英語と何かといろいろと。

英語と何かといろいろと。

ニュースの感想とその他いろいろと呟きのようなもの。
だったのですが、ニュースの感想をあまり書かなくなってしまったので、タイトル変更します。
ニュースを「何か」に置き換えただけ(笑)。
ニュースについても時には書きます。

 

英語学習にもネット検索が便利ですが、周りを見ていますと意外と効果的に使えていない方が少なくなさそうなので、ご参考までに書いてみます。

 

ネット検索に慣れている人にとってはごく普通の使い方なのですが。

 


 

<検索のコツ>

 

 

・知りたい単語を並べて絞り込む。

 

基本中の基本ですが、念のため。

 

例) 

英語教室 発音矯正 東京

 

ニューヨーク ロングアイランド

 

イギリス ストーンヘンジ

 

 

※英語でも同様です。英単語を並べて絞り込み。

 

 

 

・画像検索、動画検索も使う。

 

文字だけで読んでいてもイメージが湧かない場合、どんな物なのか分からない場合は、実物を見てみる。

 

Google検索であれば、検索結果ページの上部に「画像」「動画」などメニューが表示されます。それをクリックして絞り込んでみる。

 

 

例) 

コニーアイランド で検索→「画像」で絞り込み。

 

イングリッシュガーデン で検索→「画像」で絞り込み。

 

Moonlight serenade で検索→「動画」で絞り込み。

 

 

※画像検索して、表示された写真をクリックするとその写真が載っているページに飛べます。すると関連情報を文字で読めます。

 

※たとえば曲を知りたい場合、「動画」で絞り込むとどんな音楽か調べられます。ただし、その曲の動画があれば、ですが・・・・。有名な歌ならたいていアップされていると思います。

 

※歌詞を知りたい場合は、「Moonlight Serenade Lyrics」、「ムーンライトセレナーデ 歌詞」でふつうに文章検索を。


  

※日本語で検索しても英語で検索してもOKですが、英語で検索すれば当然ながら英語ページが多くヒットします。

 

※アルファベットの大文字・小文字はどっちでも大丈夫です。

 

 

 

・英語検索だけでなく、日本語も併用する。

 

習っている課題で「英語で読んできなさい」「日本語禁止」と指定がある場合は別として、英語で検索するだけでなく、日本語でも調べて併用するほうがより理解が深まります。

(歴史的な出来事、人物、何かの作品についてetc.)

 

知らない事柄についていきなり英語で読むのは、知っている事について読むよりも難しいです。

 

確かに「英語で調べて英語で読む」のは勉強になりますし、日本語に頼りきりになるのも良くありません。

 

が、無理して英語だけで挑戦して「???」となってしまうよりは、日本語で先に読んで概要を掴んでから英語を読むとか、英語で読んだ後に日本語情報も探してみて、自分の読解で合っているか答え合わせをすることもしてみると良いです。

 

※実際、英語だけで読んでいて誤読することもあります。

 

特に中級レベルぐらいの人(TOEIC600点・英検2級ぐらいか)。

上級者はお好きにしてください(笑)。

 

 

 

・ダブルクォーテーションで囲む。

 

この方法はネットをよく使う人でも知らない場合がありますが、特定の表現を検索したい場合、""で囲むと絞り込めます。

私も人に教えてもらったんだったかもしれない。

 

例)

"on the train"

"in the train"

 

それぞれ検索して見比べて、どちらの前置詞が使われることが多いのか。

意味合いがどう違うのか、など見てみる。

 

ダブルクォーテーションの出し方はキーボードによるかもしれませんが、たとえば、「半角英数字にして、シフトキーを押しながら同時に数字の2を押す」と、2の上にある"を入力できます。

 

検索エンジン(Googleなど)の検索設定を「アメリカ英語」「イギリス英語」など細かく変えれば、その国での使用法を多く絞り込めます。面倒だったら日本語設定のままで良いです。

(場合によっては日本語情報が多くヒットしてしまいますけれど)

 

 

 

他にもいろいろコツはあるのですが、色々試して慣れるのが良いと思います。

 


PC スマホ やしの木 ハイビスカス