弾丸よりもショートステイ、先週末は北九州空港を使いエクストリームトリップ!

 

 

スターフライヤー福北リムジンバスを乗り継いで、本州と九州をエクストリーム移動してきました(笑)。

こういう面白い実験企画が大好きなので、楽しかったです^^

 

 

仕事終わり、また私のような主婦ならば家族の夕飯と明日の準備をした後にゆっくりと旅立てる、深夜22時に羽田空港を発つスターフライヤーで出発。

初めてのスターフライヤーでした。



 

空港のX線検査。

必ず引っかかる(笑)ので学習して先に脱いじゃう、ワークマンのプチプラなドカタ靴。

 

 

ちなみに、結構「それどこで買ったの?」と聞かれるこのセーフティーブーツ
これですw 実は1900円のプチプラです。
固い先芯が入ってて工場見学などの危険区域にも用心の安全靴として履いたり、靴底の滑り止めゴムが強力なので城山登りや滑りやすい渓谷歩きや崖にも履いていきました。
ヘリンボーン柄がほどよくカジュアル。(ただし布なので水中はNG)
店舗では在庫がもうないようですが、こちらでも買えます。ただしあと10円高かったら! 通販は2000円以上で送料無料なのでしたw


 

初めて乗ったスターフライヤーの黒い機体は噂通りのスタイリッシュ。

座席は行きも帰りも1-F。

最前列の窓際はシートピッチもラクラクで、お隣も広く使わせていただきとっても快適でした♡

 

 

福北リムジンバスは、岡と九州を結ぶ直行バスで、75分から90分の移動を1000円で行き来できます。

 

 

タイムスケジュールは5月現在こんな感じ。

フライト時間に合わせて約20分前後に離発着するシャトルバスです。

これね、福岡便が飛んでいない深夜から早朝時間に東京と北九州を行き来できるので、会議終わりビジネスマンの翌朝エクストリーム出勤はもちろん、観光、ライブ、スポーツ観戦など、実は考えようによってはいろいろと用途がありそう。

 

 

最近はLCCや高速バスもいろんな路線で縦横無尽に走っていて自由にアレンジが効くので、今までは考えつかなかったいろんなアクセスや手段を使って、多種多様なおでかけや旅ができる時代になりました。

フリースタイルな旅好きとしては嬉しい限りです^^




若い頃からご当地グルメが好きでして。

日帰りで北海道に札幌ラーメンを食べに行ったり、もちろん長浜ラーメンも好きで博多にもよく弾丸で行ったし、土用の丑の日には鰻でしょ!って、友人と現地集合で浜名湖で落ち合ったり。

そういう若さゆえの勢いを何十年もたって思い出して(胃袋はまだまだ若いw)、向かうは天神の人気の博多とんこつラーメン店!

 

 

google mapの経路アプリがあれば、ケアンズのときもそうだけど迷子症の私でも、初見の場所にスイスイ。

ただ注意点が一つ。google先生は最短距離でルートナビをしちゃうのだ。

この辺の危ない道は知っていたので、深夜に一人で歩いても問題ないルートで向かいます。

(でも案の定、声を掛けられて不審者につけられる^^;)

 

 

博多純情ラーメン ShinShin」 天神本店。

本店っつー響きに弱いので、福北リムジンは博多駅前にも止まるし博多駅前にも支店はあったけど、せっかくリムジンは天神にも行くしと本店へ。

(深夜に一人で行く場合、治安的には駅前をおすすめしますゲホゲホ

公式サイトを見るとこちらのお店は2003年10月にオープンしたそうで、カウンター10席テーブル席20席のこじんまりとしたお店ですが、2時に到着した時点でテーブル席はほぼ満席。

地元の方に聞いても、ふだんは行列必至のお店なのだとか!

 

 

基本の原点、ラーメンは600円。屋台の心意気そのままのお値段がうれしい。

泡立つ白濁とんこつスープは、基本の濃さでもそこまで脂っこくないですね。

硬めでお願いした極細麺とからめていただきます!

 

 

 

懐かしい~! 懐かしい屋台の博多ラーメンの味!

びっくりするほどおいしいというわけではありませんが、「これだよねこれ!」と思わずうなづく懐かしくて染み入る、大好きなあの味です。

細麺好きにはたまらないですね~。替え玉したくて我慢、我慢。

ちなみにチャーシューはちょっと甘めかな。

出ようとして脂で滑る床に、”とんこつラーメン屋あるある”と思いながら満足でごちそうさま!

 

 

ゆっくり真っ暗なあたりを散歩しながら、3:20発の天神バスターミナル前のバス停から、北九州空港へ戻ります。

天神は繁華街だし食後にどこか開いているだろうと思ったら、まさかのマクドナルドさえ開いていなかったという(笑)。

博多駅前のほうが時間を潰すのはやっぱり無難かもしれませんね?

ちなみに乗車人数は土日で行きも帰りも3~5席。

立派なバスなので、少しもったいない気がしました。

 

 

5時少し前に北九州空港に再び到着。

 

 

おみやげ屋さんは全滅! まだオープンしていません。

ちなみに3階の展望デッキも足湯もまだオープンしていませんでした。

朝焼けがきれいだったので、せめて展望デッキには上がりたかったな~><

 

 

カフェも開いていませんが、ロビーの一角には無料のPCスペースがあり、電源、フリーWi-Fiも飛んでいるので時間はつぶせそう。

 

 

おみやげ屋さんはオープンしていませんが、待合室に簡単なショップがあります。

家人に頼まれた博多めんたいをようやくゲット!

やまやの「うちのめんたい」って「俺のフレンチ」みたいなノリ(笑)?

簡易包装ですが、箱入りよりたくさん入っていてお値打ち価格。自宅用にはこれで十分!

 

 

そしてこういうご当地商品を見ると、やはり3割増しおいしく見えますね!

旅って不思議(笑)。

 

 

うっわ――――――――!!

離陸前に見えた、滑走路の奥の黒い格納庫がめちゃめちゃカッコイ―――――――――!!

(レンズごみが気になるけど・・・泣)

 

 

航空機体に黒を使うこと自体、ご法度という流れにあった中、一貫して黒いデザインに統一、2006年にはグッドデザイン賞を受賞しているそう。

風格が漂います。

 

 

離陸までずっとその場で一列でぴっと立っていらして、動くと同時に手を振り、お辞儀をされる整備士のみなさん。

安全確認ありがとうございます!とこちらがお辞儀。

手荷物のレーンで車輪が揃えられて出てくるとか、こういうところが日本のおもてなしの神髄だなあとやっぱり胸が熱くなりますね。

今回もよい旅でした。

 

Special Thanx, 北九州空港利用促進連絡会さま、スターフライヤーさま、西鉄さま

 

 

旅行記は時間ができたら書こうかな?

いつも適当でごめんなさい。

最近ほんとうにほんとうにいろいろ悩んでいます。

 

 

AD

 

山に登るし、川は下るし。写真を撮りながらメモしたり、小走りで移動しながら電話とか^^;
両手が空いて荷物が軽くなるリュックが欲しい!と思っていたところ、天竺からおっしょさん(サンワダイレクトさん)の声が!
で、すぐに届けてくださるというお話しだったのだけど、「どうしてもトリコロールがいいんじゃ~っ」てんで、完売モデルが再入荷するまでじっと我慢の子で待っておりました。
 

アルファインダストリーズは1959年設立のミリタリーブランド


そう、結論から言うと完売必至モデルです。

 

スクエアリュック・バックパック(ビジネス・A4・通勤・通学・iPad・PC収納・大容量26リットル・トリコロール)
品番:200-BAGBP009TR
単価:6,980円(税込)×1個
6,980 円(税込)

 

 

カメラを持ち歩く場合、旅行・おでかけにポイントを絞るか、カメラバッグとして持っていくかにバッグは今まで分かれていました。

行き先やテーマ、移動手段などケースバイケースで選ぶわけですが、大まかに自分の場合の手持ちバッグのいい点と難点を上げていくと・・・

 

トラベルバッグ

◯たくさん入る

◯軽い

◯交通手段への乗り降りが簡単

✕片方の肩が痛い

✕手が空かず何かをするときはいったん降ろす

✕クッション性がなく電化製品を入れるのに不安

✕セキュリティ面で不安

✕仕切りがなく荷物がぐちゃぐちゃになりやすい

 

カメラバッグ

◯クッション性があり、中身が衝撃から守られる

◯仕切りで荷物の小分けが効く

✕やたら大きくかさばる

✕やたら重い

✕他のものが入らない

✕可愛いデザインのものがない

 

カート

◯重さを感じない

◯上に座れるw

✕段差に弱い

✕階段のときに困る

✕スペースを取る

✕取材時には車輪の転がる音が邪魔になる

 

 

今回は台湾の旅。

人混みの中の食べ歩き、電車移動、アップダウンの道を歩きながらの撮影を予想して、さっそくこちらのバッグパックをデビューさせてみました!

 


まず公式さんの説明で見ていただけてわかるように、ポケットの多さ、仕分けの大さは素晴らしくあります。

 



インナーは派手なオレンジなので、ペンやメモなど入れたものが見つかりやすいカラー。
独立型ポケットがいくつもあって、ガジェット系や書類の散らかりを防止してくれます。

実は今までは、電化製品、紙の資料、チケット類、化粧品、身の回り品といったようにもののアイテムごとにポケットを分けていました。でもそうするとおのおのの大きさや厚みが違うので、結構かさばる上にポケットの中でもの同士が混在していて探しにくかったんです。

それで今回はポケットごとに大きさで分けてみました。

意外と空間を有効活用できて、見えるので探しやすかった!

 

 

しかも生地が厚みがあってしっかりと固く、表面は雨の多い旅先でも安心な撥水・耐水加工のカーボンコーティングがしてあるそう。

背中に当たる背面には通気性・クッション性のあるメッシュ素材が使われているので、背負ったときにゴツゴツした感触もないですね。

 

 

意外と夏場に汗を掻く、ベルト部の肩の面もメッシュ。

裏側の縫製もきっちりと作られていることがわかります。

 

 

やたらベルトが多いのも安心感があるし、外側上部ポケットには小物、右サイドには背負ったまま手が伸ばせるのでドリンクや、濡れた折り畳み傘を突っ込んで移動もできます。
 

 

私はすぐ手にする小銭入れとWi-Fiルーターをそのままメッシュポケットにポーンと入れておきました。

ミニ財布には本当に小銭しか入ってないから、しょったままで出し入れがやっぱりラクチン。

あとバックポケットにはスマホなど、よく使う小物の定位置を決めて納めてしまえば整理収納ができるだけでなく、使う場面でのスピード化ができました。

 


カラビナでこういうところに何かかけてもいいですね^^

やっぱちょっとしたステッチだけどトリコロール可愛い♡

 

 

私が最も秀逸だなと実感したのがシームレスジッパー。

人気スポットの 九份(きゅうふん )に行ったのですが、ここは標高が高いとあってあいにくの雨・・・。

 

 

しまも団子状態の人の中で傘をさしてカメラを構えることに。

でも撥水性のバックパックで、両手も空いていたので片手でカメラ、片手で傘を持ちさっと撮ることができました。

 

 

初体験のシームレスジッパーは一般的なファスナーと違い、布の部分がなくって水が入ってこないし錆び知らず。

これは雨天時に強い!!

凹凸がないので表面が汚れてもお掃除もしやすいのはもちろんのこと、一見するとジッパーに見えにくく、閉めている時は持ち手の部分を本体と繋げられて、不用意にポケットを開けられない仕組みになっているからスリ防止にもつながります。

生地自体も耐久性に優れた素材で固いので、カッターで知らずに切られて破られる・・・なんてこともなさそう。

口コミ評価もやはりとっても良いのですよね。

 

だし、耐久性と防水性には大変優れているのですが、カメラリュックとして使う場合には、クッション性はありません。
カメラやレンズ、精密機器にはクッション性はあったらあったに越したことはありません^^;
とにかくトラベルリュックとしての比重よりもカメラリュックとしてお使いの可能性の高い方は、こちらの方がいいのではないでしょうか。

 

 

即写対応のサイド開きリュックで、たたんだ三脚もくくりつけられるタイプ。

他にも仕切りパッドで衝撃から守るカメラバッグが希望の方ならこちらを。いろいろ載っています。(しかもお手頃価格!!)

 

 

サンワダイレクト スクエアリュック・バックパック(ビジネス・A4・通勤・通学・iPad・PC収納・大容量26リットル・トリコロール) 品番:200-BAGBP009TR 

 

 

サンワダイレクトFacebook

サンワダイレクトTwitter

 

 

 

こちらは小学生のおやつというよりは、呉のお母さんたちのへそくりおやつ、「福住」のフライケーキ。

 

 

フライケーキといっても洋風のケーキではなく、和風の揚げあんドーナツみたいなもの。

 

 

呉の人気店。

いつもお買い物の人であふれていて、列ができることもありますが、こちらもテイクアウトのみで皆さんさっと買って帰るので回転は早い。

結構衣に油がしみしみで手で持つとすごいことになるので、買うとこんなふうにナイロン袋に入れてくれます。

 

 

ちなみに一個80円(2017/5現在)。

やっす!!!

 

 

手に収まるくらいの小さい揚げまんじゅうですが、揚げたてはカリッカリでたまらなくおいしいの!

 

 

こちらも買ったらすぐ食べてほしいです。(上あごをやけどするけどw)

中のあんこはなめらかでゆるいくらいのあん。

油っぽい衣の中にあって薄味なので、小ぶりなこともあって重くない食べ応えになっています。

だから2個3個と癖になっちゃうお母さんたちが多い(笑)。

 

 

さきほどのアイスもなかの「巴屋」とも近く、おやつのはしごがお薦め。

あとはこちら裏手の「高砂」で売っている、カラフルなお米の飾りが特徴のいがもちもよろしければ。

 

「福住」

 

広島県呉市中通4-12-20

http://www.checkure.jp/fukuzumi.html