TOKU's Weblog
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2021年 大晦日

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。



僕の徒然なるままに書くところへようこそ。
久しぶりに書きます。
もうこのブログも1年に1回にが定着してきたな。。
すいません。。
でも読んでくれてる人いるのだろうか。。

もはやいないのでは、、とは思いながらも


書いてます。

いやーー2021年、いろいろあった!
早かった! いや、遅かった! いや、、
どっちかわからないな。。

去年の2月、フランスで先行発売された僕の14枚目のアルバム「TOKU In Paris」のヨーロッパでのリリース・ツアーから帰ってきてすぐに、新型コロナウイルスが深刻化して世界の常識が覆されていくのを目の当たりにして驚愕し、ミュージシャンらしきことが全くできなくなって困惑し、夏以降からだんだんとライヴができるようになるも将来的な不安はまったく変わらず、国内外の医療機関が逼迫する不安定な中、それでも僕には音楽しかできないと思いを新たにした去年。

年が変わってからは、気をつけながら自分の状況改善のために動き始めました。いろいろな事からの独立です。そのためにはぶつからなくてはならない壁もありました。でもやらなければなりませんでした。

とにかく、今年の後半には結果的に良かったと思える状況になりました。

その最中、流行りのものに感染。。

まさか気を付けていた自分が、と思いましたが、世の中は誰がかかってもおかしくない状況になっていて感染者の数も増える一方の中で仕方がありませんでした。

ライヴもあまりない状況の中だったこともあり

とにかくゆっくりと治すことに専念し、精神的にも辛かった中で復帰に向けてリハビリし、1ヶ月以上かかりましたが9月にライヴの現場に復帰しました。

それまで見えなかったことが見え、気付きになったきっかけでもありました。

生かされた、という感謝とともに、自分を見つめ直す時だったとも思います。


演奏に関しては、一年を通してイベントのキャンセルは相次ぎましたが、5月の白馬でのイベント6〜7月の1ヶ月に及ぶツアー、自分のアルバム作りなど、後半はかなり充実した日々になりました。


独立して初めてのアルバム作り、

本当に大変でしたが、今まで知れなかった制作に関するいろんなことを学ぶことができました。

そしてそこから発生する様々な問題に直面することで人間としても成長することが出来たと思います。


「Season’s Greetings」と名付けたこのアルバムは、僕にとって初めてのクリスマス・アルバムであり、初めてのオーケストラと作ったアルバムです。クリスマスの時期だけでなく、オーケストラ・アルバムとしても聞いて頂けたら嬉しいなと思いながら作りました。

12/2 に世界に向けて配信がスタートしました。そして、CDは12/15 に完成。参加メンバーなど、詳しい情報はCDのみに記載されています。

いろんな思いがあり、最初、販売店は全国で3カ所のみ、あとは僕のライヴ会場でのみ販売する形にさせていただきました。

コロナ禍の影響でライヴに行かなくてもよくなってしまった人がライヴ会場に戻ってきてほしいという思いが一番強いかもしれません。

ネット注文もできるようにしていただきました。

一応ここにリンクを貼っておきますね。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/d-tsutayabooks/mus66808a-2011316236098.html



そんなこんなで、いろんな意味で学びのある、充実した年になってしまった、というのが僕の2021年でした。

皆さんにとって、どんな年だったのでしょうか。

とにかく、こんな言い方するのは嫌ですが、前のようには世界は戻ってくれないということははっきりとしたと思います。

でも人生は一度きり。

僕は僕のやるべきことをひたすらやっていく、

これしかありません。

皆さんにとっても同じだと思います。

人として、ミュージシャンとして、死ぬまで

どこまで成長できるか、とことんやってみます。


そして、2022年以降がより良い状況になることを願って止みません。

それには、一人一人の思いやりの気持ち、シェアの精神が必要だと思うのです。

より多くの人が、この混沌から目覚め、同じ気持ちになった時、世界は変わります。

必ず変わります。

僕は微力ながら、そのお膳立てができれば、

それに越したことはありません。


去年はなかった大晦日の「Body&Soul」でのカウントダウン・ライヴ、今年は渋谷に移転して初の大晦日、思いっきり楽しもうと思います。


Happy New Year !!

Have a great life !!

Peace.


TOKU

2020年、大晦日。

皆様、

ここに書くのは本当に久しぶりになってしまいました。
毎回謝ってますが、楽しみにしていてくれる方いらっしゃいましたら、改めてごめんなさい🙏

ここに書くのは、去年新しいアルバムがリリースされた時以来となります。
2020年という年、皆さんはどう感じてるでしょうか。

現存する全人類にとって初めての経験をした年、世界の常識が短期間のうちに覆された年、
その早さにただただ愕然とした年、当たり前だと思っていたことが当たり前ではなくなった年、総理大臣が代わった年、音楽がより愛おしくなった年、、
まだあるけど、僕にとっては心が激動の年でした。きっとそういう方は多いでしょうね。

残念ながら、悲しいことの方が多かったです。
いろんなことが見えました。
理不尽なことがたくさんありました。
物事の裏側がだんだんと暴かれてきてるので
自身の認識が違っていたことに気付く人もいたでしょう。
真実って、見えにくいんです。
見えちゃ都合が悪いことがたくさんあるんです。改めてそれを嫌というほど感じました。

話題を変えまーす!
2020年は僕のファースト・アルバムがリリースされてから20年の年でもありました。
そして、
今年も新しいリリースがありました。 
通算14枚目のアルバム、
「TOKU In Paris」です。

長い友人が手掛けるフランスのレーベルと組んでアルバムを作り、フランスでは1月の下旬にリリースされ、2月中はほとんどフランスに滞在し、他のヨーロッパの国もいくつかツアーで行くことができました。
2月の末に帰国して間もなく、新型コロナウイルスの感染が深刻化し、3ヶ月ライヴが出来ないという、人生で初めての経験をすることになりました。
6月に久しぶりにミュージシャン仲間に実際に会い、音を一緒に出した時の感動は一生忘れないでしょう。

それからは徐々にジャズ・クラブも営業を再開し、様々な規制がある中でなんとか今までお店を保たせてくれています。
僕らミュージシャン達が表現できる場所を守ってくれています。

音楽は、人間の営みの中には無くてはいけないもの、ではありません。
でも、こんな時だからこそ、人は音楽によって癒されるのだと思います。長年やってきて、これはエゴだとは思いません。
必要ない人もいると思うけど、ミュージシャンにとっては音を出すのが生きがい。
たとえ微力でも、音を出していたい。
そして癒しになれればそれに越したことはありません。
世界中のミュージシャン達が同じ思いで音を出してると思います。

ニューヨークには、世界中からトップクラスのミュージシャンが集まっています。
その彼らがライヴができなく、生活もままならず、世界トップレベルのすごい演奏をインスタグラムでストリーミングして無料で彼らの演奏をシェアしています。
その中には僕の友人もたくさんいます。
同じミュージシャンとして、そうしかできない彼らを見ると本当に切なくなります。
ニューヨークだけではありません。
何か僕にできることがないか、考えています。
そのうち、このブログやホームページ、ツイッターなどで皆さんに協力をお願いするかもしれません。
その時にはどうか、少しばかりでも構いません、ご協力をよろしくお願いします!

もっといろいろな思いが廻ります。
危険な中で活躍する医療従事者の方々、介護に関わる方々、物流に関わる方々、僕らのライフラインです。
この方々には本当にスーパーヒーローです。
もっとちゃんとした扱いを受けるに値する人達です。
政府というところは今年も僕を何度も落胆させてくれました。
そう感じる方は少なくないと思います。

徒然なるままに書いてますが、なーんかどうしても暗くなっちゃうなあ。、。
でも決してネガティブになってるわけではありません。
ステージが僕のいる場所だということを改めて強く思わされた年でした。
そして、今年から始めたプロジェクトを来年以降さらに発展させていけることを楽しみにしています。
動画もたくさん作りたいんです。
皆さんに楽しんでもらえる動画を!
いい音をたくさん作っていきたい。
ただそれだけです。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
2021年が皆様にとってより良い年になりますように。

TOKU

1年以上ぶりの投稿 / 13枚目のアルバム発売

皆さん、
いかがお過ごしですか??

1年とちょっとぶりのブログ更新です。
待っててくれた人はいないかもしれませんが、、
お待たせしてごめんなさーい!
2018年は本当に早く過ぎて行った年でした。
ここにも一度も書かず、年末に書こうと思ったのも束の間、有難いことですが多忙を極めていて
とにかく時間がなかった、
と言うのは正直言い訳で、その時間を無理にでも
作らなかったというべきですね、、

もうひとつの理由は、
ここに書く時は、基本的に自分の個人的な思いが中心です。
ですが、時が経つにつれ、まわりで起こる物事に対しての僕の思いは、果たして皆さんと共有できることなのか、少し疑問に思うようになりました。
以前の投稿の中に少しそういう内容があるんですけどね。
この事についてはまた書きますね。

さてさて、新しいアルバムです!
「ORIGINAL SONGBOOK」というタイトル、
TOKUの書いたオリジナル楽曲が入ってるアルバムだって伝わりやすいですかね??
いろいろと悩んだ末のタイトル、皆さんにとってわかりやすければいいなあ!

13枚目のアルバムは、僕の46歳の誕生日に発売となりました。
今回、何と言っても嬉しいのは、
デビュー・アルバムからほぼ全てのアルバムに書いてきた僕のオリジナル楽曲を改めて聞いてもらえる、レコーディングはしたものの陽の目を見ていなかった楽曲をリリースできる、というわけで僕の作曲家としての面を再認識してもらえるということ!
しかも、他のアーティストのレコーディングに作曲の段階から参加した楽曲もコンパイルされているという実はかなり盛り沢山なもの。
今まで聞いてきてくれた方々はもちろん、初めましての方々にも楽しめるようになったと思っています。

いろんなエピソードもライナーノーツに書きました。ゆっくり読んでくれたら嬉しいなあ。

皆様、どうぞよろしく!

また書きますね。

TOKU



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>