こんにちはぽってりフラワー

 

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

 

初めての方はこちらをどうぞ 猫あたま       はじめまして♡

 

 

ことばを覚えていく時に

マネをする

 

ってとっても大切なチカラのひとつですヒヨコキラキラ

 

 

 

でも

 

右差し こちらが言わせようとしてもマネできない…
右差し 手遊び歌でマネしてすることができない…

 

なんてことがあるかもしれません。

 

 

 

 

今日はそんなお子さんに向けて取り組んでみるといいかもキラキラな遊びについてブログを書こうと思います。

 

 

 

なんで、僕の真似をするの?

 

こちらの関わりについてマネをするのが難しいお子さんには

 

ぜひ

 

お子さんのしていることをママが真似してみてください。

 

 

 

 

例えば

お子さんがたいこをトントンたたいていたら

ママも真似してトントンたたいてみます。

 

 

 

 

うーん「あれ?なんでママもタイコたたいてるの?」

 

みたいな顔をしたら第1段階クリアOKキラキラ

 

 

 

 

 

お子さんがやめたら、ママもたいこをたたく手を止めて

またたたきはじめたら、ママもたたく‥‥

 

 

こんな遊びを繰り返してみてくださいハート

 

 

 

 

今度はママから

 

だんだんそんな繰り返し遊びが楽しくなってきたら

今度はママからたいこをたたいて、お子さんが真似してたたくのを待ってみてください。

 

 

 

 

ママがたたいたら、おこさんがたたく

ママがたたくのをやめたら、おこさんもやめる

 

またおこさんがたたいたら、ママがたたく‥‥

 

 

お子さんの表情を見ながらやってみてください。

※中には真似されるのを嫌がる子もいるので、嫌がっていたら無理にしなくてOKです。

 

 

 

 

もし笑顔でその繰り返しを楽しめるようになったら

まねっこあそびの面白さを実感できているかもしれません食パン

 

 

 

 

 

物を使ったまねっこから、手へ、そしてことばへ

 

「たいこをたたく」のように物を使ったまねっこは、模倣の中でも取り組みやすい課題ですチョキ

 

 

 

 

もしたいこをたたく、ラッパを吹く、車を走らせるなど物を使った真似がスムーズにできるようになったら

 

 

 

今度は手を使ったまねっこあそびへ進めるかもしれません乙女のトキメキ

 

 

 

 

 

例えばタンバリンを使った真似っこあそびをしていて

できるようになったら今度は両手で「パンパン」とたたいてみます。

 

 

 

 

ママが「おててパンパン」と言って手をたたいたら

お子さんも手をたたく

 

を繰り返ししながら遊ぶことができるかもしれません。

 

 

ママが「おひざトントン」と言っておひざをたたいたら

おこさんもおひざトントンができるかもしれません。

 

 

こんな風にまねっこあそびを広げていきます。

 

 

 

真似をすること

自体が理解できるようになったら

 

牛あたま足をトントン

牛あたまその場でジャンプ

なども真似でできるようになります。

 

 

 

ここまで来ると簡単な手遊び歌ができるかもしれません。

 

 

 

 

 

そしてことばへくちびる

 

 

熊あたま「おーい」

熊あたま「はーい」

など、身振り(動作)と一緒にいいやすい簡単な言葉でおこさんが楽しめるものをチョイスしてやってみてください。

 

 

 

 

 

どの段階であったとしても

ポイントは

こどもたちが楽しんでいることランニング乙女のトキメキ

 

 

無理やり真似をさせようとしてもなかなか難しいと思います。

 

 

 

 

 

まじかるクラウンおこさんの興味が持てるものを使って

まじかるクラウンおこさんが面白がるような動作を使って

まじかるクラウンおこさんがたのしくなるような音(ことば)を使って

 


 

ママも一緒に楽しみながら

まねっこしたい気持ちを育ててもらえるといいなと思います目ハート

 

 

 

よかったら参考になさってくださいおすましスワン

 

 

 

 

 


 

 

 

 

こんにちはぽってりフラワー

 

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

 

初めての方はこちらをどうぞ 猫あたま      はじめまして♡

 

 


みなさん、今話題のClubhouseと言う新しいSNSご存知ですか?

 

image

 

 


少し前から話題になっていて

招待されると入ることができるSNSまじかるクラウン

音声だけでコミュニケーションをするもので

今は聞く専門の私の印象は‥‥

 


色んな人が集まるお部屋(room)があって
そこで話してる人の話が自由に聞けるラジオみたいな感じですOKキラキラ

 

 

 

 

 

私もこの週末にご招待していただいて
気になる方をフォローしたりして
早速始めてみたんですが

いつClubhouseのアプリを開いても、いる方がいました。

 

その方はこちら…

てぃ先生

image

 

 

YouTubeやTwitterでも人気で
テレビにも出られている現役保育士さん

 


だそうなんですが
恥ずかしながら今回clubhouseで初めて知りましたお願い

 

 

 

人気があるのはイケメン保育士さんだからだろうなぁ~

と思いながら聞いていたんですが‥‥

 

 

んん?

猫あたまとっても話し方が柔らか。
猫あたまママたちへの共感の仕方がすばらしい。
猫あたまアドバイスがとっても的を得ている。

 

 

 

だんだん、てぃ先生のことを知りたくなり本を購入。

 

 

 

 

 

 

読んでみてびっくりしました目

 

 

 

本が届いてすぐに読んだんですが…すごい。

 

 

ヒヨコ子育てのアイデアの情報量がとにかく多い
ヒヨコすぐにでも取り組めそうなことばかり
ヒヨコ難しいことばがなく分かりやすい

 

 


そして私が思ったのは

12年の保育士さんとしての経験からのアイデアもたくさんあるとおもうんですが

てぃ先生…かなり勉強されている方ではないかと!!

 

 

 

だっていろんな子育て保育療育などで勧められている対応の仕方が

この本の中にギュギュっと盛り込まれていますキラキラ

 

 

 

 

特に私のお仕事分野で言うと

自閉スペクトラム症ADHDなど発達障害のお子さんにも

ぜひ試してもらいたいアイデアもたくさん書かれています。

 

 

 

 

 

その理由は

 

ランニング具体的な言い回し
ランニング否定的な表現や関わりが少なく肯定的
ランニング子どもたちの興味に寄り添う手立て
ランニングスモールステップ
ランニング見通しを立てる
ランニング視覚指示

 

が、あるから。

 

 

こういった関わりは発達障害の子たちだけでなく

多数派と言われる定型発達の子たちにも伝わりやすい内容なんだなぁとこの本を読んで改めて思いましたお願い

 

 

もうひとつこの本がいいなぁと思うのはママやパパの気持ちに寄り添ってくれていることふんわり風船ハート

 

 

子育ての困ったことあるあるが満載に書かれている本の中に

たくさん「ママやパパが大変なの分かるよ~」というメッセージが入っています。

 

 

 

 

 

共感してもらえると「うちだけじゃないんだ」と思い、

取り組んでみようかなぁという気持ちになれるのではないかと思いますOKキラキラ

 

 

 

最後の章ではママやパパへのメッセージもあって、ほっこりあったかい気持ちになれますよおすましスワン

 

 

 

話題のClubhouseで知ったてぃ先生

イケメン現役人気保育士YouTuberだけでなく

こどもとママパパに寄り添ってくれるスゴ技の保育士せんせいでした。

 

 

 

子育てに煮詰まりそうになる時って、

ママやパパの中のこどもに対する対応の選択肢が極端に少ないときアセアセ

 

 

この本に書いてあるアイデアは

煮詰まった頭をゆるめながら選択肢を増やすのにピッタリだなぁと思いました。

 

 

全てのお子さんを持つママやパパさんにおすすめです。

 

 

 

 

よかったら読んで見てくださいね食パン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはぽってりフラワー

 

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

 

初めての方はこちらをどうぞ 猫あたま           はじめまして♡

 

 

発達障害のお子さんに

「自己肯定感を育てましょう」というのはよく聞きますよねOKキラキラ

 

今日は自己肯定感を育てることについて書こうと思います。

 

 

 

発達障害の子の自己肯定感

 

発達障害の子は日々たくさんの不安を抱えて生活しています。

 

それは

 

おばけくん 見通しがない不安
おばけくん 苦手な刺激がたくさんある中での生活
おばけくん 不器用ゆえに思ったように出来ないことが多い
おばけくん 色んな感じ方が違うので理解してもらえない
おばけくん 注意されたり叱られることが多い

 

他にもたくさんあると思いますが

いっぱい不安や失敗があって

いっぱい挫折感を味わい

時には「自分はどうせダメなんだ」と否定的な気持ちになることも少なくないかもしれませんアセアセ

 

 

そういったお子さんが多いので

 

 

自己肯定感を育ててあげよう

 

ということは今も昔も大切にされてきていると思いますヒヨコ

 

 

 

 

そのために

「できる」「できた」を積み重ねること

 

はとても大切になってきますぽってりフラワー

 

 

例えば

猫あたま課題が複数にならずに1つになっているか

猫あたま1ミリ頑張れば出来るレベル設定にする

猫あたま当たり前にできていることを褒める

 

など、「できた」を積み重ねながら自己肯定感を育ててあげることは

とっても地道だけど

発達障害の子にとっては

大切なこころの土壌づくりになりますふんわり風船ハート

 

 

そしてもうひとつ私が自己肯定感を育てる時に大切にしたいことがありますキラキラ




 

ダメな自分を受け入れてもらえる体験

 

自己肯定感を育てる時に

「できた」を積み重ねることは

特に発達障害の子にはとても大切ですぽってりフラワー

 

 

でも

「できた」が積み重ねられないことも

時にはあるかなと思いますタラー

 

 

たくさんの「できた」が積み重なると

時々やってくる「できない」があっても

【次はもしかしたらできるかも】と思えるようになるのが理想ですまじかるクラウン

 

 

でも同時に

「できない自分を受け入れてもらえた体験」も一緒に積んでいけるといいなぁと思いますおすましスワン

 

 

 

 

 

できること「だけ」に集中してしまうと

出来なかった自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

 

ダメな自分でも

出来ない自分でも

  • 僕の気持ちを分かってくれた
  • 味方でいてくれた
  • 受け入れてくれた

 

そんな人がひとりでもいてくれたら

それが心の支えとなって

次の一歩を踏み出す勇気に繋がるかもしれません虹

 

 

 

自分の弱いところを見せるのって

誰でもイヤなことですよねアセアセ

 

 

でも自分のダメなところを見せてしまっても

それでもいつもと変わらず

受け入れてもらえたり

自分の悔しかったり、悲しかった気持ちに

共感してもらえると

 

 

「ダメな自分でもダメじゃないかもしれない」

「こんな自分だけど大丈夫かもしれない」

と思える日がくるかもしれませんね乙女のトキメキ

 

 

どんな自分でもきっと大丈夫

と思えるようになった子は強いです筋肉

 

 

 

小さい「できた」を積み重ねながら

ダメな自分を見せても受け入れてもらえた経験も大切にしてあげたいなと思います。

 

 

よかったら参考になさってください。

 

image 

 

こんにちはぽってりフラワー

 

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

 

初めての方はこちらをどうぞ 猫あたま      はじめまして♡

 

 

信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部

本田秀夫先生(精神科医)をご存知ですか?

 

 

 

 

プロフェッショナル仕事の流儀でも特集された

発達障害分野ではとても有名な先生で

乳幼児期から成人期まで長期にわたって診察を続けられていますまじかるクラウン

 

プロフェッショナル] 精神科医 本田秀夫 | あなたらしく、笑顔で生きて | 医師 | プロフェッショナル仕事の流儀 | どーがレージ |  NHKオンライン

 

 

 

プロフェッショナルの番組内でも

先生が子どもたちに寄り添われながら

「普通とは何か」をいつも自分自身に問い続け

その子たちの「本当の幸せは何か」を考え続け

日々臨床の現場で向き合っておられてる姿が印象的でした。

 

 

 

 

その先生が令和2年9月8日から14日にかけて配信された

公益財団法人明治安田こころの健康財団と共催で行ったオンライン講演会の字幕付き再配信されています。

 

 

 

 

 
 
この動画では

 

ビーグルあたま発達障害のお子さんに対する基本的な考え方

ビーグルあたま小児期から成人期にかけての発達障害特性の変化

ビーグルあたま自閉症スペクトラム症の小中学生と登校拒否行動について

ビーグルあたま不登校の要因や登校しぶりについて

ビーグルあたま自閉スペクトラム的コミュニケーションについて

ビーグルあたま自閉スペクトラムの人の健康でハッピーな生き方

ビーグルあたまいじめの背景

ビーグルあたまインクルーシブ教育

ビーグルあたま個別の配慮の考え方

ビーグルあたま余暇活動

ビーグルあたま不登校になってしまった時の対応

 

 

など、1時間半くらいの動画にギュギュっと盛り込まれていますお願い

 

 

 

 

新しい今の発達障害の子たちへの理解の仕方だけでなく学校教育についてはかなり踏み込んだ内容の話もされています。

 

 

 

 

本田先生がオープンな場所でこれだけ踏みこんだ話をされる意味を考えると

 

 

どのくらい緊急性がある問題であるか

教育現場だけでなく

社会全体で取り組まないといけないことなのかを

改めて感じました。

 

 

 

 

なので、保護者の方、学校の先生、支援者のみなさん…

たくさんの方にこの動画を見て頂いて

考えるきっかけになってほしいなぁと思っています。

 

 

image

 

 

 

 

ただ、ひとつ気をつけたいのは

これを教育現場や先生方を攻撃してしまう材料にはしないでおいてほしいなぁと思います歯

 

 

 

学校先生方にも気になるお子さんをサポートしたい想いはあるけれど

できにくい環境やシステムがあるのだと思います。

 

 

 

みんなでその現状を知って

どうしたら子どもたちがこどもたちの個性や特性を大切にされながら

教育を受ける機会を確保していけるのかというところを

 

保護者、学校、福祉、医療…みんながチームになって考え

よりよい未来へ進んでいけるといいなぁと思いましたヒヨコ

 

 

 

発達障害の子たちへの理解

不登校の考え方

 

昔とは少しずつ変わってきていますお願い

 

 

 

新しい理解をアップデートして

多様性が受けれられる

あたたかい社会に近づきますように乙女のトキメキ

 

 

 

 
 

 

 

 

 

こんにちはぽってりフラワー

 

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

 

初めての方はこちらをどうぞ 猫あたま  はじめまして♡

 

 

私がこれまで障害福祉の分野のお仕事をして、影響を受けた方が何人もいますハート

 

 

 

 

 

その多くが私がいつも障害を持つ子と出会う時に感じる「普通とはなにか」という問いに正面から向き合ってこられた方々。

 

 

 

その一人が鹿児島にある「しょうぶ学園」の施設長福森伸さんです。

 

 

 

 

 

 

私が大好きなsoarというサイトでも特集され

 

 

 

 

先日、NHKのハートネットTVでも特集され

 

 

 

 

 

日本でも有名な障害福祉施設です。

上に貼ったリンクの記事を読んだだけでも胸が熱くなり、ウルウルしてしまいます。お願い

 

 

 

 

特に私は言語聴覚士として働き始めたすぐの頃、

知的な遅れが比較的重いお子さんと出会う機会が多くありました。

 

 

 

本当にたくさんのことを教えてくれたあの子たちの顔は今でも忘れることはありません。

 

 

 

 

 

 

当時の療育と言えば

「いかに普通の子に近づけられるか」

「苦手なところをどれだけ練習して上手にするか」というところにエネルギーを注いでいた時代でした雷

 

 

 

初めは何も分からず、ただがむしゃらに

目の前の子たちが一つでも出来ることが増えるようにと一生懸命言語指導をしていましたグー

 

 

 

何年かたった頃

 

  • 「本当にこれはこの子のためになっているんだろうか」
  • 「覚えたことがどのくらい生活で使えるようになるんだろうか」
  • 「使えるようになったことは、この子たちの生活が豊かになることや幸せに繋がっているんだろうか」

 

 

たくさんの葛藤が出てきました。

 

 

そのたびに

 

「普通ってなんだろう」

「この子たちの本当の幸せってなんだろう」

 

そのことばの意味を何度も考えてきました。

 

 

 

時代が流れ、少しずつ

「苦手な所を頑張らせるのではなく、得意な所を使って苦手な所をカバーしよう」

 

というように療育の流れもシフトチェンジしていきました。

 

 

 

その中でも何度も湧いてくる「普通ってなんだろう」「この子たちの幸せってなんだろう」の問いのすぐ隣には

 

「もしこの子たちこのまま何も変わらなかったら、どんな大人になるんだろう」

 

という支援者として決して口にできない想いもありました。

 

 

 

 

 

 

 

「もしこの子がこのまま何も変わらなくて、大変なことになってしまったら…責任が取れない」

 

 

こわかったんですね…私ショボーン

 

 

 

だからいつもその子が少しでも楽しく

言語指導ができるように工夫して

少しでもその子たちの将来の選択肢が広がったり

生きやすいためのスキルがひとつでも身につくように

たくさん勉強して、毎日毎日子供たちと向き合ってきましたぽってりフラワー

 

 

 

 

そしてその先に出会ったのが福森伸さんのこの本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには、きっとご自身の葛藤、まわりのスタッフの方との葛藤がありながら

出来ないことを頑張らせるところから

 

 

出来ないことを出来ないままで、やりたがっていることを思いっきりやらせてあげる」

 

 

に方向転換され、その先に見えた新しい価値観と彼らの姿、作品が綴られていました。

 

 

私はこわくて「出来ないまま」を見守り「やりたいことだけをやらせてあげる」勇気がなかったタラー

 

 

 

福森さんは私が見れなかった世界を本や特集で見せて下さいましたキラキラ

 

 

 

しょうぶ学園の方々の作品には今や全国にたくさんのファンがいて、有名ホテル内のアートデザイン作品として使われることも多く、年間売り上げは1500万円にものぼるとか。

 

 

 

 

 

味わいがあるイラストのお皿は、小さい子が書くような動物のイラストだったりします。

 

 

でもその方の「好き」の熱量がビシビシ伝わってきて、

そこが多くの人を魅了するポイントにもなっているんだと思います乙女のトキメキ

 

 

 

もし絵を描く訓練をたくさんして、

彼が描きたい絵ではなく、

一般的に年齢相応と言われるレベルの絵を描くことを求められ続けていたら…

 

 

 

きっとこの作品が生まれることはなかっただろうし

 

 

たくさんの人が彼のイラストのお皿を買い求めることもなかっただろうし

 

 

彼が自分の作品を多くの人に喜んでもらってる達成感はきっと味わうことができなかったでしょう。

 

 

 

 

 

「普通の子のように出来ることが増えること」がその子の生きるチカラになることもきっとあるはず。

 

 

でもそれだけが全てではないこと。

 

 

猫あたまその子が本当は何が好きで、何がやりたいの 

猫あたまその子が本当はどんなことに困っていて、
猫あたまどんな風にサポートをしてあげたらいいのか

 

 

私たちは支援者は「普通なら」「こうあるべき」を一度横に置いて、

 

 

「支援する側」「支援される側」という立場も横に置いて

 

 

フラットな目で彼らと向き合うことって大切だなと感じています。

 

 

 

いつかしょうぶ学園に遊びに行ってみたいです日本国旗