カイロプラクティックを科学的に分析する第13回日本カイロプラクティック科学学会学術大会

 

日本で唯一カイロプラクティックを専門的に扱う学会、日本カイロプラクティック科学学会の13回目の学術大会が6月19日と20日にオンラインで開催されます。

 

今回のテーマは「健康寿命の延伸に向けた筋骨格系ヘルスケア」という少々堅いテーマです。世界一高齢化の国となった日本で、いかに人々が病気にかからずに健康で長生きするためにはどうしたらよいかということを考えます。日本では国民皆保険制度により医療費が安い反面、いつでも医療機関にかかって治してもらえばよいという安心感からか、予防的な観点から健康のケアについて日常的に考える人はまだまだ多くはありません。平均寿命が延びても健康寿命が延びなければ、年齢を重ねるごとに日常生活に支障が出てきます。そのため健康寿命を延ばすカギとなるのは、筋骨格系、つまり運動などのアクティビティにより、筋肉や関節の動きを健康のため日頃から維持することだと考えています。これは最近の色々な科学的研究でも明らかになっています。

 

日本ではいつまでも公共の場でマスクを外すタイミングが分からなかったり、何回ワクチンを打つことを勧めるのかといったコロナ対策もグタグタになっています。もう少し、海外の様に医療に関して言えば、感情を排除して、科学的な見解を取り入れる必要があるのかもしれません。

 

医療は病気治療だけでなく、病気予防(未病改善)や日頃の健康指導などの身体機能の改善も含みますが、日本ではどうしても病気治療にしか焦点が当たりません。健康で長生きするためには、野菜や果物を豊富に取り入れて、喫煙せず飲酒は適量に、それから運動や過労を生じない適切な仕事量などが重要になってきます。今年は京都大学整形外科、東京都健康長寿医療センター研究所、WHO(世界保健機関)、厚生労働省などから著名な講演者が発表します。

 

健康は自分自身で作り出すものと考えれば、日々の生活の質もより豊かなものになると思います。健康長寿とはそうした日々の健康に対する努力の積み重ねかもしれません。

 

 

 

1949年創業のカイロプラクティックオフィス

WHO基準カイロプラクター

 

Tokyo Chiropractic

東京カイロプラクティック

東京都港区南青山4-20-4 ホリアージュ南青山101
#101, 4-20-4, Minami Aoyama, Minato-ku, Tokyo
TEL 03-3478-2713

https://www.tokyochiro.com

 

カイロプラクティックに対する批判カイロプラクティック業界で著名な米国人カイロプラクターのチェスター・ウィルク氏(Chester A. Wilk)が今年の4月21日に亡くなりました。

 

 

ウィルク氏は独占禁止法違反を訴えて、AMA(米国医師会)と裁判して勝訴したことで有名なカイロプラクターです。イリノイ州パークリッジのアドヴォケイト・ルーザラン総合病院で亡くなったウィルク氏は、イリノイ州シカゴで育ち1952年にナショナルカイロプラクティック大学(National College of Chiropractic、現ナショナル健康科学大学 National University of Health Sciences)を卒業し、ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)とナチュロパシー・ドクター(ND)の学位を取得しました。

 

1950年代、60年代、70年代当時の米国のカイロプラクターは医師会からのひどい偏見と差別を受け、ウィルク氏はAMA(米国医師会)に対して独占禁止法違反の訴訟を起こしました。ウィルク氏と4人の共同原告はカイロプラクターとして臨床する際に様々な嫌がらせを受けたため、裁判でAMA(米国医師会)によって画策された偽医療対策委員会の不正と秘密を暴露しました。最終的に1987年の判決でAMAが違法な陰謀に関与したとの判決が下りました。ウィルク対AMAの判決以降は、医師からカイロプラクターへの紹介が一般的になり大きく環境が変わりました。

 

一方、日本はどうでしょうか?

 

明治以降、いまだに医療界の既得権益を守るための医療制度であり、本当に国民のための医療制度になっていません。この背景には、鉄のトライアングルと言われる、業界団体(医師会など)、官僚(厚生労働省)、議員(厚労族)が開業医などの業務独占を守るために、大学での新たな医学部設置や医療関連職種の新たな国家資格を妨げる動きがあります。当然、医療関連職種間の患者紹介なども日本では非常にまれです。まさにウィルク氏が1950年代から体験してきた環境がいまだに日本では平然と続いています。これには医療界や官僚、議員が日本の医療制度を時代と共に発展させていこうとしなかった責任もありますが、それと同時にエビデンスに基づかない主張や誇大広告、低レベルな教育基準の蔓延など国内のカイロプラクティック業界の責任もあります。こうした誇大広告や低レベルな教育基準が変わらないとなかなか医療界に対してもカイロプラクティック業界の声が届きにくいと感じます。

 

 

1949年創業のカイロプラクティックオフィス

WHO基準カイロプラクター

 

Tokyo Chiropractic

東京カイロプラクティック

東京都港区南青山4-20-4 ホリアージュ南青山101
#101, 4-20-4, Minami Aoyama, Minato-ku, Tokyo
TEL 03-3478-2713

https://www.tokyochiro.com

 

ゴールデンウィーク中の受付日は以下となります。

Our clinic schedules during Golden Week are as follows.

  • 4月30日(土)は受付いたします。

    We will be open on April 30, 2022.

  • 4月29日(金・祝)、5月2日(月)、5月3日(火)、5月4日(水)、5月5日(木)はお休みします。

    We will be closed on April 29, May 2, May 3, May 4 and May 5, 2022.

 

1949年創業のカイロプラクティックオフィス

WHO基準カイロプラクター

 

Tokyo Chiropractic

東京カイロプラクティック

東京都港区南青山4-20-4 ホリアージュ南青山101
#101, 4-20-4, Minami Aoyama, Minato-ku, Tokyo
TEL 03-3478-2713

https://www.tokyochiro.com