取手福祉サービスのブログ

取手福祉サービスのブログ

福祉用具レンタル・販売、福祉工事の取手福祉サービスです。

合理的配慮の提供を支援する助成金を利用して取手市内の事業所様の階段へ手すりの設置をさせていただきました。

 

この助成金は、障害のある人への差別をなくし障害のある人もない人も、ともに暮らしやすいまちづくりを進めるため、合理的配慮を提供するために係る費用が助成されます。

 

平成28年4月に障害者差別解消法が施行され、不当な差別的取扱いの禁止、合理的配慮の提供が法的義務として課されました。

 

合理的配慮への積極的な取組みは、障害者差別の解消だけではなく、施設等の利便性やサービスの質を高めることにもつながります。

 

この助成制度は、民間事業者や地域の団体が障害のある人に必要な合理的配慮を提供するために係る費用を助成し、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めるため、合理的配慮の提供を支援するものです。

 

【助成対象者】
・取手市内に事務所又は事業所等を有する商業者などの民間の事業者
・自治会などの地域の団体
・市内で活動するボランティアグループなどの市民活動団体

 

【助成の対象となるもの】
●コミュニケーションツールの作成費(助成限度額 10,000円)
コミュニケーションボード・点字メニュー・音声コードを用いたチラシ等の作成

●物品購入費(助成限度額 50,000円)
筆談ボード・折りたたみ式スロープ・拡大読書器

●工事施工費(助成限度額 100,000円)
階段等の手すりの設置・段差の解消など

 

上記以外にも対象となる項目がありますので、詳しくは取手市障害福祉課もしくは弊社へお問合せください。

 

DIYを「週末レジャーや余暇の一つ」として積極的に取り入れることによって、 いつまでも人間らしい生活や自分らしい生活を送ることができます。

 

作業の内容によっては、マンパワーを頼らざるを得ない事や、専門業者(プロ)に依頼せざるを得ない事も・・・。  

 

そんな時は、取手福祉サービスの暮らしのお困り事解消サービスをご利用ください(^^)v