ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Ameba

ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Ameba

ともさかりえ本人によるオフィシャルブログ



                   音譜好評発売中!音譜
                『オトナ時間。オンナ時間。』

                (ともさかりえ著、行正り香著)






梅雨が明けた。
蝉の鳴き声で目が覚める。
肌に纏う空気が変わったのを感じて
ああ、夏だ!とはしゃいでしまう。
部屋に風が抜けるのが気持ちいい。

「はじまりへの旅」を観賞。
じわじわと染み入るものがあり
もうたまらなくて震えるほど泣いた。
観終わって、暫く放心。
何か具体的に言葉にすると
感じたもの全てが零れ落ちてしまいそうで
扇風機の風にじいっとあたっていた。

どんな思想を持って生きていくか
こうありたいという覚悟は
手放してはいけないんだなと
2年前の明治通りで号泣したときも
同じようなことをぼんやり思ったけど、
私がこの映画を愛しいと感じるのは
自分の人生全てに繋がるというか
それは生き方であり
心の在り方であり
子供への想いであり
つまり愛する人への想いであり
自分をつくる全てを撫でられたような
そんな気持ちになったからだ。

ラスト、妻への別れの言葉。
人生の最期にあんな言葉をかけてもらえたら
どんなに幸せだろう。
その後のトイレのシーンも最高。
笑いながら涙が止まらなかった。
最後の終わり方も美しくて
何度思い返しても込み上げるものがある。
速攻でガンズ・アンド・ローゼズの
「Sweet Child o' Mine」ダウンロード。
劇中の子供の歌声、素晴らしかった。
そう、子供たちが可愛くて可愛くてね
あの眼差しの強さは本当に胸を打つ。

久々に繰り返し観たい映画に出会えて幸せ。