劇団ショーマンシップ公演「生きろ!」ご来場頂きまして本当にありがとうございました。
おかげ様で、沢山のお客様にお越し頂きました。






さらに、
カーテンコールで、初めて、甘棠館の現状を話させて頂いたところ、その場で沢山のご支援を頂き感謝で、心が震えました。

実は、一年ほど前から
甘棠館は存続の危機を迎えていました。
どうにかして、甘棠館を残したい。
僕は、それまで15年住んでいた平尾のマンションを売却して、甘棠館のある唐人町に住んで、甘棠館存続の為に奔走しました。
「奔走」というとカッコ良すぎました。
現実は、「ドン走」という感じでした。

マンションを売ったお金では解決出来ない問題。
次から次に自分の勉強不足から起きる予期せぬ出来事。

歩みは遅く、いつも少し心が曇ったままでした。
だから
本当に申し訳ないけれど、事務所のスタッフ、番組スタッフ、今回の座組み

そして

自分の家族

には、不甲斐ない自分を晒してしまい、迷惑をかけてしまっていた事を認識しています。

しかし、
本当に沢山の皆様に支えて頂き、甘棠館再建、リニューアルの道筋が、今、見えてきました。

先ずは、今回の事業が国の補助事業として、採択されました。

しかし、補助は3分の2
残り3分の1、そして、存続の危機を迎えることになった差し迫った最初の建設費の借り入れの返済など、など。

思い切って、現状をカーテンコールで話させて頂き、ご支援をお願いしたところ、3回の公演とその後で
                ¥699.000

のご支援を頂きました。
本当に、本当にありがとうございます。
これからの勇気を頂戴いたしました。
弱気になっていた自分が、恥ずかしくなりました。
悩む暇などないことをさとりました。

公演後も、支援をしたいと、わざわざ、劇団事務所に支援金を持って来て頂いたお客様。
僕に手渡ししてくれた方々。
銀行の口座を教えて欲しい旨の連絡を頂きお客様。
そして、支援金集めのライブを企画しようと今日連絡をくれたタレント仲間。

本当に、感謝です。


実際には改装の為には自己資金で1200万円が必要で今日も金融機関の方と打ち合わせをしました。
これからの運営を考えると借り入れはあまり残したくありませんが、本当に勇気を頂戴しました。

「ドン走」を続けます。

絶対にいい劇場を作って、もっと、もっと沢山の芝居を作って、もっと多くの方にも利用してもらって、商店街が楽しい場所になることを、劇団の夢が、地域の湯に繋がる事を信じて前に進みます。

これからですが、
7月17日からクラウドファンディングをはじめます。


(また、非公開ですが、ご覧頂けます。)

また、お客様にお手紙で、ご支援、ご協賛のお願いをさせて頂きます。

そして、地域の企業からのサポートのお願いをさせて頂きます。

さらには、資金作りのイベントも行います。

そして

劇場の改装をどうにかして9月には、着工したいと思っています。


本当に、勇気を与えてくださった皆様に感謝です。

どうか、どうか引き続きのご支援をよろしくお願いします。

「甘棠館 金印物語」の幕を一緒にあげて下さいませ?