10日のブログにも書きましたが、沖縄県西表島の南西にある無人島「仲の神島(うがんじま)」に海鳥観察ツアーの予定でしたが強力で大型の台風8号のため中止になりました。

 

そこで海鳥観察ツアー中止記念今まで見た海鳥たちを企画しました。バードウォッチャーでも普段は見ることが少ない海上の地味〜〜な海鳥たちを紹介します。

 

 

今日の海鳥はウミツバメの仲間。全長15〜25cmの小さい鳥ばかりなので揺れる小型船からの撮影は大変でした。波を被りながらの観察です。

 

アシナガウミツバメ 銚子沖のイルカウォッチング船から撮りました。国内で見るのは難しい鳥だとか。揺れまくる船からやっと撮れた一枚です。

 

 

コシジロウミツバメ 岩手県や北海道で繁殖しているようです。この個体は深い霧の中で撮りました。画像を補正してやっとこの程度。腰が白いんですが真ん中に黒い線があるのが特徴です。北海道歯舞沖で撮りました。

 

 

ハイイロウミツバメ 主に冬鳥として北海道の海にやってくるが、本州以南では稀だそうです。岩手沖辺りでも見た事があるんですが、あれは稀だったんですね。名前の通り体は灰色です。一瞬霧が薄くなった時に近くを飛んでくれました。北海道色丹沖で撮影。

 

 

オーストンウミツバメ 比較的大型のウミツバメです。伊豆諸島や硫黄島周辺で繁殖します。東京湾内でも見た事がありますが数を減らしているそうです。背中のV字型の模様がハッキリ見えます。銚子沖でイルカウォッチング船から撮影。

 

 

クロウミツバメ 小笠原周辺で繁殖しているウミツバメです。オーストンウミツバメに似ていますが翼にフラッシュと呼ばれる白い模様があるのが特徴です。小笠原沖でもたくさん撮影しましたが遠いので米粒大。写真は比較的大きく撮れた銚子沖です。

 

 

こんな小さな鳥を大海原で探す旅に何度出たことか…ホントにマニアックな趣味です。(;^_^A

10日のブログにも書きましたが、沖縄県西表島の南西にある無人島「仲の神島(うがんじま)」に海鳥観察ツアーの予定でしたが強力で大型の台風8号のため中止になりました。

 

そこで海鳥観察ツアー中止記念今まで見た海鳥たちを企画しました。バードウォッチャーでも普段は見ることが少ない海上の地味〜〜な海鳥たちを紹介します。

 

 

今日の海鳥はグンカンドリ。愛知県のタカの渡りで有名な岬で撮りました。専門家に見てもらってコグンカンドリと同定してもらいました。

 

 

コグンカンドリを撮影してから10日後に三重県の離島の神島オオグンカンドリを撮影できました。やはり専門家に同定してもらいました。

 

 

三重県の神島(かみしま)と沖縄県の仲の神島(うがんじま)、読みは違いますが漢字は同じです。何か因縁めいています。

 

10日のブログにも書きましたが、沖縄県西表島の南西にある無人島「仲の神島(うがんじま)」に海鳥観察ツアーの予定でしたが強力で大型の台風8号のため中止になりました。普段は人が近づけない無人島が海鳥たちの楽園になっている島なので楽しみにしていたんですがお天気には勝てません。

 

 

そこで海鳥観察ツアー中止記念今まで見た海鳥たちを企画しました。バードウォッチャーでも普段は見ることが少ない海上の地味〜〜な海鳥たちを紹介します。

 

 

エトピリカ。アイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirka)」という意味です。船で見つけても逃げていくのでいつも後姿を撮る羽目に…。北方領土クルーズで撮りました。

 

 

エトピリカと並んできれいなくちばしのツノメドリ、しかし国内で美しい夏羽を見ることは難しいです。知床ネイチャークルーズで見た時も地味な冬羽でした。

 

 

Wikipediaの写真で見ると夏羽はこんな感じ。目の周りの模様が角みたいに見えるのでツノメドリ

 

 

ウトウ。フェリーから見るときは遠いけれど、北海道の天売島では繁殖期にたくさんのウトウが見られます。ズームレンズを縮めて後ずさりして撮りました。

 

 

ボクは船酔いには強い方だと思っていて色んな航路やクルーズに乗船していましたが、昨年そんなに荒れていない八丈島航路でひどい船酔いを経験しました。体調が良くなかったのですね。それからは欠かさず船酔いの薬を飲んでいます。

 

10日のブログにも書きましたが、沖縄県西表島の南西にある無人島「仲の神島(うがんじま)」に海鳥観察ツアーの予定でしたが強力で大型の台風8号のため中止になりました。

 

そこで海鳥観察ツアー中止記念今まで見た海鳥たちを企画しました。バードウォッチャーでも普段は見ることが少ない海上の地味〜〜な海鳥たちを紹介します。

 

 

今日の海鳥はウミスズメの仲間。

小魚を追って港に入ってきた小さな群れを見ました。家族でしょうか仲間を呼ぶため可愛い声でよく鳴いていました。神奈川県の港で撮ったウミスズメ可愛すぎます。

 

 

日本固有種のカンムリウミスズメ。この鳥はいつも遠くでしか見られません。何度か漁船をチャーターして撮影を試みたのですが海が荒れて中止になりました。この写真は北方領土クルーズで撮りました。

 

 

コウミスズメ。全長12〜15cm名前のようにとても小さな海鳥です。白い虹彩が可愛らしいです。確か落石ネイチャークルーズで撮ったと記憶しています。

 

 

エトロフウミスズメ。いつもフェリーから遠くを一直線に飛ぶ群れを見るのですが漁船に乗って撮るとこんなに近くで。数百もいた群れで、落石クルーズのバードガイドが「こんな群れは珍しい」と歓喜の声をあげてました。漁船が揺れてピンボケ写真大量生産!

 

 

こんな地味な鳥を求めて日本各地の航路やクルーズに乗っているんです。

明日もウミスズメ科の鳥です。

 

10日のブログにも書きましたが、沖縄県西表島の南西にある無人島「仲の神島(うがんじま)」に海鳥観察ツアーの予定でしたが強力で大型の台風8号のため中止になりました。

 

そこで海鳥観察ツアー中止記念今まで見た海鳥たちを企画しました。バードウォッチャーでも普段は見ることが少ない海上の地味〜〜な海鳥たちを紹介します。

 

 

今日の海鳥はカラスハトの名前のもの。トップバッターはウミガラス。別名オロロン鳥、鳴き声からつけられたそうだけどそのように鳴いたのは聞いた事がない。落石クルーズで撮影。目のところから垂れ下がった線が見える非繁殖羽なのでよく似ているハシブトウミガラスと間違えることはない。

 

 

ハシブトウミガラス。繁殖羽はウミガラスと識別が難しい。上下のくちばしの間に白い線が見えるのがハシブトウミガラス

 

 

ウミバト。体の黒い亜種のウミバトは落石クルーズで見たけど、このように白っぽいウミバトに出会えたのは「北方領土を間近に望む本土最東端パノラマ・クルーズ」という長ったらしい名前のクルーズで。

 

 

ケイマフリ。アイヌ語のケマフレ(足が赤い)から付けられた名前。本当に真っ赤な足をしている。白いアイリングがチャーミング。北海道の天売島付近の海上で撮影。

 

 

今日の海鳥はウミスズメ科の鳥たちでした。明日はそのウミスズメの仲間です。