10/1からいつもののほほんさんと二人で関東に2泊3日で工房訪問&観光をしてきました。

久しぶりの遠出でしたがやはり工房訪問は楽しいです。大満足で昨夜帰ってきました。

病みつきになりますね(笑)

 

1日目は、土浦で工房を構えておられるテックさんと3人で行動。テックさんは皆さんご存知、木工旋盤のプロと言ってもおかしくない、気ままにいろんなことに挑戦されている有名人です。

 

自動車をお持ちのテックさんに運転をしていただき、丸々2日間お世話になり本当に感謝しております。テックさん自身世話好きというところがあるかもしれませんが、それ以上に人柄の良さを感じました。良さというより良すぎます(笑)

 

まずは、筑波でテックさんと待ち合わせ、つくばエキスポセンタ内のプラネタリウムで上映を楽しみました。今夜の星空ということで、光を取り除いた実際の見える星空で星座や銀河等の上映。満点の星を満喫しました。

上記がつくばエキスポセンタ。

敷地内にはH2ロケットの実寸モデルも設置されていました。

 

その後、近くのJAXA筑波宇宙センタに向かい、宇宙に関する展示物を鑑賞。

上は歴代のロケットのモデル

 

上はISS(国際宇宙ステーション)の日本実験棟きぼうの外観。

下が内部ですがそんなに大きくないですね。

壁にはいろんな計器や実験装置が埋め込まれていました。

 

上ははやぶさ2です。

こんな小さなもので、よくあんな遠くまで行ってこれたものです。

 

上記の他にもいろんな展示物あり。

詳細は筑波宇宙センターをご覧ください。

 

次に有名な牛久の大仏を見学。

さすがに高いです。全高120mとのこと。

 

胸の部分に小穴があり、ここまではエレベーターで上がることができ。その小穴から下を見下ろすことができますが、幅が狭いため、全景を見ることができませんでした。残念。

天気の良い日は東京スカイツリーも見ることができるそうです。

 

いよいよ目的のテックさんの工房(亀城(きじょう)工房)です。

3階建ての建屋で1Fが工房と駐車場。以前は駐車場は外に出ていたので、広々としていたとのこと。駐車場分狭くなりましたが、それでも、十分の広さです。

駐車場に改築したときに、大型木工機械は手放し、その後、作れるものは手造りで環境を再構築されています。

 

メインの木工旋盤をはじめ、一通りの木工機械、工具類がそろっています。

特に手造りの、手押しかんな盤にはびっくり。そのほか手造りの鉄鋼用のバンドソー、150mmベルトサンダー、昇降スピンドルサンダー、両軸グラインダー(本体は市販品)があり、凝りの深さを感じました。できるもんですね、感心しっぱなしでした。

 

下が、手押しかんな盤。

前テーブルはしっかり水平に昇降させることができます。

 

下は、鉄鋼用バンドソー

1mm位の鉄板でしょうか、すいすい切れました。

 

下は幅広150mmのベルトサンダー

 

下はウォームギアを使った昇降スピンドルサンダー

 

市販のグラインダーにインバータを追加し、低速運転を可能にしています。

ディスクも手造りで木材ベースのディスクになんて言うんでしょう、緑に見えている研磨剤を塗りつけて、砥いでいます。

 

秀逸はテーブルソーを使ったあられ治具です。巷にもいろいろありますが、これはテンプレートを使ったあられ治具。ですから好みのテンプレートを作ることにより、いかなる幅や配置にできるのが特徴。精度も文句ありません。

 

上記リンクで詳細な説明をされていますので、ご覧ください。実際の詳細な図面も載っています。

 

のほほんさんと二人で質問のしっぱなし。嫌な顔もせず、淡々と説明してくれました。2時間程度の短い工房訪問でしたが、道具や手造り機械の話、作品を例にとっての作り方、ノウハウ等、貴重なお話をさせてもらいました。

テックさんとは翌日の次の二人(2か所)の工房訪問まで付き合っていただき、その間夕食を含めて、3人で広範囲なジャンルで非常に楽しいおしゃべりをさせていただき、本当に感謝しております。

夜は無料で宿泊させて頂き、快い眠りにつくことができました。

 

続く