人を活かし、豊かさを創りだす カウンセラー
  • 18Oct
    • 実力者には書けない話

      今日は、実力ある人には書けない話題をします。二代目の話です。二代目というのは、今どこに行っても、すこぶる評判が悪いです。特に政治、経済界において、優秀というよりは、ボンクラの事例で出されることが多くなったからです。かくいう私も二代目でした。二代目出身者???として、私が一番共感しているのは、「DAIGO」さんなのです。DAIGOさんといっても、メンタリストの方ではなく、竹下元首相のお孫さんの方です。彼は若い頃ミュージシャンとしてデビューしました。その時、DAIGOさんは親の七光りに思われたくなかったので、孫であることを隠してデビューしたのですが、全く売れませんでした。そして、ある時、孫であることがばれ、「竹下元首相の孫」として公言し始めたら、ブレイクしたのです。、その時に彼は「悟った」、と言ってました。私も同じなのです。私も、ある時、社交の場ではどこにいっても、「社長の娘」、と紹介されてることに気づきました。そして、この肩書に意味があるのだな、と思ったのです。私もDAIGOさんのように、実力で認められる人間になりたいと思ってましたけど、その気持ち以上の見えない大きな力を感じる瞬間がくるのです。私が、小泉進次郎さんを応援しているのも、この理由のためです。小泉進次郎さんは葛藤を抱えていると思います。それは、他人には理解されない葛藤です。しかし、そこから悟らなければいけないのです。どこかの段階で、踏ん切りをつけて前に進まないといけない時がきます。どう悟るかは本人次第。これが二代目を生きる人の人生の醍醐味です。もちろん、個性によって違います。二代目だけど、実力で認められたい、と頑張る人と、二代目だから、特別な存在で守られたい、と甘い人に分かれます。今の社会は、生まれながらに守られている人なんていないのです。みんな何かにチャレンジして、自分の道を拓いていくのがいいのです。私は、同じ二代目として、認められない人が増えてきたことが本当に残念であり、失敗だなあと思うのです。社会的影響も大きいのです。貴乃花親方が政界に進出するという話もあるけど、やめたほうがいい。だって、声かけた人は誰?あべしんぞー周辺のお友達なんでしょ????気骨のある実力者に声かけられるのなら、まだいいけど。。。甘ったれの2代目議員に誘われても、心の成長は一ミリも進化しないよ。今の社会は、二代目後継者の立ち位置が結構大事な局面だと思います。どう立ち回るかで未来が決まっていくからです。人生の目的を考え、うまく悟ってほしいと思います。良い一日を!

      NEW!

      テーマ:
  • 16Oct
    • ポストあべ~と東京オリンピック問題

      今日のニュースで「ポスト安倍は?」という調査結果があった。産経新聞の調査。その結果、1位は、小泉進次郎!!やっぱりね。ポスト安倍は進次郎氏、石破氏に集中評判は悪いけど、、人気は落ちない。小泉進次郎という人物は、何も実績作ってないのに、常に期待され、人気がある。こういう人は、宿命があるんです。「○○になるために生まれれ来た人物」みたいな人は、時がくれば、必ず持ち上げられることになるのです。それが人生の目的だからです。本来なら、「押しも押されもせぬ政治家」になって欲しいのですが、今は、押されると、シュッと引っ込む忍術を使っているところです。若いので、長い目で見たいと思います。さて、2020年、東京オリンピックが開催されますが、しかし、人の心は不安です。・本当に開催できるのだろうか?・地震が来るのではないか?・安倍政権はオリンピックまで、持たないのではないか?・経済はどうなっているのか?実は、今多くの人が、オリンピックについて、少なからずの疑いを持ち始めています。先週末、世界同時株安という事件が起きました。週明けの今週、株価がどうなるのか、不安でしたが、今のところ、戻っているように思います。しかし、今、人の心は不安に揺れ動いています。やっぱり、これから暴落するのではないか?大丈夫!!必ず持ちこたえて上昇するよ。今、二つの意見で微妙にゆれ動いている状態です。私たちの集合意識はこうして作られ、社会を動かしていっています。2020年にオリンピックは開催されるのか?それまで経済・景気が持たないのではないか?福島復興は進んでいるのか?福島原発問題は一体どうなってるのか?本当はヤバいんじゃないのか?これまでは、私たちは、「東京オリンピックまでは大丈夫!!」と思って、頑張ってきたのですが、今、多くの人が、いろんな視点において疑いを持ち始めています。もしかしたら、ポスト安倍は、小泉進次郎さんになるのかもしれませんね。人々の心が不安になるほど、カリスマを求めるからです。ただ、ポスト安倍は小泉進次郎さんですが、そのポストは総理大臣ではないと思います。次の総理大臣は野党の代表者から出てくると思います。今、立憲民主党や山本太郎さんなどが、野党として活躍されていらっしゃいますが、今の野党は、国政を運営する上での市民リーダーになっていくと思います。しかし、国政の運営には内政だけでなく、外交という課題があります。世界の中で日本がどうやって渡り歩いていくのか?どいうことです。これは、自民党出身者から出てこないと、治安の維持が厳しくなります。外交とは人脈だからです。自衛隊問題・改憲問題が常に浮上するように、世界の中の日本ということを考えた時、軍事力をどうするか、というのはとても大事な課題です。私はいつも「中道」をいかないと、国は安定しない、うまくいかない、と言っています。現野党は主に、国内政治に関してリーダーシップをとり、現自民党は、外交問題・軍事問題・国土問題において、リーダーシップをとる、という役割分担を明確にしていくことが必要だと思います。そして、次の総理大臣は、国民の代表である野党出身から選ばれるのが最善だと思います。そう考えると、今の時点で私の予想は、ポスト安倍は小泉進次郎になる可能性が非常に高いのです。しかし、ポスト安倍は、ポスト総理大臣ではないのです。今、消費税10パーセント問題、改憲問題で、公明党が自民党から離れつつあります。公明党は野党に戻るかもしれません。公明党は改憲反対ですから、私はその方がいいと思います。現在の与党が、分裂したうえで、政界シャッフルを行い、内政に携わりたいのか、外交に携わりたいのか、それで二つのチームに分けるのがいいと思います。そして二つのリーダーシップをうまく尊重しながら、日本という国を再建していっていただきたいな、と思ってます。難しそうだけど、意外と実現しそうな気もするのですが、みなさんはどう思いますか?新しい時代のビジョンを描くには、新しい発想で取り組むのがいいのです。最近、気温が下がって、鼻風邪の人をよくみかけます。風邪に気を付けてください。今日も良い一日を!

      3
      テーマ:
  • 15Oct
    • 「見捨てられ不安」を霊的視点でみる。

      みなさんはパーソナリティ障害という言葉をご存知でしょうか?昔は人格障害と呼んでいましたが、今は「パーソナリティ障害」と呼ぶのが正しいようです。意味は、認知(ものの捉え方や考え方)や感情、衝動コントロール、対人関係といった広い範囲のパーソナリティ機能の偏りから障害(問題)が生じるものです。パーソナリティ―障害にはいくつかの種類に分けられています。境界性、自己愛性、回避性などがあります。これらは、幼少時(3歳以下)の頃に親から愛情を十分に得られなかったり、虐待されたりすることによって起きることが原因と言われています。とにかく幼少の頃の親子関係に大きな影響をうけています。こういう心の病気は、病院にいっても完治することはないので、自ら病院へ行く人は少ないようです。ですから自覚がないまま、潜在的に、このような心の病を抱えている人が多いのです。いわゆる「メンヘラ」と呼ばれる人たちは、こういった症状のどれかにあてはまるはずです。今日は、境界性パーソナリティー障害について書きます。俗に「ボーダー」と呼ばれる人たち、境界性パーソナリティー障害の人たちはいわゆる「かまってちゃん」「困ったちゃん」と呼ばれています。見捨てられ不安により、お試し行為をしたり、自傷行為をしたり、不特定多数の異性と衝動的に関係を持ったり、特定の人に付きまとったりして、周りの人を混乱に巻き込むのです。自分を守るための、虚言、妄言は当たり前です。すべて不安からきているのです。ボーダーの人と個人的に仲良くすることは、かなり危険だと言われています。今日は、心理学講座をするのではなく、この心の病を霊的視点で解説したいと思います。この、パーソナリティー障害と呼ばれる症状は、全て「霊障」です。つまり、悪霊、動物霊、地獄霊、、、いろんな霊がその人についているからです。もちろん一体だけではありません。複数ついているはずです。波動の低い霊を引き寄せているのは、その人の心の状態に原因があります。実際に、こういう方と出会った人は、親からの愛情が得られなくて可哀そうに、何とか幸せになってほしい、と、同情心を持ってしまったかもしれません。しかし、霊的視点でみると、明らかに因果(因縁)があるのです。例えば、親から愛されなかった、親から言葉の暴力を受けたなど、という人は、前世で、親子の関係が逆転していることがあるのです。つまり、親から虐待される、愛されないというのは、カルマの解消かもしれない、ということです。また、心が空っぽで、やりたいことが全くわからない、とかいうのも、実は過去世では、権力の座についていて、権力で人の心を意のままに支配してきてたりするのです。つまり、権力に依存して、好き勝手な人生を送り、自分の心の成長について全く考えず、逃避してきたカルマだったりするのです。いわゆる、虎の威を借りる狐のような過去世を生きてきた人だったりします。もちろん、全ての人がそうである、という訳ではありません。しかし、パーソナリティー障害という診断名がつくほどに、闇が深いケースは、過去世と因果関係があります。つまり、苦しみぬくことに成長がある、ということです。苦しみから逃げてはいけないのです。彼らの心の状態というのは、何かが起きると、それにすぐ反応して、常に上下に激しく動いているのです。心のアップダウンが激しい人は、憑依を受けやすいので気を付けてほしいです。激昂しやすい人、辛いことがあると、泣きわめいて暴れる人など、自分の感情をうまくコントロールできな人は、霊障がおきやすいのです。つまりですね。いつも心が不安になりやすい人は、心が安定するためには、どういう努力をしたらいいのか?これをしっかり考え、自分の内側を膨らませていくこと。これが人生の目的であり、課題なのです。一生かけて実践することです。この課題と向き合って、自分で自分の心を安定させようと努力していかない限り、心の成長はないし、憑依が取れない、ということです。心を安定させるには、感情をコントロールする必要があります。感情をコントロールするのは、理性なのです。ですから理性(意識)を発達させていくことです。それには知識を学ぶことです。自分の心の動きを客観視して、冷静に分析できるようになることです。ここまで、決意できた人は、恐らくパーソナリティー障害から半分抜け出せてると思います。何かにしがみつく、依存することを止められるかどうか・・・心の中の状態が大嵐から、凪の状態になった時、霊的治療を行えば、霊障はなくなると思います。タイミングが大事です。霊障は、霊的治療によって治すことは可能です。しかし、本人の心が変わらなければ、一時的な改善はあってもすぐに元に戻ってしまいます。逃避を止めて、決意し、小さな努力の積み重ねが功を奏します。やれることから少しずつ。失敗しても、またチャレンジすればいい。何度でもチャレンジすればいい。そうすると心の器が広がっていきます。こういう方の人生は、結果よりもプロセスが大事なのです。誰かに認められなくてもいい。自分が自分で認めれば・・・しかしね、名誉を追いかけ、称賛を得ることばかりしてきた人のカルマの解消は、なかなか心の内側に集中することが難しいんですね。今日、言いたいことは、他人の人生に勝手に同情しすぎない、ということです。慈悲の心は大切ですが、同情は必要ないですね。みんな自分でプログラムを考えてきて生まれているのです。冷たいような言い方ですが、私たちは向上するために生まれてきたのですから、向上の道へ導くことが大事だと思います。今週は何が起きるんでしょうか・・・・・周りの人の声に耳を傾けてみましょう!良い一日を!

      3
      テーマ:
  • 14Oct
    • リーダーがでてこないと、変化できないね。

      今日は書くことがないかな~。書くべきを書き尽くしてしまったと思うのです。沖縄県知事選挙が終わってから、小沢一郎さんの露出が明らかに増えました。沖縄県知事選挙は、小沢さんと安倍さんの戦いだったんだと思う。小沢さんは勝利したのだ。小沢さんもこの2年ほど潜伏していましたが、少しずつメディアの露出が増えていってます。準備が整い始めたんだろうな、と感じます。小沢さんは「野党共闘」を掲げていますから、野党全部をまとめていくのでしょうか?実際はどうなるのかわかりません。でも、力を持ち始めているのは間違いないですね。結局、新しいリーダーが出てこないと、組織レベルの変化が起こらない、というのが今の社会の特徴のようです。つまり、現場レベルで不満とかがあっても、受け皿になるリーダーが出てこなければ、そこの体制はなかなか変われないのです。いまほど、リーダー不足の時代はありませんから、リーダーなしで、変革は難しいと思います。すごく大きな視点いうと、世界は秩序を求めてるといえます。だからリーダーから変わっていくのだと思います。下から変わると、世界が転覆しかねませんから、流れの順番があるのです。そして、こういう変革期の出てくるリーダーは、実力と人格を兼ね備えた人が条件です。そうでないと、多くの人に支持されることが難しいのです。そういう訳で、リーダーになるには、常に自分を成長させられることが、条件になると思います。来週は、どういう流れになるでしょうか。

      1
      テーマ:
  • 13Oct
    • 葛藤から抜け出そう

      私は、今生きている人達に全員共通のテーマは「自立」だと思うのです。ただ、「自立」と一言にいっても、人によってまったく意味が変わるのです。子供が親の手を煩わせずに、日常生活が送れるようになることも自立だし、親からの仕送りに頼らず、自分が生きるためのお金を自分で稼げるようになることも自立だし、人から雇われることをやめ、自分で独立して、自由に生きることも自立です。夫婦であるなら、旦那さんが、奥さんに頼らなくても、家事ができるようになるのも自立です。企業であるなら、下請けの仕事から抜け出して、直販に切り替えるのも自立です。みんないろいろレベルはあるけど、自立のテーマには変わりません。自分にとって、「自立のテーマ」とは何だろう、ということを考えてみてほしいな、と思います。これから、私たちは、「国家の自立」について考える時が来ています。日本が自立するためには、国民が自立した生き方を指向することが必要です。つまり、「自立する」ということと、「幸せになる」ということが一致することが最善の道なのです。幸せに生きるには、自立することが必要です。しかし、自立を目指すことは楽な道ではありません。この命題は、痩せたいと思っている人が、目の前のショートケーキを食べずに我慢できるか?に似ています。ダイエットしよう、という目標を持ったら、目の前のショートケーキを我慢できる人もいますが、わかっていても、ついつい食べてしまう人もいるのです。つまり、現状から抜け出し、自立を選択することは、葛藤状態を創り出してしまうこともあるのです。葛藤から解放されるかどうか?これが今の社会の「自立問題」だと思います。今、皆さんの心の中には葛藤状態がありますか?もし、葛藤があるのなら、どうやって解消すればいいか?解消できるとしたら、どんな方法が考えられるのか?それは、一人で解決できる問題か?他人のサポートが必要なのか?しっかり考えてみてほしいと思います。葛藤状態をなくしていくことが、一人一人の幸せにつながり、最終的には日本の繁栄につながると思います。今週末は、葛藤についてチェックしてみてください。良い一日を

      3
      テーマ:
  • 12Oct
    • 私の感覚では・・・

      この数か月の流れを振り返ると、9月20日自民党総裁選が行われました。最初は私は、石破さんが当選するだろうと思っていました。しかし、9月に入って、石破さんが当選した場合、10年前の民主党が政権を取った時のように、混乱するような気がしました。 なので、私は安倍さんが三選されるであろうと思いました。その方がベターだと思いました。そして、予想通り安倍さんが三選を果たしました。私の感覚では、未来をイメージした時に、スムーズに流れるシナリオの方が、現実になっています。 これが「個」の感覚と大きく違うところです。個の意識は、その人が強く望めば、現実になりますが、社会の未来は、集合意識が影響を与えるからです。しかし、安倍さんが三選されたのは、猶予期間が必要だったからです。「この人、多分無理だな、落ち目だな」人は、リーダーに対して見切りをつけると、無意識に自分のことを考え始めるものなのです。日本には、この時間が必要だったように思います。大きな変化が起きる前の心の準備として、安倍さんが三選されることが大事だったように、私は思います。それで、10月に入り、世界が動き始め、何となくきな臭いにおいがしてきました。昨日、私は空を見上げながら、感じました。「もう、そろそろいいよね?」「受け入れ準備OKだと思う。」集合意識は、変化の準備ができたように感じます。ですから、来週から、株価の変動、自然災害、政治スキャンダル等、いろんな出来事が一変に起きそうです。これで、秩序大崩壊が起きると思います。心の準備ができている方は、何が起きようと、自分の歩きたい道を歩いてください。動揺せず、落ち着いて、しっかりと生きていきましょう。変化していきましょう!

      2
      テーマ:
  • 11Oct
    • 守護霊のメッセージだと思うよ

      最近ね、you tubeをよく見ています、最近you tubeで話題になっているのは、ゲーム実況配信をしている人気ユーチューバーのアブさんという人が、「突然広告が一切つかなくなり、収入がゼロになったため、配信業引退します!」という宣言をしました。広告審査に通らなくなった理由は一切わからないのです。どうもAIのバグであるようです。しかし数日たって、広告が再びつき始めて、結局は事なきを得たのですが、この事件は、YouTubeで生きてる人には衝撃が走ったようです。私もこのアブさんという方の動画を見てみました。本人も、ある日突然広告がつかなくなって、また数日すると、突然広告が付き始めて、かなり気持ちの上で動揺した、と言われていました。 アブサンは、これまで会社員として働きながら、ユーチューブをされていたようで、実は、「これからはYouTube一本で生きていく」と決めて、会社を退職する予定だったからです。本人はこの件について「ご先祖様か、守護霊のメッセージではないか?」と言われておりました。アブサン、あなたは勘が言い方ですね。私も、その通りだと思います!!これは、大きなメッセージです。どういうメッセージかというと、広告がつかなくなって引退宣言をしたときに、数々の企業からビジネスオファーがあったそうです。これが実はこの方へのメッセージでした。you tuber一本で食べていくには、収益が不安定となります。リスクヘッジとして、また、キャリアを広げるという意味で、もう一つの顔を持った方がいいということです。現段階では、アブサンは、会社を辞めることをやめたそうですが、私は、ゲーム実況と関わりのある企業でお仕事をするのがいいと思います。その方が、アブサンの人生の価値を広げる選択になると思います。今年にはいっって、you tubeがBANされたり、突然広告がつかなくなったりする異変が起きています。この理由はほとんど解明されていなく、「バグ」ということで処理をされています。しかし、私が気になるのは、何故、その人の身に起きたのか?ということなのです。自分が、夢に向かって頑張ろうとしている時、出鼻をくじくように、サプライズな出来事が起きます。一見、悪いことのように思えるのですが、実は守護霊からのアドバイスであることも多いのです。トラブルに巻き込まれることで、新しい考えが浮かんだり、気持ちを改めることが出来るからです。今、生きていく上で大事なのは、リスクマネジメントだと思います。万一に備えて、何をしておくか?安定した土台の上にチャレンジをした方が、自由に動けるのかもしれません。リスクマネジメント + 自分のやりたい事これを掛け合わせて、人生の選択を行うのが、今はベターだと思います。予期せぬ事が起きた時、しっかりと自分を振り返るのがいいかもしれません。そこにメッセージがあるかもしれません。

      2
      テーマ:
  • 10Oct
    • イベントに備えて~意識を拡大する

      10月に入って、財政破綻、金融危機を言い出す人が増えました。やはり10月は金融問題が起きやすいのかな?アメリカは11月に中間選挙がありますから、それに備えていろんなしかけがあるでしょうね。アメリカ株価の変動に注目、もともと第四次安倍内閣は、短命政権だと最初から決まっていました。安倍&麻生コンビにも新たな動きがあります。安倍さんの重病説がまた流れ出しました。そしてその情報発信をしているのは、麻生だったり・・・ この二人はさっさと政界からいなくなってほしい。足のひっぱり愛を始めたのかな?地震は相変わらず、起きています。いろいろと、動いていますね。 さて、私たちが今、頑張ってやるべきは、「意識の拡大」です。今、自分を解放していく時です。私たちは、生きてきた環境の中で、制約とか縛りとか「こうあるべき」という常識などを植え付けられてきました。それが、私たちの「枠」になっていますから、どれだけ「枠」を外していくかが大事なのです。例えば、自分の夢やビジョンを描いたとしても、それが「枠」の中で描かれたものであるのなら、真実ではないのです。本当のやりたい事を見つけるには、本当の自分、魂の思い(真我)に出会う必要があるのです。真我にたどり着くには、自分を縛る常識から解放し、自己意識を拡大させることです。その時に本当の自分の欲求が見えてくるはずです。①自分が汚染されている間違った常識、自分を制限しているもの・環境に気づく。②それらから自己を解放すると決める。(意志を持つ)③本当の自分の思いを見つめる。(真我に出会う)ということを一生懸命やって欲しいです。真我とは、すなわち、自分の中の神性です。神とつながっている自分です。真我は、心の曇りが多いと埋もれて見えないのです。真我に出会うということは、意識を上げていくということです。真我を見つければ、迷いがなくなります。とにかく、一人でも多くの人に真我と出会ってほしいと思います。真我というのは、思いであり、意志をもっています。ですから、真我に出会うと高次の欲求がでてきます。それを実践していくことが、人生の目的になるのです。自己意識を高めることが、「いざ」という時の備えになります。今日も良い一日を送ってくださいね!

      6
      テーマ:
  • 09Oct
    • 「時」という最強の味方

      以前ブログで時節因縁の話を書きました。すべてのわざには時がある結果を受け取るには、必ずふさわしい時期を待たなければいけない、ということです。「時が来る」というのは神の技であり、人智の及ばない領域なのです。しかし、一体「時が来る」のはどういう条件なのか?神の技と言いながらも、拙い人間の頭で表現すると「バランスがとれた時」のことだと思います。私は、神の技というのは、ち密であり、ダイナミックであり、合理的だと思っています。完全な神が創ったフィールドの中に、人間という不完全で偏りのある魂が投げ込まれ、がむしゃらに泳いでいくのが、私たちの人生なのだろうな、と思うのです。完全な世界と不完全な世界が折り合いをつける技法それが、時節因縁時宜を得る。ということなのかな、と思います。時の人タイミングを掴む時を味方につける。私は、こういう哲学的な問いをすることは、得意な方ではなく、普段はあまりしないのです。しかし最近あまりにも何故、今なのか?何故、今じゃないのか?そういう疑問を抱くことが多くありまして、時について考えてみました。「時」というのは、最強の味方です。機を見るに敏でいたいですね。今日も、一瞬を大事にしていってください。

      2
      テーマ:
  • 08Oct
    • 100歳まで生きる 「LIFE SHIFT」を読んで

      昨日は、ABD読書会に参加しました。ABD読書会とは(アクティブ・ブック・ダイアローグ)という意味です。1冊の本を何人かで分担して本を読み、それぞれが自分の読んだところの発表し、気づきを共有する。という手法で、未来型読書法と呼ばれています。今回読んだのは、今、大ベストセラー???になっているリンダ―グラットン著の 『LIFE SHIFT(100年時代の人生戦略)』という本でした。今、本屋にいくと、おすすめの書のコーナーに山積みされていると思います。話題のベストセラーだけあって、気づきの多い本でした。人生100年生きるのが当たり前になってくる時代。今までの常識がいろいろと崩れていきます。例えば、今までの価値観は、人生は3ステージしかありませんでした。子ども(教育)、大人(仕事)、引退後、です。これが、マルチステージに変わっていきます。という話からいろいろと展開していきます。 最後の結論は、今、全ての世界で変革が必要である、ということです。それは、教育問題、企業のシステム、政府のシステムなどです。そして、それをどう変革するかは、一人一人の自己意識にかかっている、ということでした。 今、私たちは、どんな人生を生きたいか、ということを真剣に考えていく時なのです。今までの人生は、誰かが築いたシステムの中で暮らしてきたのです。しかし、やっと本当の自分・本音で生きられるようになったのです。となると、みんな殻を破りたくなってるはずなのです。殻を破れば、新しい可能性にあふれている世界があるのです。だけど、そこは自分で何でも決めていく世界なのです。受け身ではなく、自ら動いていく世界でもあります。この変化を「是」と思うか「否」と思うか、この結果で社会がどう変わっていくかが決まっていくのです。ですから、今の政治を見つめなおすべきなのです。安倍政権が崩れた時、既存のシステムが崩れ、私たちは殻を破っていくことになります。ですから、余裕のある人から準備をしておくのがいいのです。大きな変化が来る前に、「どうしたいか?」を綿密に考えておけば混乱することがないのです。私がこの本を読んで心に残ったのは「多様性」というところで、多世代が一緒に学ぶ多世代が一緒に働く多世代が一緒に暮らすそういう「マルチ」の価値観でした。そして、多くの人がぼんやりと「どうなるんだろう?」と思い描いていることが「家族の価値観がどう変化するか」、だと思うのです。私は、家族という価値観もマルチになると思っています。その背景には1、高齢者の孤独死2、結婚しない人が増えた・出生率の低下3、ネグレクト・虐待孤児が増えている。4、震災孤児の発生などがあると思っています。1,2,3は既知ですが、4は未来の話です。私は、この4つの要因から、家族のメンバー構成に変化がでてくると感じています。長屋のような大家族でくらすところ、従来どおりの核家族フランスように夫婦二人とペットで自由に暮らす信頼し合える人とシェアハウス必ずしも、血のつながりだけが家族ではありません。絆・信頼・相互理解の関係で結びつくコミュニティを人は形成していくと思うのです。家族とは社会を構成する最小単位なので、なくなることはありません。ただ家族の価値観は多様性に富むのだろうなと思います。家族とは寝食をともにする仲間ですから、家庭内の環境が、それぞれの人生に大きく影響を与えるのです。家族が信頼関係で結ばれているものならば、かなり充実した人生設計ができるようになると思います。もちろん、従来の家族の価値観で生き続ける人もいます。サザエさん的な家族も残っていくと思います。そこに新しい家族形態が増えていきます。そのステージに移行するには、大きな何かがあるんだろう、と考えています。それで私が言いたいことは、常に、本音を選択してほしい。本音で生きてほしいということです。自分に嘘をつくと、簡単に真実の世界に戻れなくなってしまいます。自分に我慢・抑圧しないこと、解放をさせておくこと正しいパートナーを選ぶことやっぱりこれがすごく大事ですよ。また、時間をおいて、この本を読みなおしてみたいと思います。人生長生きして、幸せにいきるには、心の柔軟さと若さが不可欠です。三連休最後の日です。楽しみましょう!!良い一日を!!

      2
      テーマ:
  • 07Oct
    • 何回も何回も繰り返し・・・・

      この3年間、ある人にずっと同じことを言い続けている。言ってるこっちの方が嫌になるくらい言い続けてる。本当に同じことばかり言ってる。その人の悩みはいつも尽きないのです。いつもいつも、何か問題を抱えています。その人の正体は自信がない人なのです。自信がない人は、「私は自信がない人間だ」ってっ自覚して生きれば気楽なのに、なぜかそれができないのです。自分をさらすことが出来ない、という悩みを持っているのです。自信がない人が、自分を変えようとイキって、自信のあるふりをする。そうすると突然人気がでちゃったり、頼られたりするようになると、始末に負えなくなる。「ほんとは自信がない、コンプレックスの塊なんだ、俺は。」なんてことも言えず、周りの期待に応えて出来るふりをし続ける。理想の自分を創り上げ、現実から目を背ける。そしてさらに頼られる、また不安になる。こんなことが続く。おーい。どこにいったんだあ、私の本音はぁ・・・・自信がなくてコンプレックスだらけの自分を隠すために、自分より弱い人の相談にのったり、頼られようとしたりする。これは、ネガティブリーダーが引き寄せる負のコミュニティなのです。私は負のコミュニティで、成功した事例を一度も見たことがない。負のコミュニティは、依存関係に陥り、最後はリーダーが確実に病むことになるからです。こういうリーダーは必ず「みんなを連れて成功したいんだ!!」そう言います。もう、一つ覚え。「だからぁ、それはぁ、無理なんだって・・・・その理由はね・・」今の時代は、勢いで成功する時代じゃなくなっているんですよ。これは確実に波動の変化です。勢いで引っ張ってもダメなものは駄目なんです。厳しい時代なんですよ。私がこれを指摘しても「僕が信頼している仲間であり、私には必要な仲間です!」と言って、頑なにきこうとしない。明らかにあなたの足を引っ張ってるだけなのに、あなたの成功にこの仲間が必要なのか????私は理解不能な世界に突入します。この頑なさがネガティブの正体なのだけど、私は呆れてものが言えなくなる。私は・人に頼られたい・人に必要とされたい・社会に貢献したいと、いう欲求を露骨に押し出してくる人間に出会うと、身震いするほど嫌悪します。この手の人間はみんな「闇」を持ってる事が多いからです。私の知人は、「『自己実現』って言いだす人種が嫌い」と言ってました(笑)。人それぞれ経験した境遇によって、嫌悪するものはあると思います。きれいな言葉の裏には、闇が隠れていることが多い。だから、私は自然体で本音をいう人種が一番安心できるし、好きなのです。今日の話は、オチがありません。私の愚痴かもしれません。これ以上、何回も同じことを言い続けたくないです。そろそろ次の展開が来てくれないと、私も飽きて死にそうです。でも、何回も同じことを言い続けることで、私のスキルの何かが向上しているかもしれません。感謝です。私は、そういう訳で成長しようとする人としか一緒にいたくないのです。他人がどうのこうのと心配するくらいなら、自分の中の闇を点検して、向上する努力をしてほしいです。皆様、よい一日を。

      3
      テーマ:
  • 06Oct
    • ライバルの存在

      みなさんにはライバルと呼べる人がいるでしょうか?ライバルというのは、自分と同等もしくはそれ以上の力をもった敵・競争相手です。ライバルというのは、実は、その人の能力をより磨くように存在するソウルメイトであることが多いです。マイペースな人、自分の世界を確立してない人は、ライバルが出てくることが多いです。ライバルがいたほうが、自分の磨き方がより明確になるからです。ライバルの存在は、ストレスです。しかしそのストレスによって、自分を戒める力になったり、新しい方針・方向性を見つけ出すことが可能になります。ライバルの存在がなければ、そこまで深く追求しなかったよなあ。。。と思うことばかりです。ですから、ライバル・宿敵というのは、高みを目指そうとする人には必ず出てくるものです。出てきたら向き合っていくのがいいのです。そしたら、自分の道が見えてくるはずです。「どうして自分はこんなに追い詰められてしまうのか?」そう思ったら、しっかり自分を見つめなおしてください。自分らしさとは何か、自分の個性は何か、自分の強みは何か、自分が極めたい方向性はどこか、ライバルの存在は、そういうことを深く深く考えさせるのです。ライバルの存在は、小手先で物事を進めていくことを許さないのです。ライバルからプレッシャーを感じた時は、どうやって自分の世界を広げていくのか?どうやってオリジナリティを出すか?独創性を磨いてください。頑張っても頑張っても追い込まれていく!そういうプレッシャーを感じている人は、一度、立ち止まって休養をとり、しっかり自分を見つめなおしてください。あなたは今、自分を表現する世界の扉の前に立っているはずです。扉を開ける勇気をもつか、競争の世界にとどまるか?あなたの選択です。週末、台風がきていますが、じっくり考えるのがいいと思います。

      3
      テーマ:
  • 05Oct
    • 現実を受け入れるかどうか・・・

      幸せな人生を生きるには、選択が必要です。その時に、「現在地点」を正しくみれているかが大事です。自分が置かれている状況を、正しく見て、あるがままに受け入れることが出来るかどうかです。世の中には、それが出来なくて、事実認識を歪める人がいます。事実を書き換える人がいます。すなわちそれは嘘、虚言なのですが、嘘や虚言も大きくつくと、一時の間はまかり通るものなのです。どうして事実・現実を受け入れられないかというと、その人にとって都合が悪いからです。自分にとって都合が悪いことを受け入れられないのは、心の弱さの表れです。ですから、現実をうけいれた上で、幸せになる道を選ぶ人と、現実認識をゆがめて幸せになる道を選ぶ人は、同じゴールにはたどり着けません。一緒に歩いていくことはできないのです。現実を受け入れようとしない人は、心が弱い人であり、変わろうとしない人です。その人にとって現実を受け入れるということが人生の目的になっていくでしょう。嘘や虚言で人生を創り上げても、心はざわつくばかりで、心の平和は訪れません。嘘はいつか暴かれるものです。これから仲間を見つけていく時に、現実を受け入れて前に進んでいこうとする人かどうか、を見極めることが大事です。成長したい人は成長したい人を仲間にしていくべきです。いつも自分の心を見つめていれば、似た人が集まってきます。自分と向き合えるみなさんでいてください。今日も良い一日を。

      2
      テーマ:
  • 04Oct
    • 心の時代がやってきました

      これから、本格的に心の時代がやってきました。私は嬉しい限りです。毎日私のブログを読んでいただい方は、きっと楽しい時代がやってきます。私のブログ読んでて良かったな、と思っていただけると思います。これから、何をするにしても「心の成長」というのが重要になります。能力・スキルを今以上にあげていきたい。もっと創造力を高めたい。リーダーシップを高めたい。成功したい。こんなお悩みを解決する大きな鍵は「心の成長」なのです。結果を出す力を高めるには、心の要因が大きくなっていくのです。これまでの世界と価値観が変化していきます。恐らく、競争の激しい世界ほど、この法則が有効に働いていきます。心の成長をさせ続けられる人が、思い通りの世界にいけて、周りの人に影響力を与えられる、という時代に入っていきます。私は、そういう心豊かなリーダーを沢山育てていきたいと思っています。他人を蹴落とす競争の社会から抜け出して、共存の世界へシフトしていくには、心豊かな実力者をどれだけ育成できるか?というのが、私の命題でもあります。私のブログを毎日読んでいただいた方には、ぜひぜひ、実践者として活躍して、世のため人のために貢献できる人になっていただきたいと思います。心が豊かであること、精神的成長を目指す生き方は世の中を平和にする生き方であり、人々の模範となっていく生き方です。それは、幸せというのは、心の平和から起こるからです。お金、名誉、肩書き、武力をもってしても、心は平和にならない。ということが身に染みてわかってくるようになるでしょう。心の中が不安だらけで、何かあるたびに心にざわつきが起こる人は、心が休まらず、いらいらし、他人を攻撃したくなり、幸せだと感じることがありません。心がいつも穏やかで平和な人、心がいつも不安だらけで、安定しない人、この違いが歴然としていきます。パフォーマンスも変わっていきます。そういう訳で、これからもブログ読んでくださいね!良い一日を!

      5
      テーマ:
  • 03Oct
    • 一歩前に出る勇気

      10月になりました。エネルギーが変化しています。新しいことをやるのに最適なエネルギーになっています。この流れは2019年に続く流れになりますから、今月にいろんな計画・実行を行うことがいいと思います。社会のイベントは自然災害・金融・財政危機等、いろいろ起きますが、だからこそ、一人一人が新しいチャレンジをするのがいいのです。キーワードは「一歩前に踏み出す」です。新しい自分と出会う、今ままでしなかった経験をする、殻を破る新しい人にであう。どんな人に囲まれて生きるのか、これも重要かもしれません。何でもいいんです。新しい自分を見つけていきましょう。まずは、自分リーダーになることです。自分の人生の主人公が自分であることです。その実践からやっていきましょう。2019年に向かって、どう生きていきたいですか?その方向性を決めたら、初めの一歩、前にでてみましょう。

      2
      テーマ:
  • 02Oct
    • いつも起きる不思議なパターン

      私はいつも、同時に二つの出来事を経験する宿命?パターン?を持っています。例えば、誰かの人生相談にのっているとします。例えばそれが仕事の悩みならば、同じ悩みをもった人が必ずもう一人近づいてくるのです。引き寄せてるのでしょうか?例えば恋愛相談だったら、恋愛相談。不倫なら、不倫。お金なら、お金病気なら、病気いつも、同じ悩みを二つ抱える。三つはないのです。二つなのです。そして、それは厳密にいうと、同時ではなく、ちょい時差があります。まず、ある人に私が関わって、その人に対して、私なりのアドバイスをするのです。しかし、私からアドバイスを受けた人は、まだ本当に悩みを解決したわけではありません。私の目線では、「どうなるのかな?本当にうまく乗り越えられるかな??」という段階なのです。私としては、自分のアドバイスがうまく伝わったかどうか確認したい気持ちがある訳です。それは私自身が正しくアドバイスできたかどうか?を検証したいからでもあります。だがしかし、だがしかし、検証する間もなく、全く違う方向から、連絡が入り、相談にのってくれと言われます。そしてその相談の本質は、前者と全く同じであるのです。私はいつも困惑するのです。どういうこと???私は、自分がきちんとうまいアドバイスが出来たかどうか、確認してからではないと先に進みたくないのに、新たな相談が来て、本当は嫌な気持ちなのです。でも来るのです。こういうことが必ず、、必ず、必ず起きるのです。どういうことでしょうかね?一つの悩みに関わるよりも、二つの悩みに関わることのメリットは①問題に入り込まずに冷静にものごとを観れる。②バランス感覚が出るということなのでしょうか?一つの事に関わると、そこにエネルギーを集中しすぎて、私の中でバランスが悪くなるのかもしれない。そんなことを思います。これは、私自身の学びなのだと思います。私は、人生研究していますが、そのきっかけは、いつもいろんな疑問が湧いてくるからです。「どうしてこんな事が起きるのだろう。」「どうしてこういう経験をさせられるのだろう」、と思うことがあると、私はリストを作るのです。それは、「あの世に戻ったら、絶対に質問して理由を聞こう」リストなのです。私は、いつの頃からか、リストを作り始めていたのです。しかし、そのリストを作りはじめると、何年か経った時に、答えが「わかって」しまってるんですね。あー。そういう事かどこかのタイミングで、ふと「分かった」という感覚が起きて、疑問がなくなり、それはリストから外れていくのです。「何故二つの出来事が同時に起こってしまうのか?」今のところ、この質問がリスト入りしています。あの世にいくまで、悩み続けるのか?生きてる間に解消できるか、わかりませんが、、、楽しみです。みなさんも、人生における不可解なことがあれば、追求してみると面白いですよ。良い一日を!!

      テーマ:
  • 01Oct
    • 勇気ある選択ができてよかった。

      沖縄県知事選、民意が反映されて良かったです。これで、新しい道への選択ができました。沖縄の問題は日本の問題ですから、これで万事丸く収まったわけではありません。トランプは韓国にも日本にも米軍撤退する、と宣言していますから、これからまだまだいろいろ起きるのです。自衛隊の問題・改憲の問題はこれからもっと議論されていきます。日本も自立のためには何が必要か、を真剣に考えなくてはいけなくなります。毎回同じ話をしていますが、安倍政権下では、1000パーセント改憲は出来ません。政権が交代すれば話は変わります。憲法改正の議論はもっとリアルに進んでいきます。いずれにせよ、安倍政権は死に体・崩壊を待つのみとなっています。自民党はこれで、安倍さんを担ぐことに危機感を感じはじめたと思います。安倍が党首では自民党は生き残れない。その通り、急いでください。1日も早い辞任と新しい体制づくりを待ち望みます。沖縄で起きたことは、日本全土に影響を与えます。これから沖縄をはじめいろんなことを変えていくことが必要です。変化を恐れないで前に進んでいきましょう。北海道は昨日も今日も地震が起きてますね。台風の影響はどうなのでしょうか?早く、この流れが過ぎ去るのを待つのみです。

      4
      テーマ:
  • 29Sep
    • 台風がきます

      沖縄に台風がきているようです。早速停電がおきているようです。今回の台風は大きな被害が出ないことをいのりたいです。しかし、ここのところの傾向は「ライフライン」が止まることです。日本列島を縦断する台風ですが、早く過ぎ去ってほしいなと思います。用事がない方は備えをして、なるべく家にいるのがいいと思います。ライフラインと呼ばれる、電気・水が不足してしまうということは、私たち「人間」の生き方を思い改めないといけない、という警告なのです。お金に困る、というのもそうですね。生き方を見直さないといけないのですが、ライフラインが止まる場合は、人間の根本的な生き方を考え直さないといけない段階です。自然から淘汰されるという考え方なのです。自然と調和して、人間は生かされているのです。人間の傲慢さを改めることが大事です。そのために、まず政治を変えることからです。週末は、大きな枠組みの中で私たちの命が生かされていることを想像してほしいと思います。

      3
      テーマ:
  • 28Sep
    • 貴乃花がしなければいけない事

      今日は、書いたほうがいいと思うことが出てきたので、もう一本書きます。貴乃花は、相撲協会をなかなかやめられないと思うのです。このいざこざが長期化すれば、弟子の心も離れていくのは間違いないのです。相撲協会、残るも地獄、辞めることもままならない。そんな貴乃花には、やらなければいけない課題があります。それは、「グレー」の人と仲良くすること。なのです。世の中にいるのは、善人、悪人そして、本当は善人なんだけど状況によっては、周りに流されてちょっと黒くなったりするグレーの人が存在します。貴乃花の生き方は潔癖すぎるのです。別の言い方をすると、純粋、狭い世界でしか生きられない人なのです。そして、彼はその狭さにより、グレーの人を許せない、という思いがあるのです。ですが、この世というのは、グレーな人の存在っていうのが、大事だったりするのです。影響力がある人ってたいていグレーだと覆います。グレーというのもいろいろあるけれど、清濁併せのむとグレーになるのです。グレーの人は、良いか悪いかは別として、いろんな人の気持ちが理解できる人なのです。貴乃花が成長しなければいけないのは、グレーな人たちの生きざまを理解することです。世の中には、生きるために、本意ではなかったけれど、そうせざるを得なかったという事もいるのです。そういう生き方も受け入れていく。それは弱さを受け入れる、ということにもつながるのです。これができない限り、貴乃花の思いが遂げられることはありません。貴乃花が今やるべきは、相撲協会の人たちと、腹を割って話すこと。グレーの人たちの生きざまを受け入れるということ。「許せない」って思わないことです。それが出来そうにないならば、もう一つの選択肢は、お兄さんと仲直りすることです。人生というのは、その時に必要な存在が配役されます。貴乃花が自分の課題と向き合うために、仲良くしないといけないのは①相撲協会の人②お兄さんどちらかと和解することです。私は、お兄さんと和解することが一番いいのではないかと思います。お兄さんは弟に対して、役に立ちたがっているからです。それが出来なければ、味方は一人も現れません。ずっと孤立したままの人生です。家族も離れていくかもしれません。みなさんも、もし、今、追い込まれてにっちもさっちもいかない状況だとしたら、「今まで目を背けてきて、向き合えなかったことはないか?」点検してみてください。そこを乗り越えさえすれば、大きな幸せが待っていると思います。

      8
      テーマ:
    • 台風24号と自立の道

      台風がやってきているようです。進路は少し変わるかと思いましたが、予定通り、日本列島を横断する予定です。九州も明日から明後日まで雨の予定です。10月1日に台風が日本列島を通り抜け、その翌2日に、安倍内閣組閣発表が行われます。30日の沖縄県知事選で、誰が当選するかによって、安倍内閣の流れも変わってきます。習近平はトランプと「お友達ではない」宣言をしました。米中貿易戦争が激化してきました。その影響を日本も受けるはずです。超強気な姿勢を崩さないトランプの経済作戦はうまくいってるようにみえます。しかし、このままトランプは突っ走ることが出来るのでしょうか?一つ言えることは、世界はそれぞれ「自立」に向かって動いているということです。ですから、個々人が自立に向かって成長を目指していれば、国は間違った方向にはいかない、ということです。自立を勝ち取るためには、時には戦いが必要です。貴乃花の戦いは、まさに、「自立」の戦いです。これまでも弟子を人質にとられ、権力の闇に取り込まれないように、せいいっぱい戦ってきたのだと思います。そしてまだ終わらないどころか、この戦いはこれから表面化していきます。これから、自立か支配か?そういう選択を迫られる機会があるかもしれません。目覚めている方は「自立」を選択してください。

      1
      テーマ:
topbanner

2016年12月1日よりオタカラポケットチャンネルを始めました。
良かったらチャンネル登録をお願いします。スピリチュアル、ビジネス、人生相談、いろんな角度から末若智子が語っていきます。霊的知識を身につければ人生は好転します。是非一度ごらんください。
・人生の目的を知る ファイル
・たましいの話 ファイル
・その他 ファイル



プロフィール

輝く人を応援するブログ

自己紹介:
オタカラポケット 代表 末若 智子 1969年福岡生まれ、 オタカラポケットHP www.otak...

続きを見る >

フォロー

テーマ

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス