長浜大が経営する株式会社ベンチャーサポートの事業内容は?彼の経歴や人物像は? | Tommyplane

Tommyplane

長浜大が経営する株式会社ベンチャーサポートの事業内容、彼の経歴や人物像を調査

長浜大は、主に株式会社ベンチャーサポートの代表取締役社長を務める人物です。 
 
そんな長浜大の経歴や人物像、そして事業を通してどのような歩みを進めているのか、詳しく見ていきましょう。

 

長浜大(ベンチャーサポート代表)の経歴・人物像


 [画像:https://twitter.com/nagahamadai1/ ]
 
まずは、長浜大の経歴や人物像からご紹介します。 長浜大は、茨城県つくば市出身です。 茨城県立竹園高校卒業後、代々木ゼミナールでの浪人生活を経て、一橋大学社会学部に入学しました。在学中は、体育会アメリカンフットボール部クリムゾン副主将を務めています。
 
大学卒業後は、大手旅行代理店JTBに入社し、法人営業を任されます。そこでは、後の師匠となる社長と出会い、「いい大学に入り、大企業に入って定年まで働くことは当然」という考えが覆されました。その後、JTBを退社した長浜大は、3年間に渡る下積み時代を経て、29歳の若さで起業しました。

現在は、株式会社ベンチャーサポートなどの代表取締役社長を務めているほか、43社のグループ会社を運営しています。20名以上の若手経営者育成実績もあるなど、現在彼が経営するグループ年商は約20億円と言われています。

そんな長浜大は、現在経営者を務める傍ら、同じく年商10億円と言われる総合マーケティング会社の経営者である二谷誠氏とともに、起業やキャリアアップを目指す若者に向けたメッセージの配信を始めました。起業を目指す人材が持つべきものや、お金との向き合い方など、経営者ならではの考えや役立つ情報を発信しています。長浜大は、こうした活動を含め、多くの人々に豊かで充実した人生を歩んで欲しいという思いを持っている人物なのです。

ベンチャーサポート(長浜大代表)の事業内容

株式会社ベンチャーサポートは、起業家向け・企業運営向け・役員向け・社内管理向けなど、様々な分野の専門家と連携し、ベンチャービジネスのサポートを行っている会社です。会社運営を考えている起業家支援はもちろん、経営存続に向けた適切なサポートは必要不可欠です。

技術開発・ビジネスモデル開発をはじめ、商品化・サービス化支援などのサポートも受けることができます。 長浜大は、若手の経営者育成実績を持っています。この実績や自身で学んだ経験とノウハウを活かし、ベンチャービジネスサポートを広く進めているのです。

まとめ

株式会社ベンチャーサポートを運営する長浜大の経歴や人物像をご紹介しました。長浜大が学んできた経験とノウハウは、起業を目指す若者にも受け継がれています。 今後も、様々な形で多くの人に寄り添うサービスを手掛けていくでしょう。