鑑賞賜りますようお願い申し上げます。 株式会社 東音楽器 代表取締役 鈴木 一

      1
      テーマ:
  • 07Apr
    • 桜まつり♪

      今日は、暖かくなりましたが、風が強いですね~今年は暖かかったので桜全般の開花が早く、ほとんどが葉桜になってしまいましたが、桜台センターの前の桜だけはなんとか花を保っています。7・8日と桜台商業協同組合さん主催のイベントが千川通りで開催されています。当社の前もこの通り・・・先ほどまで、風船を配ったりしていましたが、用意した100個ほどがあっという間になくなりました。(^_^;)100個・・・って、謙虚すぎでしたね。さて、明日はピアノ教室の発表会、第2弾です♪お天気良くなるといいなぁ~

      2
      テーマ:
  • 30Mar
    • 姿勢は大事・・・

      本日は、店頭で生徒さんと、ご近所のレスナーさんと、「クラビノーバとハイブリットピアノの違い」「10年以上経過した電子ピアノの故障例」「当社の合同発表会のお話」「ピアノイスのお話」などなどお天気も良かったからか、ご来店が多く店頭に立つことが多かった一日でした。一つ一つをテーマにコラムが書けそうですが、とりあえずイスのカタログを見て気付いたことをご報告します♪こちらのイス、お教室で見ますよね? 業界では背付きの5号イスなどと呼んでいます・・・・が、今回はその座面に載っているクッションのお話です。小学生のとき、母に作ってもらって学校に持っていったやつに似ています(笑)・・・んがしかし!見ての通り、それなりに良いお値段?、しっかりした造りのようですね。お恥ずかしい話ですが、存在を今日始めて知りました。(^_^;)近年、ピアノレッスンデビューの年齢が下がってきているので、一番高めにしてもまだ低いお子様用ということで需要が出てきたようです。また、レッスン室では体格の違う生徒さんが都度出入りするので、高低の変更がスピーディーな5号イスが定番ですが、個人ユースでは、比較的安価な平型のこのタイプが中心です。高さが無段階で調節できますが、回転式なので高低の作業が時間がかかりますが、セットしてしまえば安定度は5号イスより良いと思います。演奏するときの姿勢は、大事な要素のひとつですので、ご自身やお子様の体格に合った高さを見つけてくださいね。一部のピアノイスは当社のネットショップでも取り扱いがございます。桜台センターの前の桜も、まもなく満開です♪夕日を受けた光のコントラストが美しいですよ。商店街で設営したちょうちんにも灯が入るようになりました。

      1
      テーマ:
  • 29Mar
    • 花びらが雪のように・・・

      千川通りの桜が散り始めてます。風が吹くと雪のように舞い落ちます。あえて画像は上げません・・・・・・・ので、観に来てね♪(^_^;)

      1
      テーマ:
  • 28Mar
    • やっぱりすごい!

      ヤマハ音楽教室の説明のときに・・・「総合音楽教育」「グループレッスン」「適期教育」などなど・・・体験レッスンなどでは、一通り特徴をご説明しますが、なかなか「ピンとこない・・・」ことも多いかと・・・(詳しくはヤマハ音楽教室のリンクで)また、講師を含め我々運営サイドの人間にとっては、日常のことでもあるので、新鮮さにかけるというか(←そんなこと云っていいのか~~~)(^_^;)・・・そんな訳で、今回は、野方センターと田無センターでレッスンをお願いしているシステム講師のS先生と、田無センターで空き時間の雑談で出てきたお話を対話形式でご紹介します。私.「ヤマハ音楽教室は、一般的な個人レッスンに比べて、弾くこと以外の伴奏付け・アレンジ・作曲・アンサンブルといった内容が多く組み込まれていますが、そういう指導って難しくないですか?」S先生「う~~~ん・・・普通に教えているだけだけど・・・」私「(ええ~~~っ!)・・・いやいや、即興演奏とかもできるようになるわけでしょ?・・・もう少し、苦労があるとか、大変だとか・・・ないですか?」S先生「う~ん・・・続けていれば、できるようになりますよ♪」私「(これじゃ、ブログネタにならないよ~)・・・そりゃそうでしょうけど・・・じゃ、参考になる生徒さんのエピソードはありませんか?」(^_^;)S先生「そうね~・・・国歌を耳コピ(音を聴いてその通り演奏すること)して弾くのが好きな生徒さんがいましたね。100カ国以上のレパートリーがあったみたいね。」私「そうそう!そういうの欲しかったです!」S先生「そう?・・・でも、続けている生徒さんはそういう方多いですよ。国歌ばかりではないけど(笑)・・・・生徒さんは全てがピアノやエレクトーンの道に進むわけではないけれども、音楽を楽しむ道には進んでいますね。・・・・中学に入学して吹奏楽部に入部~『ティンパニやりたい人!』って言われたときに、どんな音でどういう役割の楽器かイメージが出来ていれば、すぐ手を挙げられますよね?・・・自分のパートだけでなく全体を聴ける感覚が身についているという強みはあると思う・・・」私「そうですね。・・・・吹奏楽部に入部してリーダー格で活躍している生徒さんも多いですね。・・・友達から楽譜起こし(耳コピして楽譜にする)を頼まれることもあるそうです。」S先生「う~~ん、そんな感じかな?」S先生は、やや天然(失礼)なところもありますが、演奏グレードの試験官であり、エレクトーンフェスティバルの地区ファイナル入賞者を多く輩出するなど、とても指導力のある方です。S先生に限らず、ヤマハ音楽教室の先生は、総合音楽力・指導力共に凄い先生ばかりなのですが・・・ご本人たちはあまりそのことを自慢したりすることはありません。最初に書いたとおり、先生方にとっては日常のことなので・・・(^_^;)ヤマハ音楽教室の先生はやっぱり凄いんです!\(^o^)/

      3
      テーマ:
  • 24Mar
    • 桜台の桜♪

      4月の発表会の打ち合わせに光が丘まで・・・その後、お世話になってる個人宅のレスナーさんに楽譜をお届け・・・昼過ぎに戻って遅めの昼食を買って・・・一息つくと光が丘の周辺も桜が八分咲きくらいになっていましたが、桜台千川通り沿いの桜も同じくらいになり、見ごろとなりました♪今月末頃からは、地元商店街のイベント「桜台の桜まつり」が開催されるそうです。千川通りの桜は、ソメイヨシノの他、2種類ほどの桜があります。当社の前は桜、八重桜と緋桜かな? ・・・いつも少し遅めに咲き出すので、その分長く楽しめます。また、みずほ銀行さんの交差点から西のトヨタレンタカーさんまでは、グリーンベルトの空きスペースに地元の有志の方が、自費でお花を植えてくださっています。(東京都の許可をいただいています)上だけでなく、足元にもパンジーやクロッカスが春のエネルギーを感じさせてくれます。お掃除も町会のボランティアの方が月2回入りますので、いつも気持ちよくお散歩できます。ありがとうございます。m(__)m春はピアノ・ヴァイオリン・フルート等、新しいことを始める良い時期です。無料体験レッスンのお申し込み絶賛受付中です♪\(^o^)/

      2
      テーマ:
  • 17Mar
    • これからも、良い音楽を♪

       午前中、4月の発表会のプログラムが届いたので、配布物を整理していたとき・・・「1年間お休みします。・・・高校受験なので・・・」わざわざ、ご挨拶にいらしてくださったSさん「ピアノで集中力がつきました。・・・期間中も、気分転換でピアノは弾くつもりです」 そして、午後には、ピアノ講師のW先生が立ち寄って、Sさん(高校生)の吹奏楽部の演奏会のパンフレットを届けてくださいました。「実は・・・Sさんが、次の発表会までで、大学受験で退会になるんです・・・」新年度を迎えるこの時期は、同様な寂しく切ないこともあるのですが・・・ 二人は学年は違いますが、ヤマハ音楽教室の幼児科を経て、ピティナ・ピアノコンペティションやヤマハ・エレクトーンフェスティバル等で、特に優秀な成績を収めてきたので・・・「あの○○さんが?・・・もうそんな大きくなって・・・」・・・と、時間の経過を改めて感じさせられました。きっとお二人とも、受験を経て、新しいステージで更なる活躍をしてくれることでしょう!がんばれ! そして、これからも良い音楽を!

      2
      テーマ:
  • 12Mar
    • 日常という名の奇跡・・・

       昨日は当社とお付き合いのある個人宅の先生(レスナーさん)方との合同発表会でした。会員登録していただいている先生方に毎年ご案内していて、今回が26回目になります。初めて参加される方、元当社のピアノ講師の方、先代のからのお付き合いのある方、当社の講師が小学生時代にお世話になった方など、様々な繋がりがあります。 7年前のこの日は東日本大震災が発生、麻痺した交通網に出先から帰れなくなったり、帰宅がままならなくなったスタッフを送迎したり、イベントの準備に奔走したりしていましたが、情報が少ないため、それほど深刻に捉えることが出来ずにいました・・・しかし、日が経つにつれ、事の重大さが、現実の厳しさが、増してきて・・・・「いつまで計画停電が続くんだ?・・・東京の放射線量は大丈夫なのか?」「・・・西の方へ引越します」「都市機能を、経済活動を、止めちゃいけない!」「発表会なんて、やってるときじゃないでしょ!」「こういうときだから、音楽が必要なんだ!」「たくさんの人が亡くなっているのに・・・そんな気になれない」「せっかくここまで一緒に練習してきたのに・・・」「・・・・・・・・・」直接被災した方たちへ寄り添う思いは、人それぞれであり、それぞれが正論で、押し付けあうものでもないのですが、役割とはいえ、同月下旬に予定していた発表会を中止にしたのは断腸の思いでした。 こうして発表会でご家族と笑顔で過ごす時間、音楽を自由に楽しむこと、まもなく開花するであろう近所の小学校の桜を見上げるひと時も、地球上に流れる永い時間軸の上では、ほんの一瞬のこと・・・・「日常」と言う名の「奇跡」なのかもしれません。

      3
      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。