スペイン・ポルトガル・フランス・ベルギー

サッカー先進国は育成の先進国でもあります。

「子ども達を海外で活躍するような一流選手にまで伸ばしたい」その想いから世界各国の指導現場を見て回った舟越コーチ!

その結果は日本の学校教育やサッカーの指導現場に一石を投じるような発見がありました!

 

舟越コーチ曰く

「僕が行くだけでなく出来る限り選手も一緒に連れて行き、本物に触れさせる」

「若いウチに海外でプレーする経験は、その子どもに自立や枠にとらわれない大きな発想を与える。それまで少年団のただのお父さんコーチのいいなりになっていた子どもが海外から帰ってきて自分の意見を大人に言うようになった瞬間に、大きな成果を感じました」

「またサッカーが文化ではない日本ではプロになれないから辞める、上に行けないから辞めるといったこと多く起こります。しかしサッカーは身体が小さくても足が遅くてもトップレベルまで到達できる物凄く価値が高いスポーツであり、楽しみ方を知っていれば、一生楽しめるスポーツです。プロ選手にはなれなかったけど、サッカーが大好き!という選手を育てていくことも僕達指導者は大きな仕事です」

※左:FCバルセロナアカデミーの公式Instagramに掲載されるエンカントのクラブ生

※中:舟越コーチの特別なコネクションでバルサのアカデミーの実際のトレーニングに参加している様子(つまりイニエスタ選手やメッシ選手が育った環境を体験できる)※通常は参加できません!!

※右:サグラダファミリアを観光^_^

 

日本の育成年代では小学校、中学校、高校とサッカーをやる環境がぶつ切りになっていることもありその3年という短い期間の中で教え込む事や勝とうとするチームがほとんどです。ですが海外では子どもがサッカーをする環境が幼児〜高校生年代まで一貫クラブで育ちます。その中でコーチは3年・3年など短い期間で結果を出す必要がないので、18才になった時にどういう成長を遂げているかといった、子ども達に教え込むのでなく良さを伸ばす指導をしています。良さを伸ばすとは、その子の魅力であり、個性であり、実は笑顔でプレーすることなのです。だから海外の子ども達は自分の考えや意見を相手に伝える事が出来、サッカー選手として大きな成長を遂げるのです。

 

■全世界6カ国を周り現地のトップコーチと情報交換しながら舟越コーチが構築した育成方法を体感できる『笑顔になる体験練習会』。

上を目指すサッカー少年も怒られて萎縮しながらプレーしているサッカー少年も枠にハメる指導法に何か引っかかっている保護者の皆様も全ての答えは『笑顔になる体験練習会』で応えられます!うやむやにしながら頑張るより、海外の最先端の育成論を知らずに取り組むより、日本式な考えの枠を取っ払いに来てください!身体が小さくても足が遅くても「上手い」と言われるヒントがここにはあります^_^

 

笑顔になる体験練習会day①

日時:2022年12月3日(土)9:00〜10:00

対象:年中〜小学2年生

会場:大阪狭山市ふれあいスポーツ広場

大阪府大阪狭山市茱萸木四丁目88番地の315


笑顔になる体験練習会day2

日時:2022年12月17日(土)9:00〜10:00

対象:年中〜小学2年生

会場:大阪狭山市ふれあいスポーツ広場

大阪府大阪狭山市茱萸木四丁目88番地の315


 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

『海外クラブを見回って分かった親にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

   ⬇

 

 


『笑顔になる体験練習会』の当日練習メニュー
①w-up
②スキルTR
③ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催

 笑顔になる体験練習会day①

日時:2022年12月3日(土)9:00〜10:00

対象:年中〜小学2年生

会場:大阪狭山市ふれあいスポーツ広場

大阪府大阪狭山市茱萸木四丁目88番地の315


笑顔になる体験練習会day2

日時:2022年12月17日(土)9:00〜10:00

対象:年中〜小学2年生

会場:大阪狭山市ふれあいスポーツ広場

大阪府大阪狭山市茱萸木四丁目88番地の315


申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

『海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

   ⬇

 

海外では12年間という長い年月をかけて選手を育成しようというクラブ運営がスタンダードです。一方日本では小学校の6年、中学の3年間、高校の3年間といった短い期間での選手の育成、そしてその期間での勝利が目指されます。これが海外と日本における大きな違いの1つです。結局焦らず長い期間手塩にかけて育てる事で魅力的で良い選手に育ちます。では具体的にどうするかというと・・・・意外にも簡単なことで、目の前の事象に一喜一憂せず一見遠回りに見えるトレーニングやクラブの取り組みをしていけばいいのです。

 

(1)子どもの「サッカーが大好きで上手くなりたい」という想いをサポートしてあげたい。

(2)世界基準の育成方法を常に学んでいる本格派コーチに指導してもらいたい。

(3)上手くなりたい、活躍したい、試合に出たい、海外へチャレンジしてみたい。

と、思われている選手・親御さんにピッタリのクリニックです。

 

子どもの可能性は無限大^_^

本気で海外クラブから欲しい!と思われる選手に変貌しましょう!

 

■コーチ紹介

 

 

舟越功浩(ふなこしかつひろ)コーチ

年代別日本代表にも選ばれながら中学生までガンバ大阪の下部組織に所属し高校は越境して九州の強豪高校に進学する。高校3年間を通してサッカー選手として成長するトレーニングよりも高校選手権に出場するためのトレーニングに取り組んでいる事に疑問を持つ。その後大学を経て指導者となり、自分が取り組んできたトレーニングと海外基準との差を知るために海外行脚に奔放する。また海外視察の途中から自分だけでなく選手も連れて行き、その人脈を活かし通常では受け入れてもらえないクラブのトレーニングに選手を参加させたり、通常では参加できないスペインやベルギー(デ・ブライネやルカクを輩出しており近年育成No.1と言われている)など現地の指導者講習にも参加し、海外の育成事情、取り組み、子どもの伸ばし方に精通している。

⬆是非お読みくださいm(_ _)m

 

■同業者の声

安部雄二郎

「笑顔とサッカー上達がピンと来ない」方もたくさんいると思います。ですが、舟越コーチが提唱されている事はサッカー選手の成長にとって非常に大事なことです。なぜならば、僕も選手時代は全国優勝や大学関西ベストイレブンとして選考会に参加したりしてきました。指導者としては10年間で2000人以上の幼児〜高校生を見てきました。その中で理解している事は、サッカーの試合やセレクションなどはストレスやプレッシャーの連続です。場面によってはリスクを取って前に出る判断を求められます。そんな状況の中でも「自分自身」というものをピッチで表現できるかどうかで良い選手・良くない選手の評価がされます。では、長年見てきた中でどんな選手がプレッシャーの中活躍できるのかというと、それは『セキュアベース(安全基地)』がある選手です。セキュアベースとは安心して帰れる場所。それがある事で子どもは大きなプレッシャーのかかるピッチ上で初めて自分を思いっきり表現出来るのです。そういう意味で今回舟越コーチがそれを『笑顔』という側面から提唱されている事には非常に共感しています。ですが、サッカーはサッカーなのでただ単に笑顔だけ追求すれば良いという訳でもありません笑。そういう意味でも戦術的にも技術的にも海外の事例含め高いレベルで指導できる舟越コーチが子ども達の笑顔を通してサッカーを上達させるという事には今後の日本サッカーを変えていく可能性もある非常に大きな取り組みだと感じています。コーチもしくは親御さんが全てのサッカー少年のセキュアベースになる世界を共に築いていきましょう!!

 

■専属コーチ(C.F.E.大阪狭山スクール代表)

image

長島一仁(ながしま かずと)コーチ

小中学時代はJリーグ下部組織で育つ。

各年代で選手、指導者として全国大会を経験。

阪南大高校ではキャプテン、阪南大学では副キャプテンを歴任。国体選出や某J1クラブの練習に参加するほどの実力。明るい性格と高度な技術、的確な指導で子供達の力を伸ばします。

 

【指導歴】

・アミティエスクールコーチ

・阪南大学高校コーチ→全国サッカー選手権大会出場

・C.F.Encantoコーチ

 

■専属S&Cコーチ

image

松田 裕真(まつだゆうま)コーチ

ストレングス&コンディショニングコーチ&パーソナルトレーナー

サッカー日本代表選手やプロスポーツ選手、大阪大学アメリカンフットボール部や神戸大学体育会男子ラクロス部のS&Cコーチを歴任。株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム様より業務受託し、関西大学パワージムのS&Cコーチも勤めていた。また履正社医療スポーツ専門学校では非常勤講師として教鞭をとっていた。

人間の身体に精通しており、数多くのトップアスリートからパーソナルトレーナーの依頼を受けている。自身が提唱するマツダメソッドを小中学生用にカスタマイズしていて、子ども達は一流のフィジカルトレーニングに取り組んでいる。

 

海外基準の1つの側面を話すと、教え込むのではなく経験させる。答えはライセンスやコーチの中にあるのではなく、その子それぞれの中にあったり、それぞれが時間をかけて見つけていくモノ。経験していない選手が出す答えよりも経験してきた選手が出す答えの方が魅力的でたくさんの人の目に留まり、欲しがられる選手に変貌するのです。

 

小学生年代、中学生年代はぶつ切りで成長を考えたり、ぶつ切りの期間で勝つことだけを考えないようにする事で海外で活躍するような力を手に入れることができます。小学、中学年代では特に発育の早さに関係ないチーム作りやトレーニングをする事が大事です。ですが現状は発育の早さでポジションや役割を決めるチームがほとんどです。

大事なのは将来の活躍を確保しながら目先の勝利を目指すことです。発育の早さに関係なく全員主役・全支配を実現するようなトレーニングに取り組んでいます。選手の将来の活躍を見越しているからこそ、海外のクラブに認められ多くの選手が海外進出しています!!

 

 

■実際に成長した選手事例

■長島莉一くん(ながしまりいち)小学3年生
・エンカントに入ったきっかけ(莉一)
楽しくサッカーしながら上手くなりたいから。大好きなドリブルやパスを自分のタイミングで出来るから。
・エンカントに入ったきっかけ「保護者)
地元のチームに通わせてたのですが、ボールを使うトレーニングがあまり無く、指導者もサッカーのことはあまり言わず、子どもがサッカーを嫌いになりかけていた時にたまたまエンカントに体験に行きすぐに本人がまた次も行きたいってなったので。
・入ってから実感している(莉一)
ドリブルが取られなくなった、試合中シュートもよく入るようになった!学校の違う友だちがいっぱいできた。
・入ってから実感している(保護者)
サッカーの技術面向上もそうですが、このクラブはサッカー以外のいろんな体験をさせてくれるので普段の生活もサッカーの練習も自分で取り組むようになった。地域の違う友だちも増え、なにより本人が楽しそうにサッカーをすることで生き生きしている。

 

■渡辺大和くん(わたなべやまと)小学3年生

・エンカントに入ったきっかけ(大和)
兄がいつも楽しそうにサッカーをしていた影響で、いつの間にか気付いたら自分もサッカーを始めていまいした。

・エンカントに入ったきっかけ「保護者)
子どもたちが自由に考え、のびのびとサッカーをしていて、とても楽しんでいる事が見ていて嬉しかったです。それにコーチが一人一人と向き合っていて、子どもたちが自分の行動に自信を持って動いているのがよく分かりました。
・入ってから実感している変化(大和)
ボールを上手くコントロール出来るようになったから、ドリブルで相手を抜くことが出来るようになったことと、みんなが見えていない所にパスを出すことができるようになりました。

・入ってから実感している(保護者)

「入った当初はホントに何もしませんでした。遊んでばかりで全く何もしない姿に私は『まだ早いとか、向いてない』と思っていましたが、子どもの中でやりたい気持ちとできない気持ちの狭間にいてるのが分かるようになり、長らく見守りました。その時期を経ていつの間にかくすぶっていた気持ちに火がつき、出来る事が増え、仲間が増え、サッカーを楽しむ様になってからは、技術も成長しました。早いとか遅いとか関係なく、子ども達のペースで成長できる分、自身に次のステップが見えた時に的確なアドバイスを貰えることで目標に向かいやすいんだなと思いました。何より自分で考え行動し表現できるようにもなりました。サッカーでは色々なポジションや違うチームの仲間とさせてもらえることで人や場所の変化に対応できるようになり、アウトドアチャレンジなどでは、困難な状況の中、沢山の経験から得るものが多いのでとても逞しくなりました。サッカーでも日常でも常に周りを見て状況判断できる力に繋がってきているんだなと感じています。」

 


■有馬蓮くん(ありまれん)小学6年生

 ・知った理由(本人)

色々なスクール体験に行きましたが、 自分 に合うところがなくて、 知り合いにエンカントを教えてもらって知りました。

・入ったきっかけ

エンカントスクール生の時にチーム TRMに参加させてもらったとき、 コーチ が、「相手の後ろにドリブルとパスで入っていって」と課題を出しました。

僕はドリブルが苦手だったのですが、試合をしていくうちに少しずつできるようになって、何度も取られたりしたけど、ミスしても「チャレンジする回数が多くなってきたのが素晴らしいね」と言ってもらって、ドリブルで抜けるようにもなったので、ここのチームでもっと教わり たい・・・と思ってエンカントに入りました。

・入ったきっかけ()

チームのTRMに参加させてもらうと、いつも楽しそうにサッカーしてる姿と自チームでやらない動きをして活躍したり失敗をおそれずにドンドンチャレンジをしていく姿を見て、この子はこのチームにあってるのかなぁ?? と思って当時入っていたチームを辞めてエンカントに入りました。

・入って実感している事(本人)

駆け引きをしながらドリブル突破ができるようになった。 ドリブルで相手を引きつけ て、パスを出せるようになったり、ボールを持っていない時にスペースを使ったり、埋めたりすることもできるようになりました。

練習でできるようになった事を試合で実践して、失敗してもコーチはチャレンジし続けることが唯一の成功法だよ・・・と言ってくれるので、ドンドンチャレンジして、失敗しても次はは少し変えてみよう。と自分で考える力がついた。何より自分のプレーができるのでサッカーが楽しくなった。

・入ってから実感している変化()

今までは試合になると、緊張して顔が固まって、楽しいのか??て思っていました が、エンカントに入って、本当に楽しく試合をしているので、見てる私達も楽しくなります。

強くても自分らしいサッカーができないのと、負けても自分らしくできるサッカーで は、負けてもいいから自分らしいサッカー が見れることが私は楽しいです。

ドリブルが苦手だった子が、ドリブルで交わしていく姿を見ると、すごく成長したなあ〜と思います。

サッカー以外でもエンカントは自分達のことは自分達でやる。なので、遠征の用意や試合の時など今までは親がやっていた事を自分でできるようになり自立ができるようになりました。

先に大人が答えを提示したり、大人が問題にならないように先回りするのではなく、子供がチャレンジした先に起きた問題を急がず子供が解決するまで見守ってくれるので、子供達もチャレンジできるんだと思います。


■藤木翔弥くん(ふじきしょうや)小学2年生

・エンカントに入ったきっかけ (本人) 
習っていたサッカーはクリニックで、試合がなかっ た。試合がもっとしたくなったからエンカントに入った。
・エンカントに入ったきっかけ(保護者) 
子供の年齢ではどこのチームも練習時間が早く、 共働きの私達が送迎出きるところがありませんでした。
そんな時、エンカントのドリブルアカデミ一の体験に参加し、 チームがあること、 練習時間が遅いことを知りました。 チームの練習にも体験で参加させていただき、本人がここで習いたいと希望したため入会させていただきました。
③ エンカントに入って実感している点(本人)
ドリブルやシュートがいっぱい出来るようになった。
はじめは友達もいなくて、やっていけるか不安だったけど、今はみんなとサッカーができて楽しい!
・エンカントに入って実感している点(保護者)
『サッカーが好き』 から少しだけ具体的に自分の目標を持てるようになりました! シュートや試合がしたいだけではなく、どうすればシュートが決まるかや、 ドリブルがうまくなって、シュートを決めたい! など、 少しずつではありますが自分の目標を具体的に持てるようになってきました。
そして、子供の適応能力を知ることもできました。
当初は、学年に関係なく行う練習や試合に付いていけるのか心配でした。しかし、親の心配をよそに物怖じせず笑顔でサッカーをしている姿をみて我が子の違う一面を知ることができました。
エンカントでは子供の子供らしさを大切にしてくれています。 マイペースで、集中力がない子ですが、『子供が迷惑をかけるのは当たり前』と言って頂くコーチの言葉にいつも感謝しています。
笑顔でサッカーをしている子供をこれからも見守りたいと思います!


 

場所:大阪狭山市立ふれあいスポーツ広場(土曜9:00〜10:00)


 


『笑顔になる体験練習会』の当日練習メニュー
①w-up
②スキルTR
③ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催

 笑顔になる体験練習会day①

日時:2022年12月3日(土)9:00〜10:00

対象:年中〜小学2年生

会場:大阪狭山市ふれあいスポーツ広場

大阪府大阪狭山市茱萸木四丁目88番地の315


笑顔になる体験練習会day2

日時:2022年12月17日(土)9:00〜10:00

対象:年中〜小学2年生

会場:大阪狭山市ふれあいスポーツ広場

大阪府大阪狭山市茱萸木四丁目88番地の315


 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

『海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

   ⬇

 


スペイン・ポルトガル・フランス・ベルギー

サッカー先進国は育成の先進国でもあります。

「子ども達を海外で活躍するような一流選手にまで伸ばしたい」その想いから世界各国の指導現場を見て回った舟越コーチ!

その結果は日本の学校教育やサッカーの指導現場に一石を投じるような発見がありました!

 

舟越コーチ曰く

「僕が行くだけでなく出来る限り選手も一緒に連れて行く」

「若いウチに海外でプレーする経験は、その子どもに自立や枠にとらわれない大きな発想を与える。それまで少年団のただのお父さんコーチのいいなりになっていた子どもが海外から帰ってきて自分の意見を大人に言うようになった瞬間に、大きな成果を感じました」
「またサッカーが文化ではない日本ではプロになれないから辞める、上に行けないから辞めるといったこと多く起こります。しかしサッカーは身体が小さくても足が遅くてもトップレベルまで到達できる物凄く価値が高いスポーツであり、楽しみ方を知っていれば、一生楽しめるスポーツです。プロ選手にはなれなかったけど、サッカーが大好き!という選手を育てていくことも僕達指導者は大きな仕事です」

※左:バルセロナアカデミーのインスタ投稿に載るエンカントのクラブ生

※中:舟越コーチの特別なコネクションでバルサのアカデミーの実際のトレーニングに参加している様子(つまりイニエスタ選手やメッシ選手が育った環境を体験できる)※通常は参加できません!!

※右:サグラダファミリアを観光^_^

 

日本の育成年代では小学校、中学校、高校とサッカーをやる環境がぶつ切りになっていることもありその3年という短い期間の中で教え込む事や勝とうとするチームがほとんどです。ですが海外では子どもがサッカーをする環境が幼児〜高校生年代まで一貫クラブで育ちます。その中でコーチは3年・3年など短い期間で結果を出す必要がないので、18才になった時にどういう成長を遂げているかといった、子ども達に教え込むのでなく良さを伸ばす指導をしています。良さを伸ばすとは、その子の魅力であり、個性であり、実は笑顔なのです。だから海外の子ども達は自分の考えや意見を相手に伝える事が出来、サッカー選手として大きな成長を遂げるのです。

 imageimageimage

■全世界6カ国を周り現地のトップコーチと情報交換しながら舟越コーチが構築した育成方法を体感できるトレーニング。上を目指すサッカー少年、枠にハメる指導法に何か引っかかっている保護者、全ての答えは『体験練習会』で応えられます!うやむやにしながら頑張るより、海外の最先端の育成論を知らずに取り組むより、考えの枠を取っ払いに来てください^_^

 

 

Jrユース体験練習会 ①

日時:2022年11月24日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

Jrユース体験練習会 ②

日時:2022年12月1日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

Jrユース体験練習会 ③

日時:2022年12月8日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

海外クラブを見回って分かった親にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

 

 


『Jrユース体験練習会』の当日練習メニュー
①w-up・スキルTR
②3対3・4対4
③ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催

 

Jrユース体験練習会 ①

日時:2022年11月24日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

Jrユース体験練習会 ②

日時:2022年12月1日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

Jrユース体験練習会 ③

日時:2022年12月8日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

 

海外では12年間という長い年月をかけて選手を育成しようというクラブ運営がスタンダードです。一方日本では小学校の6年、中学の3年間、高校の3年間といった短い期間での選手の育成、そしてその期間での勝利が目指されます。これが海外と日本における大きな違いの1つです。結局焦らず長い期間手塩にかけて育てる事で魅力的で良い選手に育ちます。では具体的にどうするかというと・・・・意外にも簡単なことで、目の前の事象に一喜一憂せず一見遠回りに見えるトレーニングやクラブの取り組みをしていけばいいのです。

 

(1)子どもの「海外プロ選手になりたい」という想いをサポートしてあげたい。

(2)世界基準の育成方法を常に学んでいる本格派コーチに指導してもらいたい。

(3)上手くなりたい、活躍したい、試合に出たい、海外プロ選手になりたい。

と、思われている選手・親御さんにピッタリのクリニックです。

 

子どもの可能性は無限大^_^

本気で海外クラブから欲しい!と思われる選手に変貌しましょう!

 

■コーチ紹介

 

 

舟越功浩(ふなこしかつひろ)コーチ

年代別日本代表にも選ばれながら中学生までガンバ大阪の下部組織に所属し高校は越境して九州の強豪高校に進学する。高校3年間を通してサッカー選手として成長するトレーニングよりも高校選手権に出場するためのトレーニングに取り組んでいる事に疑問を持つ。その後大学を経て指導者となり、自分が取り組んできたトレーニングと海外基準との差を知るために海外行脚に奔放する。また海外視察の途中から自分だけでなく選手も連れて行き、その人脈を活かし通常では受け入れてもらえないクラブのトレーニングに選手を参加させたり、通常では参加できないスペインやベルギー(デ・ブライネやルカクを輩出しており近年育成No.1と言われている)など現地の指導者講習にも参加し、海外の育成事情、取り組み、子どもの伸ばし方に精通している。

⬆是非お読みくださいm(_ _)m

 

■同業者の声

安部雄二郎

「笑顔とサッカー上達がピンと来ない」方もたくさんいると思います。ですが、舟越コーチが提唱されている事はサッカー選手の成長にとって非常に大事なことです。なぜならば、僕も選手時代は全国優勝や大学関西ベストイレブンとして選考会に参加したりしてきました。指導者としては10年間で2000人以上の幼児〜高校生を見てきました。その中で理解している事は、サッカーの試合やセレクションなどはストレスやプレッシャーの連続です。場面によってはリスクを取って前に出る判断を求められます。そんな状況の中でも「自分自身」というものをピッチで表現できるかどうかで良い選手・良くない選手の評価がされます。では、長年見てきた中でどんな選手がプレッシャーの中活躍できるのかというと、それは『セキュアベース(安全基地)』がある選手です。セキュアベースとは安心して帰れる場所。それがある事で子どもは大きなプレッシャーのかかるピッチ上で初めて自分を思いっきり表現出来るのです。そういう意味で今回舟越コーチがそれを『笑顔』という側面から提唱されている事には非常に共感しています。ですが、サッカーはサッカーなのでただ単に笑顔だけ追求すれば良いという訳でもありません笑。そういう意味でも戦術的にも技術的にも海外の事例含め高いレベルで指導できる舟越コーチが子ども達の笑顔を通してサッカーを上達させるという事には今後の日本サッカーを変えていく可能性もある非常に大きな取り組みだと感じています。コーチもしくは親御さんが全てのサッカー少年のセキュアベースになる世界を共に築いていきましょう!!

 

 

■専属コーチ

長島一仁(ながしま かずと)コーチ

各年代で選手、指導者として全国大会を経験。

阪南大高校ではキャプテン、阪南大学では副キャプテンを歴任。国体選出や某J1クラブに練習参加するほどの実力。

明るい性格と高度なテクニックと的確な指導で子供の力を伸ばします。

 

【指導歴】

アミティエスクールコーチ

・阪南大学高校コーチ全国サッカー選手権大会出場

・C.F.Encanto専属コーチ

 

■専属トレーナー

 

松田 裕真(まつだゆうま)コーチ

サッカー日本代表やプロスポーツ選手、ストレングス&コンディショニングコーチ&パーソナルトレーナー

大阪大学アメリカンフットボール部や神戸大学体育会男子ラクロス部のS&Cコーチを歴任。株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム様より業務受託し、関西大学パワージムのS&Cコーチも勤めていた。また履正社医療スポーツ専門学校では非常勤講師として教鞭をとった経験も。

人間の身体に精通しており、数多くのトップアスリートからパーソナルトレーナーの依頼を受けている。自身が提唱するマツダメソッドを小中学生用にカスタマイズしていて、子ども達は一流のフィジカルトレーニングに取り組んでいる。

 

海外基準の1つの側面を話すと、教え込むのではなく経験させる。答えはライセンスやコーチの中にあるのではなく、その子それぞれの中にあったり、それぞれが時間をかけて見つけていくモノ。経験していない選手が出す答えよりも経験してきた選手が出す答えの方が魅力的でたくさんの人の目に留まり、欲しがられる選手に変貌するのです。

 



小学生年代、中学生年代はぶつ切りで成長を考えたり、ぶつ切りの期間で勝つことだけを考えないようにする事で海外で活躍するような力を手に入れることができます。小学、中学年代では特に発育の早さに関係ないチーム作りやトレーニングをする事が大事です。ですが現状は発育の早さでポジションや役割を決めるチームがほとんどです。

大事なのは将来の活躍を確保しながら目先の勝利を目指すことです。発育の早さに関係なく全員主役・全支配を実現するようなトレーニングに取り組んでいます。選手の将来の活躍を見越しているからこそ、海外のクラブに認められ多くの選手が海外進出しています!!

 

 





 

 

■実際に成長した選手事例

■平松 優成くん(ひらまつゆうせい) 中学3年
・エンカントを知ったきっかけ
チーム活動以外にスキルアップの環境を探していて、チーム代表の舟越さんが開催されていたドリブル・スクールに参加したことで知りました。
・〈選手〉エンカントに入ったきっかけ
入る前にドリスク何回か行っててそこの練習は楽しかったからエンカント入ったら前のチームにおったときより楽しくサッカー頑張れ出来ると思ったから。
・〈保護者〉エンカントに入ったきっかけ
小学6年の4月に前チームを退団して新たなチーム探しをしていたのですが、ドリブル・スクールに通っていたこともありチーム練習・試合に体験で参加させていただきました。
決断したのは息子自身ですが、「自分に合った環境だ」と感じたのだと思います。
・〈選手〉入ってから実感している変化
入る前はめっちゃ下手やったけど入ってからちょっとずつ上手くなっていったと思うし、自信がついた。
・〈保護者〉入ってから実感している変化
技術だけでなく駆け引きや体の使い方が上手くなったことにより、ドリブルで相手を抜くことが多くなったと感じています。
また、自分のストロングポイントを活かすためのプレイ・判断が飛躍的に伸びているように思います。

 

■鈴木琉比くん(すずきりゅうひ)中学2年
・エンカントをしったきっかけ。
今でもお世話になっている小学校のときのサッカーチームのコーチにエンカントの練習や試合に参加させて貰ったのがきっかけです。
・(選手)エンカントに入ったきっかけ
色々なチームに体験に行った中で自分の目指している18歳で海外でプロになるという目標に一番若いうちに体験できると思ったのと他のコーチには教えてくれない事を教えてくれたからです。
・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
体験した中から自分の意思で決めたので親として彼の意見を尊重しました。
・(選手)入ってから実感している
海外留学アウトドアチャレンジ九州や名古屋などの遠征などを体験させてもらい沢山の仲間とも出会うことができそして将来の選択肢が増えたことです。
・(保護者)入ってから実家している変化
サッカーを通じて沢山の経験をさせて頂き海外留学や色々な所に遠征に連れて行って貰ったりする事により色々勉強させて貰っています。周りのコーチやサッカー仲間に助けられ日々成長しているように思います。

 

■阪下一晴くん(さかしたいっせい)中学2年

・エンカントをしったきっかけ。
週一回のドリブルスクールに通うのがきっかけでエンカントを知りました。
・(選手)エンカントに入ったきっかけ
前のチームで学ぶよりエンカントが楽しくサッカーが出来たからです。
・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
以前入会していたチームではコーチやチームの方針に従うばかりのプレーのみのチームであり練習・試合で全体的に楽しそうにサッカーをしている姿を見ることはありませんでした。エンカントに入会を決めたきっかけは、サッカーが上手・下手もみんな一緒。1人1人の個性を潰さず活かしてくれるコーチに魅力を感じ移籍しました。

・(選手)入ってから実感している
苦手なドリブルや色々な技術が身について楽しくなった。
・(保護者)入ってから実家している変化

感情の起伏があまりない性格ですが、エンカントに入りサッカーはもちろんですが、チーム活動(遠征など)やチームメイトとのサッカー以外での交流も楽しんでいて前向きな意見が出るようになりました。試合を見に行くと、以前とは違う自分でドリブルして進んで行く姿を見た時はびっくりしたと同時にとても嬉しくもありました。子どもの柔軟性はスゴイなぁと実感しています。

 

image

 

■須古星咲太くん(すこぼしさくた)中学1年

 

・エンカントを知ったきっかけ。(選手)
エンカントのドリブルスクールに友達が行ってたり、エンカントの1対1のイベントなどもあり知りました。

・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
小学3年生でサッカーを始めたチームでは 幼稚園や小学1年生から始めた子達ばかりでした。 幸い体格が良く、試合には出場させてくれてはいましたが中々足元がついて行けてない感じでした。 そんな時、当時C.F.Encantoで1対1の イベントがあると声をかけて頂き参加しました。とても楽しかったようで、週1回のドリブルスクールに通う ようになりました。除々に週1回では物足りなくなり、チームに入り前チームと掛け持ちさせて頂くことになりました。 週3回の練習もとても楽しみながら、自分でも自信が 出てきたようで前チームの試合でもとても積極的に 動けるようになりました。このまま6年生まで掛け持ちすると思っていましたが、前チームのパスを回して試合に勝つ というスタイルより、もっと自分でドリブルを仕掛けて試合 をしたいと口にするようになりました。そのタイミングで 2足のわらじは辞め、CF.Encantoに移りました。

・(選手)入ってから実感している
前のチームはフリーな選手に早くパスすることをずっと教えられていました。しかしどうすればパスが通せるようになったり、ドリブルが成功するかは教えてくれず、ミスをすれば怒られることが多かったけど、エンカントはドリブルやパス、ボールを持っていない時の大切さやその瞬間瞬間に駆け引きできることなど色々と細かく教えてくれるので、毎日頭を使いながらサッカーをするので、本当に入ってよかったです。

・(保護者)入ってから実感している変化
一番はサッカーを本当に楽しんでいるのが見ていて よくわかりました。コーチが子どもの目線に合わせて 1人1人の性格に合わせて指導して下さっていることが親としては有難いことです。試合でもゴールを決めた子以外にも、良いパスをしたら褒めてくれたりとモチベーションを最大限に上げて くれる声掛けにどんどん自分で仕掛けて行くように なりました。もちろん注意される事もありますが、理不尽 に怒るということはないので、子どもも言われたことを 吸収しているように思いました。また、同学年以外と練習も試合も行くので低学年の 子を気にかけるようになったり中学生と一緒の時は スピード感に圧倒され、そして憧れ、目標にして いました。CF.Encantoでは海外短期留学もJrユースになれば行ける可能性があるのでそこも 目標にしたりと他チームでは経験しないことがあることも本人のいい刺激になっているようで、OFFの日も 自分でボールを蹴ったりとサッカーが好きで楽しいと いうのがとても伝わるようになりました。

 

練習会場:和泉市立槇尾中学校(18:30~20:00)


 

 


『Jrユース体験練習会』の当日練習メニュー
①w-up・スキルTR
②3対3・4対4
③ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催

 

Jrユース体験練習会 ①

日時:2022年11月24日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

Jrユース体験練習会 ②

日時:2022年12月1日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

Jrユース体験練習会 ③

日時:2022年12月8日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198

 

 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

 

 

スペイン・ポルトガル・フランス・ベルギー

サッカー先進国は育成の先進国でもあります。

「子ども達を海外で活躍するような一流選手にまで伸ばしたい」その想いから世界各国の指導現場を見て回った舟越コーチ!

その結果は日本の学校教育やサッカーの指導現場に一石を投じるような発見がありました!

 

舟越コーチ曰く

「僕が行くだけでなく出来る限り選手も一緒に連れて行き、本物に触れさせる」

「若いウチに海外でプレーする経験は、その子どもに自立や枠にとらわれない大きな発想を与える。それまで少年団のただのお父さんコーチのいいなりになっていた子どもが海外から帰ってきて自分の意見を大人に言うようになった瞬間に、大きな成果を感じました」

「またサッカーが文化ではない日本ではプロになれないから辞める、上に行けないから辞めるといったこと多く起こります。しかしサッカーは身体が小さくても足が遅くてもトップレベルまで到達できる物凄く価値が高いスポーツであり、楽しみ方を知っていれば、一生楽しめるスポーツです。プロ選手にはなれなかったけど、サッカーが大好き!という選手を育てていくことも僕達指導者は大きな仕事です」

※左:FCバルセロナアカデミーの公式Instagramに掲載されるエンカントのクラブ生

※中:舟越コーチの特別なコネクションでバルサのアカデミーの実際のトレーニングに参加している様子(つまりイニエスタ選手やメッシ選手が育った環境を体験できる)※通常は参加できません!!

※右:サグラダファミリアを観光^_^

 

日本の育成年代では小学校、中学校、高校とサッカーをやる環境がぶつ切りになっていることもありその3年という短い期間の中で教え込む事や勝とうとするチームがほとんどです。ですが海外では子どもがサッカーをする環境が幼児〜高校生年代まで一貫クラブで育ちます。その中でコーチは3年・3年など短い期間で結果を出す必要がないので、18才になった時にどういう成長を遂げているかといった、子ども達に教え込むのでなく良さを伸ばす指導をしています。良さを伸ばすとは、その子の魅力であり、個性であり、実は笑顔でプレーすることなのです。だから海外の子ども達は自分の考えや意見を相手に伝える事が出来、サッカー選手として大きな成長を遂げるのです。

 

■全世界6カ国を周り現地のトップコーチと情報交換しながら舟越コーチが構築した育成方法を体感できる『笑顔になるテクニカルクリニック』。

上を目指すサッカー少年も怒られて萎縮しながらプレーしているサッカー少年も枠にハメる指導法に何か引っかかっている保護者の皆様も全ての答えは『笑顔になるテクニカルクリニック』で応えられます!うやむやにしながら頑張るより、海外の最先端の育成論を知らずに取り組むより、日本式な考えの枠を取っ払いに来てください!身体が小さくても足が遅くても「上手い」と言われるヒントがここにはあります^_^

 

笑顔になるテクニカルクリニックday①

日時:2022年11月28日(月)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:和泉市立光明台中学校

大阪府和泉市光明台1丁目28−1

 

笑顔になるテクニカルクリニックday②

日時:2022年12月2日(金)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:コスモ中央公園

大阪府和泉市久井町2

 

笑顔になるテクニカルクリニックday③

日時:2022年12月5日(月)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:和泉市立光明台中学校

大阪府和泉市光明台1丁目28−1

 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

『海外クラブを見回って分かった親にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

   ⬇

 

 


『笑顔になるテクニカルクリニック』の当日練習メニュー
①w-up
②スキルTRTR
③2対2・3対3
④ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催

笑顔になるテクニカルクリニックday①

日時:2022年11月28日(月)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:和泉市立光明台中学校

大阪府和泉市光明台1丁目28−1

 

笑顔になるテクニカルクリニックday②

日時:2022年12月2日(金)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:コスモ中央公園

大阪府和泉市久井町2

 

笑顔になるテクニカルクリニックday③

日時:2022年12月5日(月)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:和泉市立光明台中学校

大阪府和泉市光明台1丁目28−1

 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

『海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

   ⬇

 

海外では12年間という長い年月をかけて選手を育成しようというクラブ運営がスタンダードです。一方日本では小学校の6年、中学の3年間、高校の3年間といった短い期間での選手の育成、そしてその期間での勝利が目指されます。これが海外と日本における大きな違いの1つです。結局焦らず長い期間手塩にかけて育てる事で魅力的で良い選手に育ちます。では具体的にどうするかというと・・・・意外にも簡単なことで、目の前の事象に一喜一憂せず一見遠回りに見えるトレーニングやクラブの取り組みをしていけばいいのです。

 

(1)子どもの「サッカーが大好きで上手くなりたい」という想いをサポートしてあげたい。

(2)世界基準の育成方法を常に学んでいる本格派コーチに指導してもらいたい。

(3)上手くなりたい、活躍したい、試合に出たい、海外へチャレンジしてみたい。

と、思われている選手・親御さんにピッタリのクリニックです。

 

子どもの可能性は無限大^_^

本気で海外クラブから欲しい!と思われる選手に変貌しましょう!

 

■コーチ紹介

 

 

舟越功浩(ふなこしかつひろ)コーチ

年代別日本代表にも選ばれながら中学生までガンバ大阪の下部組織に所属し高校は越境して九州の強豪高校に進学する。高校3年間を通してサッカー選手として成長するトレーニングよりも高校選手権に出場するためのトレーニングに取り組んでいる事に疑問を持つ。その後大学を経て指導者となり、自分が取り組んできたトレーニングと海外基準との差を知るために海外行脚に奔放する。また海外視察の途中から自分だけでなく選手も連れて行き、その人脈を活かし通常では受け入れてもらえないクラブのトレーニングに選手を参加させたり、通常では参加できないスペインやベルギー(デ・ブライネやルカクを輩出しており近年育成No.1と言われている)など現地の指導者講習にも参加し、海外の育成事情、取り組み、子どもの伸ばし方に精通している。

⬆是非お読みくださいm(_ _)m

 

■同業者の声

安部雄二郎

「笑顔とサッカー上達がピンと来ない」方もたくさんいると思います。ですが、舟越コーチが提唱されている事はサッカー選手の成長にとって非常に大事なことです。なぜならば、僕も選手時代は全国優勝や大学関西ベストイレブンとして選考会に参加したりしてきました。指導者としては10年間で2000人以上の幼児〜高校生を見てきました。その中で理解している事は、サッカーの試合やセレクションなどはストレスやプレッシャーの連続です。場面によってはリスクを取って前に出る判断を求められます。そんな状況の中でも「自分自身」というものをピッチで表現できるかどうかで良い選手・良くない選手の評価がされます。では、長年見てきた中でどんな選手がプレッシャーの中活躍できるのかというと、それは『セキュアベース(安全基地)』がある選手です。セキュアベースとは安心して帰れる場所。それがある事で子どもは大きなプレッシャーのかかるピッチ上で初めて自分を思いっきり表現出来るのです。そういう意味で今回舟越コーチがそれを『笑顔』という側面から提唱されている事には非常に共感しています。ですが、サッカーはサッカーなのでただ単に笑顔だけ追求すれば良いという訳でもありません笑。そういう意味でも戦術的にも技術的にも海外の事例含め高いレベルで指導できる舟越コーチが子ども達の笑顔を通してサッカーを上達させるという事には今後の日本サッカーを変えていく可能性もある非常に大きな取り組みだと感じています。コーチもしくは親御さんが全てのサッカー少年のセキュアベースになる世界を共に築いていきましょう!!

 

■専属コーチ

image

長島一仁(ながしま かずと)コーチ

小中学時代はJリーグ下部組織で育つ。

各年代で選手、指導者として全国大会を経験。

阪南大高校ではキャプテン、阪南大学では副キャプテンを歴任。国体選出や某J1クラブの練習に参加するほどの実力。明るい性格と高度な技術、的確な指導で子供達の力を伸ばします。

 

【指導歴】

・アミティエスクールコーチ

・阪南大学高校コーチ→全国サッカー選手権大会出場

・C.F.Encantoコーチ

 

■専属S&Cコーチ

image

松田 裕真(まつだゆうま)コーチ

ストレングス&コンディショニングコーチ&パーソナルトレーナー

サッカー日本代表選手やプロスポーツ選手、大阪大学アメリカンフットボール部や神戸大学体育会男子ラクロス部のS&Cコーチを歴任。株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム様より業務受託し、関西大学パワージムのS&Cコーチも勤めていた。また履正社医療スポーツ専門学校では非常勤講師として教鞭をとっていた。

人間の身体に精通しており、数多くのトップアスリートからパーソナルトレーナーの依頼を受けている。自身が提唱するマツダメソッドを小中学生用にカスタマイズしていて、子ども達は一流のフィジカルトレーニングに取り組んでいる。

 

海外基準の1つの側面を話すと、教え込むのではなく経験させる。答えはライセンスやコーチの中にあるのではなく、その子それぞれの中にあったり、それぞれが時間をかけて見つけていくモノ。経験していない選手が出す答えよりも経験してきた選手が出す答えの方が魅力的でたくさんの人の目に留まり、欲しがられる選手に変貌するのです。

 

小学生年代、中学生年代はぶつ切りで成長を考えたり、ぶつ切りの期間で勝つことだけを考えないようにする事で海外で活躍するような力を手に入れることができます。小学、中学年代では特に発育の早さに関係ないチーム作りやトレーニングをする事が大事です。ですが現状は発育の早さでポジションや役割を決めるチームがほとんどです。

大事なのは将来の活躍を確保しながら目先の勝利を目指すことです。発育の早さに関係なく全員主役・全支配を実現するようなトレーニングに取り組んでいます。選手の将来の活躍を見越しているからこそ、海外のクラブに認められ多くの選手が海外進出しています!!

 

 

■実際に成長した選手事例

■長島莉一くん(ながしまりいち)小学3年生
・エンカントに入ったきっかけ(莉一)
楽しくサッカーしながら上手くなりたいから。大好きなドリブルやパスを自分のタイミングで出来るから。
・エンカントに入ったきっかけ「保護者)
地元のチームに通わせてたのですが、ボールを使うトレーニングがあまり無く、指導者もサッカーのことはあまり言わず、子どもがサッカーを嫌いになりかけていた時にたまたまエンカントに体験に行きすぐに本人がまた次も行きたいってなったので。
・入ってから実感している(莉一)
ドリブルが取られなくなった、試合中シュートもよく入るようになった!学校の違う友だちがいっぱいできた。
・入ってから実感している(保護者)
サッカーの技術面向上もそうですが、このクラブはサッカー以外のいろんな体験をさせてくれるので普段の生活もサッカーの練習も自分で取り組むようになった。地域の違う友だちも増え、なにより本人が楽しそうにサッカーをすることで生き生きしている。

 

■渡辺大和くん(わたなべやまと)小学3年生

・エンカントに入ったきっかけ(大和)
兄がいつも楽しそうにサッカーをしていた影響で、いつの間にか気付いたら自分もサッカーを始めていまいした。

・エンカントに入ったきっかけ「保護者)
子どもたちが自由に考え、のびのびとサッカーをしていて、とても楽しんでいる事が見ていて嬉しかったです。それにコーチが一人一人と向き合っていて、子どもたちが自分の行動に自信を持って動いているのがよく分かりました。
・入ってから実感している変化(大和)
ボールを上手くコントロール出来るようになったから、ドリブルで相手を抜くことが出来るようになったことと、みんなが見えていない所にパスを出すことができるようになりました。

・入ってから実感している(保護者)

「入った当初はホントに何もしませんでした。遊んでばかりで全く何もしない姿に私は『まだ早いとか、向いてない』と思っていましたが、子どもの中でやりたい気持ちとできない気持ちの狭間にいてるのが分かるようになり、長らく見守りました。その時期を経ていつの間にかくすぶっていた気持ちに火がつき、出来る事が増え、仲間が増え、サッカーを楽しむ様になってからは、技術も成長しました。早いとか遅いとか関係なく、子ども達のペースで成長できる分、自身に次のステップが見えた時に的確なアドバイスを貰えることで目標に向かいやすいんだなと思いました。何より自分で考え行動し表現できるようにもなりました。サッカーでは色々なポジションや違うチームの仲間とさせてもらえることで人や場所の変化に対応できるようになり、アウトドアチャレンジなどでは、困難な状況の中、沢山の経験から得るものが多いのでとても逞しくなりました。サッカーでも日常でも常に周りを見て状況判断できる力に繋がってきているんだなと感じています。」

 


■有馬蓮くん(ありまれん)小学6年生

 ・知った理由(本人)

色々なスクール体験に行きましたが、 自分 に合うところがなくて、 知り合いにエンカントを教えてもらって知りました。

・入ったきっかけ

エンカントスクール生の時にチーム TRMに参加させてもらったとき、 コーチ が、「相手の後ろにドリブルとパスで入っていって」と課題を出しました。

僕はドリブルが苦手だったのですが、試合をしていくうちに少しずつできるようになって、何度も取られたりしたけど、ミスしても「チャレンジする回数が多くなってきたのが素晴らしいね」と言ってもらって、ドリブルで抜けるようにもなったので、ここのチームでもっと教わり たい・・・と思ってエンカントに入りました。

・入ったきっかけ()

チームのTRMに参加させてもらうと、いつも楽しそうにサッカーしてる姿と自チームでやらない動きをして活躍したり失敗をおそれずにドンドンチャレンジをしていく姿を見て、この子はこのチームにあってるのかなぁ?? と思って当時入っていたチームを辞めてエンカントに入りました。

・入って実感している事(本人)

駆け引きをしながらドリブル突破ができるようになった。 ドリブルで相手を引きつけ て、パスを出せるようになったり、ボールを持っていない時にスペースを使ったり、埋めたりすることもできるようになりました。

練習でできるようになった事を試合で実践して、失敗してもコーチはチャレンジし続けることが唯一の成功法だよ・・・と言ってくれるので、ドンドンチャレンジして、失敗しても次はは少し変えてみよう。と自分で考える力がついた。何より自分のプレーができるのでサッカーが楽しくなった。

・入ってから実感している変化()

今までは試合になると、緊張して顔が固まって、楽しいのか??て思っていました が、エンカントに入って、本当に楽しく試合をしているので、見てる私達も楽しくなります。

強くても自分らしいサッカーができないのと、負けても自分らしくできるサッカーで は、負けてもいいから自分らしいサッカー が見れることが私は楽しいです。

ドリブルが苦手だった子が、ドリブルで交わしていく姿を見ると、すごく成長したなあ〜と思います。

サッカー以外でもエンカントは自分達のことは自分達でやる。なので、遠征の用意や試合の時など今までは親がやっていた事を自分でできるようになり自立ができるようになりました。

先に大人が答えを提示したり、大人が問題にならないように先回りするのではなく、子供がチャレンジした先に起きた問題を急がず子供が解決するまで見守ってくれるので、子供達もチャレンジできるんだと思います。


■平松 優成くん(ひらまつゆうせい) 中学3年
・エンカントを知ったきっかけ
チーム活動以外にスキルアップの環境を探していて、チーム代表の舟越さんが開催されていたドリブル・スクールに参加したことで知りました。
・〈選手〉エンカントに入ったきっかけ
入る前にドリスク何回か行っててそこの練習は楽しかったからエンカント入ったら前のチームにおったときより楽しくサッカー頑張れ出来ると思ったから。
・〈保護者〉エンカントに入ったきっかけ
小学6年の4月に前チームを退団して新たなチーム探しをしていたのですが、ドリブル・スクールに通っていたこともありチーム練習・試合に体験で参加させていただきました。
決断したのは息子自身ですが、「自分に合った環境だ」と感じたのだと思います。
・〈選手〉入ってから実感している変化
入る前はめっちゃ下手やったけど入ってからちょっとずつ上手くなっていったと思うし、自信がついた。
・〈保護者〉入ってから実感している変化
技術だけでなく駆け引きや体の使い方が上手くなったことにより、ドリブルで相手を抜くことが多くなったと感じています。
また、自分のストロングポイントを活かすためのプ
レイ・判断が飛躍的に伸びているように思います。

 

■鈴木琉比くん(すずきりゅうひ)中学2年
・エンカントをしったきっかけ。
今でもお世話になっている小学校のときのサッカーチームのコーチにエンカントの練習や試合に参加させて貰ったのがきっかけです。
・(選手)エンカントに入ったきっかけ
色々なチームに体験に行った中で自分の目指している18歳で海外でプロになるという目標に一番若いうちに体験できると思ったのと他のコーチには教えてくれない事を教えてくれたからです。
・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
体験した中から自分の意思で決めたので親として彼の意見を尊重しました。
・(選手)入ってから実感している
海外留学アウトドアチャレンジ九州や名古屋などの遠征などを体験させてもらい沢山の仲間とも出会うことができそして将来の選択肢が増えたことです。
・(保護者)入ってから実家している変化
サッカーを通じて沢山の経験をさせて頂き海外留学や色々な所に遠征に連れて行って貰ったりする事により色々勉強させて貰っています。周りのコーチやサッカー仲間に助けられ日々成長しているように思います。

 

image

 

■須古星咲太くん(すこぼしさくた)中学1年

・エンカントを知ったきっかけ。(選手)
エンカントのドリブルスクールに友達が行ってたり、エンカントの1対1のイベントなどもあり知りました。

・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
小学3年生でサッカーを始めたチームでは 幼稚園や小学1年生から始めた子達ばかりでした。 幸い体格が良く、試合には出場させてくれてはいましたが中々足元がついて行けてない感じでした。 そんな時、当時C.F.Encantoで1対1の イベントがあると声をかけて頂き参加しました。とても楽しかったようで、週1回のドリブルスクールに通う ようになりました。除々に週1回では物足りなくなり、チームに入り前チームと掛け持ちさせて頂くことになりました。 週3回の練習もとても楽しみながら、自分でも自信が 出てきたようで前チームの試合でもとても積極的に 動けるようになりました。このまま6年生まで掛け持ちすると思っていましたが、前チームのパスを回して試合に勝つ というスタイルより、もっと自分でドリブルを仕掛けて試合 をしたいと口にするようになりました。そのタイミングで 2足のわらじは辞め、CF.Encantoに移りました。

・(選手)入ってから実感している
前のチームはフリーな選手に早くパスすることをずっと教えられていました。しかしどうすればパスが通せるようになったり、ドリブルが成功するかは教えてくれず、ミスをすれば怒られることが多かったけど、エンカントはドリブルやパス、ボールを持っていない時の大切さやその瞬間瞬間に駆け引きできることなど色々と細かく教えてくれるので、毎日頭を使いながらサッカーをするので、本当に入ってよかったです。

・(保護者)入ってから実感している変化
一番はサッカーを本当に楽しんでいるのが見ていて よくわかりました。コーチが子どもの目線に合わせて 1人1人の性格に合わせて指導して下さっていることが親としては有難いことです。試合でもゴールを決めた子以外にも、良いパスをしたら褒めてくれたりとモチベーションを最大限に上げて くれる声掛けにどんどん自分で仕掛けて行くように なりました。もちろん注意される事もありますが、理不尽 に怒るということはないので、子どもも言われたことを 吸収しているように思いました。また、同学年以外と練習も試合も行くので低学年の 子を気にかけるようになったり中学生と一緒の時は スピード感に圧倒され、そして憧れ、目標にして いました。CF.Encantoでは海外短期留学もJrユースになれば行ける可能性があるのでそこも 目標にしたりと他チームでは経験しないことがあることも本人のいい刺激になっているようで、OFFの日も 自分でボールを蹴ったりとサッカーが好きで楽しいと いうのがとても伝わるようになりました。

 

■阪下一晴くん(さかしたいっせい)中学2年

・エンカントをしったきっかけ。
週一回のドリブルスクールに通うのがきっかけでエンカントを知りました。
・(選手)エンカントに入ったきっかけ
前のチームで学ぶよりエンカントが楽しくサッカーが出来たからです。
・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
以前入会していたチームではコーチやチームの方針に従うばかりのプレーのみのチームであり練習・試合で全体的に楽しそうにサッカーをしている姿を見ることはありませんでした。エンカントに入会を決めたきっかけは、サッカーが上手・下手もみんな一緒。1人1人の個性を潰さず活かしてくれるコーチに魅力を感じ移籍しました。

・(選手)入ってから実感している
苦手なドリブルや色々な技術が身について楽しくなった。
・(保護者)入ってから実家している変化

感情の起伏があまりない性格ですが、エンカントに入りサッカーはもちろんですが、チーム活動(遠征など)やチームメイトとのサッカー以外での交流も楽しんでいて前向きな意見が出るようになりました。試合を見に行くと、以前とは違う自分でドリブルして進んで行く姿を見た時はびっくりしたと同時にとても嬉しくもありました。子どもの柔軟性はスゴイなぁと実感しています。

 

場所:和泉市立光明台中学校(月曜18:45〜20:30)

 

場所:コスモ中央公園(金曜18:45〜20:30)

 


『笑顔になるテクニカルクリニック』の当日練習メニュー
①w-up
②スキルTRTR
③2対2・3対3
④ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催

笑顔になるテクニカルクリニックday①

日時:2022年11月28日(月)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:和泉市立光明台中学校

大阪府和泉市光明台1丁目28−1

 

笑顔になるテクニカルクリニックday②

日時:2022年12月2日(金)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:コスモ中央公園

大阪府和泉市久井町2

 

笑顔になるテクニカルクリニックday③

日時:2022年12月5日(月)18:45〜20:30

対象:小学1年生〜小学6年生

会場:和泉市立光明台中学校

大阪府和泉市光明台1丁目28−1

 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

『海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

   ⬇

 

教室は以下の学校が範囲内になります。

国府小学校
和気小学校
伯太小学校
池上小学校
黒鳥小学校
芦部小学校
北池田小学校
いぶき野小学校
南池田小学校
緑ケ丘小学校
青葉はつが野小学校
北松尾小学校
南松尾小学校
横山小学校
南横山小学校
幸小学校
信太小学校
鶴山台北小学校
鶴山台南小学校
光明台北小学校
光明台南小学校

スペイン・ポルトガル・フランス・ベルギー

サッカー先進国は育成の先進国でもあります。

「子ども達を海外で活躍するような一流選手にまで伸ばしたい」その想いから世界各国の指導現場を見て回った舟越コーチ!

その結果は日本の学校教育やサッカーの指導現場に一石を投じるような発見がありました!

 

舟越コーチ曰く

「僕が行くだけでなく出来る限り選手も一緒に連れて行く」

「若いウチに海外でプレーする経験は、その子どもに自立や枠にとらわれない大きな発想を与える。それまで少年団のただのお父さんコーチのいいなりになっていた子どもが海外から帰ってきて自分の意見を大人に言うようになった瞬間に、大きな成果を感じました」

※左:バルセロナアカデミーのインスタ投稿に載るエンカントのクラブ生

※中:舟越コーチの特別なコネクションでバルサのアカデミーの実際のトレーニングに参加している様子(つまりイニエスタ選手やメッシ選手が育った環境を体験できる)※通常は参加できません!!

※右:サグラダファミリアを観光^_^

 

日本の育成年代では小学校、中学校、高校とサッカーをやる環境がぶつ切りになっていることもありその3年という短い期間の中で教え込む事や勝とうとするチームがほとんどです。ですが海外では子どもがサッカーをする環境が幼児〜高校生年代まで一貫クラブで育ちます。その中でコーチは3年・3年など短い期間で結果を出す必要がないので、18才になった時にどういう成長を遂げているかといった、子ども達に教え込むのでなく良さを伸ばす指導をしています。良さを伸ばすとは、その子の魅力であり、個性であり、実は笑顔なのです。だから海外の子ども達は自分の考えや意見を相手に伝える事が出来、サッカー選手として大きな成長を遂げるのです。

 

■全世界6カ国を周り現地のトップコーチと情報交換しながら舟越コーチが構築した育成方法を体感できるトレーニング。上を目指すサッカー少年、枠にハメる指導法に何か引っかかっている保護者、全ての答えは『体験練習会』で応えられます!うやむやにしながら頑張るより、海外の最先端の育成論を知らずに取り組むより、考えの枠を取っ払いに来てください^_^

 


Jrユース体験練習会 ①

日時:20221030日(日)18:0019:30 

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198


Jrユース体験練習会 ②

日時:2022113日(木)18:3020:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198


Jrユース体験練習会 ③

日時:20221124日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198


 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

海外クラブを見回って分かった親にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

 

 


『Jrユース体験練習会』の当日練習メニュー
①w-up・ドリブルTR
②2対2・3対3
③ゲーム

エンカント(C.F.Encanto・クラブ デ フットボール  エンカント)主催


Jrユース体験練習会 ①

日時:20221030日(日)18:0019:30 

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198


Jrユース体験練習会 ②

日時:2022113日(木)18:3020:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198


Jrユース体験練習会 ③

日時:20221124日(木)18:30〜20:00

対象:小学6年生〜中学2年生 

会場:和泉市立槙尾中学校 

大阪府和泉市仏並町198


 

申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

海外クラブを見回って分かったイチ保護者にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

 

海外では12年間という長い年月をかけて選手を育成しようというクラブ運営がスタンダードです。一方日本では小学校の6年、中学の3年間、高校の3年間といった短い期間での選手の育成、そしてその期間での勝利が目指されます。これが海外と日本における大きな違いの1つです。結局焦らず長い期間手塩にかけて育てる事で魅力的で良い選手に育ちます。では具体的にどうするかというと・・・・意外にも簡単なことで、目の前の事象に一喜一憂せず一見遠回りに見えるトレーニングやクラブの取り組みをしていけばいいのです。

 

(1)子どもの「海外プロ選手になりたい」という想いをサポートしてあげたい。

(2)世界基準の育成方法を常に学んでいる本格派コーチに指導してもらいたい。

(3)上手くなりたい、活躍したい、試合に出たい、海外プロ選手になりたい。

と、思われている選手・親御さんにピッタリのクリニックです。

 

子どもの可能性は無限大^_^

本気で海外クラブから欲しい!と思われる選手に変貌しましょう!

 

■コーチ紹介



舟越功浩(ふなこしかつひろ)コーチ

年代別日本代表にも選ばれながら中学生までガンバ大阪の下部組織に所属し高校は越境して九州の強豪高校に進学する。高校3年間を通してサッカー選手として成長するトレーニングよりも高校選手権に出場するためのトレーニングに取り組んでいる事に疑問を持つ。その後大学を経て指導者となり、自分が取り組んできたトレーニングと海外基準との差を知るために海外行脚に奔放する。また海外視察の途中から自分だけでなく選手も連れて行き、その人脈を活かし通常では受け入れてもらえないクラブのトレーニングに選手を参加させたり、通常では参加できないスペインやベルギー(デ・ブライネやルカクを輩出しており近年育成No.1と言われている)など現地の指導者講習にも参加し、海外の育成事情、取り組み、子どもの伸ばし方に精通している。

⬆是非お読みくださいm(_ _)m

 

■同業者の声

安部雄二郎

「笑顔とサッカー上達がピンと来ない」方もたくさんいると思います。ですが、舟越コーチが提唱されている事はサッカー選手の成長にとって非常に大事なことです。なぜならば、僕も選手時代は全国優勝や大学関西ベストイレブンとして選考会に参加したりしてきました。指導者としては10年間で2000人以上の幼児〜高校生を見てきました。その中で理解している事は、サッカーの試合やセレクションなどはストレスやプレッシャーの連続です。場面によってはリスクを取って前に出る判断を求められます。そんな状況の中でも「自分自身」というものをピッチで表現できるかどうかで良い選手・良くない選手の評価がされます。では、長年見てきた中でどんな選手がプレッシャーの中活躍できるのかというと、それは『セキュアベース(安全基地)』がある選手です。セキュアベースとは安心して帰れる場所。それがある事で子どもは大きなプレッシャーのかかるピッチ上で初めて自分を思いっきり表現出来るのです。そういう意味で今回舟越コーチがそれを『笑顔』という側面から提唱されている事には非常に共感しています。ですが、サッカーはサッカーなのでただ単に笑顔だけ追求すれば良いという訳でもありません笑。そういう意味でも戦術的にも技術的にも海外の事例含め高いレベルで指導できる舟越コーチが子ども達の笑顔を通してサッカーを上達させるという事には今後の日本サッカーを変えていく可能性もある非常に大きな取り組みだと感じています。コーチもしくは親御さんが全てのサッカー少年のセキュアベースになる世界を共に築いていきましょう!!

 


■専属コーチ


長島一仁(ながしま かずと)コーチ

各年代で選手、指導者として全国大会を経験。

Jクラブの練習に参加するほどの実力。

明るい性格と的確な指導で子供の力を伸ばします。


【選手歴】

410YMCA

U-12:ガンバ大阪堺Jr

大阪府トレセン

U-15:ガンバ大阪堺Jrユース

全国クラブユース選手権出場

U-18:阪南大学高校

キャプテン

U-22:阪南大学

総理大臣杯、インカレ出場

→20〜22歳 大阪府成年国体

TOP:アミティエSCトップチーム(現おこしやす京都)


【指導歴】

アミティエスクールコーチ

未就学児指導

・阪南大学高校コーチ

全国サッカー選手権大会出場


31〜小学校教員

現在3年生担任

-


■専属トレーナー兼コーチ



松田 裕真(まつだゆうま)コーチ

ストレングス&コンディショニングコーチ&パーソナルトレーナー

大阪大学アメリカンフットボール部や神戸大学体育会男子ラクロス部のS&Cコーチを歴任。株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム様より業務受託し、関西大学パワージムのS&Cコーチも勤めていた。また履正社医療スポーツ専門学校では非常勤講師として教鞭をとった経験も。

人間の身体に精通しており、数多くのトップアスリートからパーソナルトレーナーの依頼を受けている。自身が提唱するマツダメソッドを小中学生用にカスタマイズしていて、子ども達は一流のフィジカルトレーニングに取り組んでいる。

 

海外基準の1つの側面を話すと、教え込むのではなく経験させる。答えはライセンスやコーチの中にあるのではなく、その子それぞれの中にあったり、それぞれが時間をかけて見つけていくモノ。経験していない選手が出す答えよりも経験してきた選手が出す答えの方が魅力的でたくさんの人の目に留まり、欲しがられる選手に変貌するのです。

 

小学生年代、中学生年代はぶつ切りで成長を考えたり、ぶつ切りの期間で勝つことだけを考えないようにする事で海外で活躍するような力を手に入れることができます。小学、中学年代では特に発育の早さに関係ないチーム作りやトレーニングをする事が大事です。ですが現状は発育の早さでポジションや役割を決めるチームがほとんどです。

大事なのは将来の活躍を確保しながら目先の勝利を目指すことです。発育の早さに関係なく全員主役・全支配を実現するようなトレーニングに取り組んでいます。選手の将来の活躍を見越しているからこそ、海外のクラブに認められ多くの選手が海外進出しています!!

 

 

■実際に成長した選手事例

■平松 優成くん(ひらまつゆうせい) 中学3年
・エンカントを知ったきっかけ
チーム活動以外にスキルアップの環境を探していて、チーム代表の舟越さんが開催されていたドリブル・スクールに参加したことで知りました。
・〈選手〉エンカントに入ったきっかけ
入る前にドリスク何回か行っててそこの練習は楽しかったからエンカント入ったら前のチームにおったときより楽しくサッカー頑張れ出来ると思ったから。
・〈保護者〉エンカントに入ったきっかけ
小学6年の4月に前チームを退団して新たなチーム探しをしていたのですが、ドリブル・スクールに通っていたこともありチーム練習・試合に体験で参加させていただきました。
決断したのは息子自身ですが、「自分に合った環境だ」と感じたのだと思います。
・〈選手〉入ってから実感している変化
入る前はめっちゃ下手やったけど入ってからちょっとずつ上手くなっていったと思うし、自信がついた。
・〈保護者〉入ってから実感している変化
技術だけでなく駆け引きや体の使い方が上手くなったことにより、ドリブルで相手を抜くことが多くなったと感じています。
また、自分のストロングポイントを活かすためのプレイ・判断が飛躍的に伸びているように思います。

 

■鈴木琉比くん(すずきりゅうひ)中学2年
・エンカントをしったきっかけ。
今でもお世話になっている小学校のときのサッカーチームのコーチにエンカントの練習や試合に参加させて貰ったのがきっかけです。
・(選手)エンカントに入ったきっかけ
色々なチームに体験に行った中で自分の目指している18歳で海外でプロになるという目標に一番若いうちに体験できると思ったのと他のコーチには教えてくれない事を教えてくれたからです。
・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
体験した中から自分の意思で決めたので親として彼の意見を尊重しました。
・(選手)入ってから実感している
海外留学アウトドアチャレンジ九州や名古屋などの遠征などを体験させてもらい沢山の仲間とも出会うことができそして将来の選択肢が増えたことです。
・(保護者)入ってから実家している変化
サッカーを通じて沢山の経験をさせて頂き海外留学や色々な所に遠征に連れて行って貰ったりする事により色々勉強させて貰っています。周りのコーチやサッカー仲間に助けられ日々成長しているように思います。

 

■阪下一晴くん(さかしたかずはる)中学2年

・エンカントをしったきっかけ。
週一回のドリブルスクールに通うのがきっかけでエンカントを知りました。
・(選手)エンカントに入ったきっかけ
前のチームで学ぶよりエンカントが楽しくサッカーが出来たからです。
・(保護者)エンカントに入ったきっかけ
以前入会していたチームではコーチやチームの方針に従うばかりのプレーのみのチームであり練習・試合で全体的に楽しそうにサッカーをしている姿を見ることはありませんでした。エンカントに入会を決めたきっかけは、サッカーが上手・下手もみんな一緒。1人1人の個性を潰さず活かしてくれるコーチに魅力を感じ移籍しました。

・(選手)入ってから実感している
苦手なドリブルや色々な技術が身について楽しくなった。
・(保護者)入ってから実家している変化

感情の起伏があまりない性格ですが、エンカントに入りサッカーはもちろんですが、チーム活動(遠征など)やチームメイトとのサッカー以外での交流も楽しんでいて前向きな意見が出るようになりました。試合を見に行くと、以前とは違う自分でドリブルして進んで行く姿を見た時はびっくりしたと同時にとても嬉しくもありました。子どもの柔軟性はスゴイなぁと実感しています。

 


練習会場:和泉市立槇尾中学校

https://maps.app.goo.gl/WTY4rr6QTEv1jrxE6?g_st=ic


申込みは下記ラインに登録!

、登録するだけで

海外クラブを見回って分かった親にも簡単に出来る子どもの笑顔を増やし才能も伸ばす一番簡単な方法の冊子をお渡しします。

【2022年度11月のJrユース練習会のお知らせ】

当クラブは自分自身の人生を自分自身の力で歩み、生涯成長することを追い求めていける『人』を育てたいと考えています。
将来的に海外でサッカーをしたい選手、上手くなりたいと強く思っている選手のご参加お待ちしております。
※クラブ入団の基準に満たない選手は、入団をお断りすることがございます。


【日時】
○毎週火曜日・木曜日:18:45〜20:00

対象:2022年度入団を検討中の選手(現小学6年生〜中学1〜2年生)

場所:和泉市立槙尾中学校
(〒594-1136 大阪府和泉市仏並町198)

クラブの詳細はhttps://cf-encanto.comをご覧ください。

参加希望の選手は下記の①〜③をご記入の上、ご連絡ください。

①選手氏名
②現所属チーム
③連絡先

お問い合わせ先
mail:CF_Encanto@outlook.com
tel:090-6235-0184
担当:特定非営利活動法人エンカント C.F.Encanto代表 舟越功浩


【2022年度Jrユース練習会のお知らせ】

先月実施できなかった、Jrユース練習会を10月より行います。
将来的に海外でサッカーをしたい選手、上手くなりたいと強く思っている選手のご参加お待ちしております。
※クラブ入団の基準に満たない選手は、入団をお断りすることがございます。


【日時】
○毎週火曜日・木曜日:18:45〜20:00
○10月10日(日) 18:30〜20:00

対象:2022年度入団を検討中の選手(現小学6年生〜中学1〜2年生)

場所:和泉市立槙尾中学校
(〒594-1136 大阪府和泉市仏並町198)

クラブの詳細はhttps://cf-encanto.comをご覧ください。

参加希望の選手は下記の①〜③をご記入の上、ご連絡ください。

①選手氏名
②現所属チーム
③連絡先

お問い合わせ先
mail:CF_Encanto@outlook.com
tel:090-6235-0184
担当:特定非営利活動法人エンカント C.F.Encanto代表 舟越功浩


【2022年度Jrユース練習会のお知らせ】

来年度に向けたJrユース練習会を9月より行います。
将来的に海外でサッカーをしたい選手、上手くなりたいと強く思っている選手のご参加お待ちしております。
※クラブ入団の基準に満たない選手は、入団をお断りすることがございます。


【日時】
○9月5日(日) 18:30〜20:00
9月12日(日) 18:30〜20:00
○9月26日(日) 19:00〜20:30

対象:2022年度入団を検討中の選手(現小学6年生〜中学1〜2年生)

場所:和泉市立槙尾中学校
(〒594-1136 大阪府和泉市仏並町198)

クラブの詳細はhttps://cf-encanto.comをご覧ください。

参加希望の選手は下記の①〜③をご記入の上、ご連絡ください。

①選手氏名
②現所属チーム
③連絡先

お問い合わせ先
mail:CF_Encanto@outlook.com
tel:090-6235-0184
担当:特定非営利活動法人エンカント C.F.Encanto代表 舟越功浩


小学生が良くなると中学生に悩まされ、中学生が良くなると小学生に悩まされ、常に悩みながら試行錯誤を繰り返して前に進んでいる今日この頃…




サッカーのことでも、サッカー以外のことでも悩みは尽きへんなと常々感じていたときに、「なんで人は悩むのか?」が気になって、色々と調べてみると、悩みは自分が持っている理想とのギャップが悩みとなるってのが腑に落ちました。




僕にも夢があり、その夢がクラブの夢でもあるのですが、目の前の子供達を通り越して、頭の中で理想が勝手に先へ行ってたのかとハッとした瞬間でした。




色んな攻略法的なことや、先人が成し遂げた方法論などで、少しだけ加速することはできるかもしれませんが、やっぱり僕は僕のやり方でやっていきたいなと思っています。




環境や時代による子供達の退化が著しい中で、関わった子供達が「人」として強く柔らかく成長していく為に、時間のかかる作業を積み重ねていくのみですね。




夢に向かって進んでいく中で、「お前には無理やから早く諦めろって」と言われている気がすることが次々と襲ってきますが、こういうことを乗り越えた先に見える景色を見てみたいなと思う感情が勝ってしまうので、まぁまぁ頑丈なメンタルになってきました。




先は死ぬほど長いですが、今関わってくれている選手達をどんなステージまで上げてあげれるかを楽しみに「指導」できることが自分の幸せやなと思っています。





とりあえず、この夏で多くの選手達を変えちゃいそうな気がしてます。







楽しむことから甘えない👍








【2021年度Jrユース練習会のお知らせ】

上手くなりたいと強く思っている選手、将来的に海外でサッカーをしたいと思っている選手のご参加お待ちしております。


【日時】
○2021年1月14日(木) 18:45〜20:45
2021年1月21日(木) 18:45〜20:45
○2021年1月28日(木) 18:45〜20:45
○2021年2月4日(木)   18:45〜20:45
2021年2月18日(木) 18:45〜20:45
○2021年2月25日(木) 18:45〜20:45

【対象】
○2021年度入団を検討中の選手(中学1〜2年生も対象)

【場所】
○和泉市立槙尾中学校
(〒594-1136 大阪府和泉市仏並町198)

クラブの詳細はhttps://cf-encanto.comをご覧ください。



参加希望の選手は下記に①〜③ご連絡ください。

①選手氏名
②現所属チーム
③連絡先

お問い合わせ先
mail:CF_Encanto@outlook.com
tel:090-6235-0184
担当:特定非営利活動法人エンカント C.F.Encanto代表 舟越功浩




本日開催予定のJrユース体験会はグラウンド不良の為、雨天中止となりました。
また来月も開催しますので、宜しくお願い致します。