【寅壱公式オンラインショップ店長日記】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

特注好きによる特注のようで特注で無い逸品の御紹介~4441-407乗馬ズボン

皆さんご無沙汰しております。寅壱公式オンラインショップ店長ですニコニコ

 

前回ブログを書いたのが6月。そこから商品撮影・加工・新商品入荷など、このブログ更新が出来なかった『言い訳』はいくらでも思いつきますが、まずは大変失礼いたしました汗汗

 

さて、早いもので季節は変わりもう秋もみじ寅壱の2019-2020新商品も次々と入荷しております。新しく発行されたカタログで新商品のチェックをしてくださっている寅壱ファンの方も多いと思いますニコ

 

そんな中、実はカタログにも載っていないこんな商品が発売されているのですウインクジャン!!

 

4441-407乗馬ズボン

 

 

 

寅壱の乗馬ズボンと言えば、コン・グレーぐらいしかなかったのですが、なんと綿100%のロングセラー4441シリーズから迷彩柄が登場!!

現在入荷している迷彩はこの画像の6.メイサイ(グリーン)のみですが、近日中に67.メイサイ(グレー)も入荷予定クラッカークラッカーもちろん、コン・シルバー等の無地タイプもございますので4色展開ながらもコーディネートの選択肢は多いのではないでしょうか音譜

 

4441の乗馬ズボンはこれまでも何度か特注生産としてのお問い合わせを頂きました。しかし、綿製品の特注は洗い加工のコストがかさみかなり高価になってしまいますショックその為、断念されるお客様が多かったのが実情でございます。

 

しかし、しかし今回は限定生産とは言え4441シリーズの他のアイテムと比べても比較的お求めやすいのではないでしょうか目

 

迷彩シリーズの素晴らしいところはサッと置き撮りをしただけでもこの風格が出るところ。その為、特に告知をせずとも既に御注文を頂いております合格合格特に特注生産をお考えいただきながら涙を呑む事となってしまったお客様、お早目にチェックしていただけると嬉しいですニコ

 

4441-407乗馬ズボン⇒ https://www.toraichi-shop.com/products/detail/1521

 

久しぶりのブログ更新でしたが、これが今年最後の更新とならないよう頑張りますねひらめき電球

それでは今日はこのあたりで。失礼いたします!!

寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ第2弾~着丈も歴史も長さが貫録を醸し出す~2530ロングコートの巻

みなさんこんにちわニコ寅壱公式オンラインショップ店長ですビックリマーク

 

今日6月6日は実は私の寅壱入社記念日クラッカークラッカークラッカー

 

早いもので私が寅壱に入社したのが18年前の6月6日。作業服の事など何も知らなかった私がこうして皆様にあれこれと情報を発しているのをふと不思議に思う今日この頃でございますニコ

 

私が入社するよりはるかに前から寅壱製品を御愛用し続けて下さっている方も多くいらっしゃるのに、大変失礼とは思いながらも始めたのが『寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ』ウインク第1弾を思いついた時には『これは人気シリーズになるかも!?と自己評価が高かったも関わらず、3ヶ月もの間第2弾を出せずダウンダウンダウン

 

なんとか一念発起して(大袈裟)お送りする第2弾で私がスポットを当てるのはこちら2530ロングコートビックリマーク

 

実際に販売されていた期間はかなり短く、その存在を御存知の方も少ないはず。しかしながら今でも『2530ロングコート探してるんですけど……』の声を時々いただく知る人ぞ知るアイテムでございます。

 

この画像からもお分かりいただける通り、特徴はなんといってもその着丈。Lサイズで120㎝と2530ハーフコートより35㎝ぐらい長いという、盤石の防寒着でございます。当時の生産状況を探ると、

 

(1)パイロットジャンパーの様な裏ボアタイプ

(2)ハーフコートの様な裏キルトタイプ

 

の2種類があった事がわかりました。ただ、もう10年以上前に両方とも廃番となっており、(1)の裏ボアタイプは特注でも再販する事が出来ませんえーんしかし!! (2)の裏キルトタイプは今でも特注生産が可能です。カラーは2530パイロットジャンパーの定番色であれば全てお選びいただけます合格

 

裏地に制約がある事や、価格的にもお安くは無い事。そして冬にお問い合わせを頂いても仕上がりが春になってしまう事…

条件が重ならず、中々生産には至らなかったこのロングコートでしたが、寅壱公式オンラインショップでついに特注生産第1号が出来上がりました音譜

 

 

せっかくの特注品を御注文頂いたお客様より先に私が広げてしまうのも大変失礼なお話なので袋の外からの写真にはなりますが御覧の通り裏地は水色キルトです。

 

ちなみに、納期が4~5ヵ月なので今御相談頂くと大体今年の冬の初めぐらいにはお届けできる見込みですひらめき電球

 

寅壱ロングコートに興味があって、でも毎年タイミングが合わなくて、でも今年はたまたまこのブログを目にしてしまった……目

 

そんな貴方はもしかすると運命かもしれないのでどうぞ御検討頂き、詳しいことはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませニコニコ

 

2530-161ロングコート(裏キルト) はこちら

 

それでは今日はこのあたりでニコニコ失礼いたします!!

 

寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ第1弾~超と超超の間にスーパーロング八分の巻

みなさんこんにちわニコ寅壱公式オンラインショップ店長ですビックリマーク

 

世の中のSNSはブログからFacebookからInstagramへ。文章中心から画像中心へとシフトし、長い文章を書く事がだんだん少なくなっております。その流れに乗っている訳ではありませんが実に久しぶりのブログ更新となってしまいました汗

 

久しぶりにブログを書くきっかけを考え、一つ思いついたのが『寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ』ひらめき電球

ある商品にスポットをあて、深く調べるというより私の主観で解析するという汗それ故『それは違う!!』という寅壱ファンからのご指摘も大歓迎のシリーズです。

 

その記念すべき第一弾で紹介するのはこちら。既に廃番アイテムではありますが

2530-417スーパーロング八分

『スーパーロング八分』という耳慣れない名前のこの商品。『あったあった!!』と喜んでくださるのはかなりの寅壱通でしょうニコ

 

位置づけは『超ロング八分』と『超超ロング八分』の中間ぐらい。

 

超ロング八分と超超ロング八分の股下は18cm違いますが、その真ん中あたりに位置しているのがおわかり頂けると思います。

 

この絶妙な股下の2530-417スーパーロング八分は残念ながら廃番アイテムの為レギュラー生産は行っておりません。

でも寅壱公式オンラインショップでは特注生産が可能でないかと、付属品等の存在も確認済み合格

 

『スーパーロング八分探してた!!』『超超ロング八分は好きだけど股下がちょっとだけ長くて・・・あせる』という皆様からの御相談をお待ちしておりますニコ

 

あくまでも私の推測ですが、おそらくこのスーパーロング八分は超ロング八分や超超ロング八分より後に開発されたのではないでしょうか。『超ロング』があり『超超ロング』があり、その間の商品を作る事となり、名称を熟考され、漢字で表しにくいと判断して『スーパーロング』の名称が産まれたのではなかろうかと目

 

そこをあえて漢字で表すとどうなるのか!?

 

『超』と『超超』の間……『超』が1.5個……『超』が一つと半分……

 

私が出した答えは『超走ロング八分』ビックリマーク絶対不採用ですねあせる

 

それはさておき、この2530-417スーパーロング八分は特注での生産は可能。興味がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。お値段や納期をお知らせいたしますビックリマーク

 

2530-417スーパーロング八分はこちら

 

それでは今日はこのあたりで。失礼いたします!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>