けいせつ基金 〜空の下でハミング♫〜

けいせつ基金 〜空の下でハミング♫〜

茨城県を犬殺処分ワーストから脱却させるために立ち上げた基金です

けいせつ基金は、雌犬の不妊手術の費用を支援するために作られました。


【平成31年度より犬の助成対象エリアが変わります】

平成31年2月28日までは


①茨城県鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市(鹿行地区)に小美玉市を加えたエリアの
②雑種の
③メス犬


が対象でしたが


平成31年3月1日より


①茨城県鹿嶋市の
②雑種の
③メス犬


と変更になります。

手術は、行きつけの動物病院で受けていただくことができます。

支援金は30,000円で、動物病院さんによりますが、これはほぼ手術費用の全額に近い額です。

{55148B5D-4248-4A7C-BB45-A19A76D8E760:01}


{A173EC6A-162F-4978-A632-A3A4959AB255:01}
猫については

飼い主のいない猫を対象に、不妊去勢手術を安価に提供するため、平成30年11月、「いながき動物病院鹿嶋分院」を開業いたしました。

飼い主のいない猫であれば、オスメスとも6,480円で不妊去勢手術が受けられます。

また、鹿嶋市内の飼い主のいない猫の場合、鹿嶋市の補助金と、けいせつ基金の助成金を併用することにより、手術費用が無料になる仕組みができました。しかも、頭数制限はありません。



けいせつ基金は、全国の支援者の皆さんのご支援金を元に運営しています。

収支報告では、お名前の一部を伏せ、通帳の写真を掲載します。

ご支援いただく立場で、こちらから規制をかけるのもどうかとも思うのですが

ご支援は一律3,000円でお願いいたします。

【ゆうちょ銀行間】
口座番号:10660ー3894701
口座名:けいせつ基金
振込金額は3,000円でお願いいたします。

【他行から】
ゆうちょ銀行
店名:〇六八(読み ゼロロクハチ)
店番:068
預金種目:普通預金
口座番号:0389470
口座名:けいせつ基金
振込金額は3,000円でお願いいたします。


電話 080-5191-9634
メール i-keisetsugakusha@ezweb.ne.jp

けいせつ基金代表 角新一







いつだったかこのブログで、環境省のデータを示し

殺処分数にカウントせずに殺処分するなんて、そんな誤魔化しは、不可能。
収容数を誤魔化さない限り無理。
実際にほら、環境省では3つの区分に分けたものの、その3つの和を「殺処分数」としているではないか!

…との論を展開しました。
そしてそれは、多くの皆さんにも納得していただけた話だったと思います。


環境省のデータにインチキを載せることは不可能。

第一そんなインチキ数学、使い途があるとすれば「公約を守った」と言いたい人がスピーチで悪用するくらいのもんだろうよ…とは思ってました。

だけどそれ、都知事がするんだと思ってたよなぁ、僕は。

茨城県も言うのかよ、これを。
情けない´д` ;



(以下コピペ)

茨城県は26日、2019年度の県内の犬と猫の殺処分頭数がともにゼロだったと発表した。かつて茨城県は犬の殺処分頭数が全国ワースト常連だったが、ボランティア団体への譲渡などの取り組みが進んだのに加え、同年度から集計方法を見直した結果、県総合計画で掲げた「犬猫の殺処分ゼロ」の目標を実現した。


県は19年度に「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」を策定。県動物指導センター(笠間市)に収容後、譲渡に至らなかった犬や猫について、(1)攻撃性や病気などで譲渡が適切でない(2)家庭で飼育できる(3)収容中死亡-に分類。うち(2)のみを殺処分頭数として集計する方針に変更した。


県生活衛生課によると、こうした集計方法に基づいた19年度の殺処分頭数は犬が前年度から18頭減少、猫は前年度に引き続き0頭だった。一方、従来と同じ3分類全ての殺処分頭数の合計は、犬が前年度比91頭減の144頭、猫が同213頭増の424頭だった。


19年度に同センターに収容された犬は同5頭減の1421頭、猫は同177頭減の1338頭。このうちボランティア団体などへの譲渡は、犬が1184頭、猫が940頭だった。


茨城県の犬の殺処分頭数は1990年度の1万8611頭をピークに減少傾向が進んだものの、2005年度から8年連続で全国ワーストを記録。18年度はワースト10位となっていた。


集計見直し後の殺処分頭数について同課は「より実態に近い数になっている」と話した。

茨城新聞社


(ここまで)


本当にこんなインチキは、やめてほしい。


こんなインチキを大声で言わなくたって、茨城県が頑張っていることは充分に説明できるのに。


こんなことしたら、これまでの真面目な努力に、むしろ泥を塗ることになるんじゃないですか。


茨城県はゼロなんかじゃない。

だけど、ゼロに近づけようとする努力は随所に見られる。

それでいいのに。


もし

「そっか!茨城県は1匹も殺さないんだってよ」

って、安易に捨てるような奴が増えたら、どうしてくれるんだよ。


安易に捨てたら

命の保証はありませんからね!

殺されるんですからね!


茨城県はまだまだ、そう言っておかなければならない状況でしょうに。