昨日、私、のほほんさん、chipsnobuさんの3人でYさんの工房へ行ってきました。

(以下画像が多いので重たいかもしれませんがご勘弁を)

帰りは近くの立ち寄り湯に入りのんびりしました。

気持ち良かった。

 

さて、Yさんの工房は、地下にあります。自宅を建てる時に事前に計画し、住宅街の他の家に騒音を出さないように地下を作ったそうです。

下画像が上から見ているところで、地下に降りた右側が工房です

 

以下3枚が全景です。

 

 

 

3相動力で使っている機械が3個あります。

サイクロン、バンドソー、旋盤です。

サイクロンは自作で上の画像でもわかるでしょう。

ブロワは昭和電機製の3相、200V、0.4kWを載せています。

上記3台の他はすべてAC100Vです。

尚、バンドソーと旋盤はオリジナルのAC100Vに戻すことは可能とのこと。

 

バンドソーは14インチ、アンティーク調ですが、まだまだ使えます。

私もRexonをこれに替えて使いたい位です。

駆動はもともと単相100Vだったものを、金属加工もしたいということで、速度を落とすためにご自分で3相モータに変更し且つインバータを追加しています。

また替えブレードも数本あります。

ブレードの幅は最大でも1/2インチだそうです。

 

モータは3相200V, 0.2kWで、インバータ駆動です。

 

下は旋盤。多分多くの方が木工入門機として人気のあったWT-300と思われます。

立派なスクロールチャックが付いています。

これも、速度を変更するために、インバータ化(三相モータ+インバータ)しております。

 

10インチテーブルソー(CRAFTSMAN製)

テーブルの上にクリーナーが乗っていますが、これは関係ありません。

デルタで言うコントラクターズソーです。

マイターゲージも工夫され、横切り用のBOX型のスレッドもありました。

 

コンプレッサ

EARTHMANのAC-250SA 単相100V、吐出量は128L/minです。

25Lはちょっと小さすぎるかな。

 

ラジアルソー(CRAFTSMAN製)

私も初めて見ましたが、日本で言う、スライド丸鋸でしょうね。

400mm位はスライドしそうです。

 

私も気に入ったのが、壁に設置されたスライド棚。

上から二枚目の画像にも奥の壁にグレーの壁掛けが写っていますが、これが小分類され、幅のサイズで手前にスライドする抽斗となっています。(すごく軽く動きますよ)

 

 

中身は個別に以下に紹介。

エアーツール

 

ドリル

 

ルータビット類

 

サンドペーパ類

 

塗装ガン

 

接着関係

 

塗装スプレー

 

ビス類

 

ドリル類

 

ビット、ドライバービット類

 

手のみと鉋

 

ドライバー類

 

丸鋸

 

やすり

 

サンディング

 

オーディオプリメインアンプ

カセットドライブ

他カセットテープいっぱい

 

その他もろもろで紹介しきれません。

 

 

で、肝心のYさんの意向は、

基本無料で構わないが、これから木工を始める方、あるいはすでに木工をされている方々にこれらのものを使っていただきたい。この部屋にあるもの全て引き取ってもらうのがベストと言っておりますが、まずはここで紹介し、これを読んで頂いている皆さんのお近くに最適な人はいないか情報を頂けると助かります。

 

今後の予定は、上記内容で使っていただける人を探し、現れなければ次のステップに移るしかないかな、とも思っております。

次のステップとは個別に処分(販売を含めて)して行く。

それでも残るなら一括廃棄処分になると思いますが、廃棄する前に何とかできればいいのですが。

 

 

以上紹介できない部分もありますし、これは使い物にならないと思おうものをもあるかと思いますが、良い情報を待っておりますので、皆さんよろしくお願いします。