いつもご紹介させていただいている棟上げ風景ですが、

 

担当させていただいているお二組とも

 

仮設で約2年5か月を過ごされています。

 

 

 

 

棟上げ当日の朝です。

「ご安全に!」

 

心の中で、おめでとうございます!と思っています。

 

 

全景はこんな感じです → → → こちら

 

 

 

 

帰りを喜んでくれるご近所さんたちも

出て来てくれて、

 

施主のご家族、私も含め、一緒に棟上げ風景を並んで

 

クレーンが上がる度、

「おーーーっ!」と騒ぎながら見ていました(ノ゚ο゚)ノ

 

 

 

御船にて。

 

 

棟梁 H氏  「一棟入魂」のSIBUメン!

 

 

 

 

こちらは、益城にて。

 

棟梁 T氏  「親切親身」の紳士!

 

 

施主さんは「泣くなよー」と言っていたり、

「うふふ」と声に出して笑いながら、

一緒に並んで見上げていました。

 

 

思いが伝わります。

 

同時に、専門職のお仕事に感動します。

 

友建設の監督や「富丸クレーン」さんもそうです。

 

それではまたご報告します!

 

懐かしいこちらの記事も見てください♪ こちら♪

 

 

友建設 展示場Jより