ともぞう横乗りブログ!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-06-07 16:27:31

スノーボード ワックスの塗り方 クリーニングからワックス塗るまで

テーマ:スノーボード

今日はシーズンで使ったボードを

 

クリーニングして

 

保管用にワックスを塗っていきたいと思います。

 

まずはクリーニングから。

 

汚れは長時間置いとくとなんでもそうですが取れにくくなります。

 

来シーズンまで汚れたままで置いとくなんてマイ道具が泣いちゃいます!

 

まずリムーバーをぶっかけます。

 

image

 

ドバドバっといくともったいないので

 

100均のスプレーボトルに移して使えば少量で全体にまんべんなくいきわたりますよ。

 

image

 

小傷が多い板だと汚れが隙間に入っててなかなか取れないので

 

ここでブラシをします。

 

image

 

image

 

そしてティッシュで拭き取ります。

image

 

バッチリ♫

 

image

 

顔はバッチリじゃないけど。。

 

綺麗に見えて汚れが結構残ってた。

 

続いてワックスを入れていきましょう。

 

まずアイロンを温めます。

 

image

 

僕はアイロンに固形ワックスを押し付けて溶けたワックスの断面を

 

ボードにつけて伸ばしていく戦法です。

 

image

 

ぼたぼたってたらすよりも綺麗にのばせます。

 

ワックス塗るときに大量に垂らしすぎて分厚くなりすぎてると

 

アイロンをボードに当てたときに表面しか溶けなくてしっかりボードに溶け込まないんで

 

ワックスの量は多すぎず少なすぎずですね。(少なすぎてももちろん板が焼ける原因になるのでダメです)

 

image

 

とりあえず全体にまんべんなく塗りつけました。

 

image

 

んでアイロンをボードにつけて浸透させていきます。

 

アイロンの温度は90〜110度くらいかな(ワックスの硬さによるので各ワックスのパッケージを見てね)

 

ボードが熱を持ちすぎると滑走面が融けてワックスが入らなくなっちゃうし

 

ボードの芯材に使ってるボンドも外れちゃうから

 

注意:

常にアイロンは動かす!

熱を持ってる場所を何度も往復しない!

 

image

 

わかりやすくするために僕は

 

まずセンターをノーズからテールに

 

次に手前をノーズからテールに

 

その後奥をノーズからテールに

 

でアイロンの通った道が被らないようにしています。

 

アイロンを動かすスピードはう〜〜む

 

だいたいノーズからテールで5〜6秒位くらいですかね。

 

10秒だとちと遅いしサッとやってもワックス溶けないのでだいたいそんなイメージで。

 

アイロンが通った跡が少し液体状になって10cmくらい後追いをしながら冷えて固まっていく感じです。

 

image

 

ちなみにペーパーを使えばより薄くワックスを塗れるしアイロンが直接ボードに当たらないので

 

熱がマイルドに伝わるよ!

 

image

 

右手にペーパー。左手のアイロンとボードの間に挟んで一緒に引っ張ろう!

 

image

 

とこれでワックス完了。

 

シーズン終わって保管用にワックスを塗っておけばボードの劣化も抑えられるし

 

汚れも取れば綺麗な状態で来シーズンを迎えられるよ!

 

シーズン終わってそのまま放置はもったいないのでみんなも保管対策しっかりしてみてください!

 

 

 

今回はほとんど傷がないダメージも出ていないボードだからペーパーなしでもワックス綺麗に入れれたけど

 

滑走面がボロボロだったり傷だらけだったり、エッジがやられてたりすると

 

まじでワックス入れにくいしもうその場合はサンディング(滑走面を削ってフラット出し)した方がいいので

 

それはまたお話しますね!

 

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました♫

こちらもぜひチェックを♫

 

ともぞうのYOUTUBEチャンネル↓

https://www.youtube.com/c/tomozo

スノーボードの動画も載せてます♫

よかったらチャンネル登録、いいね!待ってます!

 

 

実はインスタとツイッターもやってます。

 日々のつぶやきや短編動画はインスタとツイッターから。

 ともぞうのインスタ↓

https://www.instagram.com/tomozo_snb/

 

ともぞうのツイッター↓

https://twitter.com/tomozo0730

 

よければこちらのフォローもお待ちしています!

 

 

 

 

 

 

2019-06-02 15:30:57

SUP(スタンドアップパドルボード)の服装ってどんなの?

テーマ:SUP

 

今回はSUPに行く服装ってどんな?です。

 

なのでSUPって何っていうのは省略しますね!

 

さてタイトルでも言いましたSUPに着て行く服ですね!

 

もちろん暑い寒いによって服装は変わるんですけども

 

 

一般的なのはこんな感じです。

 

水に浸かることもあるので速乾性のものが好ましいですね。

 

この場合だと

 

ビキニに速乾性のTシャツ、その上からラッシュパーカー。

 

下はレギンスにサーフトランクスです。そして帽子は水に浮く素材でゴム紐つき。

 

やはり水辺なので照り返しによる日焼け防止と

 

川などで遊ぶ場合は虫対策で肌はあまり露出しないほうがいいですね。

 

もちろん普通のTシャツでもいいのですが水に濡れたり汗をかいたりすると

 

体が冷えて体力を奪われることがあるのでなるべくすぐ乾くものがいいですね!

 

 

靴は川で遊ぶときは要注意。

 

ビーチサンダルやクロックスなどすぐ脱げたり岩場などで使いにくいものはNG。

 

 

だいたい指ぶつけて悶絶っていうのが多いから足先をしっかりガードしてくれるのがオススメ。

 

正直2000円くらいで売ってるマリンシューズはサンダルよりはいいけど足先が心もとない。

 

砂浜だったり沖に出てしまえばなんでも良くなっては来るんだけどね・・・。

 

 

 

 

あとはこれがあれば便利だよっていうアイテムは・・・

 

①携帯ケース

 

海で沖に流された時でも

 

誰かが怪我した時でも

 

すぐに救援を呼べるので携帯電話は防水ケースに入れて持って行くことがオススメですね。

 

②水筒

 

しっかり漕ぐとしっかり疲れます。水分補給はこまめに!

 

③カメラ

ちなみに僕はこれ。防水のやつです。

https://www.amazon.co.jp/Nikon-ミラーレス一眼カメラ-Nikon1-防水ズームレンズキット-N1AW1LKSL/dp/B00FAHFD6O/ref=sr_1_2?qid=1559456345&refinements=p_n_feature_eight_browse-bin%3A2286409051&s=photo&sr=1-2

 

④お着替えポンチョ、お着替えテント

 

だいたいSUPって場所を選ばずできるんですがそんなとこに着替える場所なんてないんです。

 

こんなん2000円しないくらいであるのでお着替えグッズ持ってると便利ですよ!

 

さぁここまで揃えたら後はSUPに行くだけ!

 

四国で初めてでもできるSUPツアーはこちらからチェックしてね↓

 

https://www.voltagesnowboard.com/仁淀ブルーsup体験ツアー/

 

 

 

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました♫

こちらもぜひチェックを♫

 

ともぞうのYOUTUBEチャンネル↓

https://www.youtube.com/c/tomozo

SUPの動画も載せてます♫

よかったらチャンネル登録、いいね!待ってます!

 

 

実はインスタとツイッターもやってます。

 日々のつぶやきや短編動画はインスタとツイッターから。

 ともぞうのインスタ↓

https://www.instagram.com/tomozo_snb/

 

ともぞうのツイッター↓

https://twitter.com/tomozo0730

 

よければこちらのフォローもお待ちしています!

 

 

 

2019-05-29 12:08:18

SUP(スタンドアップパドルボード)の選び方 オススメって何?

テーマ:SUP

今からSUPを始めたい!

 

でも何を揃えたらいいのかわからない!

 

どのブランドがいいの?値段はどれくらい?

 

少しずつですが解説していきます!

 

 

まずSUPですがスタンドアップパドルボードの略なので

 

パドルとボードが要ります。これがないとSUPではないですね!

 

そしてボードですがサーフボードと同じフォーム素材で作られていて硬いハードタイプと、

 

ゴムボードのように空気を入れて膨らませるインフレータブルタイプと大きく2種類あります。

 

ハードタイプのメリットはサーフボードと同様に修理がそこまで難しくなく長持ちします。

 

空気が漏れて沖でしぼんで沈む心配もありません。

 

インフレータブルタイプは中身が空気なので軽く、畳めば場所も取らないため持ち運びも容易で保管も楽です。

日本で流行り始めた背景にはこのインフレータブルのコンパクトになるというところが大きく手助けしたのではないでしょうか。

 

ですので今回は求めてる人が多いであろうインフレータブルタイプで話を進めていきたいと思います。

 

まずこれから始めるのであればオールラウンドにできてある程度浮力があるモデルがオススメです。

 

日本人も設計に携わり日本の環境に合わせてデザインされたSOUYUSTICK。

 

値段もお手頃。というかもっと安いSUPは存在しますが

 

値段ってやっぱり相応というか・・・。

 

入れれる空気圧が低くて目一杯入れてもボヨンボヨンだとか・・・。

 

2年くらいたったらデッキパッドののりが剥がれてきたとか・・・。

 

色々使ってきましたがそんなのが結構多かったです・・・。w

 

値段もお手頃のとりあえずやってみたい人向けタイプ。

 

オールラウンドなSKYWALK 10'6"。

 

SOUYUSTICKは日本の会社が作っているので安心感が違いますね。

 

実際大げさかもしれないですが命預けるものなので・・・。

 

 

もう一つはDRIFTER9'8"。

 

SKYWALKよりも幅が太い分安定感があります。

 

全てに言えることですが幅が太いと直進性は若干マイナス。安定性は上がります。

 

川下りや海での横波にも強いですね。ロングクルージングはSKYWALKが楽。

 

とこんな感じでモデルを選んでいきます。

 

ただここで大きな落とし穴が・・・

 

とりあえず初心者用でって買うじゃないですか。

 

SUPって・・・

 

すぐ初心者脱出できるんすよ・・・。w

 

しょーじき初心者用とかって買う必要あるんっていうくらいすぐ乗れると思うんです。

 

だから・・・。

 

買うときはこういうのしたい!ってある程度調べて決めて買ったほうがいい。

 

SKYWALKはめっちゃいいけどロングクルージングを1人乗りで楽しむ用。

 

DRIFTERは安定感を重視して子供と乗ったり、川くだりしたり。

 

もし釣りがしたいとか・・・

 

キャンプとかしてみんなで乗ってワイワイしたいとかだったら

 

 

これが欲しくなる。というかこれじゃないとってなってしまう。

 

ADVENTURE10'10"

 

3気室だから針が刺さって沈むっていう危険も起こりにくいし

 

安定感があるので大人が2人乗ってもフラフラしにくい。

 

ちょっと他よりも高いけどそんなに買い替えるのももったいないのであれば

 

最初からこれでスタートもいいんじゃないかと思います。

 

SOUYUSTICKこちらで見れるのでぜひチェックしてみてください♫↓

https://item.rakuten.co.jp/senrido/c/0000001089/

 

 

 

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました♫

こちらもぜひチェックを♫

 

ともぞうのYOUTUBEチャンネル↓

https://www.youtube.com/c/tomozo

よかったらチャンネル登録、いいね!待ってます!

 

 

実はインスタとツイッターもやってます。

 日々のつぶやきや短編動画はインスタとツイッターから。

 ともぞうのインスタ↓

https://www.instagram.com/tomozo_snb/

 

ともぞうのツイッター↓

https://twitter.com/tomozo0730

 

よければこちらのフォローもお待ちしています!

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>