よしおのあったか日記

よしおのあったか日記

定年退職して2年、再雇用で働いていますが今度独立します。
愛と勇気と知恵で乗り切っていきます!

こんにちは、

よしおです。

 

いまノンフィクション作家高野秀行氏の本を読んでいます。

その本というのが『ワセダ三畳青春記』。

 

その舞台になっているのが野々村荘。

早稲田大学の正門から徒歩5分の路地裏。

胡桃の木があり、木造2階建て。

 

しかも1989年ということで、僕はちょうどその頃早稲田鶴巻町に住んでいました。

ということはほんの近くに高野さんいたんだなと思うととっても親近感を持ちます。

 

でもは、野々村荘はどこなんだろう?

一応仮名で、本の中で「早稲田町の。。。」という表現がありますが、

早稲田町という町名はないんで、早稲田鶴巻町もしくは早稲田南町ということで、

どちらも正門から徒歩5分圏内です。

 

こんど見つけに行ってみよう。

 

 

こんにちは、

よしおです。

 

所属しているおじさんばかりのコミュニティーで毎週同曜日の朝、

「読書会」を行っています。

 

次のお題が「場所にちなむ本」

 

上京して45年、その内東京にいたのが13年ですが、その内10年は新宿区民でした。

ということで新宿にちなんだ小説となるとまず思い浮かぶのが、大沢在昌作、新宿鮫シリーズ。

その第2作の毒猿が凄い。

 

新宿御苑は、戦場となり阿鼻叫喚の舞台となったのです。

 

 

こんにちは、

よしおです。

 

7月29日(金)公開の『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』。

観てきました。

 

もうハラハラドキドキの連続で面白かったです。

ぜひ、観てください。

 

最初の『ジュラシック・パーク』が公開されたから30年。

前作5作が動画配信サービスで見放題なので、改めて観始めました。

 

こんにちは、

ともやんです。

 

友人が内館牧子著「終わった人」を読んだとFBに感想をアップしていた。

僕が読んだのは、まだ会社員だった4年ほど前かな。

 

それなりに面白く読んだが、設定古いんじゃない?というのが正直な感想。

内館さん自身1948年生まれの団塊の世代。

 

定年前後のおじさんたちを取り巻く現状は数年単位で変化していて

10年も経てば化石化してる、なんてね。