絶対音感コーチ学会 鬼頭敬子です音譜

 

子どもたちに絶対音感をつけてもらいたいと思うのは

私自身が持っていて役立つことが多かったからです。

 

子どもの頃はよくわからなかったのですが

本を出版するにあたり

改めて振り返ってみて

 

どう考えても私の素質ではなく

後天的に身につけた「絶対音感」の力

でしかないと思ったのです。

 

例えば珠算も初めてそろばん教室に

行った日からちょうど1年で

3級合格したくらい

習得が早かったんです。

 

小学生の時水泳部に所属していたのですが

普通のタイムだった私が

タイムが早くなったら先生が

飴をくれるというので

泳いだらタイムが15秒くらい上がり

選手入り。

 

その飴はブルーで周りに

白いお砂糖がついたもので

今でも覚えています。

 

飴たった1つで変われるくらい

力を持っていたんです。

 

それはどんな力かというと

「物事のコツを掴む力」です。

 

これを習得するのが

とても早かったのです。

 

子どもの頃から

 

どうやったら速くそろばんを弾けるのか

どうやったら速く泳げるのか

 

を考えている子でした。

 

教えてもらうのではなく

自分で比べて違いを発見する力を

常に養っていたのだと思います。

 

今の子どもたちは便利な世の中に

住んでいます。

 

便利というのは人間の本来持つ

感覚を使わなくても過ごせます。

 

文字がわからなければ

考えることも思い出そうとすることもせず

すぐにネットで調べる。

 

幼少期にそんな癖をつけてしまうと

考えることが大変になります。

 

今の子どもたちが「勇気をもらった」とか

言う言葉の音は本当に残念な音。

 

エネルギーが全くない。

 

大人言葉を真似していて

大人びてるーなんて思っていては

いけないのです。

 

子どもにエネルギーがなければ

大人はもっと元気がなくなります。

 

それは大人というのは

子どもからエネルギーを

もらっていたからです。

 

もちろん、妖怪ではないので

吸い取るわけではありませんニヤニヤ

 

子どもが動いて発散したエネルギーを

もらっていたのです。

 

便利ばかりに浸っていると

子どものエネルギーが

奪われてしまいます。

 

幼少期は少し不便なことを学ぶために

絶対音感を身につけておくことを

おすすめします。

 

絶対音感コーチ学会のレッスンは

その子の花を咲かせるために

見えない力をつける

絶対音感レッスンですクラッカー

 

子ども2人を社会人に育てた母として

これだけはお伝えしておきます。

 

幼少期に大変だと思うお母様、

この時期に頑張っておかないと

あとで後悔しますよ。

 

ここで苦労しておくと

後はどんどん手が離れていきます♪

 

何をやったかではなく

どうやったかが大切ですけれどねピンクハート