とらひこの楽しみながらTOEIC990点挑戦記

とらひこの楽しみながらTOEIC990点挑戦記

2017年1月の公開テストでも990点達成!! これからも、引き続き990点目指して挑戦し続けます。また、これまでに通訳案内士と英検1級にも無事合格。
今年もいろいろな事に挑戦していきます。おっさんなのに・・・。

NEW !
テーマ:

昨夜から、ミュンヘンに移動しています。

同僚のアメリカ人2人とビアガーデンに行きましたが、彼らは日本人の私に容赦なくマシンガン英語を炸裂。

Nativeが2人揃うと、しかも仕事でなくプライベートの話題でかつビールを飲んでいるので、途方もなく早口になります。

最初は笑っちゃうぐらい置いてきぼりをくう感じですが、ビールの酔いも手伝い、一生懸命聴くことをやめる、更にある程度時間が経つと慣れが出てきて、無意識に結構理解できるようになって来ます。これ、本当に不思議です。

おそらく、しゃべっている時の癖が少しずつ分かりだし、相手の声の調子に慣れてくるからだと勝手に思っています。

でも、これが大事だと思います。いろいろな人の英語を聴きその引き出しを増やすことで、やがては初めて会う人の英語が何の障害もなく理解出来る様になるのでしょうか?

 

さて、話変わり、今日は9年ぶりにミュンヘンのOktoberfestに行ってきました。

いや~、熱気が凄かった。さずが、ビールの国です。




テーマ:

一昨日、ドイツに出張で来ました。

快晴でこの時期にしては、昼間、気温がいつも以上に上昇していますが、湿度が低いのでかなり快適に過ごせました。

さすがに、夜は少し冷えます。

 

海外出張に来るともはや恒例になってしまっていますが、英語で打ち合わせしている時の瞬発力の無さを痛感します。

前回の記事で、「実践ビジネス英語」のテキストを使って音読を始めたと書きました。

ただ再開して間もないため、まだその効果が出るところまでに至っていません。

やはり、日々、input/outputをしっかり行い、自分の話したい内容が瞬間的に英語で出るようになりたいですよね。

「継続は力なり」を信じて、、「実践ビジネス英語」を使って音読やシャドーイング、オーバーラッピングをやっていこうと思います。

 

今日は、ドイツとオーストラリアの国境の町に宿泊します。

その写真を載せておきますね。




 


テーマ:

今からかなり前、2000年頃、NHKラジオ講座「やさしいビジネス英語」のテキストを使って音読していたことは、以前のブログ記事で何度か触れたことがあります。当時、2,3年間、音読を続けていました。

その後、ドイツ駐在となり、音読の習慣はなくなりました。日本へ帰国してしばらくしてから、TOEICで990点を目指すようになり、音読を再開することはなかったです。

しばらく前から、もっと新しい英語の表現を覚えたり、スピーキングの向上の必要性を痛感して、このブログでも何度か「音読を始める」宣言をしていましたが、なかなか腰が重かったです。

今月に入り、少しづつ「実践ビジネス英語」のテキストを使って音読を再開しています。

方法は以前と変わりません。

先ず、通勤で耳からラジオ講座を聴きます。

それから、テキストを読んで、ビニュエット(本文)の内容や語句の意味を理解します。

その後は、耳で聴く事と音読を繰り返したり、シャドーイングやオーバーラッピングをしたりします。

このテキストで出会う英語の表現や単語は、TOEICで良く出題されるものから、英検のPass単に載っているものまで、いろいろカバーしていますので、自分にとっては最適です。

果たしていつまで続けることが出来るかわかりませんが、焦らず地道にやっていこうと思います。ふっふっ(ΦωΦ)

 

ところで、今日は自転車で小石川後楽園に行ってきましたので、その時の写真を載せますね。

まだ気温は高いけど、秋の気配を見つけました。




テーマ:

TOEICの模試や問題集を解いていると、時々遭遇する単語として「credit」があります。

この「credit」は曲者で自分は結構悩まされます。

辞書で調べるとわかりますが、このcreditは多義語なので、文中でどの意味を指しているのか見極める必要があります。

更に悩ましいことに、この形で名詞と動詞の両方を取ることが出来ます。

 

名詞としては信用、評判、称賛、功績、名誉、(クレジットでの)支払い、(授業の)履修単位と様々な意味を取りますね。

動詞では、信用する、(名誉、功績など)が帰する、等々。

 

試しに、シソーラス(類語辞典)でcreditの同義語をしらべると、いろいろ出てきます。

praise, respect, approval, appreciation,distinction, reputation, acknowledgment

あれ、この中に、最近見かけた単語があったような。。。。

偶然にも?、森テツ先生のブログにも、このような解説がありますので、是非とも見てくださいね。

ふっふっ(ΦωΦ)



時々、知ってる単語をシソーラスで調べると新しい発見があって面白いですよね。

単語や表現の言い換えの引き出しが多いと、特にTOEICで問題を解くときには有利でスヨン!good(`・ω・)b

 

 

 


テーマ:

日は第233回TOEIC LR公開テストでしたが、皆さんはいかがでしたか?

 

今回は初めての会場、新宿(実際には渋谷区)の文化学園大学で公開テストを受けました。150人程度入る教室にラジカセ1台。教室の端の列ですが前から2番目だったので、聞えてくる音質は特に悪くなかったです。

 

先ずはリスニング。各Partは以下のように感じました。ちなみに、私は46分で「Walkway」のフォームです。

Part1  普通 (一問、やや難しい問題がありました。)  

Part2 普通(一部やや難しい。間接的な回答)

Part3 普通

Part4 普通 (一部やや難しい。マップの問題)

Part1は素直な問題でしたが、カートンが写っているやつは自分が全く予想していなかったものが正解となり、一瞬焦りました。 Part2は、間接的な回答が正解となるものが多かったですが、もはやこれが新形式の定番になっているので慣れるしかないですね。今回も、質問に対する返答が、「おお、そう切り返してきたか!」と思うものがありました。意表を突く返答を楽しみしかないですね。(^^;;  Part3、Part4もいつも通りかな? 時々、早めにしゃべるナレーションの方が現れるけど、自分の場合は普段からウオークマンの1.25倍速で英語を聴いているし、仕事ではもっと早口でしゃべる同僚の外国人が居るので、先読みさえしっかりできていれば特に焦ることはありません。ただ、Part4のグラフィックのマップの問題のナレーションが早くて聴き取りにくかったですね。この問題はある前置詞のキーワードをもとに解きましたが、果たしてあっているのか? 今回は、Part3,4を通して、ストーリーがしっかりと追えなかったものはありませんでした。希望的観測ですが、ボーダーギリギリで495点かな?(*´艸`)

 

次にリーディング。各Partは以下のように感じました。

Part5普通から一部やや難 (約8分)

Part6普通から一部やや難 (約10分)

Part7 SP普通から一部やや難、

MP やや易しめ (100問解いたところで残り約2分弱となりました。)

 

Part5はいつも通り時間短縮を狙ってかなり早く解きました。正確な単語の意味が把握できない問題が2問あったけど、文型から正解の品詞を選ぶことができたと思います。後で辞書で調べましたが、やはり自分が知らない意味がその単語にはありました。勉強になったよ!それ以外にも、数問悩む問題がありました。Part6は当初の予定では8分で解き切るつもりが、1セット時計台の問題が難しかったです。一連の文章から時制をしっかり読み取らないと正解を導くことが難しいので、2,3回全文を読み直して時間を取られました。この時点で57分の残り時間だったので、最近のテストの文章量を考慮するとSPは前半からかなり意識して早く解く必要がありました。170問を解いた時点で残り時間30分だったのでかなり際どい状況です。180問解いた段階で残り20分、と言うことはDP, TPの問題を1問1分のペースで解く必要があり泣きたくなりました。ノω・、) ウゥ・・・  幸いなことにDPもTPも文章の内容自体はそれほど難しくなく、かつ表や請求書等が含まれていたので文章量も多くなく、一通り読んだだけで解答根拠を探す事ができる問題が多かったです。そのため、100問解いた時にはまだ2分強余っていました。Part5の気になった問題を見直した段階で終了です。Part6で1,2問、Part7で2問は既に間違いが判明しておりますので、今回のリーディングは470-480点ぐらいと予想します。(;´д`)トホホ…

 

今回も990点は難しいですが、トータルで970点以上取れたらうれしいな。果たして結果は如何に?

 

いろいろな情報から推測するに、今回も少なくとも3フォーム(場合によっては4フォーム)はありそうですね。

 

10月のTOEIC公開テストまで1ヵ月半程度と余裕がありますが、皆さん、継続は力なりですから一緒に地道にがんばって行きましょう!(←自分に言い聞かせています。)

ただ、公開テストの時間、私は海外出張からの帰国便に乗っており受験できません。。。

10月は明治IPテストと101さん主催のMTTK模試会の模試解きで楽しみたいと思います。ふっふっ(ΦωΦ)




 


テーマ:

皆さん、準備はいかがでしょうか?

私は、昨日の記事に書いたように、直前模試会で韓国既出問題集を解いて調整しました。

今朝は、ケーブルテレビで、「エアポート2015」というタイトルの映画を字幕つき(subtitle)の英語音声で見て楽しんでいました。1940年代の第二次世界大戦中に旅客気がタイムスリップして、そこでドイツ軍と遭遇しながらも、何とか攻撃をかいくぐり、最後は再度タイムスリップして無事に帰還するといったストーリーです。

ストーリーの面白さから、英語音声を聴いているものの日本語の字幕を無意識に見てしまっていました。

英語に慣れるといった目的だから、まあ、良しとします。

 

さて、これから着替えてテスト会場に向かいます。

今回は初めての会場なので、少し早めに出かけるつもりです。

 

それでは、テストを受ける皆さん、一緒に2時間ちょっとの時間、集中して楽しみましょう!

 



テーマ:

早いもので明日は、TOEIC LR公開テスト。

その調整のために、今日は気心の知れた仲間と直前模試会で韓国既出問題を解きました。

990点を目指してがつがつ勉強していた頃は自分だけで何模試であろうと気にならずに解くことが出来ていました。でも、最近は非常に甘えではありますが、一人で模試1セット200問を集中して解くことが出来ず、このような模試会は自分にとって貴重です。特に直前の模試解きは、リスニングの先読み、リーディングは時間管理の調整に最適。

 

今日の韓国既出問題は、最近の公開テストのリーディングと比較して素直な問題が多かったです。特にマルチパッセージ(MP)は読む量が少なく、かつ解答の根拠が比較的見つけやすいので、最近の公開テストより負荷が少ないように感じました。

 

さて、今日も模試解きでは、新しい発見がりました。(ネタばれになりますので、既出問題を持っていてまだ問題を解いていない人はこれ以上読まないでくださいね。)

Q139-142の問題本文にこんな表現があります。

GAC has accquired a controlling interest.

このようなinterestの使い方を初めて知りました。 a controlling interestは支配権のような意味で使われています。

一方でQ118では、the interestsの動詞(represents)を選ぶ問題もあります。この時にinterestsの意味がよくわかりませんでしたが、後で辞書を調べるとinterests(複数)で集合的に、同業者、関係者との意味があるようで、ここでは同業者を代表するといった意味になるのでしょうかね? もしそうであれば、このようなinterestsの使い方がある事を初めて知りました。

 

いかがでしたか?

 

それでは、明日公開テストを受ける方は、お互い全力で頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

今日は台風が関西に上陸し、大変な被害をもたらしました。

本当に天災は恐ろしいですね。

夜のニュースを見ると、関空の第一滑走路が冠水、連絡橋がタンカーの衝突でダメージを受け大変なようです。

一刻も早くの復旧を祈っております。

 

さて、この前の土曜日に、あこがれの杉田敏先生にお目にかかる事が出来ました。

また、かなり前にNHKテレビの英語講座で講師をされていた大杉正明先生とも会うことが出来ました。

もちろん、ビジ英でパートナーのヘザー ハワードさんにも。

 

杉田先生は人気があるため、イベントの最中にお話が出来るのは一握りで、しかも整理券を大勢の参加者の中から獲得できて、やっと先生と直接お話が出来ます。残念ながら私は外れてしまったので、先生たちの写真を撮ったり、スピーチを聴くだけにとどまりました。

でも3人とも話が上手で、ユーモアを交えてお話しされるので、非常に良かったです。

 

今回参加されたコアなメンバーは私よりもはるか前からリスナーとなられた方々で、2000年から聴き始めた私は話になりませんでしたよ。

来年のリスナーの集いに都合が付けばぜひ参加し、その時こそ、杉田先生とお話ししてサインを頂けると良いな・・・。

 

今週は、リスナーの集いで刺激を受け、短い時間ですがテキストを見て音読始めました。

新しい表現を覚えるのに良いからね。果していつまで続くか?

あまり気張らずに、ゆるーく続けられたら良いんだけどね。




 

 

 


テーマ:

月日に経つのは早いですね。今日は8月31日。当然ですが、明日から9月。

 

実は、明日はとても楽しみにしているイベントがあるのです。

2年前ぐらいにこのイベントが毎年行われることを知ったのですが、自分の都合と合わず参加を断念していました。

 

そう、それは「実践ビジネス英語リスナーの集い」で、今回初めて参加します。

なんでも100名程度のリスナーが集まるようですよ。

そして主賓は、もちろん杉田敏先生。それからパートナーのヘザー ハワードさん、それに知っている人は知っている大杉正明先生とゲストも豪華です。

 

今からとても楽しみです。

ヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪


テーマ:

先週金曜日に広島に出張後、昨日、今日と遅い夏休みを取りました。

昨日は、海水浴場のある浜辺を散歩しました。ほとんど人はおらず既に夏休みが終わったような雰囲気でした。

ただ、相変わらず、ギラギラと外は暑く、自分としては夏の海を見ることが出来て満足です。

 


さて、今日の夕方に東京に戻り、マンションの郵便受けを見ると、IIBCから空色の封筒が届いていました。

7月TOEIC LR公開テストのアビメが中に入っていました。

 

久しぶりにTEX加藤先生のブログで正解数(誤答数)の確認をしました。

リスニングの平均点からフォーム1と判明。

リスニングは正確に正解数が推測でき、正解数換算表から2問不正解で495点。

リーディングは重複問題等から正解数の推測はできず、7問以下の不正解で480点。 

語彙と文法で3問?間違った事が点数を下げた原因かな?

 

来週末は後半戦最初の公開テストですね。

そろそろPart5の問題を解き、公開テストに向けた調整を始める必要がありますね。

皆さん、一緒にがんばりましょう!

ファイトー!ヾ(  ̄0)乂(0 ̄ )/イッパーツ!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス