ぐっと冷え込んで来た今日この頃。
午後から、京都に出掛けました。

私の住む大阪より、京都は、底冷えして身体の芯から冷えるよう…

けれど、小雪舞う京都は美しく、着物姿の人もちらほらと。やはり京都は風情があります。

{D2E297AB-F7E2-4E46-AA38-03919504FD73}


私が好きそうな催し物があるよ…とお誘いして頂き、どんな催しがよく知らないまま、レトロな雰囲気のイベント会場のドアを開けました。

{8F11719A-AAF5-40A7-A153-B1E711994BC5}

個性的で不思議なオブジェが並び、ゴスロリ系の女子や、コスプレイヤーが蝶々のように、ひらひらと行き交っています。 
小説家さん主催で、彼の著作を、思い思いに和綴じして、オリジナルの本を作るのです。

{53813333-3EDA-4195-B610-95B69DCF5CF6}

原稿を印刷するレーザープリンタのジージーという音。
静かに本を作る時間。時おり、くすくすと笑ったり、好きな曲をハミングしたり…女性たちの声がまるで、BGMのよう。

私は、不思議なイベントだなぁ…と思いつつ、ふっと気づいた。

あっ!今、ここにいる皆さんや、囁き声、微かなBGMや音…そして、それぞれが和綴じした本…

{028FB288-247A-44F0-AED9-5A2E6AFAC79A}

これら全てが、アートなんだ!
この会場、全体がパフォーミングアート(瞬間芸術)なんだ…と。

私の見解もありますが、そう、気づいた瞬間、主催者さんのセンスに脱帽…

{A6BE8BCC-6093-4697-A1F7-FF634D80FE9B}

きっと不思議さにちょっとだけ戸惑う、迷子になったみたいな顔の私も、この会場の作品のひとつ(笑)

そう思うと、なんだかとても愉快な気持ちになって、思う存分、この非日常を楽しんだのでした。
この和綴じした小説も朗読してみたいな。


うん、やっぱり、京都は、すてき。

{8229A3B4-0D15-43A7-B979-DB19179162DD}


帰り道立ち寄ったsou souで和テイストスタイルを試着。このブランド、好きです♡