Tora5rouのブログ

Tora5rouのブログ

Tora5rouの備忘録として日々の出来事をまとめ、地域・旅・園芸・料理… の情報を発信いたします。 記事中の太字の部分は関連情報をリンクしてますのでクリックしてご覧下さい。

総集編の続きです。 詳しい記事はリンクサイトをクリックしてご覧下さい。 諸事情により売りを検討していたトラ五郎小屋のある土地はイトーピア湖畔別荘地と関係深い(株)白橋工務店さんに売却依頼しました。

 

 

マウントクックの麓で1時間の散策後14時40分バスは再びプカキ湖に沿って走り出しました。やがて8号線に戻り、車窓からは川のような湖沼が見えました。岸辺に沿って緑はありますが、その奥は大きな木のない山でした。オマラマで休憩後バスはリンデス峠を疾走しました。この峠は車が疾走すると大変かっこよく写るようで内外の車のコマーシャルにもよく使われる所だそうです。今回バスを運転して下さったBさんは60代後半と思われる長身の男性ですが、いつも制限速度いっぱいでとばしていました。このためバス旅行を始めた当初は後部に座っていましたが、このようなカーブの多い道を疾走すると車酔いしそうになりサクラさんと一緒に前の方の空いていた席に移動しました。ニュージーランドでは特に若い男性は家庭を大事にし料理や洗濯といった家事も実によくやるそうです。若い人は仕事が終わると家族の待つ家に直行しこのような家を空ける仕事はやりたがらないそうで観光バスの運転手も年配の人が多いそうです。リンデス峠は車窓から見ると今までと全く異なった草木の少ない特異な景観が続きました。やがてタラスの町に入り、この辺りになると背の高い木が見られるようになりました。そしてダンスタン湖に沿って走り、クロムウェルに着きました。クロムウェルの町に入ると巨大な果実の模型が目にとまりました。17時13分バスはミセスジョーンズの果実店に到着しました。店の入口には大きなリーガーベコニアの鉢がぶら下げられ店内は色とりどりの果実で溢れていました。そしていろんな果実を試食させてくれました。リンゴは日本のものに比較するとかなり小振りですが適度な酸味と甘みがあり素朴な味がしました。一個から購入でき、リンゴ、ネクタリン、ナシ、プラムを2個ずつ、そして乾燥果実の袋詰めを1個購入しました。またこの地方で防風林に使われるラージアータパインの実(ラグビーボール位の大きさがある)が売られていました。クロムウェルから6号線に入りしばらく走るとやがてバンジージャンプをやる場所にやってきました。高さ43mの橋の上から強力なゴムロープをつけて川底に向けてダイビングするものでニュージーランドでは大変人気があるそうです。18時14分バスはかってゴールドラッシュに沸いた金鉱の町アロータウンに到着しました。現在も当時の街並みがそのまま残っていて西部劇に出てくる街が連想されました。ここに来ると木や緑が多く、現在はこの地区の観光拠点になっているようです。そして20時03分、バスは夕闇迫るクイーンズタウンに到着しました。ホテルで遅い夕食をいただき、入浴し、長い一日が終了しました。

 

ブログの廃止とトラ五郎小屋の売却につて

 

現在投稿している「Tora5rouのブログ」は私をとりまく諸般の事情により、現在投稿中の総集編終了をもちまして、幕を閉じたいと思います。 そしてテレビドラマ「北の国から」に登場する五郎さんの石小屋に魅了され、情熱を傾けて建設した、トラ五郎小屋のある伊豆の土地も手放すことを決意しました。 その他詳細は「toragorou88の生活 」をご覧下さい。