とらひこの楽しみながらTOEIC990点挑戦記

とらひこの楽しみながらTOEIC990点挑戦記

TOEIC LR公開テスト990点達成!! これからも990点目指して継続して受験します。通訳案内士と英検1級にも無事合格。NHK 実践ビジネス英語聴いてます。
今年もいろいろな事に挑戦していきます。

今日で9月も終わり。コロナ禍でいつもと違う日常を過ごしているうちに、今年も残り3か月になりますね。

そして、今度の日曜日は9か月ぶりにTOEIC LR公開テストを受験します。

 

さて、朝活で使用している韓国のPart5/6問題集の「Orange920」のTest3のPart6に気になる問題がありましたので紹介します。

Tes3 #141 You must wear tags with your company name at all (     ).

(これまでもそうですが、問題文は変更しております。)

a) time

b) times

c) timing

d) timed

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

 

問題文を読むと「"いつも”身に着ける必要がある。」と言った意味になると容易に推測できますから、(c) timing, (b) timedは直ぐに消去できますね。そこで、(c)timeと(d)timesの2択に絞ることが出来ます。さて、どちらが正解でしょうか? 

正解は(d)timesです。timesが複数形になるのは、「毎回、全ての回で=いつでも」が背景としてあるからだと思いますが、いかがでしょうか? ネットで調べると、このブログ記事で同じような説明がありました。類似の表現にall the timeがありますが、このブログによると、at all timesの方がより厳格な表現のようです。ただ、Weblioで調べると、at all timeで「いつもの、常に」の意味があると書かれています。果して、at all timeは正式な表現でしょうか? 私の持っている電子辞書では、at all timesは直ぐに出てきますが、at all timeは検索ではかかりません。

どなたか、この点について教えて頂けますでしょうか?

 

以前、このブログ記事で記載しましたが、昨日はTOEIC Listening & Reading Testをオンラインでトライアル的に受験する事が出来ました。

ただ、通常の公開テストと同様に、問題の詳細については記載できませんのご容赦願います。

通常の公開テストと同様の2時間版のものと、オンラインでのみ可能なCATの仕組みを適応した1時間版の2つを受験しました。IIBCからの案内通り、受験開始から終了まで、オンラインを通じて試験官が受験の様子をモニターしていました。午前と午後の部があり、かつ、一度に監督できる人数には限りがあるため、だいたい130人前後を一つのグループとしていた様です。自分のモニターからも受験者全員の様子を一時的に見ることができます。逆に、自分も見られていることになります。それ故、Zoomでのビデオ画面に本名を使って参加されている方は個人情報として名前と顔が受験者にわかってしまいますので、この点は注意が必要です。これに関しては、今後改善される事でしょう。

 

最初に1時間版から受験しましたが、私のPCの不備でイヤフォンジャック経由のスピーカーからナレーションの声が聴こえず、リスニングで最初の8問程度解答できませんでした。慌ててHeadsetをUSB経由でセットして事なきを得ましたが、これが本番のオンラインテストだったらと思うとぞっとしました。リスニングはやや易でしたが、リーディングは時間との戦いであまり余裕はありませんでした。

2時間版のリスニングは公開テストと同様のレベルですが、Part3,4の問題、選択肢の語数が公開テストより少ないように感じました。オンラインでは先読み時間がほとんどないため、この語数が少ない事で一瞬で内容が把握でき助かりました。また、リーディングのPart7も公開テストより問題文の量が少ないように感じました。その結果、全部解き終えても10分以上時間が余りました。twitterを見ると、同じような感想を持つ方が多かったようですから、1ミスが致命傷になる可能性が高いですね。今回のモニター結果をIIBCでは今後の問題作成に活用する事でしょうから、もしオンラインテストが公開テストとして今後正式に行われる時には、今回受検した問題とは大分異なるかもしれませんね。

さて、10月8日に成績がメールで送られてくるようですので、果たして結果は如何に??? とても楽しみです。

 

来週の日曜日に、9か月ぶりにTOEIC LR公開テストを受験しますので、昨日のテスト受験は肩慣らしとして良い経験になりました。

公開テストまでの1週間で特別な事はせず、いつも通り朝活でPart5/6を1set解くのみです。

 

公開テスト受験予定の皆さんは、順調に調整が進んでいますか?

 

 

 

先日(9月9日)に会社でTOEIC IP TESTを受験しました。

リスニングPart1がいつもと異なり自分には難しく感じ、6問中2問が根拠を明確にして正解を選ぶことができませんでした。

それゆえ、Part2以降はこれ以上のミスは許されず、緊張しながら解きました。

リーディングは2分弱時間を余らせて解き終えましたが、Part7の問題で最後の最後まで迷い、結局時間ぎりぎりで塗り替えてしまいました。

さて、これが吉となるか??

 

結果は、

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

じゃ~ん、


 

しまった、やはりリーディングの最後で塗り替えた1問がやはり致命傷になったか? ノω・、) ウゥ・・・

一方で、リスニングは何とか495点を死守できました。d=(^o^)=b

 

次回のTOEIC公開テストは、10月4日。当面は抽選受験になり、その次にいつ受験できるかわからないから、準備をしっかりして受験しよう!!

今日は4連休の最後の1日ですね。私は、午後から東京に戻ります。 昨日も西日本は快晴で、私は山口県岩国にある錦帯橋に十数年ぶりに行ってきました。連休中で、多くの観光客で賑わっていました。

 

さて、朝活で使用している韓国のPart5/6問題集の「Orange920」のTest3のPart5に気になる問題がありましたので紹介します。

Tes3 #104 Your oeder (     ) has not arrived.

(これまでもそうですが、問題文は変更しております。)

a) already

b) nealy

c) yet

d) still

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

 

問題文を読むと「注文品は”まだ”届いていない。」と言った意味になると容易に推測できますから、(a) already, (b) nearlyは直ぐに消去できますね。そこで、(c)yetと(d)stillの2択に絞ることが出来ます。さて、どちらが正解でしょうか? 

(c) yetは現在完了形ととても相性が良いのですが、(  )の位置に入れると、(yet) has not arrivedとなり位置的に違和感を感じます。一方で (d) stillは still has not arrivedと非常に自然な感じになります。感覚的な根拠では説得力はありませんよね。実際に「未だに~ない。」の意味でのsyetとstillの語法をチェックすると、やはり、not~yet, still~notの形で使われるようです。また、still, yetには互換の違いもあるようです。従って、正解は、(d) stillです。 このネット記事で上記に関してわかりやすく説明されています。

皆さん、どうでしたか? 直ぐに、yetとstillの語法の違いがわかりましたでしょうか? 

 

それでは、4連休最後の一日をお互いに楽しみましょう!




連休の3日目の始まりです。 昨日、私は山口県の秋芳洞、萩と名所を巡ってコロナ禍のリフレッシュしてきました。

さすがにこれまでの巣ごもりも限界に達していたのか、行楽地はどこも賑やかでした。

 

さて、朝活で使用している韓国のPart5/6問題集の「Orange920」のTest2のPart5に気になる問題がありましたので紹介します。

Tes2 #121 Mr.A is busy working on the third (      ) of the series.

(これまでもそうですが、問題文は変更しております。)

a) install

b) installer

c) installment

d) installation

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

 

前置詞+(    ) +of の形ですから、(    )には名詞の役割をするものがはいります。これより動詞の原形の(a)が消去されます。

文脈から「シリーズの三作目」を意味する単語が入ります。(b) installerはコンピューター用語でsoftwareを導入するときに走るプログラムのことですから、ここでは不適です。そこで、(c)installmentと(d)installationの2択に絞ることが出来ます。さて、どちらが正解でしょうか? 

(d) installationは機材や装置を「設置」と言う意味ですから消去できます。正解は、(c) installmentです。私がTOEIC以外でこの単語と遭遇した時には、ほぼ「(ローンなどの)分割払い(の一回分)」でした。TOEICの勉強を始めて、よくPart7にこの単語と出会い、その時の意味が「連載物の1回分、一冊」です。まさに、今回の問題の空欄にぴったりと入る単語ですね。(c)installmentと(d)installationは似て非なる単語ですから、しっかりと覚えておきましょうね。

ちなみに、TOEIC Part7では、単語「sequel」にもよく遭遇します。ネットで調べると、以下のように記載されています。

sequel= Something that follows as a continuation, especially a literary, dramatic, or cinematic work whose narrative continues that of a preexisting work

そうです、「続編」という意味になります。これも合わせて覚えておきましょうね。

 

皆さん、今日も問題はいかがでしたか?




今日から4連休です。 皆さん、どのようにお過ごしになりますか?

瀬戸内は快晴! 私は、明日、明後日と、山口県の名所を巡る予定です。

 

さて、朝活で使用していた問題集「EZ-II」はすべて解き終えたので、再度韓国のPart5/6問題集の「Orange920」を今は解いています。その問題集のTest1のPart5に気になる問題がありましたので紹介します。

Tes1 #123 They are still waiting for (     ) of application forms.

(これまでもそうですが、問題文は変更しております。)

a) to receive

b) recipient

c) receiving

d) reception

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

前置詞+(    ) +of の形ですから、(    )には名詞の役割をするものがはいります。for の後に不定詞は入らないので(a)が消去されます。

文脈(of application forms) から人を表すrecipient 「受取人、受領者」は適さないので、これも消去できます。そこで、(c)receivingと(d)receptionの2択に絞ることが出来ます。さて、どちらが正解でしょうか? 意味的にはどちらも「受取り」ですから、これだけで正解を選ぶことはできません。そこで、文法的にどうか検討します。他動詞が動名詞になる場合には目的語をとることができます。(C)receivingはその後に続く of は必要ないため、不正解となります。従って、正解は(d) receptionとなります。これまで、自分は時々英語の文章を書くときに他動詞の動名詞に後に目的語をつけるときにofを使うことがありました。でも、これは文法的には正しくなかったですね。。。非常に基本的なことですが、この問題を解いて学ぶことができました。

 

皆さん、今日の問題は如何でしたか? 

瞬殺出来た方、素晴らしいです。 間違ったとしても落ち込むことは全然ないですよ。実は、私もこの問題では2択で悩みました。receivingが間違いである根拠が曖昧だったからです。(^^;)

 

では、今日から四連休を楽しみましょう!

 

この時間は、1月以来のTOEIC公開テストの只中ですね。ちょうど、リスニングテストが終わり、Part5,6を終えてまさにPart7を一生懸命解いている時間です。受検されている皆さん、がんばれ~!!

 

思い返せば、自分が出張等で都合がつかずに受験できなかった時を除くと、何の予定もなく公開テストを受けないのは2012年10月にTOEIC受験を始めてから初めてです。

この記事で書いていますが、今回はいろいろあって自分の意志で受験申し込みを断念しましたから、さばさばしています。

ただ、10月4日の公開テストは9か月ぶりに受験予定です。

このコロナ禍で、当面、TOEICは抽選で次はいつ受験できるか分かりませんので、10月4日に向けて、しっかりと勉強して準備しています。

 

さて、朝活で解いていた問題集「EZ-II」のTest25のPart5に気になる問題がありましたので紹介します。

Test25#122 This article (    ) excellent advice to cope with stresses and strains of the workplace.  

(これまでもそうですが、問題文は変更しております。)

a) lends

b) grants

c) speaks

d) offers

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

問題文の文脈から、(    )には「提供する、与える」を意味する動詞が入ることがわかります。そのような動詞を選択肢から選ぼうとすると、(b)grantsと(d)offersの2択に絞ることが出来ます。さて、どちらが正解でしょうか? キーポイントはそれぞれの単語のもともとの意味ですね。

(b)grantをOxford英英辞書で引くと、

grant= agree to give or allow (something registered) for,  give ( a right, power, property, etc) formally or legally to

と、公式に、或いは法律的に「授ける、許容する」と言った意味になりますから、この問題文の文意にそぐわないですね。

従って、(d) offer 「提供する、提示する」が正解となります。

ちなみに、grantもofferも二重目的語をとり、SVOOの構文を作りますので、これも覚えておいたほうが良いですね。

皆さんは、何の迷いもなく、(d)offerを直ぐに選ぶことが出来ましたでしょうか?

 

ご存じの通り、コロナ禍で試験会場を十分に準備する事が出来ず、10月よりTOEIC LR公開テストは、抽選申し込み形式となりました。

実は私、10月25日午前開催の第254回TOEIC LR公開テストに申し込んだことを以前ブログ記事に書きました。

その抽選結果の発表が昨日の15時にありました。

 

果して結果は、

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

ガーン、

 

 

残念ながら、・・・・ 落選でした。

バウチャーを持っている方の優先申し込みが事前にありましたので、おそらく残席がかなり少なくなった東京地区での抽選では競争率が高かったんじゃないでしょうか?

以前は当たり前のように、毎回公開テストに申し込み、受験し、その後TOEIC仲間と打ち上げでお酒を飲んで非常に楽しい時間を過ごしておりました。

しかし、これは、当たり前の事ではなかったんですね。

コロナ禍になって、世の中が一変しました。そして、TOEICの世界も大きく影響を受けています。

この状態は当面続くでしょう。

10月4日のTOEIC LR公開テストは、幸いにもバウチャーを持っていたため優先申込できました。 その後の公開テストはいつ受験できるかわかりませんので、この日の受験を思い切り楽しみたいと思います。

 

皆さんは如何でしたでしょうか?

 

 

昨日は、101さん主催のオンライン模試会に参加して、「韓国既出問題集2 Test10」を解きました。

8月9日に「韓国既出問題集2 Test4」を解いてから、この1か月で東京に移動でお休みした8/22を除き、昨日までに模試を6セット解いた事になります。1か月で6模試は、自分のこれまでのTOEIC勉強していた中でもしかしたら新記録かもしれません。ただ、以前に1日で5模試のモニターを受けたことがあるので、それに比べたら負荷はかなり低いですけどね。

 

さて、昨日の模試会で解いた「韓国既出問題集2 Test10」のPart6に気になる問題がありましたので紹介します。

Part6. A Airlines has started installing self-check-in kiosks where passanger can scan their identification, print their own boarding pass, and tag their own luggage to be loaded onto the aircraft. These new (    ) are already in place at three airports.

a) positions

b) materials

c) regulations

d) devices

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

問題文の文脈から (    )の中には、self-check-in kiosksを表す語彙が入る事がわかります。ただ、私のこれまでの知識からですと、よく電車のホーム売店KIOSKのように、

kiosk= a small shop/store, open at the fron, where newspapers, drinks, etc. are sold. (オックスフォードビジネス英語辞典)

と言うイメージが強かったので、self-check-in kioskの説明が問題文に確かにありましたが、混乱してしまいました。

選択肢を消去法で、(d)devicesを正解として選ぶことがかろうじて出来そうですが、固定概念が邪魔して自信をもって選ぶのは難しいですよね。

いろいろな英英辞典を見てみると、オックスフォードビジネス英語辞典にこれに相当する意味が載っています。

kiosk= a small machine consisting of a computer and screen, that is fixed in a paticular place and that members of the public can use, for example to get information about something.

Passengers can check in using the self-service kiosks.

 

皆さんは如何でしたでしょうか?

この問題は、実際に韓国TOEIC LR公開テストに出題されたものです。問題文をじっくりと読めば確かに正解の選択肢を選ぶことは出来ますが、固定観念を持つ我々を混乱させる問題ですね・・・・。

コロナ渦と暑い夏が続いていましたが、9月に入り、今日は東京の最高気温が久しぶりに30度を切りましたね。これまでに比べ、比較的過ごしやすかったのではないでしょうか? ただ、明日からは、また30度を超える暑い日々が続く予報になっていますね。

 

さて、朝活で解いている問題集「EZ-II」のTest21のPart5に気になる問題がありましたので紹介します。

Test21#123 When Mr.A requested the  tickets for next week's performance, he learned that there were (     ) left. 

(これまでもそうですが、問題文は変更しております。)

a) any

b) anything

c) nothing

d) none

 

 

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

問題文の文脈から、(    )には「なにもない」を意味する代名詞が入ることがわかります。そのような代名詞を選択肢から選ぼうとすると、(c)nothingと(d)noneの2択に絞ることが出来ます。さて、どちらが正解でしょうか? キーポイントは主文の動詞wereです。これより、複数形扱いとなる代名詞が正解となります。でも、(c)、(d)のどっちが複数形をとるのでしょうか? 実は、以前にも類似の問題を取り扱っています。忘れちゃった方は、この記事見て下さいね。正解は、(d) noneです。一方で (c)nothingは単数扱いなのです。ややっこしいですね。でも、類似の問題は公開テストで出題される可能性が高いですから、ひたすら覚えるしかないです。

 

皆さん、今日の問題は如何でしたか? 瞬殺出来ました? 間違ったとしても落ち込むことは全然ないですよ。何度も何度も類似の問題に遭遇して、語法を繰り返し覚え直せばいいのですよ。かく言う私も、しばらく問題を解いていないと、すぐに忘れちゃいます。(^^;)