尹式八卦掌伝承~日々是練拳~

尹式八卦掌伝承~日々是練拳~

尹式八卦掌の紹介、練功記。

【指導内容】基本姿勢・走圏・養生転掌・単練・対練・推托掌・帯領掌・炮錘・吸化掌・散手・用法など


まず「基本姿勢・走圏・養生転掌」で自主練の成果を見せてもらいます。

前回の指導から少し間が空いた影響でしょうか。。。
形を作ることで上下のバランスが悪くなり、使えない(力が出ない)姿勢になってしまっていました。

「なぜ形を作ってはいけないのか?」「形を作るとどうなってしまうのか?」
頭と体で理解してもらうため、「対練・吸化掌・散手」などの対人練習を指導することで実戦に近い感覚で理解を促しました。

成果が見えて来たので「套路(推托掌・帯領掌・炮錘)」から数動作抜き出して「用法・身法」を指導。

それらの成果をもとに再び「基本姿勢・走圏・養生転掌」を行い、指導を終えました。

この成果を無駄にしないよう、焦らず欲張らず確実に積み重ねてください。

散手を指導する王尚智師父

【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・養生転掌・推托掌・帯領掌・炮錘・単練・対練・散手・用法など


まずは「基本姿勢・走圏」からスタート。

『尹式八卦掌』の姿勢、要求を守り練功をする。
それはとても大切です。
しかし、なぜそのような姿勢、要求が求められるのでしょうか?
武術である以上、「相手(敵)に影響しないもの、効果のないものは意味がなく「形だけ。踊りだ。」と言われてしまいかねません。」
ですから「それっぽい形、作った形」では意味がなく、「なぜこの姿勢、要求が求められるのか?」をしっかり理解しなければなりません。

それらを理解してもらうため「套路」から数動作抜き出し、用法を指導。
また「散手」を行うことで実際の速さ、タイミング、威力などを体験してもらい、自分の不足してる部分、間違ってる部分など、頭と体で理解を促しました。

「武術の本質とは何か?」をしっかり理解し、バランス良い練功を心がけて下さい。

散手を指導する王尚智師父

【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・養生転掌・単練・対練・吸化掌・炮錘・推托掌・帯領掌・散手・用法など


まずは「套路(炮錘・推托掌・帯領掌)」から指導。

それぞれの「套路」から数動作を抜き出し姿勢、身法、用法などを指導。

「具体的な用法、状況を知る事により、想定が具体的になります。」

当たり前ですが「敵は自分の思い通りに動いてはくれませんし、反撃もして来ます。」
それらを自分勝手な想定で練習(無抵抗な相手を自由に攻撃するなど)を繰り返しても…決して使えるようにはならないのは言うまでもありません。

それから「吸化掌・対練・散手」と指導して行き、「対人練習の中で自分の想定と実戦のズレを具体的に自覚し、自分に足りない部分を具体的に理解してもらいました。」

それらの経験を踏まえた上で「基本姿勢・走圏・転掌」を丁寧に行うことで『尹式八卦掌』全体のレベルアップを図りました。

今日の経験を生かし、自分に厳しく修練を重ねて下さい。

吸化掌を指導する王尚智師父

【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・剣・大刀・擒拿・散手・用法など


体調を崩され予定日より少し空いてしまったため、平日に時間を作って遠方から学習に来られました。


前回、努力の成果が出て「白紙になり、一つずつ着実に積み重ねる」ことが出来るようになりました。


武術経験が豊富で指導者でもある彼が、白紙になるのは本当に大変だったと思います。
しかし、この繊細な時期に間が空いてしまうと…少しの思い違い、感覚のズレにより、本人も気づかぬうちに少しずつ道を外れてしまいます。
それは「早く上達したい。」「実感を得たい。」と言う気持ちが知らず知らずに出てしまい、ついつい今までの豊富な経験を頼って道を外れてしまうのです。
今までの経験の中にないものが『尹式八卦掌』ですから。

ず「基本姿勢」続いて「走圏・転掌」を指導して行きながら具体的に間違いを指摘し、頭と身体で理解を促します。
「『尹式八卦掌』の重心の位置。」
「放鬆と脱力の違い。」
「作った姿勢が何故いけないか?」
「打った感、やった感は力みや緊張である。」
など、時に「散手・擒拿・用法」を織り交ぜ体感してもらいました。

非常に理解力の高い方なので私の指導が府に落ちたようで、正しい動き、姿勢を徐々に取り戻し、更に上達することが出来ました。

今日の経験を忘れず、焦ることなく着実に積み重ねて下さい。

散手を指導する王尚智師父

【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・単練・対練・帯領掌・炮錘・散手・擒拿・用法・練功法など


まず「基本姿勢・単練」を中心に「帯領掌・炮錘」の動作も交えながら共通の原理を指導し、『尹式八卦掌』の根幹の理解を促します。

次に『尹式八卦掌』における重心と姿勢の関係を指導。
そして、それらが実戦でどう生かされているか?」を「散手・擒拿・用法」を交え、更なる理解を促します。

そうした練習を続ける中で少しずつ感覚を掴んで来たようで、動きの質が変わって来ました。
また、体癖(体の癖)との折り合いもついて来たようです。

まだまだ形はいびつですが、「外形を無理矢理整えてしまえば元の木阿弥になります。」
焦らず積み重ねてください。

磕腕掌を指導する王尚智師父

【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・単練・推托掌・帯領掌・炮錘・散手・用法など


前回の指導からかなり空いてしまったので、

「自分の感覚で良い(と思う)動作を基準にして練習してしまう。」

「知らず知らずのうちに自分の力の入りやすい位置に重心を持って行く。」

など、課題が明確に現れていました。


今回は「基本姿勢」から始め「走圏」「単練」を中心に指導。

多くを求めず、課題を明確にし姿勢や動作を修正しながら用法を示すことで、「なぜそうでなけばならないか?」を頭と体で理解してもらいました。
熱心な方なので毎日積み重ねた練習で染み付いてしまった間違った姿勢、重心、動作を修正するのは容易ではありませんでしたが。。。
色んな角度から指導するこてで頭と体で少しずつ理解が進み、指導が終わる頃には『尹式八卦掌』の姿勢、重心、動作とはどういうものかが理解でき、次のステップに上がる準備が整って来ました。

ここで功を焦り欲張るとまた違う方向に行ってしまいます。
欲張らず確実に功を積み重ねてください。

帯領掌を指導する王尚智師父

【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・走刀・吸化掌・単練・対練・散手・用法など


今回は「走刀」からスタート。

今まで徒手では現れなかった八卦大刀の重さの影響から来る姿勢や動作の崩れ、歪み。
また、兵器に重心を取られてしまっていることでの崩れや歪みなど、兵器を持つことで課題が明確に現れていました。

まずはその影響を受けている「基本姿勢・走圏」を徹底的に修正し、再び「走刀」に入りました。
更に「走刀」の用法を指導することで、正しい動作、姿勢に近づいて来ました。

「転掌」も同じく用法を知ることで「走刀」との共通点を理解し、理解が深まったと思います。

目に見えて成果が出て来たので、ラストに「対練・吸化掌」の対人練習をすることで、身法のヒントが掴めたのではないでしょうか。

今回はレベルアップするヒントを沢山掴んだと思います。
この感覚を大切にし、更に積み重ねてください。

走刀を指導する王尚智師父






【指導内容】基本姿勢・走圏・転掌・養生転掌・単練・炮錘・推托掌・帯領掌・文剣・散手・用法など


前回の指導からかなり空いたので心配してましたが、しっかりやるべきことを重ねて来たのが見えたので一安心です。

練功の様子、出てくる質問からも成長を感じます。

今回は「基本姿勢・走圏」を中心に「単練・養生転掌・套路(炮錘・推托掌・帯領掌・文剣)」などを指導。
現在の課題を明確に各動作に取り組んでもらい、理解が及んでない部分は「用法」や「散手」を交え理解を促しました。

本質的なレベルアップにはあと少し。
ずっと指導で指摘していたその部分を今回、明確に理解出来たようです。

盤の充実度、体つきも目に見えて変わって来たので、この調子で頑張ってください。

走圏を指導する王尚智師父