カイロプラクティックを受けている有名人は度々ニュースで話題になります。

 

日本でカイロプラクティックの治療を受けているという元国会議員では、小泉純一郎元首相や赤松正雄元厚労副大臣が

 

知られています。カイロプラクティックの治療を受けている現役の国会議員はかなりいるようです。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/174/0043/17405170043001a.html

 

オリンピック陸上十種競技の右代啓祐選手もカイロプラクティック治療を受けています。

http://chironews.jp/special/%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97/

 

オリンピック・パラリンピックでは多くの有名選手がカイロプラクティック治療を受けていて、陸上金メダリストのウサイン・ボルトも

 

カイロプラクターを試合に帯同させてカイロプラクティック治療を受けていました。

https://dot.asahi.com/wa/2013051000043.html

 

ハリウッドスターでは元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガーがカイロプラクティック治療の支持者である事は有名です。

http://chiro.org/wordpress/2011/03/governor-arnold-schwarzenegger-promotes-chiropractic/

 

最近では、電気自動車会社のテスラの元会長のイーロン・マスクの母方の叔父や祖父などがカイロプラクターであることが注目されました。

https://leaderpost.com/feature/elon-musk-inherited-a-lifetime-of-adventure-from-his-sask-family

 

有名人とカイロプラクティックの意外なつながりに驚かれましたか?

 

 

1949年創業のカイロプラクティックオフィス

WHO基準カイロプラクティック

 

Tokyo Chiropractic

東京カイロプラクティック

東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル3F
3F, 3-5-2, Kita Aoyama, Minato-ku, Tokyo
TEL 03-3478-2713

http://www.tokyochiro.com

 

カイロプラクティック治療に保険が使えますかという質問があります。

 

結論から言うと、カイロプラクティック治療に国民健康保険や社会保険などの国民皆保険は使用できません。

 

理由としては、カイロプラクティックは自由診療(保険外診療)でのみ提供できる治療となっているからです。

 

よくカイロプラクティックに保険が適用できたという方がいますが、それはおそらく違法行為でしょう。

 

一部の保健医療機関や柔道整復師による不正請求が問題になっていますが、カイロプラクティックは決して保険の適用ではありません。

 

https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/gyomu/gyomu/hoken_kikan/fusei_seikyu/

 

但し例外があり、自動車損害賠償責任保険(自賠責)では、カイロプラクターが医療関連の国家資格を保持していたり、被害者が

 

希望すればカイロプラクティック治療が適用できる場合もあります。

 

詳細は保険会社に直接お問い合わせください。

 

また海外の医療保険ではカイロプラクティック治療が対象のものもあり、こちらも同じく保険会社の判断になります。

 

決して国民皆保険を悪用するような、違法行為を行っているカイロプラクティックのお店にはいかないでください。(※)

 

※正規の国際基準のカイロプラクターは国民皆保険を利用した治療は提供していません。

 

 

1949年創業のカイロプラクティックオフィス

WHO基準カイロプラクティック

 

Tokyo Chiropractic

東京カイロプラクティック

東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル3F
3F, 3-5-2, Kita Aoyama, Minato-ku, Tokyo
TEL 03-3478-2713

http://www.tokyochiro.com

 

脱水症に注意しましょう

テーマ:

今年の夏はとても暑い日が続いていますね。

 

表参道や外苑前周辺の青山地区はここ40年の中で毎年、暑くなっている印象を受けます。

 

おそらく樹木が少なくなっている割には高層ビルが増えてエアコンの利用なども増えていることが原因だと推測します。

 

アメリカやオーストラリアに旅行すると大都市圏でも自然豊かな場所が多いことに驚かされます。

 

特に東京は戦後の焼け野原から立て直した都市なので古い建物にはそれほど執着しないので高層ビルが次々と建つのかもしれません。

 

こう暑い日々が続くと、体液が不足して脱水症になったり、ひどいと体温上昇も招いて熱中症になることもあります。

 

熱中症になるとめまい・たちくらみ・筋肉痛・頭痛・嘔吐など様々な症状が出ます。

 

それを防ぐにはまずは脱水症にならないよう適度な水分補給が必要です。

 

特に筋肉は70%水分でできているため水分補給は重要です。

 

とても暑い日には、単に水を飲んでもなかなか体が吸収しないため、体液の浸透圧と同じアイソトニック飲料を飲むことをお勧めします。

 

アイソトニック飲料の代表例としてはポカリスエットやアクエリアスで、糖分もかなり含まれているため運動前に飲むのが良いそうです。

 

体液より浸透圧が低いハイポトニック飲料というのもあり、こちらは糖分が少ないため体がより吸収しやすい特徴があります。

 

運動中、それから運動直後に飲むのが良いそうです。

 

代表例としてはOS-1経口補水液です。

 

アイソトニックに比べると飲んでみると糖分より塩分が強く感じられるかもしれません。

 

適度な水分補給で暑い夏を乗り切りましょう。

 

 

1949年創業のカイロプラクティックオフィス

WHO基準カイロプラクティック

 

Tokyo Chiropractic

東京カイロプラクティック

東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル3F
3F, 3-5-2, Kita Aoyama, Minato-ku, Tokyo
TEL 03-3478-2713

http://www.tokyochiro.com