とらの日記帳

とらの日記帳

いらっしゃいやし!
紙芝居屋の三橋とらです。

月のはじめにはスケジュールを、あとは常々の想いやら紙芝居に対する熱い情熱、時には不平不満や、プライベートなことまでざっくばらんに書いています。

コメントは時々返します!
ご容赦を〜!

♪あれもしたい~ これもしたい~ 

もっとしたい もっともっとしたい~!!!♪



…by.ブルーハーツ『夢』



ぬー。



若い頃は、カラオケでよく歌ったものだがなぁ…





さて、

イベント報告の続きです。







去年の夏ぐらいのときが

一番、ヤキモキしたかな。





『おい!なんでもかんでも

ダメダメ!自粛自粛って!!

紙芝居屋さん、コロス気か!?』



と。





◯大きな声でのおしゃべり禁止

◯食品の提供、販売、基本的に禁止

※これは保健所関係

◯密になるの禁止




…これ、全部、紙芝居当てはまるンだよね。



マジで辛い、臥薪嘗胆の思いで

一年を過ごしてきて



やっと、やっと!!!!



紙芝居が、青空の下でできることになりました~~~!!!!!







前半の、泥水排出作業をなんとか終えて



11時過ぎから予定どおり紙芝居がスタート!



トップバッターは






長谷川あひるちゃん!!!

(※写真提供は、ツナまさきさんです!)


さっきまで、泥にまみれていたとは思えない
爽やかな笑顔と、美しい声で、
表現豊かな紙芝居を二作、届けてくださいました。


トップバッターって、本当にプレッシャーだし
現場の状況わからないから
きっついんだよね。


私も、三回公演の時などは、一回目の公演は『様子見』です。


その土地のお客様の反応や
声の返り具合などを
客観視するための
「試し打ち」になる場合が多い。


それなのに、あひるちゃんは
しっかりしている!!!

ちゃんと、自分の紙芝居をやっていました!!!
すごい!!!!!


あひるちゃんに、一番手をお願いして
よかったなぁと思いました~!!!

ありがとうございます!!!







続いて、二番手は






ゆうことぴっぴ さん!!


左が、優子さん(お母さん)
私と同じ名前です。



まん中の女の子が、ぴっぴちゃん!
右のお姉さんは、ぷりんちゃん!

親子紙芝居!!
しかも、ネタは全てオリジナル!!!

楽器の生演奏付き!!!
アコーディオンの音色がいいよねぇ!!!

この日、むちゃくちゃ風が強く
舞台が飛んだり、楽譜が飛ばされたりというハプニングがあったのですが

そんなことは意にも介さず
お客さんを盛り上げてくださいました!!

ぴっぴちゃんも、ぷりんちゃんも、本当に良くできた娘さんたちで

始まる前に、優子さんとイメトレしたり?
ストレッチ?していたり…
自分たちを高めて行くって、こういうことだよなぁと、私は見習うところだらけでした。

…ぷりんちゃんと、ぴっぴちゃんを見ながら…
自分と妹と、母の姿を思い出していました。

うちの母もこうやって、娘2人(と息子1人)を引き連れて紙芝居やっていました。

…あの頃にはもう、戻れないけれど
…なんか、こう、懐かしくて
全てがいい思い出だわ。




あ、ちなみに、うちの母は





全然、元気です!!!!



私が紙芝居してるとき
サイゼリアで🍷飲んでいたそうです
(どーでもいい)










さて、三番手




benbenと、ゆきこちゃんです!

もう、安定感抜群。

大御所のオーラーを既にはなっているこのお二人も実は、親子です。



レントゲン技師の紙芝居って
なんなのー?って思ってみていましたが
もう、この発想は毎度、どこからくるのか?!

べんべんの着眼点は類を見ないんですよ。

こればかりは生で味わってほしいですね。
いや、本当に凄いわ…。

紙芝居を、うんぬんかんぬん語る前に

もう、彼女達の紙芝居を見に来てほしいです。
価値観ひっくり返りますね。

出ていただいて本当にありがとうございます。
今後とも宜しくです。


さて、

ここから、後半戦になるんですが










三橋とら(私)と








金ちゃんと








くーみん







三つ巴です。









前半のレポートブログに描いた通り

終わりの時間を間違って把握していたため

最後はバタバタしてしまいましたが



それでも


一年ぶりの
街頭紙芝居を


全身から楽しみました!!!!!







金ちゃんとは


4/18(日)
13時~

紙芝居2人会をする予定です!

詳細は追って連絡いたします!!!





金ちゃんは、今回、黒一点でした!!!

初めて紙芝居を観た!という
わたしの知り合いが

「金ちゃんの紙芝居、凄かったです!!
THE紙芝居ってかんじで!!!
なんか、昭和のにおいがした~!!」

と、感動してくれていました(笑)


昭和のにおい!!!!



大事です!!!








くーみんは、

私と正反対のタイプの演者さんで
とても、憧れであり
「ラブ♥」といっても過言ではない
不思議な魅力を持つ女優さんのような

強いて言えば

薔薇みたいな方です。

うつくしいばらには刺がありますが
くーみんは、ひとをまったく不快にさせない
「魅惑の針」を持っていらっしゃいます。

この日も、目の前にいた
ストロングレモンチューハイを片手に、紙芝居見ていた酔っぱらいおじさんを悩殺されていました。

おじさんは、嬉しそうに
くーみんの紙芝居を見て、
「懐かしい!」「いいなぁ!紙芝居!「ありがとう!素晴らしい!!」などはしゃいでいらっしゃいました酔っ払い


くーみんといえば、
いつも、とってもお洒落な格好をされており

私の紙芝居教室でさえも
ロングスカートと、ピンヒールで来てくださるのです。

股割りストレッチを、ロンスカピンヒールで行う姿は叶姉妹さながらです。

で、今回の現場も
「ハイヒールをはいてきたらどうしよう」と思い

「汚れてもいい格好でお越しください!」
とお願いをしましたら


「部屋着できちゃったのォ~」と

素敵な、ラメラメついたのパンプスと
エレガントな黒いロングなスカートのようなものをお召しになり、根津へ降臨されました✨






くーみんの暮らす世田谷と、
私の住む荒川区では
部屋着がこうも違うのかと
愕然といたしましたアセアセ(笑うところです)








「ひぇ~!これ部屋着なんですか!?
めちゃめちゃ、おしゃれですやん!!」

と目を丸くする私に
「安いのよぉ、ユ●クロなのよォ~」と。
いやいや、ユニク●、高級ですよ。


ちなみに、私の部屋着は
平和堂で買ったスェットです。
(地元民しかわからないネタ)





にやりにやりにやり


そんなわけで





無事に





…紙芝居が終わり


各々が帰路に着き





今回、お客様で見に来てくださった
同じ荒川区の紙芝居屋さん

◯◯一味の 源兵衛さん

と、2人で自転車で荒川区へ帰ってきました。




帰り道はもっぱら
コロナ禍での過ごし方…

そして、今やこれからの世で
紙芝居屋に求められているのは何か?

自分達はどういう風にして
これから表現活動を継続して行くか…
みたいな真面目な話しをしていました。




コロナ前は

『ほんじゃ、一杯行きますか?』みたいに
気軽に赤提灯に行けたけど



このご時世じゃ無理だもんね。


第一、仕事終わりじゃ、
店で酒も出してくれないわ。
※↑時間的な問題で
(只今、緊急事態宣言発令中なり)








…180度、変化した世の中。


そして、

自分達の気持ちも…








これからどう生きて行くのか






そんなことは、まだわからないし
頭で決めることでは無いんだとおもう。




◯◯一味さんも、

そして私も、

どちらかというと

『第六感』が利く方だとおもう。




きっと、自分があーしたい、こーしたいと
無理して決めるんじゃなく

世の中が、導いてくれるんじゃないかなぁ。


きっと、面白い方向に進む予感。


紙芝居だけじゃなくていろんなことが。








久しぶりに紙芝居やって
おもったのは







なんだかんだ言って

人間っていいなぁ


って。






あんまり、いままで人間好きじゃなかったけど

コロナで人間と絡めなくて

人間に飢えてたのかもな。





やっぱり、人間はいい。







ゆっくり、少しずつ


いろいろ動いて行こう。


かたつむりみたいに。🐌













イラストレーターの
下杉正子さんが


私の似顔絵を描いてくださいました!


ありがとうございますほっこりラブラブ



髪型、いろんなひとに

いろいろな感想を言って貰っています。





私は久しぶりに


自分"らしい"髪型に


なれたなぁと思って


ニヤニヤしながら過ごしています。


正子さんのイラストは、

ゆるくて、やさしくて、
型にはまっていなくて

とても好きです。







正子さんとも

またお会いしたいです。







とら